2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.04.21 (Sun)

Bye-by April Afternoon/RAZZ MA TAZZ

Bye-by April Afternoon/RAZZ MA TAZZ


1994年にリリースされた1st Al.「Ordinary Story」収録。
このアルバムのみ、プロデュースは佐久間正英。

聴いての通り。
とにかく初期のラズはイノセントで無邪気。
自分達の純粋さ、世界の純粋さ、恋の純粋さ、そしてポップミュージックの純粋さを無邪気に信じている透明な明るさがアルバム全編にあふれています。

ストリングスやキーボードにホーンとかなりいろいろな音を使っていますが、ガチャガチャした感じがせず、バンドサウンドの中にグルーヴとしてすっきりと収まっていて、にぎやかで明るい光に満ちた春の景色を見事に表現していますね。
そして三木拓次のメロディー。
切ないけど明るい。
「名残惜しさ」を表現するようなBメロから、吹っ切れるように突き抜けるサビの高揚感への展開が見事ですね。

この曲は失恋ソングなんですが、なんなんでしょうかこの高揚感と自己陶酔は。
悲壮感などまったくない。
青春をかけた恋を失った。
でも、自分にも相手にも、まだまだ未来がある。
"easy come, easy go"
というわけではないんですが、精一杯愛した、一つのストーリーを書き上げた、という達成感すら感じる若い恋のラストシーン。
新たな道へ旅立っていく少年と少女は、悲しみすらも刺激として美しい青春を謳歌しているように見えます。
最後の「幸せになりなよ」という言葉に表れるように、相手の人生を引き受ける覚悟のない「ままごと」の恋愛とも言えるんですが、そういう重さがなく、はかなく軽やかだからこそ、あのめくるめくような恋の楽しさ、美しさがあるのでしょう。
後期になると、次第に「本当の愛すべき人は人生に一人だけ」という「愛の哲学」に変わっていくラズですが、初期の「全てのものは移り変わる、人の心でさえも」という「恋の哲学」の、キラキラとした明るい光に満ちたポップミュージックは、いくつになっても錆びた心をフレッシュにしてくれます。

女性ファンが非常に多かったラズですが、本当はロマンティックな恋がしてみたい!という「非リア充」の男性にこそ、聴いてほしい音楽です。


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
Over/Mr.Children
過日恋恋/the OYSTARS


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
22:30  |  RAZZ MA TAZZ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jdnack5.blog51.fc2.com/tb.php/701-b97759fb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |