2017年03月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2011.08.30 (Tue)

夏の匂い/ランクヘッド

夏の匂い/ランクヘッド


ランクヘッドは愛媛県新居浜市の県立高校で1999年に結成されたバンド。
2004年にデビュー。
メンバーは全員1980年生まれ(松坂世代)です。
この曲は2006年にリリースされたシングル。
プロデュースはSCUDELIA ELECTROの吉澤瑛師。
PVに出演している初々しい美少女は当時17歳の多部未華子ですね。
ロケーションは鹿島鉄道で行われていますが、歌われている「二両電車」のモデルは伊予鉄道かな?

秋の気配漂う「夏の終わり」。
夕暮れに染まる「一日の終わり」。
そんな、切なさを誘う風景に、「青春の終わり」を重ね合わせた、美しい名曲。

胸を締め付けるように切ないメロディー。
ハイトーンでクリアな声の中にしっかりとソウルを込めた歌。
バンドサウンドを基調に、丁寧にストリングスを重ねているアレンジもすごくきれいです。
やっぱりいい曲は一音一音すべてがきれいに作られているし無駄な音がまったくないな、と思いますね。

曲全体が「季節感」「空気感」をすごく感じさせますよね。
風景、音、温度、匂い、までリアルに伝わってきます。

歌詞もすごく練られていて、自然に言葉が体に入ってきます。
東京から出発して故郷へ帰郷する青年、というリアルでわかりやすい設定。
そこに織り込むロマンティックで美しい追憶。
さりげなく挟み込むメッセージ。
やっぱり無駄な言葉がひとつもないんですね。
無駄な繰り返しもない。
完璧なバランスですね。

サビ後半で使われている韻もすごく美しいです。

まだもう少しだけ夜よ来ないで
あの日そう思った


お願いもう少しだけ
時よ僕らを大人にしないで


だからお願いもう少しだけ
早く急いで僕らの街まで


1番で描かれているのは美しい「思い出」。
ラストで描かれているのは目の前の「今」。
そこに挟み込んでいる2番のフレーズが、止めようのない「時の経過」の切なさを見事に表現していますね。
ただ語呂と音感だけを合わせただけではない、すごく文学的で美しい韻です。

思いっきり懐かしくて切ない気持ちにさせてくれた上で、
ただ懐かしむだけではないし、思い出ときっぱり決別するわけでもない。
大切なものは変わらずに持ち続けよう、と思わせてくれる曲ですね。


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
22:52  |  2006年の名曲  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

これまた名曲ですね。

夏の情景を映した詩と切なさを持ったメロディ。
聴いていると、夏の1ページが思い出されますね。

ランクヘッドの中では一番好きな曲です。
micarosu |  2011.09.01(木) 21:14 |  URL |  【コメント編集】

micarosuさん

いつもコメント本当にありがとうございます!

私もこの曲がランクヘッドの中では一番好きな曲です。

まだまだいろいろな人に聴いてほしいですね。
リスト係 |  2011.09.01(木) 23:00 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jdnack5.blog51.fc2.com/tb.php/509-4f7121ab

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |