2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2014.04.06 (Sun)

【190位】フクシマサトシ【アーティストMy Best 200】

190 フクシマサトシ
1546463.jpg

ここがすごい!
好青年風の佇まいそのままの、さわやかで生活感のあるポップソングを奏でるオーソドックスなスタイルのシンガーソングライター。
では凡百のさわやか系シンガーソングライターと彼を隔てるものは…なんといっても切なく心地よいメロディーですね。
とにかくキャッチーで耳に残ります。
言葉は文学的で文字にすると難解な感じもしますが、メロディーにしっかり乗っていて、よくわからなくても口ずさめてしまいます。
歌も過度な抑揚がなく、優しく淡々と語りかけるよう。
宅録から音楽活動を開始した彼ですが、アレンジも偏りがなく、ギターを中心にしたバランスよくまとまった明るさと楽しさがあり、メロディーの切なさとほどよくマッチしています。

メロディーに自信があるからこそ徹底して貫けた「普通のポップ」のスタイル。
何気ない日常の中で鳴らして、口ずさみたくなる音楽です。

この4曲!
「手紙」(Sg「手紙」)
「それでもなんとなく」と唐突に接続詞から始まるサビ。
これをキャッチーと呼ばずしてなにをキャッチーと呼ぶのか。
このサビをひたすら繰り返すのですが、もっと延々と聴いていたいくらい、メロディーと言葉の絡みが本当に心地よい曲です。
一度聴いたときから、ふとした瞬間になんど口ずさんだことでしょう。
「それでもなんとなく」…

インディーズ時代はタイトルを「手紙」と書いて「メール」と読ませていたと思うのですが、シングルリリース時にはやめてしまったようです。
メジャーのシングルらしい華やかなアレンジの中に、宅録っぽい遊び心と手作り感が随所に残っています。

「犬儒学派的牧歌」(Sg「手紙」)
「追憶」を感じさせる、たまらなく切ないメロディー。
ピアノにオルガン、ストリングスを含めたさまざまな音を使用しながら、壮大になり過ぎず、そこいらの土手沿いをゆっくりと散歩しているような、懐かしくて穏やかな雰囲気を見事に表現しています。
彼の言葉は、無駄に哲学的で難解なのですが、意味にはあまり重きが置かれていないんですね。
その代わりに言葉の響きで風景や心情を表現している。
理屈っぽいように見えて実は「右脳型」の歌詞なんですね。

「夏の終わり」(Sg「夏の終わり」)
この曲も失った輝く季節への「追憶」を感じさせるメロディーが秀逸。
メロトロンのローファイな音が、思い出せそうで、夢のようにぼんやりとかすんでいる記憶の美しさとせつなさをうまーく表現していますね。
夏じゃなくても、夕暮れの風を待って、優しかった人たちを思い出しながら聴きたい曲。

「そして今ここにある風景」(Sg「夏の終わり」)
A面の「夏の終わり」が強烈な喪失感(ロストシンドローム)を伴う追憶だとしたら、この曲はしだいに新しい生活になれ、少しずつ前向きな気持ちを取り戻してきたなかで改めて穏やかな気持ちで振り返る追憶ソングですね。
肩の力が抜けて、気分をリフレッシュさせてくれる、何気ないメロディー。

このアーティストが好きならCheck!!
モリナオヤ、吉田直樹、広沢タダシ

DATA
NACK5「ミュージックチャレンジャー」で99年度下半期スーパーグランプリを受賞。
04年、メジャーデビュー。
2枚のシングルを残してメジャーシーンを去る。
メジャー時代のプロデューサーは西川進。
その後再びインディーズに転じ、FukushiMcCartneyというアーティスト名で活動していた。
現在の活動状況は不明。

□生年月日/出身地/血液型
74.8.6/埼玉県川越市/A型

□お気に入りの機材
Tube PAC(マイク、プリアンプ、コンプ)

□好きなアーティスト/曲
ビートルズ「サージェント・ペパーズ・ロンリーハーツ・クラブバンド」、レディオヘッド「パラノイド・アンドロイド」、ジェリーフィッシュ




「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
20:15  |  アーティストMy Best 200  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jdnack5.blog51.fc2.com/tb.php/734-616624b4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |