2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2012.05.31 (Thu)

【バトン】リスト係版勝手にランキング<ま行>

「勝手にランキング」の「ま」行です。
アーティスト名の「あいうえお」順に、好きなアーティスト毎の好きな曲ベスト3とコメントを載せていきます。
すでに記事を書いた曲にはリンクを貼っているので、ぜひ読んでみてください。

ペースは遅いですが、最後までやりきりますよ!


MY LITTLE LOVER
1.Hello, Again~昔からある場所~
2.Man & Woman
3.Days
【コメント】きっと小林武史は、AKKOに出会った瞬間、一目惚れしたんだと思います。そのときに生まれたフレッシュな感動をそのまま音に表現したのが、マイラバの音楽なのではないのでしょうか。人にとって運命的な恋がそう何度もないように、このころのマイラバを超える音楽は、小林の天才をもってしても、2度と作れないのだと思います。

まきちゃんぐ
1.ハニー
2.愛と星
3.さなぎ
【コメント】吐き出すような切なさや痛みを、優しいメロディーとピアノで包み込んでいます。女性の危うさと包容力を同時に感じさせる音楽。

牧野由依
1.もどかしい世界の上で
2.若草色のクライナー・フォーゲル
3.お願いジュンブライト
【コメント】性感帯を羽毛でくすぐられているようなやわらかくてかわいいい声。

槇原敬之
1.どんなときも。
2.もう恋なんてしない
3.冬がはじまるよ
【コメント】この素晴らしいメロディーと歌声。マッキーの素直すぎるメッセージや恥ずかしすぎるラブソングが、多くの人の心を震わせているのは、やっぱりこれがあるからだと思います。

真心ブラザーズ
1.拝啓、ジョン・レノン
2.ENDLESS SUMMER NUDE
3.空にまいあがれ
【コメント】明るく、前向きだけど切ない王道ポップでありながら、骨太で古典的なロック。よくぞこの二人が出会ってくれた、と思えるデュオの一つ。復活後の作品も素晴らしい。

MASH
1.稲穂
2.太陽とカーテン
3.夢追いの地図をひろげて
【コメント】独特の韻と譜割りに耳がひきつけられます。サウンドもすごく洗練されていて癒されます。

ザ・マスミサイル
1.教科書
2.君がいてくれてよかった
3.今
【コメント】青春パンクブームのなかでも抜群に青臭かったバンド。でも決して青臭いだけじゃない。音楽として「伝える力」が強くなければ、ここまで人の心に届かないでしょう。

松崎ナオ
1.あなたに向かって
2.雨待人模様
3.川べりの家
【コメント】巨大な氷のような「憂鬱」を少しずつ溶かしていくようなやさしい「癒し」、そびえ立つ壁のような「絶望」にゆっくりと立ち向かっていく「強さ」を感じる音楽。吐息のよな歌声がたまらなく切ないです。映画「シンク」の印象もすごく強いですね。

松任谷由実
1.やさしさに包まれたなら
2.守ってあげたい
3.Hello, my friend
【コメント】メロディーが本当にすごい。既発表曲の1割も聴いていないと思うので、もっともっと勉強しなくてはと思っているアーティストの一人。

卍 LINE
1.IKIRO
2.ブンシャカラカ
3.Center Entertainer
【コメント】俳優としても昔から大好き。真のナルシストとは、人にどう見られるかを気にしない。自分のやっていることが「かっこいい」と確信している、彼のような人のことを言うんだと思います。

manzo
1.青春として
2.マイペース大王
3.続・溝ノ口太陽族
【コメント】オタク心あふれるエンターテインメントのなかにどこか切なさを含んでいる音楽。裏打ちしているのは非凡なメロディーセンス。

三重野瞳
1.Dearest
2.瞳 Fall in Love
3.ヤッホー!
【コメント】1994年に16歳でデビューして以来、2007年までにアニメソングを中心に数々の名曲を残したシンガー。少年ようなカラッとした明るさと、少女の優しい包容力を兼ね備えた独特の歌声。

MISIA
1.つつみ込むように...
2.忘れない日々
3.BELIEVE
【コメント】「つつみ込むように...」を聴いて以来、他の女性歌手の歌唱力云々は気にならなくなりましたね。MISIAに比べたら、どんぐりの背比べ、後は個性の問題でしかないと。

Mr.Children
1.名もなき詩
2.Over
3.CROSS ROAD
【コメント】King of J-Pop。偉大というより巨大。メロディー、歌詞、歌、遊び心どれもが超一流。青春時代も、今もよく聴いていますが、一生かけて少しづつ愛していきたい音楽。

thee michelle gun elephant
1.世界の終わり
2.バードメン
3.ドロップ
【コメント】孤独がしみるけど、ピンチだけど、自分が情けないけど、かっこつけたいときの音楽。

ミドリカワ書房
1.母さん
2.馬鹿兄弟
3.大丈夫
【コメント】怖いわ。もはやホラー。ポップミュージックではないです。これにはまってたサラリーマン時代末期って、やっぱりヤバかったんだな、と思います。

宮本浩次
1.だいたい彼女は…
2.午後のパレード
3.A~ha under the moon
【コメント】聴けばいつでも心は青春に戻れる音楽。ダントツに一番好きな男性ソロアーティストです。ユーモラスでおしゃれで、四季に染まる都会の風景やストーリーを見事に描写したポップス。そして恋愛や夢、人間関係におけるちょっと恥ずかしい「男心」を、絶妙に歌ってくれています。

メレンゲ
1.アオバ
2.スターフルーツ
3.ラララ
【コメント】極上のメロディーとナヨナヨとした歌声がたまらなく切ないポップバンド。

村田あゆみ
1.青空のファンタジア
2.Splash BLUE ~太陽とレモネード~
3.Shining Star
【コメント】アニメソングを中心にたくさんの名曲を残したアイドル。ファンにとっては、アイドルは、青春そのもの。今は会えないからこそ、残してくれた思い出が輝くものです。

MOON CHILD
1.ESCAPE
2.Hallelujah in the snow
3.アネモネ
【コメント】高音が強烈に耳に残る独特のかっこいいヴォーカルを生かしたポップバンド。

MOTORWORKS
1.プラスティック・ソング
2.Missing Piece
3. SPEEDER
【コメント】当時このバンドの結成情報を知らず、JDでいきなり「Missing Piece」を聴いて、一発で黒沢と石田の声だとわかったときは本当にうれしかったです。引きこもりがちな黒沢健一を、何度もシーンにひっぱり出してくれる人たちには本当に感謝。

モーニング娘。
1.モーニングコーヒー
2.Never Forget
3.歩いてる
【コメント】アイドル冬の時代を終わらせるとともに、「一生懸命なんてかっこ悪い」「なにが起こっても驚かない、感動もしない」という冷め切った90年代の若者像を葬った偉大なグループ。モー娘。全盛期ののつんく♂からは、彼自身のアイドルに対する深い愛情、世界中の色々な音楽を取り入れた新しい歌謡曲を作りたいという思い、そして、売れなくては、売れ続けなくては、という強い「成り上がり根性」を感じました。今はやや守勢に回ってしまっていますが、モー娘。がシーンにリベンジを果たす日が、きっと来ると信じています。

森山直太朗
1.太陽
2.フォークは僕に優しく語りかけてくる友達
3.星屑のセレナーデ
【コメント】一度でいいからこの人になって思いっきり歌ってみたい。どの曲からも「歌の力」を感じます。歌い上げる曲も素晴らしいですが、吉田拓郎のような語り調の曲も大好きです。

モリナオヤ
1.ラクガキに心をこめて
2.エジソン
3.雨上がりの気持ち
【コメント】すごく前向きな明るさとわかりやすさをもった素晴らしいポップを作っていたシンガーソングライター。2000年から数年でメジャーシーンを去りましたが、今も元気に活動しています。


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
23:34  |  勝手にランキング  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jdnack5.blog51.fc2.com/tb.php/641-56f41521

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

まとめtyaiました【【バトン】リスト係版勝手にランキング<ま行>】

「勝手にランキング」の「ま」行です。アーティスト名の「あいうえお」順に、好きなアーティスト毎の好きな曲ベスト3とコメントを載せていきます。すでに記事を書いた曲にはリンクを貼っているので、ぜひ読んでみてください。ペースは遅いですが、最後までやりきりますよ?...
2012/06/01(金) 02:43:07 | まとめwoネタ速neo

▲PageTop

 | BLOGTOP |