2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2010.05.25 (Tue)

2009年度マイベスト100大発表!その③【21位→30位】

2009年度(2009年4月度から2010年3月度まで)のエントリー曲もすべて試聴が終わりました。

そこで、2009年度の、私:リスト係のマイベスト100をミニレヴューつきで発表します。

1位からカウントアップ方式で、10曲ずつご紹介しています。

今日は21位から30位をご紹介します。


2.gif1hudh.gif オリオン/いきものがかり

シングル「なくもんか」収録。
作詞・作曲は山下穂尊。
いきものがかりの既発表曲の約半分は山下が作っているんですが、なぜかシングルA面になるのはすべて水野良樹の曲なんですよね。なんなんでしょうか、この力関係は…。
私は歌謡曲テイストの水野曲より、メロディーも歌詞も切ない山下曲のほうが断然好きなんですが…。どちらにしても、二人の曲をバランスよくシングルとして出せば、もっと幅が広がると思うんですけどね。


2.gif2.gif ハジマリノウタ~遠い空澄んで~/いきものがかり

アルバム「ハジマリノウタ」から、もういっちょ山下曲。
本作も大ヒットを記録し、紅白歌合戦にも2年連続出場と、時代を代表するアーティストとして突っ走り続けるいきものがかりを、これからも追いかけていきたいと思います。


2.gif3.gif 健太郎のお姉ちゃん/ゆず

シングル「いちご」収録。
かわいい、けど、きゅーんとなるくらい切ないです。
2009年度はスケールの大きな王道ソングを連発したゆずですが、こういうかわいい曲も相変わらず作っているところが本当にうれしいです。


2.gif4.gif フレイム/flumpool

キャッチーで切ないメロディー。ひねりのない素直なメッセージ。ハイトーンでクリアなヴォーカル。過剰な主張をせず、歌の伴奏として丁寧に奏でる演奏。
ここまで完璧に純粋なポップバンドが、セールス的に成功するのはいったいいつ以来なんでしょうか。
ゼロ年代(2000年~2009年)にはなっかたような気がします。
10年代は、flumpoolとともに、ポップの夜明けがやってくる。そんなことを予感させてくれる曲です。


2.gif5.gif ループ、ループ/のあのわ

ボーカル兼チェロ担当のYukkoを中心にした5人組。
生音を中心にした暖かいサウンドと、冴え冴えとしたYukkoの魅力的な声がマッチしています。
冬に聴きたくなる曲です。


2.gif6.gif メリミー!!/RAG FAIR

6月度の1位投票曲。
コーラスグループといえば、ブルージーだったりファンキーだったり、こってりした黒人系音楽…というイメージを根底から覆してくれたポップグループ。思えば彼らも10年近く活動しているんですね。
とにかく明るくて楽しくて気持ちのいい曲。
2009年度は婚活ブームとともに、このテーマの曲もたくさんリリースされましたが、ここまで能天気で夢の詰まった曲は、彼らしか作れないのではないでしょうか。


2.gif7.gif 明星/トータス松本

桁違いのパワー、健在です。
歌詞とメロディーの絡み、そして歌の力が凄すぎる。
「パソコンが何だ 検索がどうした 答えは見つけたか? 最終電車で拾ったマンガを読んだら涙が止まらない!」


2.gif8.gif アンマー~母唄~/RSP

かりゆし58のカヴァー。
歌詞も大胆にリメイクしています。「渡月橋」とは、Aiの出身地である京都にある橋。
そしてこのPVは、ガチでAiの姉の結婚式の映像なんだとか。
私、15歳から25歳くらいまでの期間はほとんど「泣く」ということがなかったんですが、最近涙もろく、こういういわゆる「泣ける歌」を聞くと、まんまと泣いてしまいます。
中でも「母」ものは弱いですね。2009年度、もっとも泣かされた曲でした。


2.gif9.gif IKIRO/卍LINE

2004年の転落事故の経験を基にした「命の歌」。
この人は俳優としても昔から大好きだったんですが、ファンとしてはどうしてもひっかかっていたあの事故のことを、こういう形で語ってくれて、改めて尊敬の念を深くしました。
この人は、本物のナルシストだと思いますね。本物のナルシストとは、他人にどう見られるかをまったく気にしない。じぶんが「かっこいい!」と思うことをやりつづける人だと思います。


3.gif0CAOURLHX.gif 涙サプライズ!/AKB48

私、美しい人はそれだけで憧れてしまうんですが、それを抜きにしてもこの人たちは尊敬してしまいます。インタビュー記事を見ても、とても10歳も15歳も年下の人たちとは思えない…。
全盛期を迎えてしまったアイドルは、そこから数年が本当の正念場。でも、彼女たちなら、きっとまだまだいろいろな夢を見せ続けてくれると思います。
…関係ないですが、私も会社辞めるときに「寄せ書き」もらったんですよね。本当に涙サプライズでした。でも、なんだか怖くてまだ読めてないです…。


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
Japanese Dream―We Love J-POP!―

ダウンロード
関連記事
スポンサーサイト
04:09  |  2009年度マイベスト100  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jdnack5.blog51.fc2.com/tb.php/210-6010ae49

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |