2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.10 (Thu)

桜の木になろう/AKB48

桜の木になろう/AKB48


…指原はトイレ行きたかったの?

すでにミリオンセールスを達成し、さらにロングヒットを続けそうな20thシングル。

歌詞とPVがさまざまな解釈を呼んでいる問題作ですが、私の解釈はこんな感じです。

秋元康プロデューサー(「秋P」)の作るAKB48の歌詞は、普遍的なラブソングやメッセージのようで、その実AKB48自体をテーマにしていることが多いです。
この曲もそのひとつで、いつかは卒業していくメンバーたちへのメッセージ、そして秋P自身の「決意表明」の歌なんだと思います。
曲中の

「僕」=秋P
「桜の木」=AKB48

を指しているんだと思います。
今のメンバーが卒業して行っても、ファンが入れ替わっても、AKB48は絶対に解散しない、凋落もさせない。
ブームが去っても、何度でも立ち上がってシーンに挑み続ける。
そうすることで、AKB48を巣立っていったメンバー、ファンが、挫折を味わったとき、孤独を感じたとき、いつでも帰ってきて初心を取り戻せる場所であり続ける。
そんな秋Pの強い決意が表れた歌詞だと思いますね。

そういう解釈を前提にPVを見てみると…
あっちゃんも、たかみなも、ともちんも、いつかは必ず卒業させる。
でも…でも…珠理奈だけは…永遠に自分の手元に置いておきたい。
例えそれが彼女自身の将来を犠牲にすることになったとしても…。
というちょっと怖いくらいの秋Pの執念を感じてしまうんですが、いかがでしょうか。

420px-AKB48_logo_svg_convert_20110117172632.png


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひお気軽ご参加ください↓。
welovejpop_convert_20110310135346.jpg

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
15:14  |  AKB48  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jdnack5.blog51.fc2.com/tb.php/405-5f9414bf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。