2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.02.17 (Sun)

High school days/AKB48

High school days/AKB48


もう一度だけ 小さな出来事にときめきたいよ


2011年にリリースされたAl.「ここにいたこと」収録。
作曲は鳥海剛史、編曲は清水武仁。。
歌っているのはチーム4結成前のチーム研究生。
動画は2011年のよっしゃぁ~ いくぞぉ~!in 西武ドームでの披露。
結成時のメンバーでありながら、道半ばで4を去った森杏奈の姿もありますね。

みずみずしい青春の輝きが過ぎ去っていくことへの切なさを、キラキラとしたアイドルポップスに結晶させた名曲ですね。
疾走感、高揚感の中にどこか喪失感を感じる素晴らしいメロディー。
なんといっても乾いたのどを潤す冷たい水のようなピアノの音色が効いています。

中高生の頃、J-Popにはまり、ラジオから流れるメロディーをテープやMDに録音して聴いていたあの頃。
確かに「ポップの魔法」を感じていました。
音楽は水や空気のようにそこにありました。
でも、いつの頃からか、あの頃感じた「ポップの魔法」は解けて、音楽が「趣味」になってしまっていました。
楽しんではいるけど、心が震えるような気持ちは忘れていた。
AKBはそれを思い出させてくれました。

AKB48は結成から7年。
私ははまってから約2年。
いったいこの輝きはいつまで続くのか。
AKBの輝きがある1日の太陽だとしたら、今私たちが見ている輝きは、真っ赤な夕日の美しさかもしれません。
だからこそ、今の輝きを、しっかりと目に焼き付けたいと思います。

昔はよく聴いたけど最近いい曲が見つからず、あまり音楽を聴かなくなってしまったという方。
特に、90年代のJ-Popに胸をときめかせた30代の方には、たまたまこのブログを見ていただいた方も多いかと思います。
そんな方にもぜひ、あの頃の気持ちに戻って、こいつらの歌を聴いあげて欲しい。
実際、あの頃活躍していたたくさんのアーティストたちが作曲や編曲などさまざまな形でAKBを支えているので、思わぬ再会もきっとあるはず。
「いまさらアイドル」と思うかもしれない。
私もそうでした。
もう一度だけ、「ポップの魔法」を信じてみませんか。

1523_20111103223256.jpg


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
Future Stream/スフィア
少女飛行/ぱすぽ☆


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
22:48  |  AKB48  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jdnack5.blog51.fc2.com/tb.php/691-5a91eece

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。