2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2011.09.25 (Sun)

Rabbit House/PLASTIC GIRL IN CLOSET

Rabbit House/PLASTIC GIRL IN CLOSET


PLASTIC GIRL IN CLOSETは、2003年結成、岩手県出身・在住の4人組。
2010年にデビューしました。
この曲は2011年7月にリリースされたアルバム「cocoro」に収録されています。

冷めた表情と憂鬱そうなたたずまい。
ノイジーなギターロックの中に、ほとんど歌詞が聴き取れない弱々しい歌。
暗闇に差す一筋の光のように美しいメロディー。

独特の世界観ですが、ジャンルとしては、「シューゲイザー」(「靴を見つめる」=うつむきがちな人)というかなり確立されたスタイルのようです。

J-Pop好きとしては、どうしてもスーパーカーが思い浮かびますよね。
特にこのバンドは、男女ツインヴォーカル、東北出身、20歳そこそこでデビュー…というところからも、かなり既視感が強いです。
しかもトレードマークがりんご…
スーパーカーが起こした「静かな革命」の再現を、彼らにも期待したいです。

この曲の美しいメロディーと冷めた世界観は、今年の厳しかった残暑によく合いましたね。
ボーとした頭で白昼夢を見ているような気持ちよさがあります。

13111348781744.jpg


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
16:52  |  2011年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jdnack5.blog51.fc2.com/tb.php/518-1c4736fd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |