2012年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.08.26 (Sun)

スケベリーNICE!?/好色人種

スケベリーNICE!?/好色人種


好色人種は2000年に結成された5人組。
2006年にデビュー。
2009年に解散しました。
この曲は2006年にリリースされたシングル。

2人の女性ヴォーカルを擁し、レゲエ、HIP HOP、ファンク、ジャズ、R&Bそして歌謡曲をmixしたエンターテンメント性あふれるポップを作っていたバンド。
ミクスチャーといえば当時はORANGE RANGEやケツメイシ、Def Techらを中心にシーンのトレンドでしたが、好色人種はその中でもすごく大人な遊び心を持っていたような気がします。
きっとバックボーンになっている音楽が深く広いのだろうな、と思わせてくれる。
派手なファッションで海にクラブにと遊びまくってる人たちの音楽はちょと…という人も、彼らの音楽はぜひ聴いてみてほしいです。

暗い顔を吹き飛ばすようなくだらない笑いを満載した「アドレナリン」タイプの曲を得意にしていただけに、しっとりメロディーで勝負してきたこの曲を聴いたときは本当に驚きましたね。
一瞬「これが好色人種!?」とおもいましたが、聴きこんでいくと、「あ、やっぱり好色人種だな」、となりました。

それにしてもこれ、本当にすばらしいメロディーですよね。
これを真面目にせず、笑いを含んだ明るく幸せに満ちた、でもちょっぴり切ない曲に仕上げたところが、彼ららしい。
それまではKAYOに比べると目立たなかったMAKIの甘くソウルフルで切ない歌声の魅力が堪能できるのもうれしいですね。
もちろんKAYOも短い見せ場で存分に持ち味を発揮してくれています。
(あ、清楚な少女マニアとして世に知られている私ですが、実はギャルも大好きですよ。)

暑い夏の終わりになると、この曲と、暑苦しいくらい熱くてバカだった5人のことを思い出します。

obj.jpg


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
Blood Type AB-Lover/hiro:n
愛する人/THYME


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
23:16  |  2006年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.26 (Sun)

アイスクリイム/千葉紗子

アイスクリイム/千葉紗子


2003年にリリースされたシングル。
アニメ「成恵の世界」エンディング主題歌。
作詞・作曲・編曲・プロデュースは、梶浦由記。

壮大な「梶浦ワールド」としてイメージされる世界観からするとかなり意外な曲ですが、彼女のソングライターとしての才能を一番感じられる曲です。
どこにでもありそうな、なにげないかわいさ、美しさ、そしてはかなさがある、「小さな恋のメロディー」ですね。
アレンジもコーラスもすごく丁寧に作りこまれて、メロディーのよさが際立っています。
千葉の歌もすごく甘酸っぱくて切ない気持ちがすごく伝わってきます。

中学生同士の、ままごとのような幼くて初々しい恋愛を描いた作品にもぴったりの曲。
心を他人に委ねることを恐れつつ、少年に引かれていく少女のつよがった心情がすごく微笑ましくてかわいいですね。
千葉はアニメでの担当はクラスメイト:八木かなえ役でしたが、歌っているときは、成恵の和人に対する揺れ動く気持ちが憑依している気がします。

31歳の夏も、この曲でときめくことができました。


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
Dream Child/菊池志穂
夢色ロリポップ/坂本真綾


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
00:22  |  2003年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.25 (Sat)

BOKURA/TYO

BOKURA/TYO<PV short ver.>








<Full ver.>


TYOは、TAKAE(Vo)と布施卓人(Key)の2人組みユニット。
大学で知り合った2人が、音楽の方向性と精神性が一致して結成しました。
2001年から2002年にかけてメジャーレーベルで活動。
6枚のシングルをリリースしました
2006年にはユニット名をナナイローズに変更しましたが、その後の活動状況はよくわかりません。
この曲は2001年にリリースした3rdシングル。

この歌声。
すごくパワフルでソウルフルなんだけど、切なくて、幻のように消えてしまいそうな儚さを感じさせるすごく不思議な歌声ですね。
そしてグーッと胸をつかまれるようなエモーショナルなメロディー。
恋愛も、夢も、死ぬくらいの思いで全力疾走しようというメッセージ。
噴出す汗や、激しい動悸、息が切れてしてくるかすかな血の匂いすらも感じられるような、熱い、熱い、熱い、熱い音楽です。
それはまるで、短い生命の存在を懸命に声を絞って訴えるセミのようです。

当時私は21歳の大学生。
初めて自分の殻をひとつ破ろうともがいていた時期でした。
TYOの音楽を聴くと、そのころの気持ちがよみがえってきます。

2人がもう一度音楽活動をしてくれることがあってもなくても、TYOの残した音楽は少しずつでも多くの人に聴いてほしい。
See-Saw、angela、savage genius、Zweiあたりが好きな方にはぜひぜひ聴いてみてほしいです。

f0106074_16593967.jpg


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
ふたつの靴/WAITERS
right now baby/Misty


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
00:23  |  2001年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.23 (Thu)

Summer of Love/Faye Wong

Summer of Love/Faye Wong


1993年にリリースされた「十万回のなぜ(十萬個為什麼)」収録曲。
原曲はHelen Hoffner。
テレサ・テンや中島みゆきの影響を受けた歌謡曲路線から、一気に歌謡曲路線にシフトした時期ですね。
髪をばっさり切り、オードリー・ヘップバーンのようなコケティッシュなルックススタイルを確立したのもこのころですね。
映画「恋する惑星」に出演して世界的なスターになるのはこの直後ですね。

鼓膜に吐息を吹きかけたれているような、すごくアトラクティブな歌声。
それでいて潔癖なくらい上品な美しさがあります。
英語も広東語も発音がきれいで、怜悧でスタイリッシュな感じもいい。
夏の夜にさわやかな清涼感とドキドキを与えてくれる曲です。

やはり香港スターは、日本も含めたアジアンポップスとは違ったオーラを感じてしまいます。
ゾクゾクしてしまうくらい、憧れますね。


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
今宵エデンの片隅で/GARNET CROW
goes on forever/ЯKS featuring KOKIA


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
23:23  |  1993年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.23 (Thu)

【We love J-pop】2012年6月度集計結果(Best10)

みんなでいい曲を発見する音楽投票企画「We love J-Pop!」
2012年5月度の集計結果から、ベスト10にランクインした曲をご紹介します。
200曲を超えるエントリー曲から、14人のリスナーが1ヶ月をかけて厳選した10曲。
とにもかくにも、ぜひ聴いてみてください。
掲示板、Twitter、チャット会で参加者の方からいただいたコメントを掲載します。


GP LOVE & LIVE LETTER/福耳


獲得ポイント:31.1pts
得票数:4名+次点1名
収録作品:Sg「LOVE & LIVE LETTER」
参加アーティスト:杏子、山崎まさよし、COIL、元ちとせ、スキマスイッチ、あらきゆうこ(mi-gu)、秦基博、長澤知之、さかいゆう
作詞・作曲・編曲:さかいゆう

オフィスオーガスタ所属のアーティストによるスペシャルユニット。
1999年に杏子、山崎まさよし、スガシカオの3人でスタートし、プロダクションの成長とともに発展してきましたが、今回約4年ぶりのシングルで、見事グランプリを獲得しました。
スキマスイッチと長澤知之は今月、自らの作品でもベスト10入りし、ダブルランクインという前人未到の快挙を達成しました。

【参加者のコメント】
・毎度のことながら、メンバーが豪華すぎですよね。プロの集団という雰囲気が素晴らしい。スガさんがいなくなったのは、本当に残念(。-_-。)(まんちゃ☆彡)
・最終的に、ヴォーカルの豪華さで福耳を1位にしました。歌を「歌」として聴ける曲。(ブラックマ)
・いやー豪華すぎですね。納得のグランプリ。このメンバーの中にあっても長澤さんのヴォーカルはクセと味があって素晴らしいですね(todojun)
・スナフキンがいっぱい。(リスト係)

2位 フランネル/南壽あさ子


獲得ポイント:29.1pts
得票数:5名+次点1名
収録作品:Sg「フランネル」

「なす あさこ」。
1989年生まれのシンガーソングライター。
初エントリーで見事2位ランクインです。

【参加者のコメント】
・住岡梨奈が「風」なら、南壽 あさ子は「水」の気持ちよさですね。この「水中」感は大木彩乃に近いかも。どうせならGPいってほしかったかな。(リスト係)
・正統派ですね。声の透明感が半端ない。(まんちゃ☆彡)
・これは、もう即1位でした。(ADATZ)
・声もいいですが、歌詞も結構好きです。(todojun)
・これは入れるべきだったかな・・。(airmail)
・雰囲気は良いけど、ちょっと地味な感じがした。(リヴィエラブルー)

3位 名もない毎日/RAM WIRE


獲得ポイント:29.1pts
得票数:4名+次点2名
収録作品:Mini Al「名もない毎日」
作詞:ユーズ・Monch
作曲:ユーズ・Monch・RYLL

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2010年10月度Beautiful World8位
2011年9月度歩み8位


強い!
2001年から千葉を拠点に活動している3人組。
これで初エントリーから3作連続のランクインです。

【参加者のコメント】
・RAM WIREは、生きる上で必要な生命力がある楽曲を提供してくれる。(まんちゃ☆彡)
・コメントいらないくらいいい曲でした。(ノースフライト)
・RAM WIREはBeatutiful Worldの衝撃が印象的でした。(ADATZ)
・「名もない毎日」というタイトルも秀逸ですね。歌詞もじわじわときますね。(todojun)
・男声ラップ+女声サビ、というパターンは最近キャッチーですね。その中でも抜群の安定感をもっている気がします。(airmail)
・ラップの部分も良かったなあ。(ノースフライト)
・Local Busを思い出しました。仕事がきつかった時期はこういう曲が染みたけど、今はあまり必要ないのかな。(リスト係)

4位 feel you/住岡梨奈


獲得ポイント:29.1pts
得票数:5名+次点1名
収録作品:Sg「feel you」
作詞:住岡梨奈
作曲:COZZi.
ギター:山内総一郎(フジファブリック)

北海道登別市出身出身、日本最大のキャンパスをもつ酪農学園大学を今年卒業した1990年生まれのシンガーソングライター。
デビューシングルで見事ランクインです。

【参加者のコメント】
・この人!佐藤聖子に声似てません?聴いた瞬間鳥肌が立ちました。とにかく声に自然に身を任せている感じ。風のように気持ちいい歌。90年代前半の雰囲気ですね。(リスト係)
・初めて聴いた時からびびっと来ましたが、改めて聴いても本当にいいですね。調和が取れていて心地よかったですね。実はオトナモードに近いか。(todojun)
・懐かしい雰囲気があるんですよね。今の売れ線と全く異なる部分が、逆に魅力的。(まんちゃ☆彡)
・自己流って感じがいいですね。声もルックスも。(airmail)
・メロディが強いので候補には入ってました。(えむけー)

5位 トロイメライ/パスピエ


獲得ポイント:27pts
得票数:4名+次点1名
収録作品:Al「ONOMIMONO」
作詞:大胡田なつき
作曲:成田ハネダ

2009年、東京藝大出身の成田ハネダを中心に結成された5人組。
2度目のエントリーで初ランクインです。


【参加者のコメント】
・メロディの一つ一つが、よく練られていて、聴き心地が最高。転調とかリズムとマニアックなんだけど、聴きやすいのが魅力。(まんちゃ☆彡)
・サビはYUKIの感じに似ていますね。(todojun)
・同感です。YUKIの雰囲気に似ている気がします。色んな角度から聴けそうな曲ですね。たぶん、投票者それぞれ評価した点は違うんだろうな、と思いました。(airmail)
・すごくやくしまるですね。(ADATZ)
・隠微な雰囲気がありますね。80年代のエロいアニメのような。相対性理論もそうですが、黎明期のオタク文化の影響が強そう。(リスト係)

6位 Hello☆my yesterday'$/アシガルユース


獲得ポイント:23.2pts
得票数:4名+次点2名
収録作品:Sg「Hello☆my yesterday'$」

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2011年6月度Like or Love Story14位


2006年結成の4人組。
「Like or LoveStory」に続き、見事連続ランクイン。

【参加者のコメント】
・夏らしさ全開。涼しげな風が吹き込んでくるような清涼感がたまらない。(まんちゃ☆彡)
・キャッチーなメロディが耳に残りますね。詞が気に入って上位に。今後、常連になりそうなバンド。 (ブラックマ)
・ここまで爽快で正統派のポップをつくれるバンドは今なかなかいないですよね。(リスト係)
・これまで取り上げていなかったけれど、ルックスからは想像できない(失礼)ポップサウンド。熱い夏にいいね。(かわさき)

7位 天の川/ザ・なつやすみバンド


獲得ポイント:23.1pts
得票数:3名+次点1名
収録作品:Al「TNB!」
PV制作:畔

2008年結成の4人組。
1stフルアルバムからの初エントリーで、見事ランクインです。

【参加者のコメント】
・空気公団っぽいというのが、第一印象。この手の癒し系ソングは、疲れてるときにこそ染みてきます。(まんちゃ☆彡)
・サウンドがいいですね。1位にしてもいいかな~とも思ってたりしてました。(ノースフライト)
・子供向けっぽいようで結構洗練された曲ですね。 (todojun)
・天の川といいつつ、ロマンチック系に走らないところが個性的ですね。(airmail)
・スティールパン良いですね。ライブ見に行きたくなります。(ブラックマ)

8位 ラストシーン/スキマスイッチ


獲得ポイント:19.1pts
得票数:3名+次点1名
収録作品:Sg「ラストシーン」

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2010年7月度アイスクリーム・シンドローム4位
2011年1月度さいごのひ5位
2011年9月度晴ときどき曇4位


3作連続、通算4度目のランクイン。
メジャーデビュー9年目を迎えたスキマスイッチ。
Nack5 Japanese Dreamでは「全力少年」のGPをはじめ、デビューから番組終了までエントリーした7作すべてがランクインした彼らですが、当企画でも変わらぬ強さを見せています。
大橋卓弥はソロでも3度ランクイン。
そして今月はなんと、福耳とのダブルランクインという快挙を達成しました。

【参加者のコメント】
・聴けば聴くほどに味が出る曲ですね。詞もメロディも丁寧に練られていますね。彼らが生き残っている理由はここにあるんだと思います。(ブラックマ)
・包容力のあるバラードは、彼らの代名詞と言ってもいいかもしれませんね。(まんちゃ☆彡)
・奇抜ではないけど、遊び心のあるボーカルがいいですね。(airmail)

9位 東雲/RONDONRATS


獲得ポイント:18pts
得票数:2名
収録作品:Mini Al「COSMIC CITY」

広島出身の4人組。
3度目のエントリーで見事初ランクインです。

【参加者のコメント】
・ドライすぎるくらいドライな失恋ソングですね。先月の「あの子の彼氏」と比べると対照的で面白い。これも女心なんでしょうか。(リスト係)
・インディーズだけどメジャーデビューしても活躍しそう。今後も注目していきたいバンドとなりました。(ノースフライト)
・こういう声質は相変わらず好みらしい。(かわさき)
・ビートが心地よいですね。(まんちゃ☆彡)

10位 あんまり素敵じゃない世界/長澤知之


獲得ポイント:17pts
得票数:2名
収録作品:Mini Al「SEVEN」

なんと、以外にもこれが初ランクイン。
福耳とのダブルランクイン。

【参加者のコメント】
・「ウジウジ」「クヨクヨ」していた長澤が、急に吹っ切れた感じがスカッとしました。くるりの「ワンダーフォーゲル」を聴いたときの感じに近いかな。等身大で力の抜けた感じはいつも通り。(リスト係)
・クセのある声とメロディが味になってますね。(todojun)
・グルーブが独特で、印象に残る曲ですね。(まんちゃ☆彡)
・この曲も結構良いですね。前回投票した「カスミソウ」より好きかも。(えむけー)

10位 光を集めて/伊禮恵


獲得ポイント:17pts
得票数:3名
収録作品:Mini Al「光を集めて」

「いれいめぐみ」。
1988年生まれ、大阪府出身のシンガーソングライター。
2度目のエントリーで見事初ランクイン。

【参加者のコメント】
・マイペースでしっとりとした弾き語りは、いつの時代にも必要な音楽だと思いました。(まんちゃ☆彡)
・じわじわと心に沁みてくる曲ですね。声の力強さが良く生かされてるメロディ。(ブラックマ)
・心が落ち着きますね。(todojun)
・大切に歌いこんでる感じがします。(リスト係)
・後半のファルセットがいいですね。歌詞にもうひとひねり欲しいかも。(airmail)
・これフルで聴いたらそこそこ良かったです。(えむけー)


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
19:52  |  投票結果  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.22 (Wed)

goes on forever/ЯKS featuring KOKIA

goes on forever/ЯKS featuring KOKIA


思いは そう メロディーに乗せて


ЯKSは、バンドでもソロでも大きな成功を得たЯKが、世代を超えて永く愛されるガールポップ="Standard"を作りたいという思いから立ち上げたプロジェクト。
ヴォーカリストに起用されたのは、1998年にデビューしていたKOKIAでした。
この曲は2000年の夏にリリースされたシングル。

「自由への飛翔」という感じ。
どんなに閉塞した場所に追い込まれても、メロディーと声の翼で、どこまでも連れ去ってくれるような曲です。
赤い鳥の「翼をください」が羽ばたいていくための「鳥の翼」だとしたら、この曲は大空を高速で駆けめぐるような「グライダーの翼」ですね。
のびやかなサビのファルセットが本当に気持ちいい。
包容力のあるAメロから、一気に高音へ駆け上がっていくBメロもゾクゾクします。
張り合おうとせず、控えめに紳士的にエスコートするかのようなЯKのコーラスがまた微笑ましい。

音域の制約を排除して思うさま自由に作曲したЯKと、それに応えたKOKIAのコラボレーションが見事に決まっています。
もしかしたら、ЯKの中にあったこのメロディーを「歌」の形にするためのプロジェクトが、ЯKSだったのかもしれませんね。

その後もシンガーソングライターとして数々の名曲を残していくKOIKIAですが、KOKIAのシンガーとしてのすごさを一番感じるのはこの曲ですね。
歌唱力も声質も最高レベルの、完璧なシンガーだと、聴くたびに心から思わされます。


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
地球を蹴ってさか上がりして/近藤名奈
200倍の夢/Letit go


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
22:30  |  2000年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.13 (Mon)

【GIF】乃木坂46 白石麻衣のバッティングフォーム

乃木坂46 白石麻衣のバッティングフォーム



ルーティン



マシン



プロフィール
愛称:まいやん
顔文字:(o^_^o)
合格期:1期
生年月日:1992年8月20日(19歳)
出身地:群馬県
血液型:A型
選抜回数:3回
好きな食べ物:さつまいも、ミルクレープ、スタバのキャラメルフラペチーノクリーム多め、みかん
好きな音楽:Red Hot Chili Peppers、ALICIA KEYS、Justin Bieber、Ne-Yo、Madonna、西野カナ、YUI、Every Little Thing、東京事変(椎名林檎)、コブクロ、FUNKY MONKEY BABYS
好きなアニメ:「けいおん!」

261161_198234956894257_3668966_n_20120810234608.jpg


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
20:07  |  乃木坂46  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.12 (Sun)

フラワージェネレーション/セキララ~つぶやきと桜井

フラワージェネレーション/セキララ~つぶやきと桜井


栃木訛りの「あるあるネタ」で当時一世を風靡していた芸人・つぶやきシローと、真心ブラザーズの桜井秀俊による限定ユニット。
1997年にリリースされたシングル。
なぜか2つのレーベルから「RED VERSON」と「NAKED VERSION」がリリースされ、つぶやきの内容が違います。
こちらは東芝EMIからリリースされた「RED VERSON」。

当時は猿岩石や「ウリナリ」関連のユニットが大ヒットを連発するなど、時代の寵児となったお笑い芸人が歌を歌い、CDをリリースするのは、当たり前のことでした。
この曲はあまり話題にならず、セールス的にはまったく売れずに終わりました。
倉持陽一(YO-KING)はラジオで「ロック界に燦然と輝く汚点」とdisっていましたが、それは桜井がこんなにいい曲を真心ではなくつぶやきに捧げてしまったことへのやきもちかな?

やがてつぶやきの存在とともに忘れ去られた曲ですが、つぶやきシローの独特の訛りによる、わかるようなわからないようなつぶやきの脱力感を生かした、名曲だと思います。
聴いた後、すごく肩の力が抜け、リフレッシュできます。

「フラワージェネレーション」とは本来、花を平和の象徴として、学生運動とは別の手法でベトナム反戦運動を行ったヒッピーたちのことを指すのだそうです。
「日常の何気ない革命が世界を変える」という桜井のフォークミュージックに対する信念が込められた曲かもしれませんね。


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
Lucy/the PeteBest
かわいた時を抜けだそう /オセロケッツ


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
22:16  |  1997年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.11 (Sat)

あの子の彼氏/HAPPY BIRTHDAY

あの子の彼氏/HAPPY BIRTHDAY


切ない…

HAPPY BIRTHDAYは美容専門学校で出会った1988年生まれの2人によって2010年に結成されたガールズバンド。
この曲はミニアルバム「嘘でもかわいいと言って」に収録されています。

昨年リリースされた強烈な自虐ソング「しゃかいのごみのうた」も印象に残っていますが、今回はまた一段と壮絶な失恋ソング。
これはヤバイですね。
切なすぎます。
NTR(寝取られ)ソングの最高峰だと思います。

最初は泣き疲れたあとように弱々しく、中盤はやわらかく甘えるようでもあり、最後は感情を搾り出すような、激しく揺れ動く女心をそのまま表現したような歌声ですね。
切ないメロディーを丁寧に作りこまれたサウンドが包み込んでいる気持ちのよいポップスになっていることも、曲の世界にすんなり入る助けになっています。

表面的には、自分の恋人だった「彼氏」とその彼を寝取った「あの子」の将来を応援する内容になっていますが、これはもちろんつよがり。
誰に見せるわけでもない、自分に対して見せてしまうつよがり。
自分が描いた彼との夢のような未来。
自分が手にするはずだった幸せ。
彼を失っただけなら忘れられるかもしれない。
でも忘れようと思っても忘れられないのは、自分の代わりに幸せを手にした「あの子」がいるから。
彼が今まで自分にしてくれたこと、これからしてほしかったこと、今すぐにでもしてほしいこと。
それを「あの子」にしてあげていることをどうしても想像してしまう。
嫉妬
この気持ちを必死に押さえつけるために「2人の幸せを願う」ことで失恋を清算しようとしているのでしょうか…。
「きれいな失恋」の歌にせずに、こういうどろどろした部分をこういう形で表現したというのがすごいと思います。

あの子が泣いたらきつくぎゅってぎゅって抱きしめてあげるんだよ
あの子が不安で眠れない夜はしっかり手を握ってやさしく頭をなでて名前を呼んであげるんだよ


今すぐにでも私がしてあげたいけど、それはできないので、してくれる人がまた見つかることを祈ります。


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
あなたに向かって/松崎ナオ
スピーナ/speena


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
21:32  |  2012年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.10 (Fri)

ツインテールはもうしない/まゆ坂46

ツインテールはもうしない/まゆ坂46


このかわいさは正義。

渡辺麻友の2ndシングル「大人ジェリービーンズ」に収録された限定ユニット曲。
作曲は「ぐるぐるカーテン」の黒須克彦。

いやーかわいい。
乃木坂やばい。
間違いなくそのアイドル人生の絶頂期を迎えているまゆゆが押されてますもん。

これだけ価値が多様化・相対化している世の中。
「価値」とはほとんど個人の「好み」と同義になっています。
そう、「正義」すらも。
100人いれば100通りの正義がある。
見方によってはデストロンもロケット団もバイキンマンもひとつの正義かもしれない。
自分がいいと思っていること、正しいと思っていることも、他人に押し付けることはできない。
では、今の時代、みんなが共有できる価値って、まったくないんでしょうか。

私は一つだけあると思います。
それは、「かわいい」。
これ↑が「かわいくない」って言える人がいますか?
これだけはみんなが共有できると思う。
ここまで人をときめかせ、憧れさせ、癒すことができる力。
残念ながらかわいくない人は、どんなに努力しても他人にこんな快感を与えることは絶対にできません。
つまり、「かわいい」は正義なんです。
憎たらしいくらいに絶対的な正義。
時代がAKBを求め、乃木坂を求めたのはこの失われた「正義」の復権を求めたんだと思います。

正義が絶対的な実力と権威を持っていなれば、悪役は輝きません。
なにが正義で、なにが正統派で、なにがメインストリームなのかがはっきりしない状況では、
本物のプロテスターも、
本物の異端派も、
本物のアンチテーゼも絶対に生まれてこないと思います。

乃木坂にはこのまま堂々と王道を歩んで、時代の期待に応える国民的アイドルになっていってほしいと思います。

261161_198234956894257_3668966_n_20120810234608.jpg


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
Future Stream/スフィア
少女飛行/ぱすぽ☆


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
23:45  |  乃木坂46  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.10 (Fri)

大好き/SKE48

大好き/SKE48


大好きです。

チームS 2nd Stage「手をつなぎながら」のアンコール前最後に歌われる曲。
作曲は多田慎也。
セットリストはチームKⅡ2nd→チームH 1stへと受け継がれています。
これはリバイバル公演「見逃した君たちへ」の映像。
すでに卒業した小野晴香の姿も見えますね。

これだけいろいろな個性派のアイドルが出てくると、本来のアイドルってどんなものだったのか、わからなくなることがあります。
東京のラーメンみたいに。
そんなときは、この曲を聴けばいいのだと思います。

切ないメロディーにかわいらしい歌詞。
ウェディングドレスのような純白の衣装も本当に美しいですね。
しかし、誰に歌わせてもこんなに輝くわけじゃない。
Sの陶器のような清純さがあればこその美しさだと思います。
逆に言えば、Sのメンバーたちのストイックなまでのひたむきな純粋さが、秋Pにこの曲を作らせたのではないでしょうか。
秋P自身もさまざまな変り種のラーメンをつくっていますが、心の中でずっと追い求めているのは、清純な少女の輝きを結晶させた正統派アイドルだと思います。
チームSとこの曲は、その一つの完成系ではないでしょうか。

総選挙では7人をランクインさせたSですが、ほんとうに素晴らしいチームだな、思います。
絶対的なWエースを擁しながらも、チームとしてのバランスに偏りがない。
全員に透き通るような正統派アイドルとしての輝きがありながら、それぞれにカラフルな個性の華がある。
木崎の精巧なガラス細工のような煌き、
どこかあぶなっかしい矢神の魔性、
憂いを含んだ中西のまなざし、
石鹸のCMのような大矢の清潔感、
見ているほうも楽しくさせる太陽のような桑原の笑顔、
おとぎ話の世界に生き続ける須田のナルシシズム、
そして…そのすべてをつつみ込むような平田の包容力。

チームSにはこれからも、48グループ全体の範となるべく、これまでどおりひたむきに突っ走っていってほしいと思います。
そして、チームHにはぜひこの曲にこめられたSの魂を受け継いでいってほしいと思います。

d4m5p66nflA_20120810234707.jpg


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
voice/bump.y
ぐるぐるカーテン/乃木坂46


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
00:56  |  SKE48  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.01 (Wed)

【We love J-pop】2012年5月度集計結果(Best10)

みんなでいい曲を発見する音楽投票企画「We love J-Pop!」
2012年5月度の集計結果から、ベスト10にランクインした曲をご紹介します。
200曲を超えるエントリー曲から、14人のリスナーが1ヶ月をかけて厳選した10曲。
とにもかくにも、ぜひ聴いてみてください。
掲示板、Twitter、チャット会で参加者の方からいただいたコメントを掲載します。


GP 徒然モノクローム/フジファブリック


獲得ポイント:35pts
得票数:5名
収録作品:Sg「徒然モノクローム/流線形」
作詞:加藤慎一
作曲:山内総一郎

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2007年10月度若者のすべてGP
2011年9月度STAR17位

これは劇的。
2007年10月度の「若者のすべて」以来、約4年半ぶり2度目のグランプリを獲得しました。
Nack5 japanese Dreamではデビューから番組終了までエントリーしたすべての作品が上位ランクインするという圧倒的な高評価を得ていた彼ら。
この間、ヴォーカルでメインソングライターの志村正彦の死去という悲しみに見舞われながらも、2011年4月からは3人体制での活動継続を発表。
今回、新体制初となるシングルでエントリーし、数々の名曲を制して見事にグランプリを獲得しました。
テレビアニメ「つり球」オープニングテーマ。

【参加者のコメント】
・3人編成になってから、一番しっくりくる楽曲。この方向で持っていけば、志村さんが在籍した頃とは、違った形で発展していきそうな気がします! マニアック色は薄くなったが、キーボードの音色は変わらない。泣けてきた(T_T) バンド名がフジファブリックである限り、いつまでも偉大な存在である志村さんと、比較されてしまうかもしれないけど、バンド名を変えなかったのは、志村さんの遺志を受け継ぎ、自分たちで表現手段を確立したい、そういった決意の表れだと思いたい。だからこれからの3人にも期待したいです! (まんちゃ☆)
・後ろの笑い飯さんが気になるPV。突き抜けるサウンドと言葉遊びがとても秀逸。安心して聴けますねえ。(ブラックマ)
・キーボードが特徴的ですよね。(リヴィエラブルー)
・ドラムの人も加入しちゃえばいいのに。(ADATZ)
・曲はいいんだけど、志村氏のヴォーカルが素晴らしかったことを実感してしまう。。(todojun)

2位 あの子の彼氏/HAPPY BIRTHDAY


獲得ポイント:33pts
得票数:4名
収録作品:Sg「あの子の彼氏」
作詞・作曲:坂口喜咲
プロデュース:島田昌典

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2011年10月度しゃかいのごみのうた17位

1988年生まれの23歳、東京都出身の2人組み。
2010年に結成されたガールズバンド。
昨年10月、「しゃかいのごみのうた」という強烈に自虐的な曲で初エントリーし見事にランクインしましたが、今回はまた一段と強烈な失恋ソングで一気に2位に躍進しました。

【参加者のコメント】
・これは見事。びっくりしました。NTRソングの最高峰。「ハナミズキ」のような強がった自己陶酔でもなく、奥華子のような縋りつく怨念でもなく、健気な女心がたまらなく愛しくなります。後半の畳み掛けすごいですよね。彼氏との未来を望んだ夢を捨てきれない、それをこういう形で表現したのが本当に見事。 メロディー、アレンジも素晴らしい。泣きながら歌っているPVも素晴らしいですね。「あの子」の幸せそうな姿がエグい。北陽の伊藤みたいなドラムも気になる。(リスト係)
・speenaを思わせる雰囲気がありますね。詞とメロディーと歌がセットになって一つの「物語」を作り上げているような。声だけでも十分印象に残るんですが、歌詞と合わせると、より歌に厚みが増しますね。(ブラックマ)
・全編に渡って、声が切ない。もっと良い男を探せとエールを送りたくなる。(まんちゃ☆)
・前半は淡々としてるけど後半になるほど歌詞がグッとくるものがあります 。泣きそうになるくらいで圧倒的に1位でした。(ノースフライト)
・悲しすぎて聴くのが辛いですね。(todojun)

3位 CAN YOU SPEAK JAPANESE?/清 竜人


獲得ポイント:32pts
得票数:5名
収録作品:Al「MUSIC」
作詞・作曲:清 竜人
編曲:高橋諭一
プロデュース:中村裕光、沖田英宣
キャスト:清竜人、堀江由衣、Alan Patton、任暁剛、Pedro Valle、Davy Bergier、Denys、高橋諭一

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2010年1月度痛いよ12位
2010年11月度プリーズリピートアフターミー4位
2011年3月度ボーイ・アンド・ガール・ラヴ・ソング12位

通算4度目のランクインで、見事自己最高位を更新。
全収録曲に台詞パートがあるミュージカル形式のコンセプトアルバムからのエントリー。
そのアルバムの冒頭を飾る、8分超の大作。
声優・堀江由衣を起用しています。

【参加者のコメント】
・初めて聴いた時は耳(と目)を疑いましたが、好き放題、とても楽しそうで、なんかスッキリしました。それにしてもこれをライブでやってのけてしまうのだから、凄いとしか言いようがないです。こういう型破りな曲がもっと増えれば、邦楽ももっと盛り上がるだろうと思います。(airmail)
・長さも気にならない楽しさ。何度も聴いてしまいました。堀江由衣の声がたまらなくいいですね。音楽の中での声優のベストな使い方だと思います。(リスト係)
・ほっちゃん3位おめでとう!(違 サビが強烈ですね。これを「歌」と見るかどうかですね。音の組み立て方がすごい。CHILDISH LOVE WORLDの時も感じたけど。(ブラックマ)
・音楽の枠に留まらない感じが面白いですね。堀江さんの綺麗なハイトーンボイスもいいですね。(todojun)
・あまりにもイメージが違いすぎて、ビックリしました。もはやミュージカルのワンシーンですよね。(まんちゃ☆)
・確かに次元を超えた作品だと思います。これはライブで観たら楽しいかも。(えむけー)

4位 世界はまだ君を知らない/阿部真央


獲得ポイント:30pts
得票数:6名
収録作品:Sg「世界はまだ君を知らない」
作詞・作曲:阿部真央
編曲:小森雄壱

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2010年5月度ロンリー4位
2010年11月度19歳の唄12位
2011年5月度モットー。11位

通算7度目のランクイン。
デビューからの連続ランクイン記録が前作で途切れ、凋落傾向か?とも思われましたが、見事上位返り咲き。
ベスト5以内でのランクインは2年ぶりの4度目です。
幅広く票を集め、得票数では今月最多タイ。

【参加者のコメント】
・イントロからのテンションの高さと爽快感に引き付けられます。リピートしてるうちに1位になりました。(げんしん)
・この清涼感が良い。清涼感の中にも力強さを感じますね。(ブラックマ)
・こういう可愛らしい路線でも味がありますね。(todojun)
・今回のあべまは、抱きしめたくなるくらい可愛い!この楽曲は、アニソンチックかもしれない。 (まんちゃ☆)
・力強さはあるしポピュラリティーもあると思うけど、なんか残らないんですよね。 (airmail)
・なんだかAKBみたいな歌詞ですね。毎回別人のように感じるんですが、結果は安定して強いですよね。やっぱり声の力かな。「伝えたいこと」が一番好きです。(リスト係)
・実は私も「伝えたいこと」が一番好きです。(えむけー)
・あべま~(かわさき)

5位 しゃる うぃ dance?/ズータンズ


獲得ポイント:28.1pts
得票数:6名
収録作品:Best Al「続くロンド -ズータンズ ベスト アルバム- 」

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2011年3月度カウボーイ4位

本年5月いっぱいで9年間の活動に幕を閉じ解散した4人組。
活動の集大成となるベストアルバムに収録された新曲が最後のエントリーとなり、前作の4位に続く連続上位ランクインで、見事に有終の美を飾りました。
幅広く票を集め、得票数では今月最多タイ。

【参加者のコメント】
・声も音も耳に残りますね。とても鮮やか。もっと他の曲も聴いてみたい。そう思える曲ですよね。(ブラックマ)
・色んなミュージシャンの要素が盛り込まれてる感じですね。このお洒落な感じはクラムボンに近いかな。サビの辺りはSMOOTH ACEっぽい。(todojun)
・こういうピアノが利いていて、ほろりとするような切ない曲が大好きなので、解散は本当に勿体ないです。 (まんちゃ☆)
・見た目に反して派手すぎない感じがいいですね。(airmail)
・やっぱりこの清涼感あるキーボードがいいですね。(リスト係)
・個人的にはのあのわをしっとりさせたような感じかなと思いました。雰囲気がいいですね。(えむけー)
・この曲で初めて知りましたが解散てもったいないような。(ノースフライト)

6位 Red block on the hill/EA


獲得ポイント:24.1pts
得票数:3名+次点1名
収録作品:Mini Al「METEO」
作詞・作曲:Maika Leboutet

2009年結成の男女2人組み。
バンド名の読み方は「エア」だそうです。
初エントリーで見事ランクインです。

【参加者のコメント】
・懐かしいようで新しいような、面白い曲ですよね。(todojun)
・仮想空間にいるような感覚になる。 (まんちゃ☆)
・トルネード竜巻が出てきたときの感じとちょっと似てる?(airmail)
・この歌と世界観には、もっとスコーンと突き抜けるようなメロディーがはまれば、おもしろいような。(リスト係)
・ 勝手なイメージだけれど、こういうのがランクインするのって、珍しいような~初聴の時は、サビまで聴かなかった・・(かわさき)

7位 今日の私はキゲンがいい/HALCALI


獲得ポイント:24pts
得票数:4名
収録作品:Al「ハルカリノオカワリ」
作詞:福里真一
作曲:櫻井映子

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2008年10月度Long Kiss Good Bye7位
2009年9月度今夜はブギー・バック14位

HALCALIは、忘れたころにやってくる。
2年8ヶ月ぶり、通算3度目のランクインで、自己最高位タイを記録しました。
上野樹里が出演しているアパレルブランド「E hyphen world gallery」のCMソング。
作詞はコピーライターの福里真一。
PVに出演しているのは「アッキーナ」こと南明奈。

【参加者のコメント】
・HALCALIももう長いですね。そろそろ10年が見えてきた。脱力感のある歌い方は、むしろ真似できませんよね。独特で面白い。(ブラックマ)
・メロディーがすごく気持ちよくて、のんびりしたい休日にいいな、と思いました。PVのアッキーナがすごくかわいいですね。個人的にはCMの上野樹里より曲のイメージにはまっていると思います。(リスト係)
・おー樹里っぺのCMの曲!正当な評価ができず、結局ギリギリで投票しませんでしたが。(todojun)
・この曲はCMでずっと気になってました。(リヴィエラブルー)
・この脱力感は、PUFFYや奥田民生に通じるものがある。(まんちゃ☆)
・そう言われると雰囲気がPUFFYっぽいかも。(airmail)
・昔はやる気があるのかないのかわからん歌い方でしたね・・・(ADATZ)

8位 夏の大三角形 NICO/Touches the Walls


獲得ポイント:22.1pts
得票数:5名+次点1名
収録作品:Sg「夏の大三角形」
作詞・作曲:光村龍哉

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2009年10月度かけら-総べての想いたちへ-GP

意外や意外、これが「かけら-総べての想いたちへ-」でグランプリを獲得して以来、2年7ヶ月ぶり2度目のランクインとなりました。
(これは、作品の出来よりも、PVの公開条件に左右された結果と思われますが…)
かつてサクラメリーメン、aiko、阿部真央も起用された「カルピスウォーター」CMソング。

【参加者のコメント】
・ドキドキするAメロに開放感あるサビ。海に行ったとき、海が見えた瞬間の高揚感を思い出しました。 「何も言えなくて…夏」「夏の日の1993」「ドキッ」に匹敵するリゾートソングだと思います。「かけら」では冬の空気感を見事に表現していたし、季節感を演出するのが抜群にうまいな、と思いますね。(リスト係)
・どこか夏を感じさせるサウンドですね。非常に脂の乗ったバンド。 (ブラックマ)
・一回だけライブ見たことあるけど、随分と聴きやすくなりましたね。一時はボーカルが、ミスチルの桜井さんに似てるって、よく言われてましたよね。(まんちゃ☆)
・NICOはもっと売れていってもいいと思うんですけどね。ボーカルの声質がミスチルっぽいのが逆にブレイクの足かせになってるのか?(えむけー)

8位 優しさの理由/Choucho


獲得ポイント:22.1pts
得票数:4名+次点1名
収録作品:Sg「優しさの理由」
作詞:こだまさおり
作曲・編曲:宮崎誠

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2011年7月度カワルミライ19位
2011年8月度トゥインクル14位

ニコニコ動画出身のシンガー。
通算3度目のランクインでついにベスト10入りです。
テレビアニメ「氷菓」のオープニングテーマ。

【参加者のコメント】
・やはりポップ感が耳に残りますね。フル試聴出来なかったので、結局最後まで聴きたくてiTunesで買いました。「その先が気になる曲」って大事。(ブラックマ)
・いつもサウンドがキャッチーだから、聴きやすいですよね。(まんちゃ☆)
・相変わらず良い声。(かわさき)
・私、気になります!!(リスト係)

10位 プロペラソング/esu-efu


獲得ポイント:21.1pts
得票数:3名+次点1名
収録作品:Mini Al「SingFuture」

乙女塾モデルコースの1期生で、2002年から歌手活動をしている野本かりあと、ボカロPのキャプテンミライが結成したユニット。
初エントリーで見事ベスト10入りです。

【参加者のコメント】
・クセになるサウンドが心地良かったです。(ノースフライト)
・どことなく無機質で機械的な感じがいいですね。それでいてちょっと切なくなる。(まんちゃ☆)
・動画見るまでまさかキャプミラPだとは思いませんでした。最近ボカロから離れ気味で。 (ADATZ)
・お美しいですね。39歳とは思えない。(リスト係)


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
23:21  |  投票結果  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |