2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.01.23 (Fri)

【148位】たむらぱん【アーティストMy Best 200】

148 たむらぱん
tamurapan_20150123010650eab.jpg

ここがすごい!
「小さな巨人」。
リトル・ポップ・モンスター。
遅れてきた天才。
とにかくメロディーが圧倒的に美しい。
なんなんでしょうか。
ジェットコースターのように、自在に上がったり下がったり回ったりするんだけど、不自然さ、無理やりさがなくて流れるようななめらかな曲線に身をゆだねられます。
歌唱力も非常に安定していて、やわらかく伸びやかな声でメロディーの軌跡を奇麗に描いています。
ユーモラスで身近さを感じる低音と、シリアスで荘厳な高音の使い分けがまたいい。
メロディーと歌のスケッチを彩っているのが、遊び心満載の言葉とアレンジ。
ピアノがこんなに明るくて楽しい楽器だったんだ、とも思わされました。
とにかく楽しくなくちゃポップじゃない、遊園地のように心をワクワク楽しませている中で、さりげなくメッセージを伝える。
そんなポップの使命をよくわかっているんだと思います。

この8曲!
「お前ぶただな〜送らぬ手紙〜」(Al「ブタベスト」)
心がふわっとほぐされていくような心地がよくてキャッチーなサビのメロディーが極上すぎる名曲。
美しい一瞬のファルセットには気が遠くなります
「ひとり寂しい夜」に聴けば、そばで話をしてくれているような気持になれます。
それにしてもなぜ「ぶた」なのかは謎。

「アミリオン」(Al「ブタベスト」)
不安、挫折、孤独に疲れ切った心に寄り添うような名バラード。
「次こそは」と何度がんばってもなかなか成果の出ない人をやさしく励まします。
同じような辛いことがまた「百万回」(a million=アミリオン)あるかもしれない、そんな絶望的なネガティブに一旦理解を示してから、それでも「明日」は風向きが変わると能天気なポジティブに振る。
ネガティブに負けっぱなしのポジティブに根気よく水をやっているような、深い優しさを感じます。
この曲もサビの高音が本当に気持ちいいですね。

「どんだけ待つのよ」(Al「ブタベスト」)
待ち合わせソングの決定的名曲にして、恋の喜びに満ち満ちたロマンティックなラブソング。
じわじわと暖かさと切なさが広がっていきます。
控え目なストリングスが盛り上げます。

「ハレーション」(Sg「ハレーション」)
「恥」を捨てられなくなってきた大人に日々の憂さを忘れて海に飛び出していくことを勧めてくるサマーソング。
とにかく楽しい曲。
「笑ってもいいか 泣いてもいいか」
両方なんですよね。
この両方がある時間というのは充実しているということ。
いつもいつもは無理なら、一日でも、数時間でも、思いっきり泣いて笑ってすごそう、と思える曲。

「ゼロ」(Sg「ゼロ」)
ゼロ年代を代表する決定的名曲。
この曲を聴いた時の感動は忘れません。
とにかく完璧。
完璧なんだけど親しみやすくて馴染みやすい。
特に扉をバーンと開いてその先の空を歩いているようなサビの解放感がすごいですね。
こういう曲を聴くと「やっぱり歌はサビだろ!」と思ってしまいます。
心をノックするようなピアノ、ハートビートのようなベース、包み込むようなストリングスのバランスも完璧。
余計な音も言葉も一切なし。
心の錆をすべて洗い落として「ゼロ」に戻れる曲。

「ちゃりんこ」(Sg「ちゃりんこ」)
卒業ソングの決定的名曲。
疾走感、高揚感満点で楽しいんだけどとにかく心を震わせる曲。
楽しさ、切なさ、懐かしさ…いろんな気持ちが沸騰するように心で暴れまわります。
そして聴き終った後、運動をした後のようなスッキリした気持になれます。
卒業ソングとはいっても、卒業する学生の立場からではなく、卒業後しばらくたって昔を思い出しているストーリーですね。
しんみりさせるのではなく、懐かしさを原動力に、なにかを始めようてみようというパワーをもらえる曲です。
この曲もピアノ、ベース、ストリングスのコンビネーションが見事です。

「バンブー」(Sg「バンブー」)
OLの日常応援ソングから、変わりゆく世界を竹(バンブー)のようにしなやかに生きていく人生観へとつながるメッセージソング。
1番のAメロで、OLの何気ない一日をタイムスケジュールにあわせて描写しています。
彼女自身はOL経験がないそうなんですが、なんなんでしょうかこのリアリティー。
そして2番のAメロでは生まれてからこれまでの半生を振り返る。
1番は1日の話、2番は数十年。
タイムスパンは全然違うんだけど、なにかに追われるように突っ走ってきたなかにそれなりの充実感を感じていいる点が共通しているんですね。
この辺が本当に上手いですね。
「日常」と「人生」を見つめなおすことができる曲です。

「ラフ」(Sg「ラフ」)
「世界の最終列車」という「ウルトラQ」のようなレトロなSF感あふれる冒頭で引き込まれます。
日常に潜む不安、でもちょっと視点を変えてみると、なんだか楽しく、気楽になってくる。
「寝転がってみたらピースが落ちていた」
そんなにうまくいくことばかりではないだろうけど、そういうこともあるかもしれない。
そんな、発想の転換を促してくれる曲です。

これは名盤!
「ブタベスト」(2008年、日本コロンビア)
51Bm+1xRWhL.jpg
メジャーデビューアルバム。
インディーズ時代に書きためた名曲を満載したまさにベストアルバム。
ひたすら美しいメロディーの快感に身をゆだねられる高品質のポップアルバム。
適度な遊び心にあふれ、楽しい気持ちになれる遊園地のようなエンターテインメント作品です。

このアーティストが好きならCheck!!
小松未歩、東京Qチャンネル、BAJI-R、宇宙まお、吉澤嘉代子

DATA
02年より音楽活動を開始。
07年メジャーデビュー。
メジャーレーベルからは9枚のシングルと7枚のアルバムをリリースしている。

□本名/生年月日/出身地
田村歩美 /80.8.9/岐阜県高山市




「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
untitled_20141116230126441.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
01:10  |  アーティストMy Best 200  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jdnack5.blog51.fc2.com/tb.php/812-d463f793

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。