2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.09.29 (Mon)

【166位】ゆうまお【アーティストMy Best 200】

166 ゆうまお
prof_mayuko3.jpg

ここがすごい!
「優しい魔王」=ゆうまお。
その称号に偽りなし。
Mgicalなほどに美しいメロディー。
メロディーという魔法をかなでるのがソングライターなら、ゆうまおはまさしく魔王ですね。
そして包み込むように優しく、さわやかな歌。
クセがなく、まっすぐに、突き抜けるような心地よさをもった「歌のお姉さん」という感じの理想的な歌声。
切ないバラードでも、甘酸っぱいポップソングでも、包容力があって歌に身を委ねたくなります。

この8曲!
「コンパス~笑顔の行方~」(Al「key」)
じんわりと伝わってくるような暖かさのなかに、「幸せのはかなさ」を感じる曲。
彼女の曲はAメロがとても切なくてキャッチーなことが多いのですが、この曲もそのひとつですね。
ピアノを中心にしてさまざまな生音を丁寧に組み合わせたにぎやかなアレンジもすばらしいです。
深まる秋に懐かしく見慣れた街並みを眺めながら聴きたい1曲。

「君のもとへ」(Al「key」)
不思議にソワソワした気持ちにさせる三拍子。
祈るようなピュアな心を清涼なピアノの音と歌声がみごとに表現しています。
ラブソングにも解釈できますが、自分の夢を後押ししてくれる人に対して向けた感謝をすごく感じる曲です。
月や星が輝く夜空を眺めながら、同じ夜空の下にいる人たちを思い浮かべながら聴きたい曲。

「鍵盤より愛をこめて」(Al「key」)
タイトルからもわかるとおり、シンガーソングライターとして曲に込めた愛を歌った曲。
曲に愛を込め、リスナーに届けるという夢をかなえた喜びが素直に表現されたいます。
もやもやした悩みから吹っ切れた高揚感と明るさ、前向きさがメロディーに、曲全体に、溢れ出していて、無条件に元気と勇気をもらえます。
清涼なピアノを中心にしながら、能天気なパーカッション、高らかなホーン、切ないエレキギターなどが元気に躍動するにぎやかなアレンジも見事。
「鍵盤」=「Key」=「幸せの鍵」ということなんですね。
「僕の歌」が「君の歌」になる、歌の魔法を見事に形にした決定的名曲です。

「思い出が欲しかった」(Al「key」)
切なくあどけないひと夏の恋をうたったサマーソング。
とにかく歌声の清涼感がたまらないですね。
ポカリスエットのCMも十分いけそう。
ただ、未来ある青春の無邪気さとはどこか違い、どこかアンデルセンの「人魚姫」のようなはかない切なさを感じます。
ひと夏の恋に終わる運命を知っているかのような…

「ソングライダー」(Sg「みちしるべ」)
軽快なポップソング。
「明治通り」という冒頭のフレーズで一気に情景が浮かびます。
「モノクロに打ちつけて少しずつ赤くなる指先」というところから、いつもなぐさめてくれる「あなた」というのはピアノのことなのかなーなんて推測しています。
リズミカルなパーカッションと高潔なストリングスが印象的。

「Mr.ロンリーガール」(Sg「スイートホームソング」)
スカッと晴れ上がった空のようなさわやかで伸びやかなな青春ラブソング。
秋空の下の初々しいデートの情景が浮かびます。
「背伸びした服も素直な返事も全部君のため」
アラいいですねー。
この曲もAメロが抜群に心地いい。
「フウウー」「ハアアー」というスキャットのコーラスも極上です。

「クラブハウスサンド」(Sg「クラブハウスサンド」)
文化系青春追憶ソングの決定的名曲。
クラブハウス=部室。
パイプ椅子を並べて、くだらない話をして、すぎていく何気ない日常。
その中で育てていく小さな恋や夢。
「また明日」→「あの時の「明日」に願えば会えますか」
会えないんですよねーそれが。
どんなに願っても。
毎日毎日、あんなに簡単に訪れた「明日」なんですけど、もはや絶対に会えない。
でも、思い出として心だけはそこに戻っていくことができる。
そんな奇跡のタイムスリップを体験させてくれるのが音楽であり、ポップスなんだと思います。
ちなみにゆうまおの出身大学である国立音楽大学は多摩都市モノレール玉川上水駅が最寄り駅です。

「ジンジャーエール」(Sg「クラブハウスサンド」)
ウィルキンソンでもキャナダドライでも、即CMソングにできるピリッとせつなくてとびきりさわやかな清涼ポップソング。
ノンアルコール派にとっては絶対不可欠な明日への活力である清涼飲料をテーマにしています。
サビの解放感と、流れるようなメロディー、突き抜けるような歌声がたまらなく心地よいです。

これは名盤!
「key」(2006年、ランティス)
51R195TTX2L.jpg
とにかく聴きやすいポップソングが満載されたこれぞポップアルバム。
音を削ぎ落とすのではなく、緻密に組み上げることで歌とメロディーを生かしているアレンジが秀逸です。

このアーティストが好きならCheck!!
谷村有美、八塚りえ、亜波根綾乃、東京Qチャンネル、BAJI-R、ケダマ、坂本真綾、Suara、茶太、早見沙織

DATA
国立音楽大学卒。
00年、在学中より弾き語りアーティスト「MAYUKO」として演奏活動開始。
02年、作家名「ゆうまお」として作詞・作曲家デビュー、数々のアーティスト、アニメ・ゲーム作品に楽曲を提供。
06年、メジャーデビュー。
ゆうまお名義ではシングル3枚、アルバム2枚をリリース。
数多くのアニメ主題歌に起用されている。
ピアノ弾きがたりを中心にしたMAYUKO名義では3枚のアルバムをリリース。
TV番組やCMの音楽も多数製作している。

□生年月日/出身地/血液型
80.2.11/東京都/AB型




「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
ダウンロード
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
23:05  |  アーティストMy Best 200  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jdnack5.blog51.fc2.com/tb.php/782-a798480a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |