2012年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2012.07.05 (Thu)

【バトン】リスト係版勝手にランキング<ら行・わ行>

「勝手にランキング」の「ら」行と「わ」行です。
アーティスト名の「あいうえお」順に、好きなアーティスト毎の好きな曲ベスト3とコメントを載せていきます。

ついに完投です!
取り上げたアーティストは274組でした。
これはなにより自分用として重宝しますね。
今後もちょこちょこ編集していこうと思います。


ライトライブ
1.東京の空
2.1+1
3.泣いちゃうくらい
【コメント】ストレートな声とメロディーが切ない王道ポップバンド。メジャー活動期間は非常に短かったですが、すばらしい名曲たちを残してくれました。気長に再会を待っています。

RAG FAIR
1.ラブラブなカップル フリフリでチュー
2.夏風便り
3.七転び八起き
【コメント】ヴォーカルグル-プに対して抱いていたイメージを根底から覆してくれたポップグループ。無条件に笑顔になれるキラキラした明るさとエンターテインメント性。まず「歌」があって、「メロディー」があって、それを彩るためのハーモニーであって、それ以上でも以下でもない、ということをしっかり踏まえているんだと思います。「アイドル」であることをナチュラルに演じているところもすばらしい。

RAZZ MA TAZZ
1.ラバーズ コンチェルト
2.白い夜
3.僕のままで君のままで
【コメント】ラズの曲はその9割以上が、ラブソングなんですが、私の青春時代の恋愛への憧れを掻き立ててくれましたね。「こんな恋がしてみたい」と思わせる力が歌にあります。
ラズの曲の美しさは、短編小説のようでもあるし、短編映画のようでもあるし、写真のようでもあるんですが、一番当てはまるのは、「思い出」の美しさ。そのときの出来事、景色、感情、気分、季節感、空気感、匂いまでもパッケージした思い出のあの美しさを、完璧に再現したポップミュージックが、RAZZ MA TAZZの音楽だと思います。

The LOVE
1.ひまわりの観覧車
2.Free
3.風見鶏の恋人
【コメント】彼らの特徴はなんといってもその直球過ぎるバンド名に現れていますよね。デビュー前はさらに、「The」と「LOVE」の間に「♥」が入っていました…。「恥ずかしがることのほうが恥ずかしい」というくらい、臆面なくラブソングをハスキーでソウルフルな包容力のあるヴォーカルで歌っていたバンドです。back numberが好きな人にはぜひ聴いて欲しいです。

ラブハンドルズ
1.friend
2.コンセプト
3.スピード
【コメント】渋くて暖かくソウルフルな大人のポップス。ブランクを経ながらも、元気に活動中です。

LOVE LOVE LOVE
1.嘘のつき方
2.プラネタリウム
3.夏音色
【コメント】最近のポップバンドの中で一番好きで、かつこれからにも大いに期待しているバンドです。シンプルながら味わい深い、老若男女に愛されるような「歌」としての力を持っっている、でも聴いていて気持ちよくてさわやかな清涼感があるポップスを作っているな、と思います。

rough laugh
1.sometime somewhere
2.誰がために鐘はなる
3.かしこ
【コメント】メロディーセンスが超一流。ジャジーなかっこよさの中に、秋空のような「からっ」とした寂寥感、孤独だけど自由、気楽だけどちょっとさみしいなぁ…という男心を見事に表現しています。

ラムジ
1.ラムレンジャー
2.Dear Regret
3.ユメオイビト
【コメント】メロディーセンス抜群のポップソング職人。渋くて苦い大人のためのポップス。

L'Arc~en~Ciel
1.flower
2.I Wish
3.Blurry Eyes
【コメント】見惚れるようなヴィジュアルの美しさ。メロディーと日本語詞の絶妙な絡みによる口ずさみやすい歌。ギターを中心に隅々まで気持ちよく整えられたサウンド。ロマンティックでありながら、孤独や憂鬱を抱えた者への優しい視点を持つ歌詞。引き込まれるようなつややかで魅惑的なヴォーカル。決して聴く者を選ばないエンターテインメント性。日本のヴィジュアル系というカテゴリーは、ラルクというバンドを生むために存在した…私はそう言ってしまっても、過言ではないと思っています。

RYTHEM
1.ホウキ雲
2.てんきゅっ
3.三日月ラプソディー
【コメント】しっとりとした大人っぽいバラードも好きですが、童謡や唱歌のようなファンタジックでかわいい曲が真骨頂だと思います。

LINDBERG
1.BELIEVE IN LOVE
2.今すぐ Kiss Me
3.GAMBAらなくちゃね
【コメント】偉大すぎる90年代のレジェンド。聴くたびにメロディーのすごさに唸らされる。ワクワクするAメロ、心地よく耳に残るキャッチーなサビ。これこそポップですよ。

rumania montevideo
1.Still for your love
2.September Rain
3.tender rain
【コメント】ゴツゴツしたバンドらしいサウンドに初々しい歌。へたくそですが、バンドの初期衝動を感じられます。明るいメロディーに隠された暗い世界観に背筋がぞっとすることも。

レミオロメン
1.アカシア
2.モラトリアム
3.南風
【コメント】かっこいいだけではなく、ソウルフルで暖かい人間味を感じるシンプルなパワーポップバンド。「奇麗事」でも心の底からを歌っているな、というのが感じられます。素直な気持ちで聴きたいですね。

恋愛信号
1.ロマンス
2.Girl Friend
3.あなたに会えて
【コメント】ツインヴォーカルのコーラスが本当に最高です。どんなコーラスグループも、彼らのコーラスにはかなわないでしょう。バンド名も恥ずかしいんですが、歌詞もものすごく恥ずかしいラブソング。トレンディードラマのような情景が浮かびます。RAG FAIRが好きな人にはぜひ聴いて欲しいです。

WINO
1.LOADED
2.Tomorrow
3.Sullen Days
【コメント】思いっきりオアシスです。でも私は本家より好き。

ワカバ
1.あかり
2.ヤンバルクイナが飛んだ
3.ZEROからはじめるストーリー
【コメント】明るく前向きな「背中を押す力」に満ちた歌。疲れた心のサビを洗い流し、フレッシュで素直な気持ちにしてくれる音楽。

ONE OK ROCK
1.努努-ゆめゆめ-
2.C.h.a.o.s.m.y.t.h.
3.NO SCARED
【コメント】かっこいい。ヴォーカルに色気があって、ノイジーなサウンドに負けていないのがいいですね。どこまでもついていきたいです。


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
22:34  |  勝手にランキング  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |