2013年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2013.04.21 (Sun)

Bye-by April Afternoon/RAZZ MA TAZZ

Bye-by April Afternoon/RAZZ MA TAZZ


1994年にリリースされた1st Al.「Ordinary Story」収録。
このアルバムのみ、プロデュースは佐久間正英。

聴いての通り。
とにかく初期のラズはイノセントで無邪気。
自分達の純粋さ、世界の純粋さ、恋の純粋さ、そしてポップミュージックの純粋さを無邪気に信じている透明な明るさがアルバム全編にあふれています。

ストリングスやキーボードにホーンとかなりいろいろな音を使っていますが、ガチャガチャした感じがせず、バンドサウンドの中にグルーヴとしてすっきりと収まっていて、にぎやかで明るい光に満ちた春の景色を見事に表現していますね。
そして三木拓次のメロディー。
切ないけど明るい。
「名残惜しさ」を表現するようなBメロから、吹っ切れるように突き抜けるサビの高揚感への展開が見事ですね。

この曲は失恋ソングなんですが、なんなんでしょうかこの高揚感と自己陶酔は。
悲壮感などまったくない。
青春をかけた恋を失った。
でも、自分にも相手にも、まだまだ未来がある。
"easy come, easy go"
というわけではないんですが、精一杯愛した、一つのストーリーを書き上げた、という達成感すら感じる若い恋のラストシーン。
新たな道へ旅立っていく少年と少女は、悲しみすらも刺激として美しい青春を謳歌しているように見えます。
最後の「幸せになりなよ」という言葉に表れるように、相手の人生を引き受ける覚悟のない「ままごと」の恋愛とも言えるんですが、そういう重さがなく、はかなく軽やかだからこそ、あのめくるめくような恋の楽しさ、美しさがあるのでしょう。
後期になると、次第に「本当の愛すべき人は人生に一人だけ」という「愛の哲学」に変わっていくラズですが、初期の「全てのものは移り変わる、人の心でさえも」という「恋の哲学」の、キラキラとした明るい光に満ちたポップミュージックは、いくつになっても錆びた心をフレッシュにしてくれます。

女性ファンが非常に多かったラズですが、本当はロマンティックな恋がしてみたい!という「非リア充」の男性にこそ、聴いてほしい音楽です。


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
Over/Mr.Children
過日恋恋/the OYSTARS


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
22:30  |  RAZZ MA TAZZ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.18 (Thu)

春の風/吉岡忍

春の風/吉岡忍


吉岡忍は90年代を中心に活動していた青森県のシンガー。
COSA NOSTRAや氷菓:森永ICE BOXのCMソングなどでキャリアを積んだ後、95年にソロデビュー。
99年ころまで活動していました。
この曲は彼女のデビューシングル。
作詞は吉岡と及川眠子の共同、作曲は矢野誠。

風のようにやわらかくて、花の香りように上品で、包み込むようにソウルフルな歌声ですよね。
3:40と短く、あらゆる無駄を削ぎ落としたシンプルな曲が、高潔で儚いせつなさをつくりだしています。
ピアノを中心にゆっくりと丁寧に、楽器一つ一つが語りかけるようなアレンジもすごく気持ちいい。

歌詞も言葉の数がものすごく絞ってあって、一切無駄な言葉がなく、一言一言がすべて「ベストフレーズ」としてイメージを作り出し、心に残ります。
すべてをかけた大切な人を失った無力感。
そのなかでも、春夏秋冬、あっという間にめぐっていく四季の美しさに心を開いていくうちに、なんとかゆっくりと前を向いて歩いて行こうとする「小さな力強さ」。
1年たった春の気持ちが、あえて描かれていないところがまたいいですね。
めぐる季節が、涙とともに悲しみや心の錆を洗い流してくれ、「再生の春」が訪れたことを予感させます。


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
Winter Comes Around/日置明子
200倍の夢/Letit go


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
00:26  |  1995年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.16 (Tue)

春の風/canna

春の風/canna


cannaは、谷中たかし、周水のデュオ。
1997年から2003年まで活動していました。
周水はKinKi Kids「青の時代」、修二と彰「青春アミーゴ」、SMAP「Christmas Night」、テゴマス「ミソスープ」などなど数々の名曲でジャニヲタにも愛されているソングライターですが、canna時代にも周水の作る完璧なメロディーに谷中がソウルを吹き込むことで、たくさんの名曲を残しました。
この曲は1999年にリリースされたシングル「紙ひこうき」に収録され、「進研ゼミ中学講座」のCMソングとしてオンエアされていました。
アルバム「無人島 」にも収録されています。

教育産業とのタイアップソングの名曲はたくさんありますが、新入生に一番お勧めしたいのはこの曲ですね。
ある新入生の入学式の一日を追いながら、3年間の学生生活の始まりの感慨を見事に表現しています。
持ち物などの細かい描写がすごくリアルで、情景が浮かびますよね。
浮かれるわけでもなく、気負うわけでもなく、切なさや不安を抱えながらも、はじまりへの静かな決意を感じさせます。

これからはじまるドラマの中で 演技し続けよう


学生生活はまさにひとつのドラマ。
自分が主役で、クラスメイトや先生や先輩後輩が脇役。
中学校では小学校での配役はリセットされるし、高校では中学校の配役はリセットされる。
教室という狭い舞台で与えられた自分という役を必死に演じ続ける3年間のドラマ。
そしてそれは職場も、遊び仲間も、もしかしたら恋愛でも、同じなんじゃないでしょうか。
まるで生まれ変わったように新しい環境で、新しいドラマをはじめられるフレッシュな喜びを、すごく感じられる曲です。


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
カーテンコール/Valentine D.C.
memories/西田彩栞


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
00:31  |  canna  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |