2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.05.29 (Sun)

2010年度年間マイベスト100(61位~70位)

2010年度(2010年4月度~2011年3月度)の、私:リスト係のマイベスト100をミニレヴューつきで発表します。
エントリー曲の他、期間中に発表された新曲が対象です。

1位からカウントアップ方式で、10曲ずつご紹介しています。

今日は61位から70位をご紹介します。


61位 座・ロンリーハーツ親父バンド/加山雄三とザ・ヤンチャーズ

超豪華企画もの。
メロディーの良さ、歌の個性、歌詞の懐の深さ、あらゆる点で今のアーティストはレヴェルが違いすぎるな、と思いますが、一番の違いは、この「エンターテインメント性」じゃないですかね。
ヴィジュアルやMCも含めて、「人を楽しませること」が自分たちの仕事だ、ということをしっかりと心得ている感じがします。


62位 ふたつのハート/サニーデイ・サービス

10年ぶりのオリジナルアルバム「本日は晴天なり」より。
「恋」と「音楽」。
恋したときのあふれる想いを表現するためには音楽が必要だし、
フレッシュな音楽を作り続けるためには、恋をし続けることが必要。
この人にとってはどちらも「目的」であり、「手段」なのかもしれませんね。


63位 中野グラフィティー/木根尚登

今なおコンスタントにリリースを続けています。
ルーツのひとつである70年代フォークに回帰したアルバム「中央線」より。
カラッと切なくて、かっこよくて、面白い。
TM Networkのメンバー、プロデューサーとしても名高いですが、
シンガーソングライターとしてのこの人の業績は、もっともっと評価されるべきじゃないかと思いますね。


64位 祈り/森友嵐士

昨年本格的にソロ活動を開始。
かっこいいイメージがあった人がこうやって弱い部分をさらすことで、すごく人に勇気を与えられるやさしい曲になっていると思います。


65位 パーティフルサルマンライフ/CASCADE

再結成後第1弾シングル。
このチープなかっこよさ、相変わらずです。


66位 マテリアル/椿屋四重奏

ドラマ主題歌ということもあって、いままでにないポピュラリティーがある曲になっていると思います。
まだまだこれから、という期待があったのですが、直後に解散を発表。これがラストシングルになりました。
ただ、メンバーの今後の活動にはまだまだ期待できそうです。


67位 ラストソング/ザ・ルーズドッグス

9年間の活動にすがすがしい終止符を打った曲。
コーラスワークがすばらしく、わかりやすいポップソングを作り続けたバンドでした。
これからも一生聴き続けたいと思います。
お疲れ様でした。


68位 STAY BEAUTIFUL/Diggy-MO'


吹っ切れた勢いが気持ちいです。
この人の歌は独特ですが、すごく気持ちいいですよね。
おそらく世界でも唯一無二なのではないでしょうか。


69位 dear.../K


2005年の来日以降の自分に対して送った歌。
グループではなく、たった一人で異国に渡り、自分を信じてがんばり続けたKのストーリー。
それはK個人のストーリーに過ぎないけれども、同じような状況でがんばっている人にとっては、抽象的なメッセージや作ったストーリーよりも、より強く心に響くのではないでしょうか。
Kは今祖国で2年間の兵役についています。
Kが無事に兵役を終え、日本に帰ってきてくれることを、この曲を聴きながら祈りたいと思います。


70位 37ゴールデンロード/向井成一郎

ストリートを中心に活動を続けてきたベテラン。
「37歳になって思ったこと。」
これもすごく個人的なメッセージなんですが、それを無理やり聴かせてしまう。
そんな力がメロディーと歌にありますね。


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
関連記事
スポンサーサイト
18:29  |  2010年度年間マイベスト100  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jdnack5.blog51.fc2.com/tb.php/445-732a9eb8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |