2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.01.24 (Mon)

さよならノーチラス号/SCUDELIA ELECTRO

さよならノーチラス号/SCUDELIA ELECTRO


SCUDELIA ELECTROは、石田小吉(ショーキチ)を中心にした3人組バンド。
1996年のSpiral Life解散直後から、本格的に活動を開始しました。
その後ほとんど絶え間なく精力的に活動し、数々の名曲・名盤を残して2005年に解散しました。
石田ショーキチはその後もソロで元気に活動しています。
この曲は1997年にリリースされた1st Al.「SCUDELIA ELECTRO」の1曲目に収録されています。
上川隆也が出演していた劇団キャラメルボックスの舞台「さよならノーチラス号」の主題歌にもなっていました。
「ウィーン、ウィッウィーン」というサイレンのようなトラックはバラエティ番組「アメトーーク!」の音響として使われていますよね。

SCUDELIA ELECTROといえばなんといってもこの流れるように自然で美しいメロディー。
「日本屈指のメロディーメイカーといえば?」
と問われたら、答えるのに3年くらい悩んでしまいそうですが、黒沢健一と石田ショーキチは入れざるをえないと思います。

そしてこの「SF感」「宇宙感」もSCUDELIA ELECTROの特徴です。
孤独や不安を抱えつつ、好奇心と冒険心に突き動かされて生きる「男の子」の心を、遥か旅ゆく潜水艦や宇宙船に例えて描いていたのが、SCUDELIA ELECTROの音楽ではないでしょうか。
六畳のワンルームでも、この曲を聴けば、広大な深海や宇宙を感じられる気がします。

profiletop.jpg


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
18:21  |  石田ショーキチ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jdnack5.blog51.fc2.com/tb.php/332-6b62bda3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |