2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.02.27 (Sat)

メロンティー/メロン記念日×GOING UNDER GROUND

メロンティー/メロン記念日×GOING UNDER GROUND(2009年12月度第8位)


モーニング娘。の妹分として1999年に結成されたメロン記念日。
ハロー!プロジェクト(ハロプロ)所属のアイドルが激しい新陳代謝を繰り返す中で、家族のような結束を維持し、オリジナルメンバーで10周年を迎えることになった稀有なアイドルグループです。

img13249e8ezik9zj.jpg

モーニング娘。がこの10年、メンバーチェンジを繰り返す中で、多くのファンを「卒業」させてしまったのに対し、メロン記念日は地道な活動によって、着実に熱狂的なファンを増やしてきました。

今作は「ロック化計画」と銘打ったコラボレーション企画の第5弾。
これまで迎えたアーティストは、BEAT CRUSADERS、ニューロティカ、ミドリ、THE COLLECTORS。
CDはすべてタワーレコード限定販売と、なんともサブカル臭の強い企画ですが、メロン記念日としては、今までに激しいライブで培ってきたことの延長上にあることなのでしょう。

今作はGOING UNDER GROUNDとのコラボレーション。
GOING UNDER GROUNDについては、かなり前からマンネリ化を感じていたのですが、今作はインディーズ時代のようなフレッシュな初期衝動を感じさせます。
昨年、キーボードの伊藤洋一が脱退してGOING UNDER GROUNDも転機を迎えていますが、ここは一度初心に戻ってほしいですね。
GOING UNDER GROUNDは松本素生と中澤寛規のツインボーカルだと思うし、最高のソングライターは河野丈洋だと思います。松本の才能だけに頼るのではなく、バンドらしいバンドだったGOING UNDER GROUNDをまた聴きたいと思います。

news_large_goingunderground.jpg

今作はともに10年以上の活動を経て転機にある2組がコラボレーションすることによって、フレッシュな「初期衝動」を取り戻し、心底楽しんで作っている感じが伝わってきます。
歌詞も遊び心たっぷりです。

SPを募って 京葉線に乗って
変装はしないで Kissしたららぽーと


ちょwww
「京葉線」は千葉市から東京に向かって海岸を走る鉄道。「ららぽーと」は船橋市にある(他にもありますが)ショッピングセンター。
個人的にはいろいろ思い出がありますが、行った事がない人でも、なんとなく自分の思い出の中にある場所を連想させるんじゃないでしょうか。
固有名詞は歌詞にリアリティー(具体性)を加えるとともに、実はポピュラリティー(普遍性)も増す力がある、と私は思っています。
私の投票履歴を見ると、地名が入っているタイトル、異常に多いです。

さて、新たな10年に向けた活躍が期待されたメロン記念日ですが、10周年を節目に、解散を決意したことが発表されました。
う~ん、この勢いのまま解散というのは、ちょっともったいない気がするし、ファンのショックは相当なものでしょうね。「さあ、これから」という雰囲気が感じられただけに……
しかし、この10年の彼らの活動は、アイドルの歴史の中のひとつの金字塔として、語り継がれていくと思います。
最後までいい曲を、ありがとうございました。

dsc02777.jpg


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
Japanese Dream―We Love J-POP!―


20100221-060944-68136300.gif
関連記事
スポンサーサイト

タグ : メロンティー メロン記念日 GOING UNDER GROUND 解散 歌詞 PV 視聴 試聴

20:56  |  2009年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jdnack5.blog51.fc2.com/tb.php/160-7a8ff40a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |