2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.03 (Wed)

あの夏の日々/THEイナズマ戦隊

あの夏の日々/THEイナズマ戦隊


日本一の広大なキャンパスを誇る北海道酪農学園大学。
そこで1997年に4人の学生で結成されたのがTHEイナズマ戦隊でした。
(ただし、3人のメンバーは大阪府堺市出身。)
2003年にメジャーデビュー。
現在に至るまでリリース、ライブともにほとんど絶え間なく精力的に活動しています。
この曲は2005年にリリースされたシングル。

「胸が熱くなる。」

よく使われる表現ですが、本当にこう感じるのは、イナ戦の曲を聴いたときですね。

MONGOL800や175Rを中心として、2000年代初期に巻き起こった「青春ロック」ブーム。
宇多田ヒカルらの洗練された音楽への反動なのか、口ずさみやすいシンプルな歌と、不器用で青臭い「本気」の応援歌やラブソングが、多くの人々に支持されました。
ブームの追い風を受ける形で多くの素晴らしいバンドがデビューしましたが、中でもずば抜けた「歌力」を持っていたのがイナ戦です。

Vo.上中丈弥の歌には「嘘」がないんですね。「照れ」もない。「本気」のメッセージだというのをすごく感じる。だからこれだけ青臭くても、聴いていて恥ずかしくないんですね。
しかし、それだけではない。
シンプルなんだけど、一切無駄な言葉がないすごく作りこまれた歌詞なんです。

まず、メロディーと歌詞のからませ方が抜群にうまいんですね。だから歌詞がメロディーと一緒にすごく耳に残ります。

そして情景描写も絶妙。

いつもの街変わりはなく 穏やかな風が吹く
君と見たこの景色 切なくオレンジに染まる


ドラマみたいな始まり方は まるで終わりを知らせたみたいで


君がくれたジョン・レノンのTシャツに袖を通す


このあたりのリアルでドラマティックな描写で、曲の世界に引き込まれ、キューンと切なくなる。
そうして一気にメッセージに持っていくんですね。

思い出の中立ち止まる日々ここまでにしよう そう思いました


君はいつかの夢を目指して 長い坂道を登りだして
走り出してく君の背中は 他の誰より輝いて見えた
俺は明日へと続く道を がんばってまた歩こうと決めた


雨降りで嵐もあるさ いつまでも止まるなよ


俺はいつかの夢を目指して 長い坂道を登りだして
「努力に勝る天才なし」と 君はどこかで叫んでいますか?


いきなりメッセージをぶつけられても、なかなか素直に聞けないものですが、切ない情景描写によって作り出された「心のスペース」に、メッセージを注ぎ込まれると、それがじんわりと心に広がっていきます。
作りこんだ音楽を作るために作りこんだわけではない、伝えるために作りこんだからこそ、ここまでシンプルで無駄のない歌が作れるんだと思います。

青春映画を見た後のように、心の錆を落とし、さわやかに吹っ切れることができる、名曲です。

THE.jpg


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
23:58  |  2005年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jdnack5.blog51.fc2.com/tb.php/498-0cb834e7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。