2014年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2014.11.21 (Fri)

【154位】オトナモード【アーティストMy Best 200】

154 オトナモード
2_convert_20100131010731_20141121003547f70.jpg

ここがすごい!
みずみずしい感性で描かれた水彩画のような、繊細に作りこまれたガラス細工のような、優しく美しいギターポップ。
都会の中でも"風"と"水"を感じ、心を爽やかに浄化してくれる音楽です。
なんといっても歌声が本当に素晴らしいですよね。
ここまでクリアで伸びやかなボーカリストはJpopの歴史でもなかなかいないのではないでしょうか。
それでいてなんとなく不器用な優しさを感じるエモーショナルな歌い方がかわいいです。
特にデビュー直後のオトナモードは、デビュー前の少し淡い雰囲気が抜けて、すごく鮮明でポピュラリティーのある美しさを感じ、当時は本当に心酔していました。

こ7曲!
「花束」(Al「空への近道」)
懐かしい人への思いを素直に歌った名曲。
おそらくは親に対する感謝を歌っているのかな?
「優しさ」を「窓の灯り」という、視覚的なイメージで表現するところが、オトナモードらしさなんですね。

「風になって」(Sg「風になって」)
デビューシングル。
本当に風になって飛んでいるようなサビの解放感が本当に気持ちいですね。
「パパパン!パパパン!」とリフレインするキーボードが、高まる若々しい気持ちを見事に表現しています。
自転車の二人乗りで海を見に行き、不安や悩みを吹き払う、そんな素敵な体験を、4分弱で味あわせてくれる、最高のリフレッシュソング。
やっぱ楽しく生きなきゃだめだよなーと思いますね。
不器用にジェントルな歌い方がほほえましいですね。
高橋の王子様のような優しさを感じる曲。

「グライダー」(Sg「グライダー」)
澄んだ青空を自由に飛んでいくグライダー。
風船のようにただふわふわただようだけでもなく、ジェットを使って空気を切り裂いていくわけでもなく、風の流れに乗って、気の向くままに旅を続けるグライダーに対する憧れを、曲全体で表現しています。
「キュイーン」と心地よく鳴るギターが胸をギュッと締め付けてきます。
不安があっても、飛び込んでみよう、という気持ちにさせてくれます。

「空の向こう側」(Sg「グライダー」)
オトナモードの明るさ、前向きさ、高揚感が頂点に達した曲。
A面の「グライダー」で聴かせた憧れの世界を自分の手にしたような喜びを感じます。
天にまで達するようなサビの勢いが本当に心地よく、逆に自分の現状を鑑みると切なくなります。
「待ってたよこんな日が来るのを」
いつか私にも、そんなことを言える日が来るのかな…

「Our Way」(Al「Watercolor」)
マーチのようなミディアムテンポながら、もやもやをふっきった、雨上がりのような前向きな明るさを感じる曲。
涙を拭いて歩き出したときのような、覚醒した強さを感じます。
「支えあう」のではなくて、ただ「一緒にいる」ことで絆を保ち続ける決意をした二人の、さっぱりとした「愛の誓い」。
ウェディングソングにもぴったりでは。
ストリングスが見事にバンドサウンドに融合していて、壮大になりがちなストリングスが、こんなに明るくて軽やかな雰囲気を表現できるんだなーと思わされました。

「雨色」(Sg「雨色」)
作詞家・松本隆が作詞を手がけています。
短編映画のように美しい情景がはっきりと目に浮かんできます。
自ら別れを選んだ男が、同棲していた部屋から出て、街をぶらつく間のモノローグ。
悲しみ、喪失感ともに、、どこか吹っ切れた、穏やかな解放感も感じます。
幻滅していく気持ちが綺麗な思い出に変わった安堵感、あるいは悲劇の主人公になったような自己陶酔、さらには「いい恋をしたなぁ」というような自己陶酔。
これは男性特有のものかもしれません。
詩集を盗んでいったり、オレンジを置いていったり…
相手のリアクションを見なくていいもんだから、付き合っている間には遠慮がちに見せていたであろう自分の「美学」を全開に繰り出しています。
きわめつけは、「出会った瞬間」を回想するくだり。
「初めて会ったあの日も雨さ バス停で横顔見る
長い睫毛に釘付けの僕 気づいて微笑んだ」
悲しいかな、男性にとって恋人が一番美しく見えるのは、出会った瞬間と、別れるときなんですよね…。
男の恋愛に対するロマンティシズム、ナルシズム、身勝手で夢想家の部分が本当に美しく描かれた曲です。

「ミルフィーユ」(Al「Portfolio」)
何気ない、でも当人たちにとってはとっても切ないひと夏の物語。
何か孤独や不幸を抱えている二人の、幸福な夏の恋。
プールの塩素の匂いや制汗スプレーの匂いまでがよみがってくる、すごくリアリティのある切なくて懐かしい気持ちになる曲。
すごく明るくて軽やかな雰囲気すらあるのに、「死」の影すら感じる不思議なはかなさを感じる日本的なサマーソングですね。
この曲も作詞は松本隆。
情景が浮かぶ歌詞と、オトナモードの繊細なサウンドの相性は抜群ですね。

このアーティストが好きならCheck!!
オフコース、チューリップ、スピッツ、After me、Natural Punch Drunker、GOOD BYE APRIL

DATA
04年、東京の音楽の専門学校で出会い結成。
下北沢を中心にライブ活動をスタートする。
08年、メジャーデビュー。
10年、高橋以外のメンバーが脱退、高橋のソロプロジェクトとして再スタート。
小野田は現在はhotal light hill's bandで活動中。

□生年月日/出身地/血液型
高橋啓太 Vo、A.G/85.2.9/栃木県足利市/B型
伊原真一 G/84.10.29/静岡県磐田市/AB型
山本健太 Key/84.10.29/北海道帯広市/A型
林陽介(とまそん) B/神奈川県鎌倉市/B型
小野田尚史 Dr/83.7.17/愛知県新城市/B型

□好きなアーティスト・曲
高橋:オフコース、荒井由実、ドビュッシー、エンニオ・モリコーネ




「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
untitled_20141116230126441.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
00:42  |  アーティストMy Best 200  |  TB(5)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014.11.20 (Thu)

【アニメ】「名探偵コナン」「ONE PIECE」「NARUTO」「銀魂」の主題歌マイベスト10

件名のとおりです。

「名探偵コナン」
1.忘れ咲き/GARNET CROW
2.Secret of my heart/倉木麻衣
3.夢みたあとで/GARNET CROW
4.STEP BY STEP/ZIGGY
5.眠る君の横顔に微笑みを/三枝夕夏 IN db
6.氷の上に立つように/小松未歩
7.謎/小松未歩
8.願い事ひとつだけ/小松未歩
9.Still for your love/rumania montevideo
10.Mysterious Eyes/GARNET CROW

「ONE PIECE」
1.ヒカリヘ/ザ・ベイビースターズ
2.memories/大槻真希
3.RUN! RUN! RUN!/大槻真希
4.One day/The ROOTLESS
5.BON VOYAGE!/Bon-Bon Blanco
6.ココロのちず/BOYSTYLE
7.私がいるよ/トマトキューブ
8.Free Will/Ruppina
9.Dear friends/TRIPLANE
10.DREAMSHIP/イクタ☆アイコ

「NARUTO」
1.自転車/オレスカバンド
2.素直な虹/surface
3.失くした言葉/No Regret Life
4.Long Kiss Good Bye/HALCALI
5.悲しみをやさしさに/little by little
6.CLOSER/井上ジョー
7.今まで何度も/ザ・マスミサイル
8.誰かが/PUFFY
9.流星/TiA
10.スピード/アナログフィッシュ

「銀魂」
1.ワンダフルデイズ/ONE☆DRAFT
2.風のごとく/井上ジョー
3.エクスペクト/PAGE
4.MR.RAINDROP/amplified
5.曇天/DOES
6.バクチ・ダンサー/DOES
7.僕たちの季節/DOES
8.可能性ガール/栗山千明
9.ウォーアイニー/高橋瞳
10.ムーンウォーク/MONOBRIGHT


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
untitled_20141116230126441.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
01:49  |  アニメソング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.11.16 (Sun)

【155位】the★tambourines【アーティストMy Best 200】

155 the★tambourines
無題

ここがすごい!
さわやかに吹き抜ける"風"を感じる、清涼感にあふれたギターポップ。
それでいてすごく都会的なオシャレさを感じます。
そっけなさすら感じる、こだわりのないサラッとした松永の女性像が表れた歌詞。
そしてこれまたサラッとしていて過度な存在感のない歌声が、サウンドに絶妙に乗っていて心地よいです。
見ようによっては味気なく感じてしまう都会の景色や生活を、すごくかっこよく、美しく、心地よく感じさせてくれる音楽です。

この4曲!
「easy game」(Sg「easy game」)
デビューシングル。
速いですねー。
トリッキーで軽快なキーボードの清涼感がたまらない、疾走感あふれるポップソング。
前奏から歌が始まるまでのワクワク感がすごいです。
サビのファルセットも美しい。
作曲は大野愛果。

「yesterday is over」(Sg「easy game」)
A面のアクセル全開とはうってかわって歩いているような落ち着いたビート。
雨上がりのような、もやもやしたのが吹っ切れたスッキリした明るさに満ちたメロディーが素晴らしい名曲です。
ヴォーカルにローファイなエフェクトをかけているのがまた印象的。
間奏の英語詞リーディングもシャレています。
水彩画のようなみずみずしい美しさに満ちています。
この曲は松永自身が作曲を担当。

「star」(Al「my back pages」)
切なくも優しいメロディーと、包み込むような美しいコーラスに心と体が癒されていく名曲。
バックコーラスにはRAMJET PULLEYが参加していますが、多重録音をつかったこのバックコーラスがむちゃくちゃ心地よくて癒されます。
歌詞は本当に素直に、疲れたり傷ついたりした心を思いやる優しさに満ちています。
「今夜はもう遅いからゆっくりお休み」
悲しくて、怖くて、さみしくて眠れない夜にはぜひ聴いてほしいです。
作曲は川島だりあ。
この人の作るバラードは本当に美しいですね。

「everything is nothing」(Sg「everything is nothing」)
しとしとと降りつづける雨の中、人を待ち続ける切なくて憂鬱な感じがすごく出ているロストラブソング。
しんみりとして切ないんだけど、けっして暗くない、どこかあきらめがついたというか、踏ん切りがついたかすかな前向きさが感じられるのがいいですね。
「everything is nothing anything」が「エビシン、エビシン、エビシン…」と聴こえる韻の効いたサビがしっかりと耳に残りますね。
感情の爆発ではなく、止め忘れた蛇口の下の器から溢れる水のように、少しずつそれでもとめどなくあふれてくる感情をすごくうまく表現しているサビだと思います。

このアーティストが好きならCheck!!
DOG HAIR DRESSERS、advantage Lucy、Swinging Popsicle、ROUND TABLE

DATA
01年、デビュー。
09年、活動休止。
9年間の活動で、GIZA studioから10枚のシングルと7枚のアルバムをリリースした。

□生年月日/出身地/血液型
松永安未 Vo/10.1/大阪府堺市堺区/B型
麻井寛史 B/78.4.26/岡山県/A型
亀井俊和 Dr/12.24/AB型
岡田達也 エンジニア/1.31/B型




「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
untitled_20141116230126441.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
00:41  |  アーティストMy Best 200  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.11.14 (Fri)

2014年9月度マイベスト10

みんなでいい曲を発見する音楽投票企画「サブコン」で投票した9月度のマイベスト10をご紹介します!

1位 終わりなき輪舞曲/C&K
15183286.jpg
鹿児島県出身の2人組。
「愛を浴びて、僕がいる」以来2度目の投票。
CLIEVYの超ハイトーンの声がとにかく気持ちよく耳に響き、そして切ない余韻が残ります。
今回は祝祭感に満ちたリズミカルなパーティーチューン。
カントリーのような、ロシアや東欧の民謡のような、とにかく楽しくて勢いがあるにぎやかさに勇気をもらえます。
心を囃し立てるようなストリングスが効いています。

2位 Sky Is Blue/Glider
image_201411140147458a1.jpg
埼玉県本庄市出身の4人組。
メロディーがすばらしい、正統派のポップバンド。
ピアノを中心にしたバランスのよいサウンド、メロディーによく絡んだ日本語詞、そしてファルセットが非常に美しいエモーショナルな歌声。
こういう普通にいい曲を作れるバンドを、私は探し続けています。

3位 すきだよ~いつかキミに伝えたいこと~/工藤えみ
artist_022.jpg
大分県出身の21歳。
歌手デビューするまではモデルとして活躍していました。
「月光の夜」に続き連続投票。
正統派のクリアで美しい歌声ですね。
歌詞はわりとラブラブリア充ソングですが、やっぱり"風景"が浮かぶ歌詞は強いです。
「駅前の公園通りの その先にあるロータリー
橋を渡って沈む 夕陽を見送り
オレンジ色に時を刻んでる」
これからの季節にぴったりの曲。

4位 ミライノオト/小田和奏
original.jpg
昨年のNo Regret Life解散から、さほど間を空けずにソロ作品を届けてくれたのがまずうれしいですね。
のどの奥からしぼりり出すような、泣き声のような独特のソウルフルでエモーショナルな歌声が心を打ちます。
絶唱ではなく、少し肩の力の抜けた感じの歌い方が、またいいですね。
すごく身近な幸せを感じる曲。

5位 思い出せない花 /フレンチ・キス
kiss1_s.jpg
そうきましたかーという感じ。
コーラスワークを重視したアコースティックでフォーキーな1曲。
クセの強い柏木の歌をコーラスワークがうまく中和しています。
否応なく大人になってしまったフレキスの未来を感じた曲。
この路線を極めれば、48Gを卒業して、女優になってもローカルタレントになっても、主婦になっても母になっても、フレキスを続けていけるんではないでしょうか。

6位 壊れかけのRadio/CoralReef
o0640064012829623792.jpg
00年にシンガーソングライターとしてメジャーデビューした村田亮が、ストリートを中心に活動しているユニット。
以前はCANCIONの古谷智志も参加してましたが、今は一人で活動しているようです。
メジャー時代も「For you」をはじめ数々の名曲が心に残っていましたが、その後は情報を追いかけず、数年前に偶然藤沢駅前でこの曲を耳にし、CoralReefを知りました。
この度、カヴァーアルバムがリリースされ、ついに音源化。
あの日の感動がよみがえります。

7位 東京VICTORY/サザンオールスターズ
76651.jpg
最初聴いたときは新曲だとは思わず、80sか90sの隠れた名曲なのかと思いましたよ。
このサビのキャッチーさ、軽やかさ。
まさにever pop。
どこまでいってもポップであり続けるサザンの姿勢は、そのまま後輩たちへのメッセージとなっているのではないでしょうか。

8位 故に、摩天楼/MUCC
MUCC4.jpg
投票自体はなんと2007年の「リブラ」以来、7年ぶり!
でも最近の今日はすごくポップな曲になってきたなーと思っていました。
キャリアを積んだ余裕が、ポピュラリティと懐の深いメッセージを生んでいるんでしょうか。

9位 Is Being Pretty Everything/FAT CAT
1326246634-mv_fat_cat__is_being_pretty_everything_hdmp4_000218218-7ad12fa846.jpg
Kpopはすっかり画一的なイメージがついてしまったのですが、こういうポップな曲もたくさんあるはずなので、今後はこういう曲でどんどんJpopに挑んでほしいですね。

10位 時の旅人/太川陽介
oth14082705050008-p8.jpg
この人はNHK FM「サタデーホットリクエスト」のイメージが強いのですが、今は旅番組でブレイクしているそうですね。
今後はJpopの枠を超えて、こういう大人も子供もみんなで歌えるような「日本の歌」を応援していきたいです。
関連記事
02:04  |  月間マイベスト10  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.11.06 (Thu)

スフィア/藤田陽子

スフィア/藤田陽子


藤田陽子は現在は演出家・野田秀樹の夫人となっている女優。
活動当初はそのかわいいくてイノセントな声を生かして歌手活動もしていました。
この曲は99年にリリースされたシングル。
プロデュースはpal@popこと高野健一。
当時19歳。

とにかく猫のようにまとわりついてくる声がやわらかくてかわいくて心地いい。
サビのメロディーが本当にキャッチーですよね。
呪文のようなスキャットはちょっとMY LITTLE LOVERの「ALICE」を彷彿とさせます。
宝石箱のように言葉をつめこんだAメロも耳に心地いいです。
世紀末の刹那的な雰囲気の中で、彼女のようなナチュラルでちょっと不思議な雰囲気の少女が当時は結構人気だったんですよね。
心や頭の"やわらかさ"を取り戻したいときに聴きたい名曲。


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
ダウンロード
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村
関連記事
00:31  |  1999年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.11.05 (Wed)

【156位】D.W.ニコルズ【アーティストMy Best 200】

156 D.W.ニコルズ
01-DW-Nicoles.jpg

ここがすごい!
子供も若者も老人も、きっとみんなで楽しみ、共感し、口ずさむことができるような、本来的な意味でのポップミュージック。
美しいメロディーにわかりやすい歌詞、やさしい歌、日本らしい風景と季節感。
丁寧に心をこめて奏でられた、一音一音に「歌心」を感じる演奏。
そしてなんといってもメンバーが本当に楽しそうに音楽をやっているな、というのが音を通じて伝わってきます。
バンドマンというより、うたのおにいさん、おねえさん、という感じ。
移りゆく四季とともに、色づく自然を感じながらリラックスして聴きたい音楽です。

この5曲!
「春うらら」(Al「春うらら」)
冬の寒さにも飽きて、待ちかねた春が訪れ、ワクワクしてなにかを始めたくなる。
あの季節の爽快な衝動を見事に表現した名曲。
削ぎ落とした少ない言葉で、季節の情景や温度までをもリアルに感じさせます。
そのなかにさりげなく込められた切ない失恋物語。
「あの子の髪の毛を 揺らした風が
メロディーにのせて 僕にささやく
「あの子は元気にしているよ 君の歌も聴いているよ」」
ロマンティックじゃないですか、恥ずかしいくらい。
でも歌なんだから、これぐらいロマンティックでいいんじゃないかと思います。

「初恋はラジオの中に」(Sg「一秒でもはやく」)
わたなべの故郷・葉山と、リリース時に開局25周年を迎えた地元のラジオ局FM横浜をテーマにした曲。
故郷を巣立つ切なさと、さまざまな街での苦闘、そしてまた故郷に戻ってきたときの安心感、さまざまな景色と心情が、スライドショーのように浮かんでいきます。
人は生まれ育った場所からいろいろな影響を受けますが、青春期にどのラジオ局の電波が入る場所に住んでいたかってのも、かなり影響が大きいんじゃないか、ということを改めて思いました。
今の人の場合はどうなんだろう?

「春風」(Al「春風」)
切ないけれど、さわやかな爽快感を伴う卒業ソング。
Aメロで歌われているちょっと恥ずかしくて微笑ましい情景がすごくリアルで、あのガヤガヤした学校の空気感やなつかしい表情までもがよみがえります。
しんみりしがちなテーマでありながら、切なさをむりやり花びらにしてパーッ撒き散らしたような、明るいサビが非常に印象的。
最後は言葉も放棄して「ラララララー」の大合唱。
なんかいろんな方向に偏ってしまった心を、「スタート地点」に戻してくれる名曲です。

「ありがとう」(Al「SUNRISE」)
父母への感謝を歌った名曲。
ひねくれた曲も多いニコルズですが、素直な曲は本当に素直。
そしてシンプルでまったく無駄がないんですね。
余計な言葉、余計な音が一つもない。
すべての音、言葉に"歌心"がこもっています。
特にサビの祈るようなファルセットが強く胸を打ちます。
「叫んでも届かなくなってしまう前に」
そうですよね、本当に。

「フランスパンのうた」(Al「スマイル」)
童謡のようにわかりやすくて楽しくてなじみやすい、ニコルズの新境地とも言うべき名曲。
肩の力が抜けたふわっとしたフォームから回転のいいストレートがズバッときた感じ。
言葉遊びや小難しい音楽に疲れてしまったときは、こういう曲が、歌の楽しさをあらためて思い出させてくれます。

このアーティストが好きならCheck!!
小沢健二、FOUR TRIPS、GOMES THE HITMAN

DATA
05年、わたなべと千葉らで3人体制のD.W.ニコルズを結成する。
07年より鈴木、岡田を含んだ4人体制となる。

□生年月日/出身地/血液型
わたなべだいすけ Vo/80.5.8/神奈川県/AB型
千葉真奈美 B/84.11.21/東京都/A型
鈴木健太 G/79.4.5/栃木県/B型
岡田梨沙 Dr/80.6.11/北海道/A型

□お気に入りの機材
わたなべ:MATON EBG808 Artist
千葉:Fender USA、ムスタングベース(1969年製)
鈴木:Fender Telecaster (1967/1970)、Gibson ES-335、Martin D-28、Martin C1K Uke、Greco VB360(1975)
岡田:Ludwig 60's SUPER CLASSIC Sparkling Pink Champagne、Ludwig 60's LM400、Zildjan

□グループ名の由来
ナチュラリストのC.W.ニコルから拝借した。
D.W.はわたなべのイニシャル。




「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
ダウンロード
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
23:40  |  アーティストMy Best 200  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2014.11.01 (Sat)

dear M/Shamo feat.K.K

dear M/Shamo feat.K.K


ShamoはボーカルYOSHとキーボードIGAO による2人組の音楽バンド。
この曲は09年にリリースされたシングル。

07年から08年にかけてロングヒットしたSoulJaの「ここにいるよ」を明らかに意識した遠距離恋愛ソングですね。
本来はもっと泥臭い曲がShamoの特徴だと思いますが、思いがけずすごくスタイリッシュでかっこよく、なおかつ切ない曲に仕上がっています。
メロディーが本当にすばらしいし、言葉の響きと韻もすごく気持ちいいです。
それでいて「夢」「恋」「ありがとう」などの素直な抽象語を要所でキメてくるのがグッときます。

PVも本当に名作ですねー。
ほんの少しのタイミングの差で大きく変わる世界。
それでも美男美女は出会い、惹かれあう。
偶然性を超越する運命。
ロマンティックで粋な世界観ですね。
出演している美女はTerry&Franciscoの「線香花火」にも出演していた渡辺早織です。


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
ダウンロード
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村
関連記事
23:40  |  2009年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |