2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2011.12.30 (Fri)

【バトン】リスト係版勝手にランキング<な行>

「勝手にランキング」をやっているサイトを、知っている限り、まとめてリンクしておきます。

・MOMAさん「Beautiful Dreamer」(2006年10月/11月の日記)
・柊朱雀さんの「Nextage Days Diary ~20代突入~
・マンセルさんの「東経136度で何かを叫びたい
・えむけーさんの「空想旅団 ~人生とは旅であり、旅とは人生である~
・ちづるさんの「インテリジェンヌ
・Pondaringさんの「音楽館」(mixiページ)
・カーシーさんのtogetter

アーティスト名の「あいうえお」順に、好きなアーティスト毎の好きな曲ベスト3とコメントを載せていく、という企画です。
これは自分で作るのも、他の方のを見るのも本当にいろいろな発見があって面白いです。
いい曲、いいアーティストは、根強く愛され続けるんだなぁ、と改めて思います。
個人的には特に、L⇔Rが今なおファン以外にもたくさんの人に愛されているということが分かって、すごくうれしかったですね。

ブログやSNSをやられている方は、ぜひこのバトン、やってみてはいかがでしょうか。

さて今回は「な」行です。
すでに記事を書いた曲にはリンクを貼っているので、ぜひ読んでみてください。


永井真理子
1.ミラクル・ガール
2.23才
3.ZUTTO
【コメント】伸びやかで柔らかなハスキーが気持ちいい理想的な歌声ですが、やはり「時代」のイメージとは切り離せないシンガー。バブル絶頂、否応なくエネルギッシュでアクティブであることを求められる一方、若者の「自分探し」が始まった時代。そんな時代が求めた名曲たちは、時代を超えて、今も多くの人が必要としているのではないでしょうか。

中島卓偉(TAKUI)
1.メッセージ
2.RE-SET
3.Calling You
【コメント】ヴァライエティに富んだ曲に、華やかで艶のある歌。誠実でやや青臭いメッセージですが、それを届ける手段として、歌とサウンドを磨き、進化させつづけているのが彼のすごいところ。常に「こんな面もあるのか」と驚かされるシンガーソングライター。

中島ちあき
1.Don't Take My Time
2.It Must Be Love
3.Piece of Mind
【コメント】風のように爽快でクリアな声のシンガー。黒沢健一のプロデュースはわずかシングル2枚で終わってしまいました。アルバム出してほしかった…。

中島愛
1.夏鳥
2.神様のいたずら
3.星間飛行
【コメント】やわらくてかわいい声。「星間飛行」も名曲ですが、「たまゆら」のシリーズで新境地を開きましたね。とにかく「アーティスト」になろうとしては絶対にダメ。あくまで声優として、演技の延長として音楽活動をしていってほしいですね。

中島みゆき
1.悪女
2.時代
3.空と君のあいだに
【コメント】スターを超越した存在がスーパースター。そのスーパースターをも超えた存在が中島みゆきじゃないかと思っています。もっともっと聞いて勉強しなければならないと思っているアーティストの一人。

中村一義
1.笑顔
2.主題歌
3.永遠なるもの
【コメント】彼が「ロックに革命を起こした天才」とはまったく思わない。むしろ、いつまでも音で楽しく遊んでいる少年のように無邪気なソングライターだと思っています。それぞれの時期によさがありますが、やはり1st-2nd Al.までの「博愛時代」が至高。仕掛けいっぱいの楽しいサウンドと極上のメロディー、一度聴いたら忘れない独特のファルセット。肩の力が抜け、すごく自由な気持ちになれる音楽。

ナスカ
1.I LOVE YOU!
2.金町娘
3.ヒカリ
【コメント】2000年代中盤に活動していたポップバンド。当初は少し陰のある印象だっただけに、「I LOVE YOU!」の真夏の日差しのようなまぶしい明るさは忘れられません。

Natural Punch Drunker
1.スタンドバイミー
2.涙のカケラ
3.トラベラー
【コメント】極上のメロディーからむ切ない歌詞、クリアなヴォーカル、シンプルなバンドサウンド。理想的なギターポップバンド。とにかくメロディーが美しくて切ない。2000年代中盤にメジャーシーンで活躍しましたが、現在も元気に活動中です。

neighbour youth
1.透明空気
2.花柄のハンカチーフ
3.soft cider
【コメント】とにかくどこまでもクリアで柔らかなヴォーカルと美しいメロディーが極上の「切なさ」を作り出していたデュオ。「透明空気」は永遠の冬の名曲。

northern bright
1.Wildflower
2.Words Of Love
3.My Rising Sun
【コメント】オアシスの影響を強く感じるバンドですが、本家に負けない美しいメロディーに、前向きでみずみずしい日本語詞を気持ちよく乗せているのが素晴らしい。こういう普通のポップが、実は一番貴重なんだと思います。聴くとカラっと気持ちが晴れていく音楽です。

No Regret Life
1.Day by day
2.迫る夕暮れ
3.Can't Explain
【コメント】渋くて疾走感のあるロック。土砂降りの雨の中を走っているような切迫感と吹っ切れた強さを感じます。


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
00:44  |  勝手にランキング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jdnack5.blog51.fc2.com/tb.php/576-935e12a1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |