2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.09.26 (Fri)

【167位】小林建樹【アーティストMy Best 200】

167 小林建樹
81545885.jpg

ここがすごい!
「天才」と謡われるシンガーソングラーターがいったいどれだけいるのかわかりませんが、その呼称にふさわしい才能があることをを曲として示し続けているのが小林建樹ですね。
世界中のさまざまジャンルの音楽をとりこんだとにかく多彩な曲を作り、トリッキーで前衛的な曲も多いのですが、それをすべて心地のよく日本語が乗ったポップスに仕上げているところが彼のすごさです。
アレンジも絶妙ですが、メロディを乗りこなすような歌唱力のなすところが大きいように感じます。
ハイトーンで少しハスキーでキザでSexyな歌声もたまらなく魅力的。
しかし誰がなんといっても小林建樹の本領は王道バラード。
誰の心もゆっくりと癒し、すこしノスタルジックで切ない気持ちにさせるような、極上メロディーのバラードは、きっとこれからも多くの人が彼の音楽に触れるきっかけになってくれると思います。

この6曲!
「満月」(Sg「満月」)
夜が似合うジャジーで大人っぽい曲。
タイトルとは裏腹に、「月のない夜」のさまよい歩きが描かれています。
イメージはちょっと「今夜はブギーバック」に近いかな?

「青空」(Sg「青空」)
不思議な浮遊感。
ずーと鳴ってるスクラッチのような、ヒューマンビートボックスのようなカチャカチャした音がなんかゾクゾクと気持ちにさせます。
風景は身近なんだけど、なんか不思議な体験をしているようなショートSFチックな曲。

「祈り」(Sg「祈り」)
ピアノ弾き語りバラードの頂点に君臨する曲。
大人っぽくて都会的な雰囲気がありつつ、メロディーが王道で美しいので、世代や好みを問わず、この曲は「いい」と思ってくれるのではないでしょうか。
ピアノを中心にしつつ、胸を打つベース、涙腺にくる鈴と鐘、そしてじわじわと加わってくるゴスペルのコーラス。
すべてが完璧に作りこまれています。
秋から冬にかけての季節、都会的な夜景と乾いた空気ににたまらなくマッチする大名曲です。

「SPooN」(Sg「SPooN」)
思春期のリビドーと少年の好奇心をテーマにした青春サマーソング…ですが、それをここまでトリッキーにグルーヴィーにかっこよく仕上げている曲があるでしょうか。
イントロのアコギターから、「何かが始まる」ワクワク感が盛り上がっていいます。
あらゆる音の自己主張が強いんですが、それが全部渾然一体となって生き物のように暴れています。
踊れないけど踊りだしたくなる曲。

「イノセント」(Sg「イノセント/コスモス」)
これもメロディー・センスと歌唱力が炸裂する極上バラード。
引き裂くようなせつない歌詞の一方で、メロディーは暖かい。
あえてピアノを使わず、アコギターとエレクトンを中心にしたシンプルなアレンジも、「祈り」の鋭さとはまた違った、寒さの中に感じるぬくもりのような暖かさを感じさせてくれます。

「REPLAY」(Sg「REPLAY」)
「祈り」「イノセント」と合わせて三大バラードと呼びたい名曲。
「挫折の味を知っているかい」という冒頭から
「自分を信じて生きたあの日の情熱取り戻せ」というサビ。
基本的に公私にわたって「自信」がない私ですが自分でも信じられないくらいの勇気と集中力を出した時期が人生で何回かあります、
この曲を聴くと、いつもそのときのことを思い出します。
彼の歌詞は文学的で難解なものが多いですが、この曲は直球で言葉が心に刺さってきますね。

このアーティストが好きならCheck!!
岡村靖幸、小沢健二、染谷俊、宮本浩次、MOON CHILD、カーマイン、広沢タダシ、UNCHAIN、磯貝サイモン、石崎ひゅーい

DATA
アマチュア時代は男性デュオや男女デュオで活動し、プロを目指していたが挫折。
「これでだめだったらやめよう」と思って応募したキティ・ポリグラムオーディション「えびぞり2」に合格。
99年、デビュー。
メジャーレーベルでは7枚のシングルと3枚のオリジナルアルバムを残した。
現在はインディーズに転じて元気に活動中。
身長172cm、デビュー当時の体重は50Kg。

□生年月日/出身地/血液型
72.1.26/兵庫県神戸市/A型

□好きなアーティスト・曲
坂本龍一、佐野元春、マーク・ボラン、ジョン・レノン、トッド・ラングレン、スティビー・ワンダー、キース・ジャレット、「黒猫のタンゴ」

□愛読書
谷崎潤一郎「細雪」




「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
ダウンロード
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
01:17  |  アーティストMy Best 200  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

リスト係様 こんばんは

確かに気取ったバラードを歌いこなすことにかけては
一級の人ですよね。

好きなアーティストの中では
スティーヴィーやトッド・ラングレンのポップセンスに
かなり影響を受けていそうです。
ナイス捻くれ具合。

そういう意味でこの「かっこいい」写真を載せたことは
バッチリいい仕事でした!
GAOHEWGII |  2014.09.26(金) 16:59 |  URL |  【コメント編集】

小林建樹さん最高ですよね。

トリッキーな曲も多いですが、バラードに関してはこの人は本当に素晴らしい。
中でも「祈り」は2000年代を代表するバラードの一曲だと思ってます。

上で挙げた6曲ももちろん好きですが、個人的には「ヘキサムーン」がすごい好きでした。

近年は楽曲提供で名前を時々見かけますね。
平原綾香さんに提供した「誓い」は特に素晴らしかった。
micarosu |  2014.09.26(金) 22:04 |  URL |  【コメント編集】

GAOHEWGIIさん
micarosuさん

いつもコメント本当にありがとうございます!

やっぱりみなさん小林建樹のバラードは高評価なんですね!
このメロディーには好みを超える力があると思います。

「ヘキサムーン」も印象に残ってます。
リスト係 |  2014.09.29(月) 01:05 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jdnack5.blog51.fc2.com/tb.php/781-ea02c3af

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。