2013年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2013.12.09 (Mon)

【超レアCD】L⇔R「HELLO, IT'S ME」の販促用CD


先日、CDコレクターの友人の家でコレクションの山を漁っていたら、L⇔RのとんでもないスーパーレアCDを発見しました。

私「え!?これはなんすか?」
友「ああ、それね」

20131209151923.jpg


みたいな感じで、友人もよくあるサンプル盤だと思っていたみたいですが、単にジャケットが違うだけではなく、内容を聞いてみたら、メンバーのトーク付で、とんでもなく貴重な音源が入っていました。
おそらくは映画「四姉妹物語」とのタイアッププロモーション用に作られた販促用のCDだと思うのですが、よくわかりません。

今回はその内容をご紹介したいと思います。


1.HELLO, IT'S ME(Short Edition)
シングルバージョンの短い版です。

2.Making of HELLO, IT'S ME
(健一)L⇔Rの黒沢健一です。
(秀樹)黒沢秀樹です。
(木下)木下裕晴です。えー今回ですね、えー「四姉妹物語」の、えー主題歌に、えーL⇔Rの「HELLO, IT'S ME」、えー今聴いてもらいましたけどもね、この曲が主題歌になったわけなんですけれども、これからですね、ちょっとこの「HELLO, IT'S ME」がいったいどういう過程でできていったかというですね、非常にこれは面白いもののなので、みなさんにも聴いてもらいたいなと思うんですけれども。
(秀樹)はい、これはですね、本当にこのCDでしか聞けないような、えー作業過程というかですね、レコーディングというのはどういうふうに行われているかとかですね、あのー最初のデモテープはどういうものであったかとか、ですね、聴いてもらいたいと思うんですけれども、まずこれは一番最初に、あのー黒沢健一先生がですね、(一同笑い)あのー弾き語りで、本当に一番最初にスタジオでやった、えーデモトラック、これを聴いてもらいたいと思います。

<デモトラック>
(黒沢健一弾き語り)
・口笛でチューニング。
・サビの「HELLO」「誰もが夢を繰り返す 未来はすぐに通り過ぎる 壊れたはずの宝物 きっとよみがえらせて」以外は「タラララ」などのスキャット。
・「僕はここにいるよ」の部分は「I love you'n' want you to tell me your name」
・Aメロ冒頭の「声が」の部分は「Baby」

(健一)はいというわけでですね、先生と呼ぶにはあまりにもちょっと粗末な(一同笑い)ギターの、かきむしったデモテープを聴いていただきましたけれども、えーこんな感じであのー非常に簡単な感じでね、スタジオに入って、ギターでぱっと弾いたのが今のデモテープで、これを元にしてですね、次はベーシックトラックと僕たちは呼んでいるんですけれども、えードラム、ベース、ギター、そしてピアノ。えーまあバンドの形でですね、スタジオでバッと演奏した、これも基本にして「HELLO, IT'S ME」をこの上に音を重ねて作っていったわけなんですけれども、ベーシックトラックと呼んでいる、このテイクを聴いてください。

<ベーシックトラック>

(秀樹)というわけで、えードラム、ベース、ギター、ピアノとうね、フォーリズムと呼ばれる一番ベーシックなバンド形態のアレンジのものを聴いてもらったんですけれどもね。
(健一)これがね、あのー元になって上にストリングスですとかいろんなものを入れて、一番最初に、冒頭に聴いていただいた「HELLO, IT'S ME」が出来上がったと、いうわけです!

3.Making of HELLO, IT'S ME(Piano Version)~TALK
「四姉妹物語」のサントラCDにも収録されているジャジーなアレンジの「HELLO, IT'S ME(Piano Version)」をバックに。

(健一)えー今回の映画「四姉妹物語」はですね、赤川次郎さんの原案ということで、えーシナリオを読ませていただいたんですけれども、まあ赤川次郎さんらしくサスペンス仕立てということなんですけれども、あのーお話に聞いたらば、この映画は非常に、サスペンス仕立てとはいえ、「愛」がテーマになっているということで、非常にそこら辺をですね、どういうところにそういう愛が散らばっているのかなっていう感じで、シナリオを読んだんですけれども、まああの今回、いろんな人間がね、登場人物が映画の中にたくさんでてきて、その中の人たちの、すれ違いだったりとか、出会いだったりとか、そういった人間関係の中で形作られていくそういった愛の形みたいなのがですね、サスペンスと一緒にこう、転がっていくていうかね、そういうさまを非常に僕も読んでて、スリリングに感じがしましたけれども、えーまあ今回この「HELLO, IT'S ME」って曲にしても「僕はここにいるよ」ってのがひとつキーワードになってるんですけれども、僕たちのそのーラブソングだとか、愛の形ってのは、どうしてもそのー「愛」とかっていうのはその一人じゃ絶対形にならないもので誰かがそこにいたりとかですね、そばにいてくれたりだとか、そういう形でやっぱり発生するものだと思ってるので、そこら辺の人間関係の重要さだとか、そういったものが曲から滲み出てですね、映画の中に、なんか、彩を添えられたりとかして、ひとつまた違った感じの見方が映画の中でできたりすると、僕達もすごいにうれしいんでね、映画とね、曲が一緒になって、「四姉妹物語」 を観ると「HELLO, IT'S ME」を思い出したりだとか、「HELLO, IT'S ME」を聴くと、「四姉妹物語」をまた観たくなったりとかね、なんかそういう存在になりえる曲だったら、僕達も非常に、うれしく思っています!

4.HELLO, IT'S ME(Strings Version)
・ストリングスと歌のみ。
・通常バージョンの重厚なストリングスではなく、バイオリン中心の優雅で繊細なアレンジ。


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
15:50  |  黒沢健一  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |