2015年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2015.12.20 (Sun)

青空カフェ/AKB48

青空カフェ/AKB48


2003年にリリースされた32nd Sg「恋するフォーチュンクッキー」収録。
作曲は「ある秋の日のこと」「ドリアン少年」など、非常にポップな楽曲を多数提供しているビーイング所属の藤本貴則。
歌唱メンバーは本店14期の「三銃士」こと小嶋真子、岡田奈々、西野未姫や、HKT2期の田島芽瑠、朝長美桜をはじめ、当時グループ全体で非常に期待をかけられていた若手メンバー。
夢をかなえた喜びにあふれるフレッシュな笑顔がまぶしいですね。

秋Pの歌詞に「カフェ」というフレーズはもう嫌というほど出てくるんですが、この「カフェ」はかなり異色。
風景としては「潮風の招待状」のイメージに近いでしょうか。
自然にあふれる美しい田舎町で繰り広げられるかわいくてほほえましい青春。
「青空カフェ」から「星空カフェ」へ
この映像の対比の美しさと恋の進展が見事に重ねられています。
一編の青春映画のような、爽快な余韻が残るさわやかなポップソングですね。
サビに向かってせりあがっていくBメロが、秘密の待ち合わせの胸の高鳴りをうまく表現していますね。

気に入った方はぜひこちらでフルヴァージョンを聴いてみてください。

1523_20111103223256_20140502005118666_201512201858514b2.jpg


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
untitled_20141116230126441.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
18:59  |  AKB48  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.13 (Sun)

【139位】BAKU【アーティストMy Best 200】

139 BAKU
news_xlarge_BAKU_a.jpg

ここがすごい!
10代でスターになり、20歳そこそこで解散した、まさに若い衝動をそのまま楽器にぶつけているビートロック。
特段変哲のないバンドサウンドですが、やっぱり車谷の非凡なメロディーセンスが随所に感じられます。
谷口の泣きながら歌っているようなハスキーでエモーショナルな歌声とあいまって、キュンと切なくなります。

今、あらためてBAKUを聴いてみると、なんというか、「なるほどー」という気持ちになるんですよね。
その後の彼ら、特に車谷の歩みを知ってしまった今。
当時とはまた違った角度から聴かざるを得ない。
ビートロックバンドらしい「辛いことがあっても明日に向かってがんばるぞ!」的なメッセージソングが基本なんですが、そのなかに車谷のシニカルな社会に対する見方やニヒルな死生観がすでにこの頃から現れていて、それをあくまでイノセントな谷口に歌わせている。
そういう部分に触れるとちょっと鳥肌が立ってしまいます。

この5曲!
「天までとどけ」(Al「ふたつめのはじまり」)
阿部浩之に向けた挽歌。
車谷が自ら歌っています。
決して上手くはないけど少年らしいまっすぐな声と朴訥ながら誠実な歌唱が胸を打ちます。
死者は蘇らない。
過去には戻れない。
でも、時間も人もなくなったわけじゃなくて、今を生きている人の心の中に居場所を変えただけなんですよね。

「ぞうきん」(Sg「ぞうきん」)
スマッシュヒット曲。
この曲ですよ。
この曲をもう一度聴いてほしい。
ふざけたような軽快な裏打ちのリズムに、サビでの大爆発。
小学校の「あるある」を題材にしたような歌詞。
このコミカルな曲に込めたなんともシニカルな「視点」。
「どうせ僕たちは ぞうきん ぞうきん
明日になったらゴミ箱行きかも」
今こそ、多くの人に聴いてほしい名曲ですね。

「ON AND ON」(Sg「ON AND ON」)
メロディーと歌詞のからみが見事ですね。
すんなりと体に入ってくる。
なんか恥ずかしい失敗をした日の夜なんかに、勝手に頭の中で鳴り出す曲。
この曲も車谷の人生観がすごく出ている気がします。
「あなたは何を感じ あなたは何を信じ どんな欲望抱いて 流れてくことだろう」
私もいまもまだ、この曲とともに流れ続けています。

「丘を越えて」(Al「聞こえる 〜Power of Dreams〜」)
谷口曲。
おそらくは谷口が95年にキャイ〜ンと結成した3LDKの「普通になりたい」のサビの元になった曲。
彼のメロディーも多彩ではありませんが切なさを吹っ切ったような解放感があってくてすごく好きですね。

「ぼくたちだけの天国」(Sg「ぼくたちだけの天国」)
結成当初からあった曲をアコースティックヴァージョンにしてラストシングルとしてリリース。
少年らしい青いラブソング。
特にAメロのせつなさが好きですねー。
エモーショナルな谷口の歌と、カラッとした車谷の歌の絡み合いが本当に心地よい。
3年間の活動のなかで様々な葛藤があったと思いますが、「歌える歌」というコンセプトはブレることがなかったんじゃないかな、と思わせてくれる曲。

このアーティストが好きならCheck!!
JUN SKY WALKER(S)、BLUE BOY、フラワーカンパニーズ、プロペラ、ガガガSP、THEイナズマ戦隊、忘れらんねえよ

DATA
89年栃木県の高校3年生だった4人によってに結成。
当初バンド名はBATSUだった。
原宿の歩行者天国(いわゆる「ホコ天」)でたちまち人気を集める。
90年ベースの阿部が交通事故で急死(享年18)。
同年3人組としてメジャーデビュー。
バンドブームの寵児となったが92年解散した。

その後車谷はSpiral Life、AIR、Laika Came Backで活動。
谷口はソロで活動した。

□生年月日/出身地/血液型
谷口宗一 Vo/71.8.29/栃木県大田原市/A型
車谷浩司 G/71.8.29/栃木県
加藤英幸 Dr
阿部浩之 B




「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
untitled_20141116230126441.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
19:34  |  アーティストMy Best 200  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.06 (Sun)

andymori好きな曲対談レビュー

andykomoriさんとandymoriの好きな曲について語ってみました。


リスト係 こんばんは。andymoriの対談レビューです。
andykomori  こんばんは。よろしくお願いします。
リスト係 ご参加本当にありがとうございます。
andykomori いえいえ。もったいなきお言葉です。お誘い頂き本当にありがとうございます。
リスト係 andymoriを好きになったきっかけはありますか?
andykomori 兄の部屋から音漏れで「青い空」が聴こえてていつも流れてていい曲だなぁと思ったのがきっかけです
リスト係 お兄様。
andykomori 僕の好きなものはだいたい兄からなんです笑一番最後の歌詞がとても印象的で心に響きました
リスト係 2014年10月に解散。1年が経過しましたね。
andykomori 今年の10月の解散日。思ったことが。もう3年くらい経ったんじゃないかなと思ってしまいました
リスト係 小山田壮平は福岡県出身なんですか?
andykomori はい。福岡大学の附属大濠高校の演劇部に所属していたみたいです
リスト係 komoriさん地元ですよね。
andykomori 光栄なことにそうなんです笑
リスト係 小山田壮平は今はどんな活動をしているんでしょうか。
andykomori 長澤知之と初期のandymoriメンバーとALというバンドを作ってとりあえず音源リリースは決定したみたいです。時期は不明ですが。
リスト係 なるほどーandymoriというバンドは彼にとっては相当な重荷だったのかもしれませんね。
andykomorii なんか本人曰く、andymoriとしてやりたいことはやりきったこれが解散の理由らしいです。笑バンドマンらしい
リスト係 生きてさえいてくれれば、また名曲を聴けるでしょう。
andykomori 本当にそうなんですよね。その言葉で思い出したちょっとしたお話をしてよろしいでしょうか
リスト係 はい。
andykomori あれは2013年andymoriのラストツアーになる予定だった福岡公演のチケットを買おうとした朝の出来事でした朝コンビニにチケットを買いに兄と一緒に行って機械を操作しandymoriのチケットを購入しようとしても購入できない 兄「お前が起きるの遅いからだ!」僕「ごめん...」そしてandymoriのホームページを見ると小山田壮平の飛び降り事件のニュースを目にしてあぁとなってもうandymori見ることできないのかなとか兄弟二人で悲しみに暮れた事を思い出しました。 すいません。落ちなくて。
リスト係 生きててよかったですよね、本当に。死んで伝説化なんて最悪。
andykomori そうですよ。ホント、まだまだ新曲名曲たくさん聴きたいですし
リスト係 では、komoriさんお勧めの1曲を教えてください。いっしょに聴きましょう。
「ベンガルトラとウィスキー」
リスト係 これかー!
andykomori それです!大好きなんですよ!
リスト係 前のめりな感じ。もがいてる感じます。
andykomori その2つの表現大好きです! 僕がandymori好きな理由はそこかもしれません歌詞やメロディウンヌンよりただ単に前のめり感やもがいてる感じが好きなのかもしれません。
リスト係 ですよねー。そこらへんにあるもんにぶつかったり蹴っ飛ばしたりつまづいたりしながら、気にせずひたすら前に向かっている感じです。
andykomori 周りのことなんて気にしてない感じが大好きです。リスト係さんはandymoriでお好きな曲ありますか?
リスト係 私はなんといってもこれ。
「everything is my guitar」
リスト係 最初に聴いたandymoriの曲でもあります。最初に聴いたとき、THE BLUE HEARTSの「青空」を思い出しました。曲調はだいぶ違うけど。切なさやもどかしさの果ての、あきらめのような、悟りのような、からっとした感じが好きです。
andykomori 結構福岡のことを歌詞に出してるから好きです。あ、でもそのイメージ友達も全く同じこと言ってました
リスト係 そうですか、お友達。「青空」には「運転手さんそのバスに僕も乗っけてくれないか」とありますが、「everything is my guitar」には「憂鬱を乗せるバスに乗れと脅され」とありますね。どちらもなんとなく、のどかに晴れた青空の下の駅前ロータリーの情景が浮かぶんですよね。
andykomori 晴れた青空のイメージ!!とてもわかります!なんか日常的な情景、言葉にしてみるとこんなに美しいものなのかと思います
リスト係 曲短いですよね。もう1曲お勧めを教えていただけますか。
andykomori もう一曲ですか!!迷ってしまいます。
「ベースマン」
リスト係 ここに出てくる固有名詞も福岡の地名なんですか?
andykomori そこの地名は東京で、昔小山田壮平が住んでいたところみたいです
リスト係 そうかー!
andykomori 西荻窪アパートの階段を登る音 ですね?
リスト係 青春ですね。青い!口笛がいいですね。
andykomori スキップしながら聴きたい曲です。多分あの口笛はベースの藤原 寛が吹いてると思われます
リスト係 ベースマン=藤原寛?最後にもう1曲私のお勧めを聴いてください。
「誰にも見つけられない星になれたら」
andykomori なんかとてもリスト係さんらしいです。
リスト係 ですかねー。葛藤やあがきの果てにあるひそやかな祈り。ほんの小さな幸せが続くことを祈る感じ。また比較論で申し訳ないですがthe pillowsでいう「パトリシア」にあたる曲。
andykomori 初耳です!

andykomori 今日はお付き合いくださってありがとうございます
リスト係 本日はありがとうございました。ではまたTwitterで。
andykomori はい。ではまた
21:23  |  andymori  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |