FC2ブログ
2020年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2020.03.12 (Thu)

瀬戸内ロケ地巡りツアー《高松編》

なぜ4回目になって記事タイトルを変えたのかというと、ここからはSTU48がメインではないからです…。
でも小豆島でまた出てくるのでご期待ください。


3日目は今治から高松へ移動。
蓄積疲労により今治でたらたら過ごしていたら出遅れ、高松に着いたのは夕方でした。
高松近郊には「瀬戸内の声」のMVで福田朱里、森香穂が出演しているシーンのロケ地があるのですが断念。
高松駅周辺をささっと巡りました。
高松中央商店街は「AKB観光大使」という番組で中村麻里子、田北香世子、行天優莉奈がロケをしていた場所。
2020031202265288f.jpeg
2020031202265539d.jpeg
20200312022644ef3.jpeg
20200312022647e98.jpeg
20200312022646013.jpeg
202003120226491f1.jpeg
202003120226516e0.jpeg
20200312022654c7b.jpeg
この「天津甘栗はまの」という店のジェラートむちゃくちゃおいしかったです。
202003120234441f7.jpeg
それから、小豆島を舞台にした山下リオ主演のドラマ「ラブレター」で、山下演じる美波が恋人の海司と高松でデートするシーンのロケ地巡りに脱線。
全盛期スーパー美少女時代の山下リオが白ワンピースで大暴れする超名シーンで、私が制服フェチと並ぶくらい白ワンピフェチになることを決定づけたシーンです。
高松中央商店街のカットもあります。
20200312023850d33.jpeg
ヒントが少なすぎてスポットは不明。
それから2人が行ったうどん屋は商店街の中にあるかのように思える演出でしたが、郊外の春日町にある「かすが町市場」というお店でした。
かろうじて回収できたのは玉藻公園のシーン。
202003120227020e2.jpeg
2020031202270374a.jpeg
20200312022702358.jpeg
2020031202270253b.jpeg
高松は以上!
うどんは一応食べましたが、うーん…こればっかりは食べなれた関東式の方が好きですね。
おでんはおいしかったです。


次でラスト!
小豆島編です。
関連記事
スポンサーサイト



03:22  |  AKB48  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020.03.11 (Wed)

STU48のMVロケ地巡りツアー《大三島・伯方島編》

2日目の午後は大三島・伯方島でSTU48のデビューシングル「暗闇」のMVロケ地巡りに挑みました。
観光地ではなく、瀬戸内の日常の風景と少女の青春を描いた作品。
1本の青春映画に匹敵するような美しいMVです。

大三島と伯方島は瀬戸内しまなみ海道に沿った島々ですから、ドライブかサイクリングでないと難しいと思われるかもしれませんが、バスと徒歩だけでも半日でなんとかいけました。
①大三島・宮浦港周辺
まず2日目の11:00頃まで滞在した尾道から山陽線で福山へ。
そこから高速バスで大三島に移動。
途中には「ペダルと車輪と来た道と」のMVロケ地がある生口島があるのですが、時間の関係上涙を呑んでスルー。
大三島バスストップというバス停で路線バスに乗り換え。
大三島の西岸にある「宮浦港」(終点)で下車します。
ここが「暗闇」のMVで岡田奈々が勉強しながらバスを待っていたバス停です。
A
2020031120460971b.jpeg
2020031120511164f.jpeg
202003112046107e5.jpeg
202003112052178c7.jpeg
岩田陽菜も座ってました。
20200311204606f5e.jpeg
2020031120460718d.jpeg
「暗闇」のMVはこの宮浦港周辺で多くのシーンが撮られています。
20200311235235459.jpeg
サビの部分で踊っているのは宮浦港第一桟橋です。
B
20200311205702a42.jpeg
20200311205704ca5.jpeg
この港湾内には薮下楓と佐野遥が座っていた堤防もあります。
C
20200311210127418.jpeg
20200311210126a35.jpeg
宮浦港には大きな鳥居があります。
20200311210553b18.jpeg
MVで瀧野由美子、岡田、岩田、薮下が食べていたお好み焼き屋は宮浦港バス停近辺にあり、店名を「大鳥居」と言います。
D
202003112109086eb.jpeg
20200311210907f1e.jpeg
現在はすっかりセトカス仕様。
20200311211113a91.jpeg20200311211114e7c.jpeg
お好み焼きはいわゆる広島風ではありませんでしたが、おやつ感覚でおいしかったです。
202003112118055d3.jpeg
このお店の前には、夜のシーンで岡田と瀧野が分かれる灯籠のある道があります。
この道の先、岡田が向かって行く先に宮浦港のバス停があります。
瀧野は自転車通学、岡田と岩田はバス通学なのかーなんて空想が膨らみますね。
E
202003112120086b4.jpeg
20200311212010acb.jpeg
宮浦港から少し離れた台(うてな)海水浴場は石田千穂、石田みなみ、門脇実優菜の3人が少年たちと海に投石しているシーンのロケ地です。
20200312001417fa7.jpeg
宮浦港から小さな半島を隔てて少し南方に移動するとあります。
十分に歩ける距離なのですが、今治北高校のあたりから海岸沿いに行こうとすると、「マーレ・グラッシア大三島」や「伯方塩業大三島工場」のあたりまでは行けるのですが、あと一歩のところで堤防や浅瀬に阻まれていけなくなります。
愛媛県道51号大三島環状線に沿って大きく迂回し、「台キャンプ場」や宿泊施設の「海宿OHANA」を示す標識にしたがって行ってみてください。
google mapにも「台キャンプ場」と「海宿OHANA」は登録されているようです。
宮浦港と同様、人っ子一人いないプライベートビーチ状態でした。
20200311213851149.jpeg
20200311213852bce.jpeg
20200311213854a66.jpeg
20200311213859498.jpeg
2020031121385583f.jpeg
2020031121385730e.jpeg
②伯方島・今治西高校伯方分校周辺
大三島でのロケ地巡りは終了。
ここから路線バスで隣の伯方島に移動します。
岡田が座っていたバス停にある通り、宮浦港からは伯方島、大島を経由して今治まで行ける路線バス(せとうちバス)が通っています。
しかも結構本数が多い。
半日で2島を巡って宿泊地の今治まで行けたのはこの路線のおかげでした。
しかし、台海岸攻略に苦戦したため私が伯方島バスストップを下車したときには16:00を回っていました。
伯方島バスストップはこの路線で唯一の伯方島内の停留所ですが、島の南西部に位置します。
ロケ地は島の南部中央に位置する今治西高校伯方分校あたり。
島内の路線バス(伯方島循環バス)に乗り換えればすぐ行けるのですが、日没と今治行き最終便が迫っていたためバスを待っていられず、往復徒歩で行きました。
この途中にType Gのジャケットに使われたお好み焼き屋の「たんぽぽ」があります。
20200311230237aa9.jpeg20200311230237a2a.jpeg
ロケ地となった今治西高校伯方分校には入れないので、そこへ向かう国道を撮影。
MVではメンバーが自転車で爆走していました。
20200311223301593.jpeg
2020031122330006c.jpeg
20200311223258290.jpeg
202003112232576f9.jpeg
今村美月、磯貝花音、土路生優里がケンカした藤原あずさを後ろから「わっ!」てやって仲直りする名シーン。
時間帯的にも空気感を味わうことができて感無量ですね。
20200311225011d0e.jpeg
2020031122501212a.jpeg
MVの冒頭もほぼ同じアングル。
202003112250106dc.jpeg
20200311225014ada.jpeg
ロケ地訪問はこれにて終了。
伯方島バスストップへと国道を徒歩で向かう途上に日没。
その途上とバス停で今治行き最終便を待つ間に見た伯方島の暗闇。
バスの車窓から見た大島と来島海峡の暗闇。
ほんの少し前まで夕日が海に反射してあんなにキラキラと明るかったのに、一気に暗闇に包まれる。
「暗闇」って本当に名曲だけど、デビューシングルのタイトルとしてはどうなんだろう?
グループのコンセプトに合ってないんじゃないか?
と思っていましたが、ここに来てわかりました。
瀬戸内の半分は暗闇。
「暗闇のその中で目を凝らしてみれば何かが見えてくる」という言葉も、この視覚情報を遮断する暗闇が夜明けまで続き、自分と向き合ってこそなんですよね。


次はいよいよ最終回、高松・小豆島編です!
関連記事
23:23  |  AKB48  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020.03.11 (Wed)

STU48のMVロケ地巡りツアー《尾道編》

1日目の広島編があっというまに終わったので、1日目の夕方と2日目の午前中は尾道で名曲「風を待つ」と「瀬戸内の声」のMVロケ地巡りをしました。


20200311014344cc1.jpeg
①千光寺道
「風を待つ」のMVは全編ドローン撮影・ワンカットで撮られているとても美しい作品です。
メンバーが踊りながら階段を駆け上がっていく様子をドローンが追いかけていきます。

ロケ地は尾道の「千光寺道」周辺です。(「千光寺新道」ではないのでご注意ください)
体力に自信がなく、ロケ地の場所がすぐに見つかるかどうかも不安だったので、登ったり下りたりしながらロケ地を見つけるのは難しいと思い、1日目はMVのメンバーとは逆に、まずロープウェイで千光寺公園まで登り、下りながらロケ地を巡りました。
しかし翌日時間があったので下からMVのメンバーと同じように千光寺道の階段を登ってみたらまあなんとか登ることができました。
あまり体力に自信のない方でもロープウェイを使わずいきなり下から登って巡ることは可能だと思いますし、その方が場所も見つけやすいと思います。
ここではMVの順番に従って各地点を紹介します。
20200310234123a72.jpeg
スタート地点の「おのみち文学の館」(文学記念室)の門を見つけることが重要ですね。
尾道駅を山陽線沿いに東尾道・福山方面に歩いていくと、いくつもの踏切があるのですが、その中に千光寺前踏切があります。
タイプDのジャケット写真に使われているのがここの踏切です。
A
2020031021440923c.jpeg20200310215400dc8.jpeg
遮断機に「千光寺前踏切」と書いてあります。
ここの階段を上がっていくと、MVで見覚えのある「東土堂ポケットパーク」(C)に行き当たると思います。
小道を左に入ると「おのみち文学の館」です。
B
20200310221023873.jpeg
202003102210248ba.jpeg
MVはここからスタートし、瀧野由美子が「東土堂ポケットパーク」の方向に小道を走ります。
20200310221520bf8.jpeg
20200310221522b8b.jpeg
門脇実優菜、磯貝花音、今村美月が踊っているのが「東土堂ポケットパーク」というちょっとした休憩所ですね。
C
20200310221656c40.jpeg
20200310221658d4e.jpeg
公園の案内標識は撮影の際一時的に外したんですね。
20200310222949cbb.jpeg
20200310222951e4d.jpeg
階段を上がっていきます。
2020031022294594c.jpeg
20200310222947850.jpeg
フロント4人以外の12人が踊る踊り場です。
とても小さな踊り場で、ここで12人の少女が踊っていたとは信じられません。
この部分はドローンが崖地の上空から撮っているので同じアングルからは撮れません。
D
202003102246230df.jpeg
20200310224624e60.jpeg20200310224626625.jpeg
さらに階段を上がるとラストに全員で踊る公園にたどり着きます。
この公園は「共楽園」で、「千光寺公園」ではないのでロープウェイから行く場合は注意してください。
千光寺公園から少し下った場所にあります。
E
20200310222942dda.jpeg
20200310222944e05.jpeg
202003102259058a6.jpeg
2020031022590700d.jpeg
20200310225902d52.jpeg
20200310225904a3b.jpeg
2020031022590058d.jpeg
20200310225901c1a.jpeg
「風を待つ」はアイドルに興味がなくても大瀧詠一や山下達郎、チューリップやオフコース、かぐや姫や海援隊、洋楽でいえばビージーズやカーペンターズが好きな人には絶対に聴いてほしい名曲ですね。
MVも本当に美しいので、それが撮影された地に立てて本当に感慨深いです。
②御袖天満宮
STU48初のオリジナル曲「瀬戸内の声」。

息を飲むほど美しいMVは瀬戸内各地で撮影されていますが、広島県出身の土路生優里が出演しているシーンは尾道の御袖天満宮で撮影されています。
2日目の朝はここに行ってきました。
映画「転校生」でも重要なシーンで使われたロケ地です。
熱心に石段をとっているとたぶん周囲からは映画のファンだと思われますね。
202003110034192f5.jpeg
20200311003423987.jpeg
土路生が座っていたのは上から11段目の石段です。
2020031100341193f.jpeg
20200311003432044.jpeg
鐘楼の方からのアングル。
2020031100340334c.jpeg
202003110034224d3.jpeg
この路地は周辺を探しても見つからず…どなたか挑戦してみてください。
20200311004450b9a.jpeg
「瀬戸内の声」のMVは他にもいくつか狙っていた場所があったのですが、結局4日間の旅で回収できたのはこのシーンだけでした。
③尾道シネマ
乃木坂46のシングル「走れ!Bicycle」に収録されていた生田絵梨花の個人PVは、尾道で撮影されたショートフィルムでした。
ロケ地の一つは、尾道駅を出たらすぐに目に入る映画館「尾道シネマ」。
20200311011019c3c.jpeg
20200311011023aa4.jpeg
20200311011020f9f.jpeg
20200311011024960.jpeg
ロープウェイから見る尾道市街
202003110114098c6.jpeg
20200311011411f06.jpeg
そして偶然にも「風を待つ」のMVのロケ地(E)のポイントから見る天寧寺の三重の塔もありました。
20200311011408e0b.jpeg
20200311011413f55.jpeg
生田の尾道ムービーはまだネット上のガイドが少ないのでぜひどなたか挑んでみてください。
20200311012154ff8.jpeg
2020031101215801e.jpeg
尾道グルメは「牛ちゃん」の尾道ラーメンと「すみチャン」のお好み焼きを堪能。
2020031101314827d.jpeg20200311013150897.jpeg


次は大三島・伯方島編。
いよいよ「暗闇」のMVに挑みます。
関連記事
01:35  |  AKB48  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020.03.10 (Tue)

STU48のMVロケ地巡りツアー《広島編》

件名の通り、行ってきました。
すでに多くの方がSTU48のMVロケ地巡りをしてたくさんのレポートがアップされていますが、ほとんどの方は車を使ったと思います。
私は公共交通機関と徒歩のみで巡ったので、運転できない方はぜひ参考にしてみてください。


1日目は広島市で「大好きな人」のMVのロケ地を訪問しました。
制服姿のメンバーが広島市各地から広島港に集結して劇場船に乗り込み、衣装に着替えて船上公演を行うという内容です。

スポットは3つ。
①広島駅前
②広島港
③坂町・横浜西一丁目バス停
2020031017054372b.jpeg
車なしでも半日ほどで周れると思います。
①広島駅前
メンバーが岡田奈々を迎える場面。
広島駅南口から広島電鉄(路面電車)の広島駅を見るとすぐわかります。
202003101301165f7.jpeg
20200310130126290.jpeg
目印は地下広場「エールエール」入り口エスカレーターの看板
202003101301216c3.jpeg
202003101301261b2.jpeg
待ち合わせ場所にもなっているようなので滞留している人は多いです。
植栽は季節によるのかな?
202003101301198ef.jpeg
20200310130130efe.jpeg
②広島港
広島駅から広島電鉄(路面電車)の「広島港・宇品行き」で「海岸通」駅まで移動します。(30分ほど)
20200310153500eb9.png
進行方向の正面にある大きな建物が広島市営桟橋からのフェリーの待合室がある広島海上ビルです。
正面から入ると、瀧野由美子が時刻表を見ていた待合室があります。
待合室から振り返って入り口方向を見るとこのアングルになります。
A
202003101413194e7.jpeg
202003101510148fc.jpeg
待合室を通り抜けて反対側に出ると正面が広島市営桟橋です。
B
20200310141655f3b.jpeg
20200310151015d9b.jpeg
広島市営桟橋から海に向かって左手に歩いて行くとメンバーが走っていた海岸沿いの歩道があります。
(「海岸通り」という道路とは違います)
宇品波止場公園の近くまで歩くと、桟橋や手すりの様子が一致するポイントがあります。
202003101541336e2.png
C
20200310130229cca.jpeg
20200310152513bbd.jpeg
この日は有名な世界周航客船のピースボートが停泊していました。
202003101549031d8.jpeg
③坂町・横浜西一丁目バス停
広島駅に戻ってJR呉線で坂駅へ移動。(15-20分ほど)
坂駅から徒歩で20分弱歩くと、メンバーがバスに乗った海沿いのバス停があります。
20200310164710a36.png20200310164709124.jpeg
もちろんバス(坂町循環バス)でも行けるのですが待ち時間によっては歩いた方が速いです。
20200310162901779.jpeg
202003101640247bf.jpeg
アングルが少し違いました。
そこまでローアングルに見えなくても結構低い位置から撮ってることが多いんですね。
20200310164126051.jpeg
202003101637175ec.jpeg
途中の街並みがとてもレトロで味わい深いの少なくとも往路復路のどちらかは徒歩がおすすめ。
202003101720155db.jpeg


次は尾道編。
名曲「風を待つ」のMVに挑みます。
関連記事
12:38  |  AKB48  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |