2017年03月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2013.06.29 (Sat)

keep on rockin’/GOMES THE HITMAN

keep on rockin'/GOMES THE HITMAN


GOMES THE HITMANは1993年に東京外国語大学の音楽サークル内で結成されたバンド。
1999年にメジャーデビュー。
デビュー当時は5人組でしたが、その後1人脱退して4人組に。
2005年以降はバンドとしての作品は発表していませんが、マイペースに活動中です。
この曲は2000年にリリースされたAl.「cobblestone」に収録されています。

GOMES THE HITMANの曲はみんな、
「どこにでもありそうな郊外都市で繰り広げられる、どこにでもありそうな小さなドラマ」
という感じ。
風景や空気感やざわめきまでもが伝わってきて、曲に描かれた街がどこかに本当にあるような、暖かい感動が、聴いた後に残ります。
「Penny Lane is in my ears and in my eyes」
ってあるじゃないですか。
あの感じ。

自分の育った街や住んでいる街は大好きだけれど、ときにはそこが嫌になってしまうときもある。
そういうときはちょっと違う街を訪ねてみるのもいいですが、そんな暇がないときは、GOMES THE HITMANの曲を聴いて、どこにでもありそうでどこにもない(聴く人の心にある)、架空の街を訪ねてみると、すごく新鮮な気持ちになり、自分の街の美しさも思い出させてくれます。

特にこの曲の構成は見事ですね。
一番のほほえましい日常のひとコマから導入し、四季を駆け巡る二番のAメロの情景が本当に美しいです。

やがて春は夏をかけて 街を赤く染め抜いて
すべての色を塗り替える やわらかな雪を降らすだろう


四季の変化を感じながら、なにげない街の中でなにげなく日々を暮らしていくことの美しさを、ここまで感じさせてくれるフレーズはなかなかありません。
ちょっとした散歩気分で聴いてもいいし、ウェディング・ソングにもぴったりじゃないかな、と思える名曲です。

4c48c98907bb9064cac0f57d4288f927_convert_20130629010743.jpg


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
午後のパレード/宮本浩次
1/100秒/TimeSlip-Rendezvous


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
00:58  |  GOMES THE HITMAN  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jdnack5.blog51.fc2.com/tb.php/706-c71c7b4b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |