2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.10.19 (Wed)

【バトン】リスト係版勝手にランキング<あ行>

MOMAさんの「Beautiful Dreamer」ではじまり、柊朱雀さんの「休息の間」やえむけーさんの「空想旅団 ~人生とは旅であり、旅とは人生である~」でもやられていた「勝手にランキング」という企画がすごく面白いので、私もやってみたいと思います。

アーティスト名の「あいうえお」順に、好きなアーティスト毎の好きな曲ベスト3とコメントを載せていきます。
すでに記事を書いた曲にはリンクを貼っているので、ぜひ読んでみてください。


I WiSH
1.明日への扉
2.さよならの雨
3.幸せのうた
【コメント】声もメロディーも理想的なポップス。「明日への扉」を聴いたときの「ハジマタ\(^o^)/」感は忘れられない。ああいう感覚、あれ以来ないなあ。

愛内里菜
1.I can't stop my love for you♥
2.Sincerely Yours
3.Forever You 〜永遠に君と〜
【コメント】華やかで自信に満ちた歌が好きです。

アツミサオリ
1.びいだま
2.明日になれば
3.君のために手紙を書いた
【コメント】「げんしけん」で知りました。メロディーの質×量がすごい。切な過ぎる青春賛歌の名曲たち。

advantage Lucy
1.シトラス
2.風にあずけて
3.グッバイ
【コメント】はかなくて甘酸っぱいギターポップ。

亜波根綾乃
1.大きな風
2.Seventeen
3.プリズム
【コメント】一番好き、かつ上手いと思う女性シンガーですね。短い活動期間ですが曲にも恵まれていました。

After me
1.明日の向こう
2.レインボーチェイサー
3.またどこかで逢おうよ
【コメント】さわやかででちょっとナヨナヨした、心の柔らかな部分にそっとタッチしてくるポップス。

アップル&ペアーズ
1,ときには空
2.風になくした言葉
3.きんいろのかけら
【コメント】あたたかくてやわらかい、そして甘酸っぱいノスタルジックなポップス。傷つかないようにガチガチに武装した心が、溶けるようにほぐされ、解放されていく、魔法のような歌です。


1.サクラ咲ケ
2.A・RA・SHI
3.アオゾラペダル
【コメント】姉が「追っかけ」やってますが、先に好きになったのは私。

RSP
1.アンマー 〜母唄〜
2.A Street Story
3.LA・LA・LA LOVE SONG 〜ここから始まる恋物語〜
【コメント】ダンサーがいたころから好きでした。生き残るために、メンバーもコンセプトも変えていった彼らのStoryを、私はRespectします。

the ARROWS
1.さよならミュージック
2.ナイトコール
3.ONE NIGHT STAR
【コメント】ディスコティークなダンスナンバーと切ないバラードの二刀流。

Angelique
1.F <エフ>
2.蕾 tubomi
3.夢の中へ
【コメント】女子中学生3人組によるコーラスグループ。心が洗われます。

UNDER THE COUNTER
1.ハローワーク
2.出せない手紙
3.GREAT GREEN
【コメント】渋くてかっこいいロックに誠実なメッセージ。繰り返す日常にもがき続ける人への応援歌です。

andymori
1.everything is my guitar
2.誰にも見つけられない星になれたら
3.ハッピーエンド
【コメント】THE BLUE HEARTSのような不器用な純粋さ。歌とメロディーをしっかり立てているロックです。

飯塚雅弓
1.アクセル
2.ロマンチックだね
3.完ペキなスマイル
【コメント】清純派の中の清純派。全盛期の彼女はネタじゃなくて「フレッシュレモン」でした。

いきものがかり
1.君と歩いた季節
2.心一つあるがまま
3.最後の放課後
【コメント】この3人が出会ったのは奇跡が必然か。メロディーは断然山下穂尊派です。

池田綾子
1.数え歌
2.空の欠片
3.ヤサシイウタ
【コメント】「数えるだけで名曲になる」。真水のような清らかな歌。

e-sound speaker
1.Stand by Me
2.one
3.おわらないものがたり
【コメント】ノスタルジックなセピア色のポップス。メジャー契約は一瞬で終わりましたが、精力的にリリースを続けてくれているのがうれしい。

