2010年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2010.12.24 (Fri)

恋の天使 舞い降りて/やまとなでしこ

恋の天使 舞い降りて/やまとなでしこ


やまとなでしこは、AM文化放送「Something Dreams マルチメディアカウントダウン」(ドリカン)のパーソナリティだった声優:田村ゆかりと堀江由衣により結成され、2000年にデビューした声優ユニット。

無題

この曲は2001年にリリースされた2nd Sg.「Merry Merrily」に収録されているクリスマスソング。

いやこの声はすごい。
女性二人の声の組み合わせとしてこれ以上のものは絶対にないと断言できますね。
1番のソロパートを先に歌うのが田村、後が堀江です。
サビのハーモニーは、1番は田村が主旋律、堀江がコーラスですが、2番では逆になっていますね。
どちらもクリームのように甘くて羽毛のように柔らかーい声ですが、田村のほうがストレートで伸びやかで、少しぶりっ子な歌い方、堀江のほうは耳元でささやかれているような暖かいウィスパーが魅力です。
フルコーラスを一人で歌うと、この声の個性がすこしきつく感じられてしまうのですが、二人で歌うことでその個性が見事に調和されるんですね。
「1+1が2にも3にもなる」
というかなり使い古された表現がありますが、それを本当に感じるのは、声優ユニットの曲を聞いたときですね。

この曲はメロディーといい、アレンジといい、二人の声を完璧に生かしていますね。
最初から最後まで陶酔するような高揚感をここまで維持できる曲はそうそうないですね。

CDに収録されたやまなこの既発表曲はわずか6曲ですが、そのすべてが名曲として語り継がれるべき、まさに伝説の声優ユニットです。


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
関連記事
スポンサーサイト
11:21  |  2001年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.24 (Fri)

芸スクール漢組!!/仙台貨物

芸スクール漢組!!/仙台貨物


普段は運送会社に勤務している6人組…という設定ですが、その正体はどうやら仙台市出身のヴィジュアル系バンド:ナイトメア。
この曲は2007年にリリースし、スマッシュヒットを記録した3rdシングル。

うじうじ悩んでいることが馬鹿らしくなるような「お馬鹿ソング」のひとつですが、ポップミュージックでこれ以上お下劣な曲はまずないでしょうね。
ひどいです。
最初はびっくりしますが、だんだん笑えてきて、やがて少しせつなくなってくる、中毒性の強い曲です。

これはホモフォビア(同性愛者差別)ではないか?と言われれば、そうなんだと思いますが、これくらいの笑いは許されてもいいんじゃないかな、と思います。


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
関連記事
10:27  |  2007年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.24 (Fri)

バカサバイバー/ウルフルズ

バカサバイバー/ウルフルズ


2004年にリリースされた26thシングル。
Nack5 Japanese Dreamではウルフルズは必ずランクインするというわけではなかったのですが、この曲は見事月間4位にランクインしています。

結成以来ウルフルズが歌ってきたこと、そしてリスナーが、世の中がウルフルズに求めてきたことがそのまま凝縮されたような曲ですね。

特にAメロのトーキング・ブルースの力は本当にすごいですね。

いやそんな別に忘れんでもええやろ?無理やりがんばらんでもええし。



ひたすら「がんばれがんばれ」とたきつけるだけではないところが、歌で日本人を応援し続けてきたウルフルズの行き着いたひとつの「到達点」なのかもしれません。

…レイザーラモンHGがブレイクするのは、このPVがつくられた少し後のことです。念のため。


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
10:00  |  ウルフルズ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.20 (Mon)

みなさんもご一緒に/AKB48

みなさんもご一緒に/AKB48


AKB48のアルバムは、秋葉原にある専用劇場:AKB48劇場で、チームごとに日替わりでほぼ毎日行っている「劇場公演」のセットリストが基本になっています。
たとえばこの曲は、「チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」」という公演のセットリストの2曲目。
この公演期間中は、ずーと固定されたセットリストでライブが行われ、シングルで有名になった曲は一切歌われないんですね。
そして、このライブを収録したDVDと、セットリストをそのままスタジオ収録したアルバムがリリースされるわけです。
テレビに出てシングル曲をバンバンアピールするメジャー路線と同時進行で、アルバムはこういうインディーズ的な売り方をしているんですね。
AKB48は知れば知るほどメンバーも曲も好きになるけど、システムとしてもすごいなーと思わされますね。
すごい。

今この国には2種類の人間しかいません。
AKB48にはまっている人と、はまっていない人です。

はまっていない人はテレビをつけても、コンビニに行っても、電車に乗っても、
「またかよ…」
ってなるだけ。

でも、はまっている人にはそれが、
「お、あっちゃんおはよう!」
「みんな今日も元気だね!俺も、よっしゃいくぞー!」
と、ちょっと幸せな気持ちになれるんです。

いつかははじけるバブルのような夢。
それははまっている人も、多分やっている本人たちもよーくわかっています。
でも、だからこそ、今だけ、この気持ちいーい夢の世界にはまってみませんか?
あなたも、ご一緒に!


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg

ブログパーツ
関連記事
10:28  |  AKB48  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.13 (Mon)

夕陽を見ているか?/AKB48

夕陽を見ているか?/AKB48


2007年にリリースしたシングル。
ほっと癒される名曲、名PVです。

さて、「DD(誰でも大好き)」の私ですが、「推し」はいます。
今回は私の「推し」をご紹介したいと思います。

前田敦子(あっちゃん)

この貫禄。余裕。
決して張り詰めたような緊張感を感じさせない一方で、動じない、一歩も引かない。
かっこいいですね~。
眠そうな表情から不意に歯を見せる笑顔へのコンボは無敵です。
このひとのパッパッパと「こなす」ようなダンスもかっこよくて好きですね。

高橋みなみ(たかみな)

自分に厳しい努力家だけど、謙虚で他人に優しく、全身全霊で人に元気を与える。
そんなAKB48の良さは、結局キャプテンの属性から伝播したんだろうな、と思いますね。
どんなことがあってもたかみなを見れば、笑顔になれてしまう気がします。
ハスキーな、というかドスの効いた声も大好きです。

小嶋陽菜(こじはる)

AKB48に完璧な美少女はこの人しかいません。
今も綺麗ですけど、昔の動画はもっとやばいですね。

峯岸みなみ(みぃ)

完璧な美少女ではないんですけど、なんか癒されるお顔ですね。
抱きつきたくなります。
開き直ったような据った目つきがくせになります。

柏木由紀(ゆきりん)

もうなんかこの人はまぶしすぎて直視できないですね。
この目に覗き込まれると、なんか自分の汚い部分とかを見透かされてるような気がしてしまいます。
それくらい清純なルックスとキャラクターです。
リスペクトしているアイドルは石川梨華。
なるほど納得です。

指原莉乃(さっしー)

なんなんですかね、この人の魅力は。
心が弱くてへたれで、しかもKYで突然なにをやりだすかわからない。
でもそんな自分のキャラに開き直ってるような。
「どうも。私ですけど。」みたいな上目遣いがくせになります。

高城亜樹(あきちゃ)

「亜樹の笑顔を見ると、嬉しくなるよ。一生懸命がんばっている姿が好きなんだ。」
おじい様、私も、亜樹さんの笑顔が本当に本当に大好きです。
一生懸命な姿に元気をもらっています。
…でも、「キョトン?」としているときのお顔も、大好きです。

きりがないので今日はここまで。
でもまだまだあの人のこともあいつのことも書いてないので、それはまた次回!


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg

ブログパーツ
関連記事
04:19  |  AKB48  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.12 (Sun)

会いたかった/AKB48

会いたかった/AKB48


好きならば好きだと言おう
ごまかさず素直になろう



2006年にリリースしたデビューシングル。

私はあまり後悔はしないほうです。
過去の自分がそのときにしたこと、選んだことは、今の自分がどうこういうより絶対正しいと思うから。
あの日は眠たかったから寝てたんだし、あの時は心の準備ができてなかったから言わなかったんだし。

でも、いま一つだけ後悔しています。
なぜもっと早く、素直にAKB48のファンにならなかったのか!
このPVも当時から見てただろ!
お前だよ!お前!当時の俺!
「へーえ…」見たいな顔してやがって!
お前こういうの好きだろ!
知ってんだぞ!
「拝啓僕へ」的な手紙が出せるとしたら、このころの自分にこう伝えたい。
「素直になれよ。大丈夫。そいつらは、お前を裏切らない。」

いままで、いろいろなアイドルの「末路」を見てきましたよ。
突然の解散、引退、路線変更、スキャンダルにまみれての空中分解……
はまっているファンほど、これらによって深く傷ついてしまいます。
だから、今まではアイドルを好きになっても、どこか斜めから見ることによって心をガードしていました。
でも、ファンの思いを正面から受け止めているAKB48の真摯な姿を見ていると、自然に正面から応援したくなるし、彼らを見舞う悲しいことなら私も一緒に傷つきたい、そこまで思ってしまいますね。

遅まきながら、これからたっぷり、これまでのAKB48を勉強し、これからのAKB48を応援していきたいと思っています。
このブログでもこの熱い思いを、どんどんご披露していきたいと思います。


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg

ブログパーツ
関連記事
23:12  |  AKB48  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.09 (Thu)

遠距離ポスター/AKB48

遠距離ポスター/AKB48


ときには失敗して ちょっぴりへこんでも
ぼんやりながめると 目と目が合うんだ
どこかで君も今 がんばっているのだろう
僕だけ弱音なんて 言えなくなる


アイドルとファンの絆を歌った歌。
この歌詞を聴くと、秋元康がAKB48をつくったのは必然、そしてそれがここまで売れるのもまた必然、当たり前のことだなと思ってしまいますね。

それにしても…

いやーかわいい!
やばい!
これがかわいくないか?
もう頭の中こいつらのことでいっぱいですよ。
本格的にはまりました。
書かずにはいられません。
いやはまるの遅いですよ。
わかってますよ。
でもいまからでもはまっておかないと絶対人生損すると思ってます。

もともと曲とPVは、2008年に「桜の花びらたち2008」を1位投票してたり、いいなとは思ってたんですが、一人一人のキャラがここまで魅力的だとは思ってなかったんですね。
TV番組に出演している彼らの動画を見て、一人一人ががそれぞれのキャラを、短い時間でも伝わるようにしっかり演じてるのに感動しましたね。
それとやっぱりこの人数はでかいですね。
これだけいれば、見惚れるほど綺麗な人もいるし、かわいくて惹きつけられる人もいるし、面白くて友達になりたいなーって思う人もいる。

でも全員に共通して思うことは、人として尊敬できるなーってところですね。
売れれば売れるほど、自分には厳しく精進し、他人には謙虚に優しく接し、何事にも真摯に誠実に向き合っている、そんな感じがしますね。
たいして売れもしないくせになんだかんだといって活動を選り好みし、あげくにすぐに活動休止だ、解散だとか言い出すアーティスト勢を見ていると、少しは彼らを見習ってほしいと本気で思いますね。
…かくいう私も少しは見習いたいと思います。少しはね。

img_568825_12963266_0_convert_20101209065500.jpg
画像は平等を期してチームYJ。


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg

ブログパーツ
関連記事
05:55  |  AKB48  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.09 (Thu)

Winter Comes Around/日置明子

Winter Comes Around/日置明子


日置明子は1974年生まれ、鳥取県出身のシンガー。
1995年に木根尚登のプロデュースでデビュー。
99年からはアーティスト名をsonoとして活動していましたが、現在は活動休止中のようです。

この曲は1995年にリリースされたデビューシングルで、TM Networkのカバー。
作曲は木根尚登、作詞は小室みつ子。
いわゆる「木根バラ」の中でも代表格の名曲ですね。

哀愁たっぷりの曲を、上品な声でさらっと歌いあげています。

1395623632_m.jpg



「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
関連記事
00:59  |  1995年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.07 (Tue)

アドバルーン/服部祐民子

アドバルーン/服部祐民子


服部祐民子は1973年生まれ、岩手県盛岡市出身のシンガーソングライター。
1994年にメジャーデビュー、2000年以降はインディーズに転じて活動していましたが、去る10月22日のライブを最後に16年間の活動に一旦終止符を打ちました。
この曲は1998年にリリースされ、代表曲となったシングル。

いや、この曲もすごいですね。
名曲中の名曲。
Nack5 Japanese Dreamのパーソナリティ:長谷川雄啓氏もことあるごとにパワープッシュしていました。

進路、受験、就職、現実、独り暮らし、恋愛、仕事、人間関係、やるせなさ、もどかしさ、悔しさ、劣等感や焦り、迷いに後悔、疎外感やら孤独やら不安やら自己嫌悪、たまりにたまったたくさんの感情を、すべてを包み込んで、ゆっくりと溶かし、洗い流してくれる曲です。
何度布団にくるまってヘッドフォンでただただこの曲だけを聴いて夜を過ごしたことでしょう。

一番すごいのは歌詞のリアリティですね。
ありふれた情景を次々と描写することで、みんなが抱えている思いを表現してしまう。
これが本当に効果的なんですね。
「この曲は僕のことをこんなにもわかってくれている」
そう思えるだけで、すごく勇気がわいてきます。

長谷川雄啓氏が言っていたように、こういう曲を必要としている人はたくさんいる。
少しずつでも、この曲が多くの人に届いてくれることを、願ってやみません。


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
関連記事
08:37  |  服部祐民子  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.07 (Tue)

final your song/SeanNorth

final your song/SeanNorth


SeanNorthは千葉市にある県立千葉北高校出身の3人により、1998年に結成されたユニット。
この曲は2006年にリリースされたデビューシングル。
私は全く同じ時期に同じ街で高校生活を過ごしていたのですごく親近感があります。

空を飛んだことはないですが、きっと飛んだらこんな感じなんだろうな、というくらいどこまでも伸びやかな曲ですね。
とにかくVo.Lumiの真水のようにやわらかくて透明感のある歌声がすばらしいです。
日本語の発音もすごく上品で美しいです。


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
関連記事
07:50  |  2006年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.07 (Tue)

Sky chord ~大人になる君へ~/辻詩音

Sky chord ~大人になる君へ~/辻詩音


辻詩音はなんとなんと1990年生まれのシンガーソングライター。
2008年、当時18歳でデビューしました。
この曲は2009年にリリースされたセカンドシングル。

はるかに年下ですが、教えを乞いたくなるような包容力を感じます。
曲を聴いているのに、逆に相談に乗ってもらっているような、暖かい安心感を与えてくれる曲です。

椎名林檎以降、「自我」を爆発させて破片をリスナーの心に突き刺すような「攻撃型」の女性アーティストが多数現れましたが、こういう「受け止めてくれる」タイプの女性アーティストが現れたのは、久しぶりではないでしょうか。


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
07:23  |  辻詩音  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.07 (Tue)

君の味方/遼花

君の味方/遼花


遼花は2008年、当時19歳でデビューしたシンガーソングライター。
慶応大学に在学中の現役女子大生です。
この曲は同年にリリースされたセカンドシングル。

凍ってしまった心をゆっくり溶かして行くようなやさしいメロディーですね。
序盤はキーボードで惹きつけ、徐々に音を増やしてバンドサウンドでたたみかける、という手法も見事に決まっています。

歌詞は、思春期に感じる疎外感、違和感、やるせなさ、もどかしさなどを、ストレートにぶつけています。
こういう歌詞は、管理教育の終焉とともに、尾崎豊やX JAPANを最後にJ-POPでは歌われなくなりました。
歌ったら鼻で笑われてしまうくらい、こういう歌詞を極端に避ける風潮がかなり長く続いてしまっている感じがします。
しかし、はたしてこういう歌の需要はまったくなくなってしまったんでしょうか。
そんなことはないと思います。
たしかに学校のシステムとしての管理教育はなくなりましたが、人間が社会を組織している以上、若者は何らかの形で社会の管理に組み込まれていきます。
それは仕方のないことですが、それを当の本人たちが最初から100%納得できるわけがない。
そんなとき、こういう歌は絶対助けになるはずです。
もっともっとこういう曲を必要としている人がたくさんいるんじゃないかなぁと思いますね。


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
関連記事
06:59  |  2008年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.06 (Mon)

深海/スパンクル

深海/スパンクル


2007年結成、現在インディーズで活動している4人組ガールズバンド。
この曲は2010年2月にリリースされたインディーズデビューミニアルバム「水深200メートルから見た光」に収録されています。

真水のように透明で純粋で優しい音に包み込まれるようです。
シンプルなバンドサウンドでこういう音楽を作り出しているってのがすごいですね。
なんといってもVo.橋本愛里の声が素晴らしい。
理想的な歌声ですね。
バンド全体がこの歌声を最大限生かすための音楽をやっているという感じです。

公式HPのTOPに掲載されていたメッセージが印象的でしたので、引用します。

私たちは、「疎外感ロック」をテーマに活動しています。
疎外感、いつも私の心にある気持ち・・・学校でもバイトでも親友と話していても埋めることはできません。
だけど気づいたんです。
「疎外感」を持って生きることは間違いじゃない、そんな私がいたっていいと。
私たちはきっとつながれる。
その時「疎外感」はひとりのものではなくなるのです。
音楽で証明してみせます。


サウンドのコンセプトを打ち出しているアーティストは多くても、伝えたいメッセージをはじめからここまで明確にしていること自体がなかなかないことですよね。
この曲は歌詞だけではなくメロディーでも演奏でも歌でも、しっかりとそのメッセージが伝えられた曲になっていると思います。

PVも曲に非常にマッチした素晴らしい出来ですね。
純白の衣装に身を包んだ4人のたたずまいが本当に美しいですが、この衣装は、「スパンクルの音楽とお客様との結婚式」と位置づけるライブに挑む際の「ウェディングドレス」なんだそうです。
はぁ~!
すごいセンスですねぇ。

「表現したいこと」と「観客を惹きつけること」。
みんなこのギャップに苦しむはずなんですが、彼らはそのギャップを感じていないかのようにすら見えてしまいます。
これがセンスなんでしょうね。
ものすごい天才を見つけてしまったかも。


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
関連記事
15:41  |  2010年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.06 (Mon)

right now baby/Misty

right now baby/Misty
(2010年3月度第10位)


どことなく80年代を思わせるガールズバンド。
「歌」をしっかりきかせることを大事にしている感じです。

Vo.misatoさんのパワフルな歌を聴くと、背筋がピンと伸びますね。
ガールズバンドは今本当に花盛りですで、当企画のチャートでも毎月のようにランクインしていますが、斬新で前衛的なサウンドについていけていない私としては、こういうバンドを応援したいです。

PVは彼らが活動拠点にしている千葉市街で撮影されており、出身者としてはすごくノスタルジックですね。

さて、3月度にこの曲がランクインした際、Mistyにメールでコメントをお願いしたところ、快くOKを頂き、Vo.misatoさんが掲示板にコメントをくださいました。
このときは本当にうれしかったなぁ。
misatoさん、コメント本当にありがとうございました!
いただいたコメントを改めて掲載させていただきます。

みなさんこんにちは!この度は 私達MISTYの曲Rightnowbabyを投票して頂き、ありがとうこまざいます!!!!!(^O^)/ まさかまさかのTOP10入りでホントに嬉しいです!!!この曲は結成当初からMISTYの中でも長く温めてきた曲なので これを機会により沢山の方々に聴いて頂ければ幸です!! MISTYはmixiのコミュニティーやHPもありますので 是非お気軽に遊びに来てくださいねp(^^)q コミュニティーは    ☆☆MISTY☆☆で検索出来ますよ!!!! これからのMistyもグイグイと進化していきますので お見逃しないようによろしくお願い致します! でわ Let's Misty!



超美人ベーシストのYuribowさんは教員の道を志すということで、残念ながら脱退してしまいましたが、これからもMistyを応援していきたいと思います。
でわ Let's Misty!


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
関連記事
14:33  |  2010年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.06 (Mon)

なりきりボニー&クライド/CASCADE

なりきりボニー&クライド/CASCADE


CASCADEは1992年結成の4人組。
この曲は1996年リリースのデビューシングル。
バンドは数々の名曲を残して2002年に解散。
しかし、昨年再結成し、活動を再開しました。

このかわいいかっこよさ、唯一無二ですね。
おかしのおまけについてくるフィギュアのような、本当に不思議な魅力ですね。
甘いTAMAの声と、MASASHIの作る切ないメロディーが肝です。


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
14:28  |  CASCADE  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.05 (Sun)

POP45/'else

POP45/'else


'elseは1992年に結成、98年にデビューし、2003年まで活動していた4人組バンド。
この曲は98年リリースのシングル。

シンプルなバンドサウンドと、ツンツンしたボーイッシュなヴォーカル、よく聴くと意外と乙女チックな歌詞の組み合わせが面白いです。
この潔い曲の短さもかっこいいですよね。


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
関連記事
20:17  |  1998年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.05 (Sun)

思ヒ空/サンダルバッヂ

思ヒ空/サンダルバッヂ


サンダルバッヂは赤松クニユキを中心としたグループ。
2002年にリリースされたデビューシングル。
赤松は元航空自衛隊で、当時はガソリンスタンドで働いていた、という経歴がやたらと注目されていました。

たしかにガテン系らしい力強さは感じられますが、マッチョイズムとは正反対。
夕日が似合う非常に優しくて切ない曲ですよね。
特にメロディーが素晴らしいですね。
サビの解放感が最高です。

こんな感じですごす休日が、私の理想的な休日の過ごし方ですね。
文学で言えば、「ノルウェイの森」に出てくる「静かで平和で孤独な日曜日」。
今日も、きっとそんな一日なるような気がしています。

sandal_pf.jpg


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
関連記事
09:39  |  2002年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.05 (Sun)

青すぎる空/eastern youth

青すぎる空/eastern youth


1989年結成されたスリーピース・バンド。
現在に至るまで、ライブ、リリースともにほとんど絶え間なく活動を続けています。
この曲は1997年にリリースされたシングル。

ロックだ、パンクだ、いやハードコアだなどと言われても、ちゃんと聴きやすいJ-POPになっているし、心に沁みる「日本の歌」になっているところが彼らのすごいところ。

PVはいくつかヴァージョンがあるようですが、当時私が見ていたのはこのヴァージョン。
ローファイな映像で写した夕日に染まる町並みが曲に見事にマッチしていますね。

eastern-youth_07_08_main.jpg


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
関連記事
09:14  |  1997年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.05 (Sun)

風にあずけて/advantage Lucy

風にあずけて/advantage Lucy


1995年結成、98年にデビューしたバンド。
この曲は1999年にリリースしたシングル。
当時は4人編成でしたが、現在はVo.アイコとG.石坂義晴の2人組みとして、元気に活動しています。

シンプルなバンドサウンドに、風のように透明なアイコのヴォーカルが本当に気持ちいですね。
特にこの曲はブルージーな部分が抜けて、吹っ切れた前向きな明るさがすごく感じられる曲です。

…私も部屋に閉じこもってばかりいないで、今日は外を出歩いてみよう!と思わせてくれました。

advantage+Lucy+advantage_lucy.jpg


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
関連記事
08:52  |  1999年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.05 (Sun)

明日の向こう/After me 

明日の向こう/After me


1995年から2002年まで活動していた4人組バンド。
この曲は1999年1月1日にリリースされたメジャーデビューシングル。

やさしいメロディーにハイトーンのヴォーカルがマッチしています。
スピッツや、最近で言えばほたる日和にも通じる、心の柔らかな部分にそっとタッチしてくる声ですよね。
そしてこの曲はストリングスが非常に良く効いていますね。
バンドサウンドにストリングスは合う!ということをあっさりと証明してしまっている曲だと思います。

それにしても、Nack5 Japanese Dream 1998年12月度のランキングはこの曲が2位、3位はTimeSlip−Rendezvousの「君を忘れない」、そしてグランプリはrough laughの「sometime somewhere」。
どんな月間なんですかね。
すごすぎでしょう。
artist01.jpg


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
関連記事
08:28  |  1999年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.05 (Sun)

CAT'S EYE/MAX

CAT'S EYE/MAX


2008年からオリジナルメンバーにもどったMAX。
結成からは15年で、全員30代に突入しています。

もともとユーロビートのカバーをやっていたグループなので、そういう意味でも原点に返ったといえる曲。
これは見事にはまっていますね。
この曲自体がMAXにカバーされるのを待っていた、という感じです。

先日、あるアイドルのこんな発言を目にしました。
「最近のアイドルについて」発言を求められた際のものです。

ウチらがやっていた頃よりは厳しくないんだろうなって、すごく思うんですよ。私たちは信じられないくらいみっちりと過酷なレッスンがあたりまえのようにありましたからね。


2000年前後に頂点を極め、その後人気は落ち込んでいるものの、まだまだ現役で、たくさんのファンを抱えている人なだけに、この発言は残念でしたねー。
完全に「終わった人」の発言ですよ。
そういう自負があるんだったら、今からでも自分のパフォーマンスでそれを見せて欲しい。
彼女よりはるか先輩のMAXはこうして勝負してますよ。
SPEEDだってオリジナルメンバーで勝負してる。
年齢は関係ない…とは言わないけど、年を重ねたなら、その時なりの良さを作って、見せることができる。
今のMAXを見ていると本当にそう感じさせてくれますね。

max001_s_www_barks_jp.jpg


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
関連記事
07:50  |  2010年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.05 (Sun)

ももいろパンチ/ももいろクローバー

ももいろパンチ/ももいろクローバー


なり。

ふんわりとしたやわらかーい雰囲気に癒されます。
ルックスも正統派の美少女ぞろいですね。
つくりのない本当に楽しそうな笑顔が素晴らしい。

和服を取り入れた衣装と、雅楽を取り入れた曲もマッチしています。

こちらも公式動画。
しかも画質が素晴らしい!

mkbiOIiUBo959pbswYI4JcF2o1_500_20101205061214.jpg


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
関連記事
06:12  |  2009年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.05 (Sun)

強き者よ/SKE48

強き者よ/SKE48


公式動画です。

この人たちのパフォーマンスは「かわいい」というより「美しい」って感じですね。
「神々しい」「神がかっている」といってもいいかも。
私はアイドルの動画を見ているときはいつもニヤニヤしているんですが、この人たちの動画を見ているときは見惚れて陶酔したような顔になっているはずです。

これからも、こういう媚びないかっこいい曲を中心にやっていってほしいです。

20090626_05_000.jpg


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
関連記事
05:45  |  SKE48  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.02 (Thu)

1曲個別記事リリース年別一覧

1曲個別記事のリリース年別一覧です。
※はメイン動画のリンク切れ確認済みです。


1990年
スチャダラパーのテーマPT.1/スチャダラパー
ゆめいっぱい/関ゆみ子

1991年
こころはタマゴ/影山ヒロノブ
愛の3人組/堀内賢雄・滝沢久美子・桜井敏治

1992年
青年よ大志を抱け/大城光恵

1993年
地球を蹴ってさか上がりして/近藤名奈
Summer of Love/Faye Wong

1994年
DA. YO. NE/EAST END×YURI
家族の肖像/三浦綺音
Over/Mr.Children
Hello, my friend/松任谷由実
HELLO, IT'S ME/L⇔R

1995年
BYE/L⇔R
すべての答えは自分自身の中にある/Psycho Babys
恋をするなら/佐藤聖子
ミモザの咲く頃/笹本安詞≒下町兄弟
運命'95/Melody
ら・ら・ら/大黒摩季
Winter Comes Around/日置明子
とまどいの時を越えて/FLYING KIDS
スタートライン/海援隊
さよならなんて云えないよ/小沢健二
東京に来い/KAN
200倍の夢/Letit go
暗闇でキッス~Kiss in the darkness~/FLYING KIDS
僕の両手/染谷俊
君がいたから/FIELD OF VIEW
普通になりたい/3LDK

1996年
過日恋恋/the OYSTARS
I Wish/L'Arc~en~Ciel
なりきりボニー&クライド/CASCADE
日向ヶ丘/the PeteBest
GLASS ROOTS/GREAT3
大きな風/亜波根綾乃
心を開いて/ZARD
本当の私に逢いたくて/笠原弘子
四月の風/エレファントカシマシ
Don't Look Back In Anger/oasis
flower/L'Arc~en~Ciel
BELOVED/GLAY
A~ha under the moon/宮本浩次
世界の終わり/thee michelle gun elephant
REMEMbER ME?/NAOTO KINE Supported by TETSUYA KOMURO
TRIP DANCER/the pillows

1997年
ときには空/アップル&ペアーズ
終わりなき世界/カーマイン
午後のパレード/宮本浩次
Bandstarter/Brainpool
アクセル/飯塚雅弓
1/100秒/TimeSlip-Rendezvous
青すぎる空/eastern youth
さよならノーチラス号/SCUDELIA ELECTRO
僕は僕らを忘れない/THE COOL CHIC CHILD
The Day We Find Love/911
CUTE/hàl
恋はC'est si bon/佐々木ゆう子
Dream'in Love/小松未歩
赤い手/スキップカウズ
Hallelujah in the snow/MOON CHILD
WONDER/FOUR TRIPS
little cloud/SOPHIA
1/3の純情な感情/SIAM SHADE
Clover~風立ちぬ場所を抜けて~/THE COOL CHIC CHILD
Melty Love/SHAZNA
ひまわりの観覧車/The LOVE
ロンサムパレード/堂島孝平
HAPPY BIRTHDAY FOR YOU/秋吉契里
LILAC/RAZZ MA TAZZ
O.K!O.K./栗林みえ
Letter to you―旅だより―/RAZZ MA TAZZ
フラワージェネレーション/セキララ~つぶやきと桜井

1998年
抱きしめて/チェキッ娘
Girl Friend/恋愛信号
Dream Child/菊池志穂
街をゆく/Daily-Echo
アドバルーン/服部祐民子
POP45/'else
Lucky/スーパーカー
つつみ込むように.../MISIA
あなたに向かって/松崎ナオ
TEARS~時間ときの中で…/我那覇美奈
哀しみにさようなら/堂島孝平
マフユ/オセロケッツ
ラストチャンス/Something ELse
空想X/pal@pop
ムーンパレス/the castanets
Another World/No'where
夏の魔法/PEPPERLAND ORANGE
With-you/La'cryma Christi
ONE-You are the one-/FANATIC◇CRISIS
カーテンコール/Valentine D.C.
Lucy/the PeteBest
気分屋さん/the castanets
yesterdays/チャーミースマイル&グリーンヘッド
笑顔/中村一義
元気ですか/佐々木ゆう子

