2013年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.20 (Wed)

Pure/CALL

Pure/CALL


CALLはともに長野県松本市出身で高校の同級生であった櫻井茂雄、小林基弘のデュオ。
ともに大学在学中の1993年4月、CALLを結成。
1995年にメジャーデビュー。
Nack5 Japanese Dreamではデビュー曲となった「僕に必要なもの」と結果的にラストシングルとなったこの曲の2曲でグランプリを獲得し、そのどちらも年間最優秀曲(スーパーグランプリ)に輝きました。
この曲は1996年2月度のグランプリを獲得し、勢いそのままに年度末には1995年度のスーパーグランプリに輝きますが、その際の出演で、CALLの活動休止が発表されました。
理由は、小林が本来の夢である医学の道を志すため。
小林は現在、医学博士として活躍中。
櫻井はSAKUとして音楽活動を続け、「君の記憶の片隅で」で、3度目のJDグランプリを獲得しています。

クリアで柔らかく、高音が突き抜けていくような声とさわやかなコーラス。
切ないAメロから解放感、疾走感のあるサビ。
清涼感のあるキーボードとエモーショナルなエレキギター。
これぞ、まさに王道J-Popというべき、本当に理想的な曲ですね。
色に例えるなら、透明。
その人にしかだせない色とりどりのonly oneな個性的な色もいいですが、やはりこういう、色のない透明な曲をつくるのが、実は一番難しいんじゃないでしょうか。
ダイヤモンドが一番価値のある宝石であるように。

長野から東京に出てきて、プロデビュー。
最初は本当に"Pure"だった彼ら。
「僕に必要なもの」からも、純粋に愛の力を信じている青年のイノセンスを感じます。
そのころのCALLのままでは、この曲は作れなかったのではないでしょうか。
東京での生活、プロとしての活動の中で、徐々に本来の"Pure"な気持ちを失い、戸惑いを覚えた。
だからこそ、本来の"Pure"な気持ちの大切さに気づき、それを取り戻そうとした。
この吹っ切れた、覚醒したような解放感は、そういう葛藤の末でなければ生まれないんだと思います。

ポップミュージックは、若者のための音楽なのでしょうか。
もしかしたら、大人に失いかけた気持ちを取り戻させることこそ、本来のポップミュージックの役割ではないか、そう思わせてくれる曲です。


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
君がいたから/FIELD OF VIEW
200倍の夢/Letit go


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト
23:38  |  CALL  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.17 (Sun)

マージナルマン/GARNET CROW

マージナルマン/GARNET CROW


2006年にリリースされた5th Al.「THE TWILIGHT VALLEY」収録。

デビュー以来都会的なイメージがあったGARNET CROWですが、この時期は非常に「異国情緒」にあふれていますね。

「マージナルマン」とは辞書によると…

文化の異なる複数の集団に属し、そのいずれにも完全には所属することができず、それぞれの集団の境界にいる人。


ということですがこの物語では、一つの町にとどまることができない旅人として描かれています。
ひとときをすごした町を出て行くマージナルマン。
そこには後ろ髪を引かれるような悲壮感は感じられないし、むしろすごくさっぱりとした前向きな爽快感すら感じさせます。

マージナルマンは、一人では生きていけないことを理解しつつ、家庭や職場や恋人や友人といった人間関係の中に自分の本当の居場所を見出すことができない孤独で能天気な現代の若者像のメタファーなのかもしれません。
私もまさにそんな人間。
「不義理」「音信不通」「ばっくれ」「放置」「自然消滅」「フェードアウト」
こんなことを何度繰り返してきたことか。

そんな私でもこの曲を聴くと、今までに出会った、もう会うことはないであろう様々な人たちのことを思い出し、「縁」そして「一期一会」なんてことを考えさせられます。
出会いも、別れも、再会も、たまたま偶然。
拒みもせず、執着もせず、マージナルマンのようにさらっと考えられたらいいなぁ、と思いますね。

こんな人生と青春の哲学をファンタジックな物語に描いたているのが見事ですね。
さわやかな青空のようにポップなメロディーとアレンジに、つきぬけていく歌も素晴らしい。

すごく自由な気持ちになれる名曲です。

600_20130317235644.jpg


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
goes on forever/ЯKS featuring KOKIA
Summer of Love/Faye Wong


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
23:52  |  GARNET CROW  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。