諌山実生
1.手紙
2.プレイス・オブ・ピリオド
3.花ノ咲ク星
【コメント】何を歌っても上手いですが、しっとり聴かせるタイプの曲でその真髄が一番わかる気がします。

石野田奈津代
1.クローバー
2.1等星
3.sandglass
【コメント】制服にルーズソックス姿の「少年のような少女」のイメージが未だに強い…。

EAST END × YURI
1.DA.YO.NE
2.MAICCA
3.いい感じ やな感じ
【コメント】うじうじ悩んでるのが馬鹿らしくなるチャラチャラした軽薄なノリに何度も救われてます。当時の空気もそのまま感じられます。

磯貝サイモン
1.君はゆける
2.初恋に捧ぐ歌
3.コインランドリー
【コメント】出てきたときの衝撃はすごかった。その後の活動がマイペース過ぎるのはちょっと残念。

ET-KING
1.今
2.サクラサク
3.さよならまたな
【コメント】特徴的な声のソロを一人づつ披露→サビで大合唱、という流れが、ベタだとわかっていても気持ちいいです。

伊藤サチコ
1.心の扉
2.尊敬する君へ
3.カレンダー
【コメント】ガラスのように繊細で真水のように純粋。だけどなぜか、罪悪感や憂鬱や不安を包み込むような包容力があります。

伊藤静
1.飾らない心で 飾らない私で
2.Power of Flower
3.ラストオーダー
【コメント】やわらかいんだけど芯がある。上品で包み込むような低音が本当に気持ちいいです。

THEイナズマ戦隊
1.あの夏の日々
2.応援歌
3.オマモリ
【コメント】本当に胸が熱くなる。イナ戦の応援歌は素直に聴ける。

井上ジョー
1.GO★
2.風のごとく
3.HELLO!
【コメント】言葉とメロディーのスペクトル。完成されたエンターテインメントのなかに込めた子供のような無邪気なメッセージ。

上原あずみ
1.青い青いこの地球に
2.Endless World
3.I Love You
【コメント】応援歌ではどうにもならないくらい落ち込んでいるときは、上原あずみを聴きます。当時のBeingの粋を集めた美しすぎるメロディーと、独特のネガティブな歌詞、不安定な歌声が合わさると、不思議にゆっくりと癒されていきます。

上原れな
1.コスモスのように
2.虹の架け橋
3,君が残したもの
【コメント】すべて「ToHeart2」関連。この作品の主題歌はなんで名曲の宝庫。作品に興味ない人にもぜひ聴いてほしい。

植村花菜
1.トイレの神様
2.春にして君を想う
3.猪名川
【コメント】正直「トイレの神様」を聴くまでは良さがいまいちわからなかった。

Water
1.コトバにできない想い
2.好きで好きで
3.サクラ
【コメント】好きな音楽に似ている音楽は好き!

ウルフルズ
1.ガッツだぜ!!
2.バンザイ 〜好きでよかった〜
3.バカサバイバー
【コメント】バカになりたいとき、ならなきゃやってらんないってときに聴く音楽。

AIR
1.TODAY
2.KIDS ARE ALL RIGHT
3.New Song
【コメント】良くも悪くも純粋すぎる男。ブレブレなようで一貫している。

エイジアエンジニア
1.スーパーヒーロー
2.君は君のままで
3.一人のメリークリスマス
【コメント】メロディー、ラップの個性、メッセージ、エンターテイメント性、すべてが完璧。

AKB48
1.ヘビーローテーション
2.君のことが好きだから
3.桜の花びらたち
【コメント】こいつらのおかげで、私は今、確かに幸せです。毎日が楽しくてしょうがない。これが宗教なら信者でいい。秋元康、本当にありがとう!

SKE48
1.ごめんね、SUMMER
2.1!2!3!4! ヨロシク!
3.愛の数
【コメント】「制服アイドル」であるAKBグループのなかでも、「最強の制服」であるセーラー服が最も似合うのがSKE48。…て何だこの説明。

Every Little Thing
1.Time goes by
2.For the moment
3.出逢った頃のように
【コメント】2人になってからも、歌い方変わってからも好きですが、やはり3人時代のポピュラリティは圧倒的。

L⇔R
1.BOTH SIDES NOW
2.First step
3.HELLO,IT'S ME
【コメント】私の中では、ポップとは線で囲える「カテゴリー」ではなく、曖昧模糊としたとした「形容詞」のようなもの。その定義を説明するのも難しいですが、確かなのは、その理想形がL⇔Rの音楽であるということ。

'else
1.POP45
2.Angel Talk
3.666
【コメント】シンプルなバンドサウンドと、ツンツンしたボーイッシュなヴォーカル、よく聴くと意外と乙女チックな歌詞の組み合わせが面白いです。

エレファントカシマシ
1.四月の風
2.悲しみの果て
3.さらば青春
【コメント】男のナルシズム。「かっこでもつけなきゃやってられない」ってときのBGM。

遠藤久美子
1.夢ロケッツ
2.二人だけの宝物
3.好きなら好きっ!
【コメント】この声も唯一無二のかわいさ。曲にも非常に恵まれています。

大木彩乃
1.それぞれの空
2.冷たい世界
3.歩きつづける
【コメント】切ない…切ないよぉ…。切な過ぎて気安く聴けないです。

及川光博
1.前略、月の上から。
2.君がまっている
3.ココロノヤミ
【コメント】たまに繰り出す真面目な曲が意外といいです。

the OYSTARS
1.なんか幸せ
2.過日恋恋
3.勇気忘れない
【コメント】とにかくベタベタに分かりやすく優しいポップス。楽しかった学生時代、辛かったサラリーマン時代。私が生きている場所、時間。いつもそこにある音楽。友達よりも家族よりも、the OYSTARSの音楽が私のことをわかってくれているような気がします。

オオゼキタク
1.群青グラフィティ
2.Destination
3.なでしこ
【コメント】甘酸っぱい歌謡曲ポップ。個人的には大人になることを余儀なくされた「東京時代」のテーマソングのような曲たち。

岡本真夜
1.TOMORROW
2.ANNIVERSARY
3.会いたくて
【コメント】この人のメロディーは本当にすごい。

奥村初音
1.ホントはね
2.砂
3.恋、花火
【コメント】この初々しさはもう戻ってこないのか…。

小沢健二
1.さよならなんて云えないよ
2.愛し愛されて生きるのさ
3.ドアをノックするのは誰だ?
【コメント】冬になるとオザケンを聴きたくなる。「恋をしたいけれどモテない」そんな人ほど聴くべき音楽。

オセロケッツ
1.かわいた時を抜けだそう
2.マフユ
3.川辺の日常
【コメント】ユーモラスなイメージも強いですが、すごく切ない名曲をたくさん持ってます。

小谷美紗子
1.眠りのうた
2.ハル
3.Off you go
【コメント】「攻撃型」の曲のイメージも強いですが、しっとり癒す名曲もたくさん持ってます。

the autumn stone
1.君がいなかったら
2.neil
3.光の差す場所
【コメント】帰宅途中、バイトの休憩時間、ちょっとコンビニに買い物に出た時、そんなふとした瞬間に不意に頭の中で鳴り出す音楽。

AUDIO RULEZ
1.夜空へと
2,ニューエイジドリーム
3.羅針盤
【コメント】デビュー時のバンド名はMILKRUN。「夜空へと」は今世紀に発表された曲の中では一番好きな曲かも。コーラスが特にすばらしいバンド。

オトナモード
1.雨色
2.風になって
3.グライダー
【コメント】さわやか好青年ポップス、ここに極まれり。

麻績村まゆ子
1.あ・こ・が・れ
2.無敵のヒロイン
3.そらのてがみ
【コメント】わが青春のアイドル。今でも一番好きな声質はこの人の声。

ORIGINAL LOVE
1.プライマル
2.GOOD MORINING GOOD MORINING
3. 接吻 kiss
【コメント】甘くてほろ苦い大人の音楽。でも変なおじさん。

その他、以下のアーティストも大好きです。
aiko、AI-SACHI、相沢巧弥子、ICE、OUTLAW、あおぞら、赤木圭一朗、acari、秋吉契里、浅場佳苗、安次嶺奈菜子、EARTH、azusa、東野純直、東龍太郎、ARCH、URCHIN FARM、アナログフィッシュ、arp、阿部祐也、彩風、荒木ケースケ、ALvino、ЯK S、Ann、inconnue、angela、アンジェラ・アキ、UNDER GRAPH、UNLIMITS、THE YELLOW MONKEY、幾田愛子、石井杏奈、石井聖子、石川智晶、石田耀子、eastern youth、泉川そら、磯﨑健史、市川由衣、井乃頭蓄音団、今井麻美、In the Soup、the indigo、宇井かおり、Wienners、WEAVER、WAITERS、上松秀実、water、ウォリ、うたいびと はね、宇多田ヒカル、WOLF PACK、AIR DRIVE、エイプリルズ、えちうら、Mi、m-flo、elliott、ERIKA、ELLEGARDEN、大石昌良、大久保海太、大黒摩季、大城光恵、大山百合香、岡村孝子、奥井亜紀、奥田民生、奥田美和子、奥華子、乙三.、おとぎ話、踊ろうマチルダ、鬼束ちひろ、小野真弓、ORCA、organs cafe、オレスカバンド、音速ライン


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
01:16  |  勝手にランキング  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

こちらでははじめましてですね。私のブログを見てくれていたようでありがとうございます。
相互リンクお願いしますと言おうとしたのですがもうリンクしてくれてたのですね・・・ ではこちらからもさせて頂きます。

亜波根綾乃さんって懐かしいですね。「小さな勇気」が好きでした。
あと「お」のつくアーティストが私と誰一人かぶらなかったのが地味にすごいと思いました。つくづくこの企画面白いですね。
えむけー |  2011.10.19(水) 01:45 |  URL |  【コメント編集】

えむけーさん

コメントありがとうございます!

ごあいさつもせずに紹介してしまいすみませんでした。

この企画は本当に面白いですね。

亜波根綾乃ご存知でしたか!
「小さな勇気」もいい曲ですよねー。

「お」はたまたまかぶりませんでしたが、えむけーさんの取り上げたアーティストの中には結構好きなアーティストが多いですよ。
というわけでえむけーさんのブログにもコメントさせていただきますね!
リスト係 |  2011.10.19(水) 16:09 |  URL |  【コメント編集】

池田綾子さんは「飛べない鳥」
植村花菜さんは「光と影」
なんかもいいですよー\(^o^)/

最近ミスチルやスピッツなど
自分が小さい頃に車で聴いた曲とかめっちゃ聴いてます

君が思い出になる前に

シーソーゲーム
Over
イノセントワールド

懐かしさと歌の良さにウルウルします。

後、昔やってたドラマの漂流教室の主題歌で
山下達郎さんの「LOVELAND,ISLAND」も懐かしくて良いです(´ω`)
スピカ |  2011.10.22(土) 01:45 |  URL |  【コメント編集】

スピカさん

いつもコメントありがとうございます!
すごくうれしいです。

「光と影」 聴いてみました。
これもすばらしい曲ですね。
池田綾子の「飛べない鳥」も今度聴いていますね。

ミスチルやスピッツの選曲もすばらしいいい!
全部大好きです。
「LOVELAND,ISLAND」もさわやかでいい曲ですね!
10代のスピカさんと古い曲の話ができるのはすごくうれしいです。
リスト係 |  2011.10.23(日) 23:30 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jdnack5.blog51.fc2.com/tb.php/533-2511bc27

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。