2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.02.29 (Wed)

下北沢南口/甲斐名都

下北沢南口/甲斐名都


甲斐名都は1983年生まれ、東京都出身のシンガーソングライター。
名門インディーズレーベル「力塾」を経て、2006年にエイベックスからデビュー。
現在も元気に活動中です。
この曲は2006年にリリースされたデビューシングル。

ピュア、としかいいようのない曲ですね。
あらゆる不純物を取り除いた透明な輝き。
それでいてリアリティーがある。
生活感、季節感、空気感が痛いほどリアルに伝わってきます。

タンタタンタン、タンタタンタンと、澄み渡るようなキーボードのイントロ。
これでもう、聴いている人の周りの空気を一瞬で、冬の寒空の下の下北沢南口商店街の空気に変えてしまう。
それくらい「空気を変える力」が強い曲です。

不器用にぶつかり合う若い恋愛。
本気で恋したからこそ、本気で傷ついた、でも、久しぶりに会って、少し吹っ切れて前向きになれた瞬間の切なさを、見事に切り取ったラブソングであり、青春ソングですね。
冬の中でも、春に向かっていく、この季節に聴きたくなります。

以前から書いている持論ですが、「個別性が普遍性を生む」ということもすごく感じる曲ですね。
自分が育った街を描写しても、「下北沢」という固有名詞を使わないこともできたと思いますが、あえて使うことで、ぐっとリアルになるんですね。
下北沢を知っている人にとってはもちろんですが、知らない人にとっても、あ、きっとあんなところ、駅前に商店街があって、あのころあの人とよく待ち合わせした…って場所は、誰にでもあると思うんですよ。
そこに重ねて聴くことができる。
誰かにとっての「本当のお話」。
それはその人個人のストーリーに過ぎないのですが、人として生きている限り、同じような思いや経験はみんなしている。
だから、「誰かの歌」は「みんなの歌」=名曲になりうるんだとおもいます。

IMG_4539.jpg


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
Happy Birthday/的野祥子
ふたつの靴/WAITERS


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
00:18  |  2006年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jdnack5.blog51.fc2.com/tb.php/608-51612561

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |