2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.01.25 (Mon)

ラブソング/サンボマスター

ラブソング/サンボマスター(2009年11月度第4位)


サンボマスターはこれで3作連続ランクイン。

sambo_photo.jpg

ギターを使わず、ピアノとストリングスを伴奏にしたバラード。
「これがサンボマスター!?」と驚いてしまうほどイメージを覆す曲調ですが、ポップへポップへと流れてきた最近の傾向から考えると、「来るべきところまで来た」ということかもしれません。

歌詞のテーマは死別。
J-POPには死別を歌った名曲がたくさんありますよね。
万葉集の時代から、「挽歌」は一大ジャンルで、日本人は死別を歌にしてきました。

今作は、「洗練された美しいバラード」とはちょっといいがたいですが、山口隆の感情をあらわにした歌が胸を打ちます。
悲しい死別があって、気持ちをまだ整理できていないまま、泣き叫んでいるかのような歌です。
そういう意味では、早くて激しいロックをやっている時と変わっていないんだと思います。
リビドーやルサンチマンを表現すれば早くて激しいロックになり、死別の悲しみを表現すれば、バラードになる。使う楽器やアレンジも当然変わってくる。
彼らにとっては周りが騒ぐほどの変化でもなく、自然な「使い分け」に過ぎないんではないでしょうか。

PV出演は長澤まさみ。
8mmフィルムで撮っているのでしょうか。セピア色の映像がノスタルジックで美しいです。
ついでに、フレッシュな少女時代のPVをどうぞ。

ツバサ/アンダーグラフ(2004年)


うーん、本当に美しい人は、その年齢なりの美しさを見せてくれますね。
この女優と同じ時代に生きられて、幸せです。


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
Nack5 Japanese Dream―We Love J-POP!―


20100110-221158-89529100.gif
関連記事
スポンサーサイト

タグ : ラブソング サンボマスター 長澤まさみ ツバサ アンダーグラフ 山口隆 歌詞 PV 視聴 試聴

08:07  |  2009年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jdnack5.blog51.fc2.com/tb.php/129-06561f7c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |