2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.03.20 (Tue)

TRIP DANCER/the pillows

TRIP DANCER/the pillows


1996年にリリースした8thシングル。

シンプルな骨太のロックであり、極上のポップ。
脊髄から脳天にビリビリくるんだけど、やわらかくて聴きやすい。
ドラムもギターも激しいんだけど丁寧にグルーヴィーに演奏されていて、うるささをまったく感じない。
とにかく聴いていてスカっと気持ちよくなれるのがピロウズの音楽ですね。
そしてエレキギターってこんなにクリアで明るい音なんだ、と思わせてくれる、本当の意味でのギターロックだと思います。

特にこの曲はなんといってもサビの解放感が最高。
もやもやを一気に吹き払うような爽快な勢いと明るさがあります。

僕の振り回す手が 空に届いて
あの星を盗み出せたら 何か変わるのか


全体的にネガティブな「愚痴」で構成されている歌詞の中で、サビのもがくようながむしゃらな前向きさが際立っていますね。

このころのピロウズの歌詞は、思春期の「疎外感」や社会に対する「違和感」、他者に対する「劣等感」をテーマにしつつ、それでも捻くれきれずに、「本当は愛が欲しいし、夢をかなえたい」という、若々しくて前向きな「叫び」が含まれているのがいいですね。

劣等感の塊で、何をするにもびくびくしていた思春期の私、何も変わっていません。
あの頃も今も、自分が小さなヒーローになったかのような暗示をかけ、がむしゃらにぶつかっていく勇気をくれる音楽です。

pillows_photo_2.jpg


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
日向ヶ丘/the PeteBest
GLASS ROOTS/GREAT3


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
22:38  |  the pillows  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jdnack5.blog51.fc2.com/tb.php/619-9fe8666b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。