2014年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2014.06.29 (Sun)

【176位】米倉千尋【アーティストMy Best 200】

176 米倉千尋
dfsg.jpg

ここがすごい!
まさにアニソンを歌うために生まれたような人。
Jpopの歴史の中にアニソンシンガーというジャンルを切り開きその地位を確立した功労者の一人。
アニソン、といっても今はいろいろあって、アニソンシンガーにもいろいろな個性がありますが、米倉千尋の曲を聴けば、ああ、これが王道のアニソンだよな、と「腑に落ちる」感じがします。
あふれる光と元気に満ち溢れた、明るく前向きなメロディー。
冒険やドラマが始まった時のドキドキ(オープニング)と、終わってしまったときの切ない寂しさ(エンディング)。
たぶん今のアニメってそんなに単純じゃないんだろうけど、本当は子供も大人も、こういうアニソンを求めていて、どこかで口ずさんだりしているのではないでしょうか。
シンプルな曲だからこそ、歌唱力と声質の良さを存分に味わうことができます。
どこまでも伸びていくようなパワフルで、芯があるけどしなやかさがある、圧倒的な歌唱力。
単純に元気がほしいときには、曲に心も体も任せてしまえば、気分はスカッと、湧き上がるように力がみなぎってきます。

この8曲!
「嵐の中で輝いて」(Sg「嵐の中で輝いて」)
すべてはここからはじまった!
タイトルは1992年のアメリカ映画から。
動乱の中で輝く人を見守る、という歌ですが、この曲に関しては、デビューという夢を手にし、そのチャンスをつかんで上昇していこうという米倉千尋自身の勢い、エネルギーをビンビンに感じることができます。

「あなたがいた季節」(Al「Believe」)
切ない青春ラブソング。
「待ち合わせた古い図書館 木漏れ日に隠れるように初めてキスしたあの夏」
過ぎ去った輝かしい季節のまぶしさを、痛いほど感じさせてくれるサマーバラード。
いつになく大人っぽい歌といい、彼女の曲の中でも異彩を放っている曲です。

「愉快な鼓動 」(Sg「愉快な鼓動 」)
作詞・作曲はGAOの「サヨナラ」で知られる階一喜、編曲は亀田誠治。
夕方に放送されていたアニメのエンディングですが、まさにぴったり。
いろいろあった一日が暮れていく「夕焼け」を感じる曲。
極上のメロディーに、嫌な気分が溶けていき、安らかな夕げと眠りを迎えられる気持ちになっていきます。
サビの「ゆ」の韻も気持ちいい。

「永遠の扉」(Sg「永遠の扉」)
作詞は渡辺なつみ、作曲は鵜島仁文、編曲は見良津健雄。
陽光のような明るい光に満ちた、冒険の始まりを告げる最強の青春ポップソング。
「ブルーウォーター」や「ゆずれない願い」にも比肩しうる力強さ、ワクワク感。
メロディーもアレンジも見事ですが、曲に陶酔しながら空に駆けあがっていくような歌唱が本当に気持ちいいです。
歌詞は「も」の韻がすごく気持ちいいですね。

「いつの日か」(Sg「永遠の扉」)
作詞・作曲は鵜島仁文、編曲は見良津健雄。
A面にならず、アニメ主題歌にならなかったのがもったいなさ過ぎる決定的名曲。
これこそアニソンでしょう。
やや早足で歩いているようなビートのミディアムナンバー。
そして、どんな気分のときでも元気が湧いてくるような応援歌の中の応援歌。
とにかくメロディーとアレンジが完璧。
「弱い自分を励まそう やっぱり人は独りなんだから」
優しく癒してくれる曲も必要ですが、こうやって熱く鼓舞してくれる曲も人生には必要ですよね。

「トムソーヤの冒険」(Al「always」)
作詞は彼女自身によるもの。
この曲にこめられたメッセージは、マーク・トゥウェインが同名小説の前書に書いているメッセージそのもの。
かつて少年少女だった大人に、かつての自分を思い出してほしい。
彼女の発表したすべての歌に通底するメッセージが、濃縮されたような曲です。

「WILL」(Sg「WILL」)
作詞は米倉千尋と鵜島仁文の共作、作曲は鵜島仁文。
やっぱり鵜島曲は圧倒的にキャッチーですね。
少しだけオリエンタルでファンタジックなメロディとアレンジ。
サビの多重コーラスがすごく気持ちいいです。

「Little Soldier」(Sg「Little Soldier」)
野球ゲームのエポックメイカー「実況パワフルプロ野球」の黄金期「8」の主題歌に起用された青春スポコンソング。
作曲は猫叉Masterこと佐藤直之。
あのオープニングムービーとともに見るとどうしても泣いてしまいます。
ちょうど1年前に「39℃の…」という曲がヒットしたのですが、こちらは38℃。
十分熱いです!

このアーティストが好きならCheck!!
森川美穂、田村直美、奥井雅美、elliott

DATA
96年デビュー。
現在までに33枚のシングル、17枚のアルバムをリリース。
アニメ・ゲームソングの主題歌を多数担当している。
海外でも精力的に活動。

□生年月日/出身地/血液型
72.8.19/神奈川県横浜市/A型




「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
23:57  |  アーティストMy Best 200  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.06.26 (Thu)

戦争を知らない子どもたち'83/ザ・ナターシャー・セブン

戦争を知らない子どもたち/ジローズ


反戦歌のスタンダードナンバーになっている名曲。
発表は1970年。
1945年の終戦からは25年が経過していました。
この年は大阪万博が開催され、日本は高度経済成長にまい進していく一方、ベトナム戦争は泥沼化の一途をたどり、基地提供などで対米協力をしていた日本でも学生を中心にベトナム反戦運動が盛り上がりを見せていました。
作詞はザ・フォーク・クルセダーズの北山修。
大阪万博でのコンサートで初めて歌われ、この年を代表するヒット曲になりました。

共に1946年生まれの北山や杉田二郎らが、「戦争も知らないくせに」と、反戦や平和に対する大学生の主張が軽んじられる風潮に一石を投じる意図を込めたことが知られていますが、それだけでは、ここまでのスタンダードナンバーにはなりえないでしょう。
この曲には明らかにそういった世代的な主張を超えた普遍性がある。

私が一番好きなのは、三番の歌詞ですね。

青空が好きで 花びらが好きで
いつでも笑顔の 素敵な人なら
誰でも一緒に 歩いていこうよ
きれいな夕日が 輝く小道を

昨日と同じ、明日もきっと繰り返す何気ない一日。
でもそれが、ある日突然戦火によって引き裂かれる。
そういうことがかつて本当にあったし、今も世界中である。
戦時中でも青空も夕日も花びらも、変わることはないかもしれないけれど、決して今と同じ色として見ることはできない。
音楽も、アイドルも、野球も、おいしいものも楽しむことができなくなります。
そんなの嫌じゃないですか。
何気ない日常の美しさを描くことこそ、最強の反戦メッセージになる、ということを、やさしいメロディーとともに教えてくれます。

戦争を知らない子どもたち'83/ザ・ナターシャー・セブン
リンク先から試聴

こちらは、いわゆる第一次歴史教科書問題を受けて北山が綴った続編。
満州事変、日中戦争、朝鮮の植民地支配について具体的に言及していますが、もともとは南京占領の実態への言及を含む、もっと長い曲だったそうです。
レコード会社はこの曲をプレスせず、自主制作でリリースされたため、音源のLPは非常に貴重なものとなり、メディアでもほとんどオンエアされないため、現在でも多くの人に知られる70年版にくらべて、あまり知られていませんよね。

生々しい歌詞ですが、私は、つまらない悩みと大仰な理想主義が渾然一体となった、若くすがすがしい青春の美しさをすごく感じてしまいます。

窓を開ければ表通りに クラスメイトが走ってゆく

窓を開ければ表通りに あの日と同じ空が続く

という部分の、ためいきの出るような美しさ。
何気ない日常や、かけがえのない青春の日々の美しさを描くことで、戦争への強烈なアンチテーゼとする点は、70年版となんら変わることはない気がします。
私も33歳になるまで、本当の不自由や苦労をほとんど知ることなく、「もてない」「めんどくさい」「死にたい」なんて言いながら、楽しく生きてくることができました。
今大学生の人も、中学生の人も、これから生まれてくる人も、平和な青春をすごす権利くらいはある。
それは守らなきゃ。
今こそ多くの人に聴いてほしい名曲です。

※本記事は、こちら↓の記事にインスパイアされて書きました。
「とかげ日記」YOYOラジオ 第五回(戦争ソングス ,平和ソングス -セカオワ,うみのてetc-)


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
22:15  |  80年代以前の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.06.20 (Fri)

【177位】rumania montevideo【アーティストMy Best 200】

177 rumania montevideo
fgdh.jpg

ここがすごい!
初めて仲間とバンドを組み、楽器を鳴らしたときのような初期衝動を感じさせるバンド。
荒削りでゴツゴツした生音が、家庭で作る具の大きなカレーのように楽器一つ一つの個性を感じさせながらも、ひとつの皿に盛られている感じ。
グルーヴも、完全に一体となっているというよりは、不器用な若者たちのコミュニケーションのように、ぎこちなさが残っている感じがモンテビ独特のかっこよさを生み出しています。
イメージとしては、5人集まって会話せずそれぞれマンガ読んだり、ポータブルゲームやってたり、ただ空間を共有している、そういう集団っているじゃないですか。
モンテビってなんかそんなバンドなんですよね。

歌詞はやるせなさ、絶望、トラウマといった暗いテーマを扱うことが多いですが、「悲劇のヒロイン」感がなく、どこかそんな暗い自分を冷めた目で見ているようなドライな能天気さがあるのが不思議ですね。
三好真美の吐息のような歌が、あきらめたような、悟ったような「とりあえず生きていく意志」を感じさせてくれます。

この10曲!
「Still for your love」(Sg「Still for your love」)
スマッシュヒットを記録して代表曲になったメジャーデビューシングル。
悲しみの中にこそ感じられる希望。
暗闇に一筋の光が差していくように、絶望から立ち上がっていく力を感じます。
もう会えない人の幸せを心から祈る、本当の「愛」を感じるラブソング。
「心の平安」こそが「Great Happiness」であり、みんながそれを求めているのに、どうしても「こころゆらされ」てしまう。
以降のモンテビの色々な曲を聴けば聴くほど、モンテビの表現したかったことは、この曲にすべて込められてしまっているのかなー、とまで思ってしまう、決定的な名曲。
このシングルのみ、プロデュースは長戸大幸。
コーラスで南セシルこと宇徳敬子も参加しています。

「Anny」(Al「rumaniamania」)
轟音の中で、祈るようなサビのメロディーを絞るような声でリピートする三好真美の歌が、あふれ出してとまらないさまざまな感情の洪水を見事に表現しています。
おそらくはアンデルセンの「人魚姫」がテーマになっていると思われますが、「Still for your love」にも通じる、「恋を知らなければ、子供のままの平安な心でいられた」という世界観が、根底に流れている気がします。

「さよなら」(Al「rumaniamania」)
アコースティックでフォーキーな清涼感あふれる一曲。
全体的に重く暗いアルバムの中で、ふっと軽い気持ちになれるんですが、やっぱり切ない。
サビの消え入りそうに透明なファルセットがキュートです。

「デジタルミュージックパワー」(Sg「デジタルミュージックパワー」)
これまでのモンテビのイメージを覆すような高速ビート。
このビート、イメージはサッカーかな?
行く手を阻む相手選手をドリブルですいすいかわしてゴールへ突進していく勢いを感じます。
Muuというアイドルグループのカヴァーも一聴の価値あり。

「picnic」(Sg「picnic」)
もはやホラー。
モンテビ史上最も明るい曲調。
まさにピクニックのような、吹っ切れた前向きな光に満ちた、雰囲気。
しかし、歌詞を聴き込むにつれて明らかになるこのピクニックの真相に気づいたときのそら恐ろしさ…。
最初は「アンパンマンのマーチ」のように生きる意味を問いかけているようにも聞こえる
「なぜうまれてきたの」
というフレーズに込められた残酷な絶望感に、鳥肌がとまらなくなりす。
インディーズミニアルバム「jet plane」に英語詞バージョンが収録されています。

「もう戻れない」(Al「Girl,girl,boy,girl,boy」)
「青空の下で体投げ出して 運命試したりした」
などと、相変わらず危なっかしさを見せる中で、サビの解放感に吹っ切れた力強さを感じさせます。
冒頭と最後の「Yeah Yeah Yeah feelin' Yeah Yeah Only waitin' for you」の部分、三好真美と大野愛果の掛け合いのようなセッションコーラスが最高に気持ちいです。

「Girl,girl,boy,girl,boy」(Al「Girl,girl,boy,girl,boy」)
明るく軽やかなモンテビ流カントリー。
曲調的には「らしさ」がまったくない自己紹介ソング。
しかし、「僕らが集まるのは言葉が要らないから」という部分が、非常によくモンテビというバンドを表している気がします。

「tender rain」(Sg「tender rain」)
せつな過ぎて陶酔感を含むようなロストラブソング。
サビのメロディーとコーラスワークが秀逸すぎます。
モンテビの曲の中の雨には、憂鬱なんだけど、引き裂くような悲しみを包み込むような優しさを感じます。

「life style」(Al「MO' BETTER TRACKS」)
くるりの「ばらの花」のように、ひたすた繰り返す単純なピアノフレーズを基調にした切なくさわやかな新生活ソング。
心地よく透明感のあるコーラスワークに間島、麻越、松田のRAMJET PULLEYの成果がすごく感じられます。
トゥルトゥルというスキャットのコーラスがピアノフレーズに溶け込んでいくとくにアウトロが極上。

「All by myself」(Al「MO' BETTER TRACKS」)
「Still for you love」がモンテビの「原点」なら、「到達点」というべきはこの曲でしょう。
モンテビ流の荒削りなロックを、古井弘人が見事に調理してしまった抜群にポップなアレンジ。
キーボードの清涼感が、切ないメロディーとよくマッチしています。
サビ前の「yes!」が極上。
「これから 何度つまづいても笑い飛ばそう」
「空の彼方 道の彼方 夢ひとつ 輝かせて いつか届くよ きっと」
チープといえばチープかもしれませんが、これまでさんざん積み上げてきた暗い曲があるからこそ、この前向きさがすごく説得力を持つんですね。
モンテビらしさを残しながらも、モンテビの個性を昇華した普遍性を持った不朽のポップソングです。

このアーティストが好きならCheck!!
the brilliant green、CYCLES、PLASTIC GIRL IN CLOSET

DATA
1999年、3月に設立間もないGIZA studio傘下のインディーズレーベル「Garage Indies Zapping Association」よりインディーズデビュー。
同年メジャーデビュー。
2002年までに7枚のシングルと3枚のアルバムをリリースするが、その後は特段のアナウンスがないまま活動を休止している。
間島・麻越・松田の3人は別ユニットRAMJET PULLEYでも活動していた。

□メンバー
三好真美 Vo、Dr
三好誠 G
間島和伸(マシュー) G
麻越さとみ B
松田明子 Key

□アーティスト名の由来
国のルーマニア、ウルグアイの首都名のモンテビデオから取った。
固定されたイメージと深すぎる意味を持たせたくなかったという理由で、誠の地理好きが由来して感覚で名付けられたとされているが、1998年のフランスワールドカップで全員金髪にして臨んだルーマニア代表に衝撃を受けた、という逸話も伝わる。




「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
00:36  |  アーティストMy Best 200  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.06.19 (Thu)

L⇔R座談会第1弾<「左利きの真実」「LAUGH+ROUGH」&more>


L⇔Rファンのみなさんと、チャットで曲について語ってみました。


リスト係 まずは、ディスコグラフィー順に行きましょうか。「LEFTY IN THE RIGHT~左利きの真実 ~」から。
220043555.jpg

Lazy Girl
リスト係 楽しいんだけど切ない。
kanemanaki Lazy Girl は出だしのドラムが印象的
リスト係 初期のL⇔Rは特にコーラスがいいですね。
kanemanaki コーラスはホント好きです。
リスト係 やっぱ初期のワクワク感はすごいですね。

Bye Bye Popsicle/一度だけのNO.1
リスト係 やっぱこれ最強。よすぎて笑えてくる。
kanemanaki これは、名曲です。
リスト係 高校のころ、これを何度もループでかけて、友達と大爆笑していたのを覚えています。
kanemanaki あらためて聴くとやっぱり良い。
リスト係 これはサビ前のドラムも印象的ですよね。ファンじゃない人にも評価が高い曲ですね。
kanemanaki 確かに。評価が高いかもしれませんね。
江塚 7voiceからのつなぎがなめらかですね。
kanemanaki 作詞、作曲が黒沢兄弟なんですね。
リスト係 ラブソングに対するアンチテーゼのようで、「ほんとの恋のメロディー僕に書かせておくれ」という。ここに彼らのメロディーに対する自信が現れているような気がします。

7 Voice
リスト係 これはいろんな音が満載で万華鏡のよう。 Aメロのところの水音のようなのはハープでしょうか。
kanemanaki 万華鏡か、なるほど素晴らしい。
江塚 言い得て妙ですね。

Love is real? 想像の産物
リスト係 切ないですね。でもサビが気持ちいい。
kanemanaki I Know かすかに光る Love is real?

MOTION PICTURE
kanemanaki ロックンロール ナンバーですね。
リスト係 人気曲。 切ないんでけど明るくて前向きな気持ちになれる。
kanemanaki CDも良いけど、LIVE演奏はもっと良いですね。
リスト係 ただ、いまだに歌詞の意味はわかっていない…
kanemanaki 私もよく分かってないです。
リスト係 口ずさめるんだけど…Newspaper Photographがすごく気持ちいい。

リスト係 その他、このアルバムで特に好きな曲はありますか?
kanemanaki このアルバムだと、Lazy Girl が一番好きかな。
江塚 I Can't Say Anymoreが好きです。
kanemanaki I Can't Say Anymore も好き。 listen listen
リスト係 ファルセットがかわいい。
kanemanaki 黒沢秀樹氏、作詞ですね。
江塚 内緒話のような雰囲気がかわいいです。

リスト係 それでは続いて「LAUGH+ROUGH」
20110118_1590008.gif

YOUNGER THAN YESTERDAY
リスト係 これはAメロが切なすぎですね。
kanemanaki a harvest gardenさんの「昨日より若く」をたまに聴きます。
リスト係 これもいいですねー!良くぞこの曲を!
kanemanaki こちらも好きです。
リスト係 そういえばL⇔Rのカヴァーってほかにありましたっけ?藤木直人氏が何曲か。
kanemanaki KNOCKIN'ON YOUR DOOR をMiというグループが
リスト係 あーありましたね。脳内では「MAYBY BABY」をシャ乱Qにやってほしい。 あとAIRに「TALK SHOW」
kanemanaki 運命95 でしたっけ、Melodyの

RIGHTS AND DUES
kanemanaki RIGHTS AND DUESは、「LIVE RECORDINGS 1994→1997」のLIVEバージョンが好きです。
江塚 LIVEバージョンの終わり方がいいですね。
リスト係 ライブ盤、よくぞあの分量で出してくれたなーと思いますね。 この曲も歌詞の意味がわからないんだけど、風景が浮かびます。

(I WANNA) BE WITH YOU
リスト係 ラーラーラーラーこれもAメロが好きですね。「I still I love you」のところ最高。
kanemanaki 「I still I love you」アイシテル I love you
リスト係 wwwそうか!
kanemanaki アイシテルに聞こえますよね
リスト係 もうそうにしか聞こえなくなりそう。
kanemanaki 最初はそう思ってました。
江塚 そういわれるときこえるかも・・・。
リスト係 いいバンドはことごとくいいコーラスグループだなーと思いますね。
kanemanaki コーラスも素敵なグループって良いですよね。
リスト係 特にこのアルバムはそれが強く感じられる気がします。

リスト係 他にこのアルバムで特に好きな曲があれば。
江塚 Passin' Through Pt.1からのOne Is Magicが好きです。ふしぎなつくりのアルバムですよね。
リスト係 1992年…時代的にも異質な存在だったんでしょうね…。

kanemanaki 楽しい時間でした。私はそろそろ失礼します。また、次の機会がありましたら、よろしくお願いします。明日から通勤時間に「Lefty in the Right 左利きの真実」から順に聴いて行きます。

リスト係 私は「Hello, It's Me」でL⇔Rを知ったのですが江塚さんはいつ頃ですか?
江塚 私は、PALE ALEで黒沢健一を知って、そのとき姉にL⇔Rってバンドの人だよって教えてもらいました。姉はアイネクライネが好きだったといってて…。
リスト係 あーおっしゃってましたね。
江塚 L⇔Rとしての活動は残念ながら記憶にないのですよね。
リスト係 アイネクライネナハトミュージックも、ファン以外の人に人気の高い曲ですよね。
江塚 かっこいいですからね。
リスト係 PALE ALEと通じるところがあるかもしれません。PALE ALEも、大ヒット曲ではないけれど、多くの人が新たに黒沢健一、ひいてはL⇔Rを知る機会になった気がします。

PALE ALE
江塚 アニメの曲でもあるので根強く人気っぽいですね。
リスト係 「アイネ・クライネ・ナハト・ミュージック」と「PALE ALE」は、ちょっと恥をかいたり自分が情けなくなったときに聴いたり、口ずさんだりします。自己陶酔。
江塚 以前おっしゃってましたね。ピンチのときに…。
リスト係 ピンチのときもそうですね。開き直れる。この短さがいいw
江塚 3分ないですもんね。
リスト係 潔い。

リスト係 後追いでも比較的容易に音源をチェックできるということからも、やっぱりヒットするというのは大切なんだな、と思いますね。ブックオフから聴きはじめる方もいらっしゃいますし。
江塚 私は完全なる後追いなので…図書館にL⇔Rいろいろあって、ありがたかったです。
リスト係 図書館に!すばらしい!
江塚 Doubt→左利きという順番できいて、たまげました。
リスト係 アルバムごとに色は強いんですけど、徹頭徹尾「ポップ」の軸から足を踏み出さないところが好きですね。

リスト係 「好きな曲5曲選べ」と聴かれたら?
リスト係 HELLO,IT'S ME、KNOCKIN' ON YOUR DOOR、STAND、First stepあとBOTH SIDES NOW
江塚 ポニキャ時代が多いですね。
リスト係 そーですね。
江塚 ぱっと思いついたのは…Remember、ブルーを撃ち抜いて、君に虹が降りた、HELLO,IT'S ME、I Wish 私もそうでした。
リスト係 ポニキャ時代のほうが音が削ぎ落とされていて、より歌が強く心に響く気がします。 ポリスターのころは芸術品。
江塚 たしかにそういうかんじです。
リスト係 HELLO,IT'S ME はやっぱり最高ですね。

HELLO,IT'S ME
江塚 「誰もが夢をくり返す 未来はすぐに通りすぎる」という歌詞がすごく好きです。
リスト係 独特の無常感ですよね。けしてニヒリズムではなく。ありのままを受け入れる、という感じ。
江塚 そうなんですよね。健一さんの歌詞のそういうところがすごいと思ってます。時間に対する感性とか。他者とか。
リスト係 本当にそうですね。こうありたいと思うし、これでいいんだよな、と。聴くとすごく楽な気持ちになれますね。「あわてなくても変わらない日々」「きっと大丈夫さそのうちにうまくいくよ」単純なんだけど、これだけの言葉にどれだけ救われたことか。
江塚 あまり詳しくないですが、ほかにこういう歌詞かく人をしらないですね。
リスト係 そうですねー。「あせらず、楽にいこうよ」というのはありますけど。健一氏の場合は「吹き飛ばしてくれる」感じかな。
江塚 わたしはゆるされているって感じかなーと思っています。
リスト係 なるほどー。


リスト係 でも木下氏の曲も好きで。
リスト係 この曲も大好きですねー。
江塚 いいですね。基本木下詞は辛辣ですけど、雲は異色で。
リスト係 スコーンと突き抜ける感じ。本当に雲のように自由な気持ちになれます。 感想の能天気なサックス?も好きですね。OVER & OVERも好きです。
江塚 Easy Answersとかも好きです。
リスト係 いいですね。嶺川さんと秀樹氏は独特の「ワールド」を作るけど、木下氏は健一氏の曲が並ぶ中で、アルバムのキモになる曲を作ってる気がします。

Easy Answers
リスト係 辛辣ですね。
江塚 ですね。でもボーカルがよくのっててすがすがしさを感じます。
リスト係 そーですね。声が本当にいいですよね。
江塚 OVER & OVERは君と僕と夏のブルージーンを意識してつくられたとかどこかでみたような…。
リスト係 え!そうなんですか。言われてみれば!
江塚 よくおぼえてないのですけど、そういわれるとにているような。
リスト係 サビが似てますね。
江塚 そうですね。

江塚 すみません、私もそろそろ失礼します…。
リスト係 遅くまでありがとうございました。
江塚 ありがとうございました。またぜひ…。それでは、失礼いたします。
リスト係 おやすみなさい
関連記事
02:24  |  L⇔R  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.06.13 (Fri)

【178位】HIKARI【アーティストMy Best 200】

178 HIKARI
IMAGE_FILE_URL.jpg

ここがすごい!
ビッグバン以降、ひたすら拡大していく宇宙のようにあふれ出る極上のメロディー。
どの曲も、重力の縛りから開放され、空を歩いていけそうな心地よさがあります。
そして、ワクワクするんだけれど、どこか切ない、SF感、宇宙感みなぎるアレンジ。
緻密に組み上げられた電子音と、動力音のように力強く鳴らされるギター。
少年っぽさのある声に聴き心地のよい多重コーラスを使った歌も、切なさに拍車をかけています。

少年のころに憧れたSFの世界。
嫌なことがあったら、「こんなこと、宇宙の広さに比べたら…」なんていつも思いを馳せた宇宙。
だけど、完全に非現実の世界ではなく、どこか現実の自分の生活とのつながりを感じられる。
自分の心の中にある「宇宙」へと、一巡りさせてくれるのがHIKARIの音楽です。

この4曲!
「SASA」(Sg「PLAY BACK」)
「パンパンパンパンパパパーン」という明るく切ないギターフレーズが印象的。
「さ」の韻が心地よいです。
「ガラクタ」のような日常を集めているうちに、いつのまにかそれが「黄金のパーツ」のような思い出に変わっていく。
何気なくて輝かしい時代を懐かしむ追憶ソング。
ところでSASAって何?
もしかして
Shizuoka Aeronautics and Space Administration
かな?

「ジェットコースター」(Sg「ジェットコースター」)
人を縛り付ける地球の重力や大気圏のような、もやもやした悩みやしがらみをふっきって開き直ったときの、無敵の高揚感が全身を駆け巡り、どこまでも走っていけそうな最強の疾走・脱走ソング。
前奏・Aメロの助走→切ないBメロのリフト・オフ→もうとまれないサビの全力疾走→Dメロで振り返って見る、もう戻れない小さな故郷、という流れが完璧です。
冒険の始まりはいつも、何かを吹っ切ることから始まる。
そんなことを思い出させてくれる名曲です。

「JESUS」(Sg「ジェットコースター」)
HIKARIはメロディーがすごいだけじゃなくて、言葉の韻がすごくかっこいい。
特にこの曲はそれが顕著で、その分意味は相当難解。
もしかしたら英語か、「ハナモゲラ」で作曲したあと、音の感覚を崩さないように言葉をはめていっているのかな?
日本語なんだけど、「空耳」を楽しめたりします。

「ライカ」(Sg「ライカ」)
「耳で聴く」のではなく、「体が感じる」ような完璧なバラード。
もう会えない人をどうしても求めてしまう孤独感。
広大な宇宙をさまようようなどうしようもなくさびしく切ない、でも、ほんの少し前向きな陶酔感を含んでいるような、極上のメロディーです。
特に、全部いいんだけど、特にBメロがいいですねー。
そして、サビのファルセットもいい。
「少しずづ動いてく 景色を僕はただ眺めていた」
「振り向かずに去ってゆく 人に僕もただ背中向けた」
「静かにただ時計の針は 明日の朝に続いててた」
このサビの韻もすごいですねー。
メロディーと絡みすぎて、気がついたら口ずさんでいます。
一生聴いていきたい永遠の名曲。

これは名盤!
「Good-bye Sputnik 」(2000年、BMGファンハウス)
41V68ZJ7XDL.jpg
「一本の宇宙映画のサウンド・トラック」がコンセプト。
ちょっと現実に疲れて、宇宙旅行を疑似体験したいときには、このアルバムでちょっくら2、3光年行ってきてみてください。
ただしこれ、「独り乗り」です。
そんな感じがします。
ラストに収録されているのは「ライカ」。
これを無事地球にランディングできたと解するか、帰ってこれず、永遠に宇宙をさまよっていると解釈するか…あなたはどう感じましたか?

このアーティストが好きならCheck!!
SCUDELIA ELECTRO

DATA
99年にデビュー。
00年にかけて4枚のシングルと1枚のアルバムを発表。
その後はソングライターとして活動。
Every Little Thingには8枚のシングルでA面曲を提供。
TOKIO、V6を始め、ジャニーズのアイドルにも多数の曲を提供。
SMAPには「HIKARI」という曲も提供している。

□.生年月日/出身地/血液型
石津隆光/73.7.2/静岡県/B型




「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
02:08  |  アーティストMy Best 200  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |