2012年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2012.12.31 (Mon)

トイレの神様/植村花菜―リアリティーとポピュラリティーは相反するか?

トイレの神様/植村花菜


2010年3月にリリースされたMini Al.「わたしのかけらたち」収録。
いわゆる「泣ける歌」として大きな反響を受けて同年11月にはシングルカット。
同年のレコード大賞で優秀作品賞および作詩賞を受賞。
翌2011年は年間を通じてヒットを続け、この曲で紅白歌合戦に出場しました。
その後この曲を題材にした小説や絵本、テレビドラマも作られたそうです。
そんな非常にヒット曲らしいヒット曲。
2005年にデビューしたもののこの曲にいたるまでヒットを飛ばせないでいた植村は、後に「この曲がヒットしなかったら今プロとして歌えていない」と語っています。

今回はこの曲を通じて、歌詞について考えてみたいと思います。

私は以前は、具体的な意味が薄い歌詞が好きでした。
たとえばこんな。

言葉はきっとまたGood-bye
空に向かって投げた記憶
手の中に残る痛み
(「GAME」L⇔R)


誰も触れない二人だけの国
大きな力で空に浮かべたら
ルララ宇宙の風に乗る
(「ロビンソン」スピッツ)


わかるようなわからないような内容ですが、メロディーに乗っていて、音の響きとして心地のよい言葉たち。
こういう歌詞のほうが、リスナーそれぞれが自分の生活や体験、あるいは聴いているときの気分に、歌詞を引き付けやすいんですね。
こういう歌詞は、人やTPO(時間、場所、状況)を選ばない「ポピュラリティー(普遍性)」がある歌詞、と言えると思います。

一方、この曲はすべて、植村が体験した実話。
しかも、トイレ掃除のエピソード以外にも、「小三」「五目並べ」「鴨南蛮」「新喜劇」と、ディテイルが非常に細かく具体的に描かれています。
非常に「リアリティ(現実味)」のある歌詞だと思います。
これを、「こんな話嘘だろ?」と思う人はいないと思いますが、一方でこれとまったく同じ体験をした人は植村本人以外には一人もいないはず。
もう少し具体性をなくしていけば、同じような体験をした人は増えるはずですが、ここまで具体的だと、自分の体験に重なりにくくなっていきます。
そういう意味でリアリティとポピュラリティは元来相反する性質を持っていて、両立は難しいものだと言うのは確かだと思います。

ではなぜ、この曲を聴いた多くの人が、「あーそうですか、そんなことが」では済まず、何度も何度も涙を流したのでしょうか。
それは、リスナーが自分の体験に引き付けようとする前に、逆にリスナーを曲の世界に引き込んでしまうからだと思います。
映画や小説のように。
人間には「共感する力」がありますから、実際には関係ない人のストーリーに感情移入することができます。
そして、感情移入して思いっきり泣いた後、ふと、自分にとっての「おばあちゃん」は誰?ということに思いが至るんですね。
その瞬間、この曲は「植村花菜個人の歌」から、「リスナー個人の歌」に変わるんですね。
そして、多くの人の共感を呼び込み、ヒットした瞬間「みんなの歌」に変わる。

個人の「本当の歌」は、「みんなの歌」=「名曲」になりうる、リアリティーとポピュラリティーは両立しうる、ということを改めて示してくれた曲だと思います。

※「歌詞のリアリティー」については、こちらのブログ記事も参考になります。
Faux camaieu「歌詞とリアリティー」
空唄旅団 ~人生という名の旅の途中~「8月18日(土曜日)の日記」


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
door/ルミカ
路面電車に乗れば/石井杏奈


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
19:22  |  2010年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.25 (Tue)

夜空へと/MILKRUN

夜空へと/MILKRUN


MILKRUNは、1995年から2004年まで活動していた4人組バンド。
1999年に京都で結成し、2002年にデビュー。
2004年にはAUDIO RULEZに改名し、石田ショーキチのプロデュースを受けて出直しを図りますが、ブレイクにはいたらず、2005年に解散しました。
ヴォーカルの増田博長はしばらくソロとして活動していましたが、残念ながら現在の活動状況は不明です。
ベースの本田光史郎は2005年にMAGIC PARTYを結成して、元気に活動中です。
この曲は彼らのデビューシングル。

これはもう文句なしに名曲でしょう。
今世紀にリリースされた曲の中では一番好きかも。

冬の夜空に突き抜けていくような切なくエモーショナルなヴォーカルとコーラスが本当に美しいですよね。
ビートルズやビーチボーイズがそうだったように、いいバンドはすべからくいいコーラスグループだよな、と改めて思わせてくれるバンドですね。
特に「クローズ(クロズ)マイアイズ」というBメロの転調がものすごくキャッチーですよね。

ギターを中心にしつつ、キーボードやストリングスをバランスがよく使い、キラキラした冬の街並みを思わせるアレンジも見事ですね。

あの晩僕は君が帰るのを待っていた
午前4時のあの電話が二人を分かつまで


万葉集の時代から日本人が歌ってきた「挽歌」ですね。
J-Popにも挽歌の名曲は本当に多いですよね。
引き裂くような悲しみをテーマにした曲が、こんなに陶酔するほど美しく心地よくていいのか、という気もしてしまいますが、生きていく中で誰もが経験する辛い別れを、思い出という美しいパッケージの中に詰め込むことで、前を向いて歩いていく手助けをしてくれるのが、挽歌の役割なんだと思います。

「いい曲を作ったつもりだった。でも、それだけじゃだめだった。」
これは解散後、増田博長が活動を振り返って述べていた言葉です。
悔しいけれど、これは本当のことだと思います。
聴いてもらう機会がなければ、自分たちでそれをつかむことができなければ、曲の良さは伝わらずに終わってしまう。
90年代、いい曲をつくっているアーティストは売れるものだと信じていました。
ミスチルやスピッツやL⇔Rがそうだったように。
でも、MILKRUNやベイビースターズやストレンジヌードカルトが売れなかったこの時期から、そういう確信はなくなりました。
そのかわりに、いい曲、いいアーティストは、一人でも多くの人に知ってもらいたい、と思うようになりました。
特にこの曲は、これからも少しずつ、多くの人に聴いてほしいと心から願っています。


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
僕は僕らを忘れない/THE COOL CHIC CHILD
Silent movie/サザーランド


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
22:48  |  AUDIO RULEZ  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.25 (Tue)

Special Holynight/上原あずみ

Special Holynight/上原あずみ


2001年にリリースされた2ndシングル。
作詞は上原とAZUKI七の共作、作曲は大野愛果。
収録されているAl.「無色」でも浮きまくっている異色作。

なんでこの人の歌声はこんなに切ないんだろう。
クリアでピュアなんだけど、不安定で、あやうくゆらいで、いつのまにか引き込まれてしまいます。

恥ずかしいくらいロマンティックな乙女の理想のクリスマス。
暗くて、ネガティブで、絶望ばかり歌っていた彼女が、実はこんなベタな幸せに憧れていた…というのが切なすぎますね。

幸せを感じてしまえば、それを失ったときの痛手も大きくなる。
常にネガティブでいれば、何かを失っても、「落差」が小さいからショックや失望も小さくてすむ。
彼女の曲からはそんな「幸せになることに対する恐怖」を感じるのですが…
でも本当は…一晩でもいいから、愛を確かめ合う幸せを味わってみたい。
そんな彼女のささやかな乙女の祈りが込められた曲だと思います。

かつて憧れていた形とは違うかもしれないけれど、今夜彼女が幸せなクリスマスをすごしていることを祈りたいと思います。

42636747.jpg


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
家族の肖像/三浦綺音
Winter Comes Around/日置明子


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
00:04  |  上原あずみ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.22 (Sat)

この街で君と暮らしたい/小松未歩

この街で君と暮らしたい/小松未歩


1997年にリリースされた1st Al.「謎」収録。
もともとは小松がデビュー前にFIELD OF VIEWに提供し、同年にシングルとしてリリースされていた曲のセルフカヴァー。
原曲の編曲者は葉山たけしですが、セルフカヴァーでは明石昌夫になっています。

晴れ渡る空のように爽快で、ほっと安心できるような落ち着きの中に、ちょっぴり切なさを含んでいる、本当に素晴らしいメロディーですね。
透明感のある小松の声を、カラっとしたシンプルなアレンジが包み込んでいて気持ちいいです。

過度な抑揚をつけず、淡々と言葉に声を込めていく歌唱法によって、言葉がスルスルと体の中に入ってきます。
柔らかな耳触りは多重録音の効果でしょうか。
少し鼻にかかった「が行」と「な行」がチャーミングですね。

自分の夢に向かってがむしゃらにもがいている女性を一途に見守る優しく誠実な男性。
「輝ける星」では、視点が女性側に変わっていますが、描かれている男性像は似ているような気がします。
ひょっとしたら、小松の理想の男性像なのでしょうか。
それを、FIELD OF VIEWのデビュー以来の「好青年」というイメージに重ねたのかもしれませんね。
高校、大学くらいの頃、よくこの曲を聴いて、「こういう男になりたいなー」と思っていました。

何気ない日常の美しさを思い出させてくれ、愛されるより、愛することができる人がいるって幸せだよなー、と思わせてくれる曲です。

さて、小松未歩のファンサイト「A profile」のmocoさんが、Twitterで1st Al.「謎」収録曲の投票企画をやられていたので、私も参加しました。
私はもちろんこの曲に投票したのですが、なんと!幾多の名曲を抑えてこの曲が12票を集めて1位に輝きました。
このアルバムは本当にいい曲が多い中、この結果は驚きでした。
やっぱり、自分が「いい!」と思ったものを、他の人も「いい!」と思っていたというのは、本当にうれしいですね。

A-tbxp3CEAAhvsx.jpg


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
HAPPY BIRTHDAY FOR YOU/秋吉契里
あたりまえのこと/CLOVER


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
22:10  |  小松未歩  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.19 (Wed)

KE-SE-RA-SE-RA/Jack&Betty

KE-SE-RA-SE-RA/Jack&Betty


Jack&Bettyは1997年にデビューした4人組バンド。
1999年に、わずか1年半ほどの活動に幕を閉じて解散しました。
この曲は1998年にリリースしたシングル。

残した作品はシングル4枚、アルバム1枚の計15曲ほどでしたが、私にとっては青春を彩ってくれた超重要なバンドのひとつです。

キレのあるロックサウンドに切ないメロディー。
そして、中川優美の甘く伸びやかで元気いっぱいなヴォーカルが不思議にはまっています。

作詞は基本的に中川がしていたのですが、この曲はPTON!の森岡純提供。
コンビニから始まった片思いだけれど、冒険のように恋を楽しんでいる女子の浮かれ具合がほほえましく、こちらも元気をもらえ、恋をしたくなります。
「KE-SE-RA-SE-RA」はもともとは「Que sera sera」(なるようになるさ)なんでしょうが、「ほしいものは自分で手に入れる!」という自信と高揚感に満ちた「恋の呪文」に生まれ変わっています。

彼らの唯一のアルバム「Twururi-ra」は、まだ入手できると思います。
リンドバーグやジュディマリ、最近で言えばリトルブルーボックスが好きな方はぜひ聴いてみてほしいですね。


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
NAMUKINガール/CHERRY LYDER
そろそろいいんじゃない?/SIRIUS


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
21:58  |  1998年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.18 (Tue)

気分屋さん/the castanets

気分屋さん/the castanets

(4:55まで)

1998年にリリースされた3rd Al.「MARKET」収録。

生きていればいろいろある。
それに対してポップミュージックが何をしてくれるか。
「気づき」のヒントを与えてくれることもあります。
でも、他のエンターテインメントや芸術と比べても一番大きな役割は、やっぱり「気分」を調整してくれることだと思います。
辛いけどがんばりたいときは元気や勇気をくれ、疲れちゃったときにはリラックスさせ、リフレッシュさせてくれる。
抱え込んでいることは何も解決してくれないけれど、今この瞬間の「気分」を望んだ方向に変えてくれる。
そんなポップミュージックの役割を例えた歌だと思っています。

「駅前のコンビニの横の気分屋さん」というすごく身近で生活感のある表現がカスタネッツらしいですね。
いろいろある問題を解決しながら生きていくのは大変だけれど、今この瞬間、今日この一日をフレッシュな気分ですごすのはそんなに難しくない、ガムやコーラを買うのと同じように変えていける、と思わせてくれる曲です。

さて、この曲に関するすばらしい記事を発見しました。
8年位前に書かれた記事ですが…
これが私の理想の感想記事ですね。
「情報」や「分析」ではなく、その曲が"自分にとって"どんな曲か。
こういう感想を書きたいんです。
感動しました。
サービス=気分屋さん、カスタネッツと私の思い


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
日向ヶ丘/the PeteBest
かわいた時を抜けだそう /オセロケッツ


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
16:17  |  ザ・カスタネッツ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.15 (Sat)

君がいたから/FIELD OF VIEW

君がいたから/FIELD OF VIEW


すべてはここから始まった!
すでにviewというバンド名でデビューしていた彼らが、FIELD OF VIEWとして1995年にリリースした再デビューシングル。
作詞は坂井泉水、作曲は織田哲郎、編曲は葉山たけし。
コーラスには坂井の他、大黒摩季、宇徳敬子、川島だりあが参加しています。

しがらみだらけの地上を飛び立ち、大空を駆けていく鳥のように、本当に自由で伸びやかな気持ちになれる曲ですね。
シンプルなメロディーと丁寧に作りこんだサウンド。
誠実でまっすぐに届く、真摯な気持ちがすごく伝わってくる歌と演奏。
バンドの門出を見守るかのようにサポートするコーラス陣。
「キンコンカンコン」という鐘(チューブラーベル)の音も随所で効いていますね。

歌詞に「自由」も「夢」も「愛」も入っている、すごく前向きな光に満ちた、いかにも90年代らしい歌詞なのですが、決して人生順風満帆、今日も仕事に恋愛に全力投球だ!って人だけに向けた曲ではありません。
もどかしさや悔しさ、不安や孤独に取り囲まれて震えている人に対する共感が込められているのが、すごく坂井泉水らしい歌詞ですね。
「よーしがんばろう!」というときも、「もうがんばりたくないな…」というときも、この曲は「自分の歌」だな、と思わせてくれる曲です。

300_20121215211543.jpg


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
BELOVED/GLAY
LIFE/FANATIC◇CRISIS


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
21:00  |  FIELD OF VIEW  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |