2017年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2014.08.27 (Wed)

【171位】LADYBUG【アーティストMy Best 200】

171 LADYBUG
LADYBUG-A.jpg

ここがすごい!
ナリエモンと赤嶺のツイン・ヴォーカルによる絶妙のコーラス・ワーク。
いいバンドはすべからくいいコーラスグループである、というのを改めて感じさせてくれます。
哀愁あふれるメロディーに陶酔するかのようなエモーショナルな2人の歌声が、ギュっと心を締めつけてきます。
そして、青臭いくらいにまっすぐなメッセージ。
メロディーはすこしひねていて、歌詞がまっすぐ。
これがLADYBUGのベストミックスなんですね。
日常のこと、世界のこと。
多感な少年の日々を思い出し、フレッシュな気持ちになるとともに、今の自分を見つめ直すことができます。

この8曲!
「弱い自分」(Al「Ladybugs」)
Rapです。
メジャーデビュー後からは想像できないですが、インディーズ時代は結構Rapの曲があります。
哀愁たっぷりのバイオリンソロがすごく効果的。
自己嫌悪からの救いを求める少年の憧れは、4人の偉人。
ジャンヌ(・ダルク)→強い力
ジョン(・レノン)→人に愛される才能
フローレンス(・ナイチンゲール)→そっと勇気を与えられる優しさ
ヘレン(・ケラー)→自分を好きになれる心
だれもが子供の頃一度はは抱いた素直な気持ちを、思い出させてくれます。

「世界」(Al「Ladybugs」)
これもRap。
貧困や飢餓に苦しむ人々に思いを寄せつつも、悩みを抱え必死に生きている自分たちの日々を見つめる。
悲観的でもなく、憤りや罪悪感に満ちているわけでもなく、ただ目をそらさないということ。
できることをやってみよう、という気にさせてくれるメッセージソング。

「君と僕の歌」(Sg「君と僕の歌」)
彼らのロックバンドとしての面を最も感じられる1曲。
LADYBUGのことを知らなくても、「泣きたいときに笑ってー」という馬鹿みたいにキャッチーなこの曲のサビに聞き覚えのある人は多いのでは。

「FLASH」(Sg「FLASH」)
メジャーデビューシングル。
哀愁たっぷりの歌謡ポップ。
一度聴いたら忘れられないキャッチーすぎるサビが印象的。
ツインヴォーカルの本領を発揮するコーラスワークが絶妙に作りこまれていて、気持ちいい。
「もっと/きっと」「なーい/あーい」の言葉の韻と相まって、とにかく耳に残ります。
不器用な恋愛いにウンザリして、利口でうわべだけの付き合い方を求めるという逆説的なメッセージですが、最後にはやっぱり、笹川らしい真っ直ぐなメッセージになっています。

「世界で一番君が好き」(Sg「声」)
カントリー風の軽快でリラックスでして聴ける、かわいらしくて幸福感たっぷりのラブソング。
なにげなくてほほえましい恋人との生活の描写に、心がほぐれていくとともに、「こんな恋がしてみたいなー」と思わされます。

「五月雨」(Sg「五月雨」)
引き裂くような喪失感を表現した美しいロスト・ラブ・バラード。
寄せては引く波のように、切なさが心に打ち寄せてきます。
哀愁あふれるストリングスが効いています。

「オレンジ」(Sg「オレンジ」)
決定的名曲。
メロディー、歌詞、アレンジ、そしてコーラス。
すべてが完璧。
特にこの曲はメロディーが圧巻。
赤嶺らしい哀愁は残っているんだけれど、切なさだけじゃなくてむちゃくちゃ明るくて前向きで、Aメロ→Bメロと高揚していって、サビの解放感も抜群。
なかでもBメロの高揚感は最強ですね。
歌詞もメロディーにすごくよく絡んでいてキャッチーだし口ずさみやすい。
「街と空が重なってくよ階段で丘の上に登ろう」
景色や空気感、匂いまでもがリアルに伝わってきて、キューンと切なくなります。
風景描写と心情描写の交錯が絶妙ですね。
いくつになっても、秋から冬に向かう季節の夕暮れには、この曲を口ずさんで、心をときめかせていたいと思える、永遠の名曲です。

「流星群」(Al「ひとつ」)
胸キュン青春ラブソング。
片思いの女の子を流星群の観賞に誘う少年のドキドキがリアルに伝わってきます。
エフェクトとして挟み込まれている「いいよ」「ううん」「あ、ほんとだ」という少女のセリフがむちゃくちゃ効果的。

このアーティストが好きならCheck!!
コブクロ、ザ・ベイビースターズ、AIR DRIVE、MILKRUN、NICO Touches the Walls

DATA
中学で出会った成田、笹川が高校で同じバンドメンバーとして活動。
99年、東京工学院専門学校で出会った赤嶺と三人でLADYBUGを結成。
その後のライブツアーでサポートメンバーとして参加していた西野が加入。
04年、メジャーデビュー。
06年、笹川と西野が脱退。2人で活動を始める。
08年活動休止。
インディーズ・メジャー通算で5枚のシングル、4枚のアルバムを残した。

□生年月日/出身地/血液型
成田喜秋(ナリエモン) Vo、G/80.9.30/東京都狛江市/A型
赤嶺裕樹 Vo、G/79.10.16/沖縄県浦添市/A型
笹川厚 B/80.10.30/神奈川県横浜市/AB型
西野友朗 Dr/79.1.18/奈良県奈良市/A型




「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
ダウンロード
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
23:11  |  アーティストMy Best 200  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jdnack5.blog51.fc2.com/tb.php/774-a56bef2a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |