2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.01.29 (Thu)

【146位】篠原美也子【アーティストMy Best 200】

146 篠原美也子
篠原

ここがすごい!
魂の歌。
人の心を救うことができる本物の応援歌。
目をそらしたくなるほどの嘘のない、本気の「奇麗事」。
90年代前半、まだぎりぎりみんなが奇麗事の力を信じていた時代。
嘲笑われて消えていく奇麗事の力が最後の光を放ったのが彼女の登場だったのではないでしょうか。
奇麗事って見たくないんですよ、聞きたくないんですよ、言いたくないんですよ。
自分の醜さや汚さが浮き彫りになるから。
でも、彼女の奇麗事はなんか、耳の痛みを伴っていても、素直に聞けてしまう。
それは、そこに嘘がないからなんですね。
まっすぐ、正直に、飾らずに、魂で歌っている。

実は、これを書いている今は、どんなに聴きこんでも彼女の歌の凄さの半分もわかっていなよな、というのは自分でわかっています。
今は恵まれた現実によって心に贅肉が付きすぎて、自分をごまかしすぎている。
心が固くてやすりのようにザラザラした現実の壁に何度も叩きつけられたりこすりりつけられたりして摩耗し、やわらかい部分が露出して吹きさらしになっているような状況でないと、本当に彼女の歌のすごさを感じ、涙することはできないんだと思います。
かつての私のように、今、心がそういう状況にある人には、ぜひ聴いてみてほしい。
私にもきっとまたそういう日が来るので、そういう日までしっかりと歌の年代記に記録しておきたいです。

この5曲!
「ひとり」(Sg「ひとり」)
いったい何人の人がこの曲に救われたのでしょうか。
私も何度も救われました。
からからに乾ききった喉に注がれた冷たく純粋な水。
そんな曲です。
疲れた体を癒し、荒廃した心を洗う。
パワフルな熱唱の印象の強い彼女ですが、本当の真骨頂はこの曲のAメロの、語りかけるような、それでいて独白のような、とにかくピュアで清涼で、凛として芯の強い歌だと思います。
ピアノという楽器の「浄化作用」を改めて感じられる曲でもあります。
「反戦集会が一瞬景色をよぎる」
「白い杖を蹴とばし改札へ向かう人の流れを」
こういう部分をさりげなく、しかし堂々と入れるところも好きですね。
人間だから自分のことも考えるし、周りの人のことも考えるし、社会のことも考える。
すごく自然なことだと思います。

「誰の様でもなく」(Sg「誰の様でもなく」)
「今じゃ隣のちょっとかわいいあの子が次の日にはもうスターだってもてはやされてる」
という、あまりにも印象的な冒頭のフレーズが、アイドルに対する揶揄ではないかと当時も話題になっていましたが、ここはあんまり主題と直結しないんですよね。
時代や社会に対する違和感、代替可能な部品の一つにされてしまうことに対する恐怖、自分のふがいなさに対する嫌悪、そういうものを外側に吹き飛ばすのではなく、すべて内側に包み込んで、それでも
「今が今しかないように私は世界でたった一人の私でありたい」
と歌う。
少年のような純粋性・潔癖性と、母のような包容力。
これが両立しているのが、この歌の凄さですね。

「ありふれたグレイ」(Sg「ありふれたグレイ」)
「流されることそれも勇気」
「どこにでもある生き方で」
悟り。
でもそれは、最初からあきらめて、限界を設けている悟りではなくて、憧れに身を焦がして燃えて燃えて、自分も他人も傷つけたり、怖くて怖くて夢も人も遠ざけたりした、そんながむしゃらさの末の悟りなんですね。
心をニュートラルな状態に戻してくれる曲。
赤、青、そしてグレイ。
シンプルな色彩が美しい曲。

「Good Friend」(Sg「Good Friend」)
少しイメージを覆すようなポップな曲ですが、歌詞は相変わらず。
「恋人だったら少しくらいは分け合える悲しみがあるのかな」
甘えのない、突き放すような厳しさのある女の友情ソング。
なにもしてあげられないから、せめてグッドラックを祈る。
こういう自立した関係、かっこいいですね。
たとえば成長していく子供を見守る大人も、こういう気持であれたらな、と思います。

「M78」(Al「花の名前」)
M78星雲は、ウルトラマンの故郷。
これは…中島みゆきの「地上の星」に対するアンサーソングですね。
人々が無邪気に夢を信じていた高度成長時代。
その頃に夢見ていた豊かな生活が実現し、夢を見失った現代。
現代の「ヒーローの星」はどこにあるのか。
曲の中では答えは出ていません。

このアーティストが好きならCheck!!
中島みゆき、服部祐民子

DATA
84年、活動を開始。
93年メジャーデビュー。
98年まで6年間のメジャー活動で、アルバム6枚、シングル9枚、マキシシングル1枚をリリースした。
インディーズに転じた後も、絶え間なくリリースを続け、精力的に活動している。

□生年/出身地
66 /東京都




「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
untitled_20141116230126441.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
01:57  |  アーティストMy Best 200  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jdnack5.blog51.fc2.com/tb.php/815-d36fa1ea

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。