2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2011.12.21 (Wed)

LIFE/FANATIC◇CRISIS

LIFE/FANATIC◇CRISIS


2000年にリリースしたシングル。

進路の選択を迫られている人に向けた優しいメッセージソング。
モラトリアムの終わりが近づくやるせなさ、切なさの中に、自分にとって大切なものが何かを思い出したときのような、吹っ切れた強さを感じます。
歌詞だけではなく、メロディーもサウンドも、すごく優しくて勇気が湧いてきます。

僕らはいくつもの未来を
流れる空 風に揺れて見ないフリをした


たとえば人生にもし勝ち負けがあり 優劣があるなら
君と肩を並べてwinnerにツバをはいてやろう


ちょうどこのころ、「勝ち組」「負け組」という言葉が流行りだしました。
そういう人生観に対する違和感を、さりげなく盛り込み、あせりや不安を洗い流してくれるような優しい応援歌になっています。

この曲を作ったのはヴォーカルの石月努。
1977年生まれですから、活動期間中は彼自身バリバリの「若者」だったのですが、どこか、不安や混沌の渦に飲み込まれていく若者たちを見守る「優しいお兄ちゃん」というイメージがありました。
決して上から「諭す」ようなメッセージではなく、曲を聴いているのに相談に乗ってもらっているような、安心感を与える力が曲にあります。
歌にも、すごく誠実さを感じます。

いつか遠い街で夢が果てても
花は咲くだろうさ


2005年の解散後、石月は音楽活動をやめ、別の道を歩んでおり、活動再開の見込みはないようですが、彼とはこの曲を通じて、いつまでもつながっている気がします。

mprkwh5mkgahrpwa.jpg


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
00:06  |  FANATIC◇CRISIS  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jdnack5.blog51.fc2.com/tb.php/571-fb299c25

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |