2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.10.13 (Mon)

【160位】晴晴゛【アーティストMy Best 200】

160 晴晴゛
harebare_2766.jpg

ここがすごい!
「ラムネ系ギター・ポップ」というキャッチフレーズの通り、聴けば誰もが元気付けられ、少し明るい気持ちになれる王道ポップバンド。
苦くて深い味わいのコーヒーよりも、一瞬でスッキリさわやかな気分にさせてくれる清涼飲料が必要なときは絶対ありますよね。
晴晴゛はそんなときにぴったりの、キラキラした一瓶のラムネのような音楽です。
奇抜なことは何一つやっていないけれど、単純に耳に心地よく、口ずさみたくなり、元気になれる。
やっぱりポップはこうでなきゃ、と思わせてくれるのが晴晴゛ の音楽ですね。
明るくてちょっぴり切ないメロディーに、疾走感あふれるシンプルなバンドサウンド、そして前向きで明るい歌詞。
晴晴゛ のひたすら前向きな歌詞をチープというのは簡単ですよ。
確かに字面にしたらチープかもしれないけど、本当にいいメロディーに乗って心に響くのは、こういうシンプルな言葉なんじゃないでしょうか。
そして歌のお兄さんのような優しい井田の歌と、透き通る田村のコーラスが絶妙に絡みます。
いいバンドはすべからくいいコーラスグーループだな、と改めて思わせてくれます。

1枚のアルバムも残さずに解散したことを当時は惜しみましたが、風のようにシーンに現れて去っていったからこそ、彼らが残した名曲たちは永遠に輝き続けるのだと思っています。
また、晴晴゛に数々の名曲を提供した松浦友也は、シンガーソングライターとしてはわずか1枚のシングルしかリリースできませんでした。
彼の才能を形にした、という意味でも、晴晴゛ の残した音楽はこれからもたくさんの人に聴き継がれていってほしいなと思います。

この5曲!
「スーパーカー」(Sg「スーパーカー」)
疾走感がたまらなく心地よいポップソング。
転びそうなくらいに前のめりに突っ走ていけそうな気持ちになります。
Aメロ→サビの繰り返しと転調するDメロという構成で3分しかないシンプルな曲。
だからこそ耳に残るし、誰しもが口ずさめるんですね。
晴晴゛ のらしさが凝縮された曲。

「あの場所へ」(Sg「.あの場所へ」)
冒険アニメの主題歌に起用された代表曲。
明日に向かって突っ走っていく元気を無条件にくれる曲。
サビ入りで冒頭から疾走感満点ですが、Bメロがすごく切ないのがキモですね。
ふと立ち止まってしまいそうになる弱気や憂鬱をうまく表現し、それを振り切るようなサビの解放感につながっていく流れが見事です。
言葉はシンプルで、文学的にうまいという部分はまったくないんだけど、全編がメロディーにバッチリ乗っていってすごくキャッチーなんですね。
これが松浦友也の一番の才能だと思います。

「夢の続き」(Sg「あの場所へ」)
挫折感から立ち上がっていくようなミディアムナンバー。
予備校のCMソングに起用されました。
Aメロがとてつもなく切ない。
明日が見えない迷いをゆっくりと前向きな気持ちに変えてくれる応援歌です。

「太陽に焦がれて」(Sg「太陽に焦がれて」)
坂道を転がるように下っていく疾走感が「スパーカー」なら、この曲は息を切らして坂道を駆け上がっていくイメージですね。
踏みしめるようなサビのメロディーが力強いです。
晴晴゛ のコーラスグループとしての魅力も存分に味わえる曲。
作詞・作曲はGOMES THE HITMANの山田稔明。

「青空」(Sg「太陽に焦がれて」)
メンバー作の決定的名曲。
本当に青空に飛び立っていけそうな爽快なサビのメロディーが本当にすばらしい。
晴晴゛ の歌は羽があったりなかったり、地図があったりなかったりするんですが、結局どっちでもいいんですよ。
この爽快で明るくてでもちょっぴり切ないメロディーの強さがあれば、どんなときでも前を向ける。
「同じ風 同じ空 同じ場所から
それぞれのヒカリを道しるべに」
メジャーデビュー後わずかな活動期間で解散しそれぞれの道を歩んだ4人と、晴晴゛の音楽を愛したリスナーの前途を照らし続けてくれる曲です。

このアーティストが好きならCheck!!
Psycho Babys、the OYSTARS、スナッパーズ、サカノウエヨースケ、19、タオルズ

DATA
01年、「晴晴゛」の前身となる「ジョーハープ」が井田、内田、寺田の3人により長野で結成。
長野駅前のストリートライブを主な活動場所としてスタート。
日本テレビ系「24時間テレビ」の一環として、長野で行われた「第3回HEIANDO ミュージシャンコンテスト」にてグランプリを受賞。
同時期「アゲイン音楽祭」においても準グランプリを受賞し注目される。
03年、音楽の幅を広げる為にドラマーを探していた3人が、バンド加入を望んでいた田村と運命的な出会い。
バンド名を「晴晴゛」と命名し、4人での活動をスタートする。
同年、メジャーデビュー。
05年、解散。
メジャーレーベルからは3枚のシングルを残した。

□生年月日/出身地/血液型
井田優之介 Vo、G/85.3.11/長野県
寺田岳史 G/84.4.14/長野県
内田浩之 B/84.12.30/長野県
田村はるな Dr/84.3.1/神奈川県




「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
ダウンロード
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
19:39  |  アーティストMy Best 200  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jdnack5.blog51.fc2.com/tb.php/789-2aab1146

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |