2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.06.29 (Sun)

【176位】米倉千尋【アーティストMy Best 200】

176 米倉千尋
dfsg.jpg

ここがすごい!
まさにアニソンを歌うために生まれたような人。
Jpopの歴史の中にアニソンシンガーというジャンルを切り開きその地位を確立した功労者の一人。
アニソン、といっても今はいろいろあって、アニソンシンガーにもいろいろな個性がありますが、米倉千尋の曲を聴けば、ああ、これが王道のアニソンだよな、と「腑に落ちる」感じがします。
あふれる光と元気に満ち溢れた、明るく前向きなメロディー。
冒険やドラマが始まった時のドキドキ(オープニング)と、終わってしまったときの切ない寂しさ(エンディング)。
たぶん今のアニメってそんなに単純じゃないんだろうけど、本当は子供も大人も、こういうアニソンを求めていて、どこかで口ずさんだりしているのではないでしょうか。
シンプルな曲だからこそ、歌唱力と声質の良さを存分に味わうことができます。
どこまでも伸びていくようなパワフルで、芯があるけどしなやかさがある、圧倒的な歌唱力。
単純に元気がほしいときには、曲に心も体も任せてしまえば、気分はスカッと、湧き上がるように力がみなぎってきます。

この8曲!
「嵐の中で輝いて」(Sg「嵐の中で輝いて」)
すべてはここからはじまった!
タイトルは1992年のアメリカ映画から。
動乱の中で輝く人を見守る、という歌ですが、この曲に関しては、デビューという夢を手にし、そのチャンスをつかんで上昇していこうという米倉千尋自身の勢い、エネルギーをビンビンに感じることができます。

「あなたがいた季節」(Al「Believe」)
切ない青春ラブソング。
「待ち合わせた古い図書館 木漏れ日に隠れるように初めてキスしたあの夏」
過ぎ去った輝かしい季節のまぶしさを、痛いほど感じさせてくれるサマーバラード。
いつになく大人っぽい歌といい、彼女の曲の中でも異彩を放っている曲です。

「愉快な鼓動 」(Sg「愉快な鼓動 」)
作詞・作曲はGAOの「サヨナラ」で知られる階一喜、編曲は亀田誠治。
夕方に放送されていたアニメのエンディングですが、まさにぴったり。
いろいろあった一日が暮れていく「夕焼け」を感じる曲。
極上のメロディーに、嫌な気分が溶けていき、安らかな夕げと眠りを迎えられる気持ちになっていきます。
サビの「ゆ」の韻も気持ちいい。

「永遠の扉」(Sg「永遠の扉」)
作詞は渡辺なつみ、作曲は鵜島仁文、編曲は見良津健雄。
陽光のような明るい光に満ちた、冒険の始まりを告げる最強の青春ポップソング。
「ブルーウォーター」や「ゆずれない願い」にも比肩しうる力強さ、ワクワク感。
メロディーもアレンジも見事ですが、曲に陶酔しながら空に駆けあがっていくような歌唱が本当に気持ちいいです。
歌詞は「も」の韻がすごく気持ちいいですね。

「いつの日か」(Sg「永遠の扉」)
作詞・作曲は鵜島仁文、編曲は見良津健雄。
A面にならず、アニメ主題歌にならなかったのがもったいなさ過ぎる決定的名曲。
これこそアニソンでしょう。
やや早足で歩いているようなビートのミディアムナンバー。
そして、どんな気分のときでも元気が湧いてくるような応援歌の中の応援歌。
とにかくメロディーとアレンジが完璧。
「弱い自分を励まそう やっぱり人は独りなんだから」
優しく癒してくれる曲も必要ですが、こうやって熱く鼓舞してくれる曲も人生には必要ですよね。

「トムソーヤの冒険」(Al「always」)
作詞は彼女自身によるもの。
この曲にこめられたメッセージは、マーク・トゥウェインが同名小説の前書に書いているメッセージそのもの。
かつて少年少女だった大人に、かつての自分を思い出してほしい。
彼女の発表したすべての歌に通底するメッセージが、濃縮されたような曲です。

「WILL」(Sg「WILL」)
作詞は米倉千尋と鵜島仁文の共作、作曲は鵜島仁文。
やっぱり鵜島曲は圧倒的にキャッチーですね。
少しだけオリエンタルでファンタジックなメロディとアレンジ。
サビの多重コーラスがすごく気持ちいいです。

「Little Soldier」(Sg「Little Soldier」)
野球ゲームのエポックメイカー「実況パワフルプロ野球」の黄金期「8」の主題歌に起用された青春スポコンソング。
作曲は猫叉Masterこと佐藤直之。
あのオープニングムービーとともに見るとどうしても泣いてしまいます。
ちょうど1年前に「39℃の…」という曲がヒットしたのですが、こちらは38℃。
十分熱いです!

このアーティストが好きならCheck!!
森川美穂、田村直美、奥井雅美、elliott

DATA
96年デビュー。
現在までに33枚のシングル、17枚のアルバムをリリース。
アニメ・ゲームソングの主題歌を多数担当している。
海外でも精力的に活動。

□生年月日/出身地/血液型
72.8.19/神奈川県横浜市/A型




「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
23:57  |  アーティストMy Best 200  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jdnack5.blog51.fc2.com/tb.php/765-9e3b01e5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。