1999年
夢ロケッツ/遠藤久美子
夢色ロリポップ/坂本真綾
Grateful Days/Dragon Ash featuring ACO & ZEEBRA
春~spring~/Hysteric Blue
Rainy Day/The Corrs
無敵のヒロイン/川菜翠&麻績村まゆ子
sometime somewhere/rough laugh
風にあずけて/advantage Lucy
明日の向こう/After me
熱病/ジァイアントステップ
One-piece/the castanets
picnic/rumania montevideo
雨の夜と月の光/GOMES THE HITMAN
風の向くまま/canna
ありがとう/チェキッ娘
Wildflower/northern bright
Squall/松本英子
サマーレイン/SCUDELIA ELECTRO
Close your eyes/ARCH
かわいた時を抜けだそう /オセロケッツ
memories/西田彩栞

2000年
天気雨/スナッパーズ
ひまわり/Kiroro
Blood Type AB-Lover/hiro:n
スーパージェットシューズ~未来を歩くくつ~/Peachy
インテリアくらげ/water
スピーナ/speena
青春アワー/CYCLES
思い出はいらない/ロッキンチェアー
ライカ/HIKARI
F <エフ>/Angelique
サクラ/SMOOTH ACE
君の記憶の片隅で/SAKU
P.F.P./shame
TONIGHT/LUNA SEA
ロケット/Plastic Tree
LIFE/FANATIC◇CRISIS
goes on forever/ЯKS featuring KOKIA

2001年
Sugar Baby Love/石田燿子
さくらさく/てん・むす
未来への贈り物/堀江由衣・倉田雅世・浅川悠・高木礼子・野田順子・雪野五月・小林由美子
サニーデイ/櫛引彩香
恋の天使 舞い降りて/やまとなでしこ
ラベンダー/サカノウエヨースケ
あたりまえのこと/CLOVER
Start in my life/倉木麻衣
いつも何度でも/木村弓
卒業/徳山秀典
春だもの!/堀江由衣、倉田雅世、雪乃五月
透明空気/neighbour youth
遠くまで/黒沢健一
ロストバタフライ/ルルティア
Way to Love/唐沢美帆
Dearest/三重野瞳
PALE ALE/MOTORWORKS
Truth of Love/FIELD OF VIEW
ジンセイ/BARGAINS
BOKURA/TYO

2002年
sayonara sayonara/KICK THE CAN CREW
Luv (Sic.) Messege Remix by DJ Hana/Shing02
BE HAPPY 恋のやじろべえ/タンポポ
Feel fine!/倉木麻衣
Sakura Revolution/Prits
思ヒ空/サンダルバッヂ
ふたつの靴/WAITERS
時計/熊木杏里

2003年
重ねる積み木/CLIP CRHYMERZ
人生一度/SOFFet
自殺志願者が線路に飛び込むスピード/野狐禅
Tomorrow/Lillix
Stacy's Mom/Fountains Of Wayne
オレンジ/ザ・ベイビースターズ
3月のシーン/残像カフェ
アイスクリイム/千葉紗子

2004年
3月9日/レミオロメン
ふられ気分でRock'n Roll/DROPS
Somebody Told Me/The Killers
笑顔でいようよ/三枝夕夏 IN db
バカサバイバー/ウルフルズ
君に幸あれ/タオルズ
Silent movie/サザーランド
あの場所へ/晴晴゛
キラ・キラ/市川由衣
空色のフィナーレ/ストレンジヌードカルト
外は寒いから/東京60WATTS
翌日/Syrup16g
人生に乾杯を! /コーヒーカラー

2005年
IKE IKE/HINOIチーム
ビューティフルライフ!/OUTLAW
冬のうた/JINDOU
未来の地図/Mi
Smile./湧口愛美
サクラサク平成十七年/ザ・コブラツイスターズ
あの夏の日々/THEイナズマ戦隊
ナガレボシ/トラビット
南風/レミオロメン

2006年
final your song/SeanNorth
ハイヒール/REVERSLOW
誰も知らない歌/theSoul
レベルアップ/扇愛奈
ディマクコンダ~太陽のように君を愛してる~/山田耕平
会いたかった/AKB48
声/THE BACK HORN
卒業~さよならは言えない~/安次嶺奈菜子
今宵エデンの片隅で/GARNET CROW
光の季節/Suara
夏の匂い/ランクヘッド
冷凍みかん/GTP
ちとせ/the strange drama
歩いてる/モーニング娘。
NOW AND FOREVER/HINOIチーム
愛してる/風味堂
下北沢南口/甲斐名都
スケベリーNICE!?/好色人種
星霜のさくら/ジャパハリネット
夢色バス/広沢タダシ

2007年
若者のすべて/フジファブリック
永遠のハーモニー Built To Last/Mêlée
カラフルDAYS/南春香(佐藤利奈)・南夏奈(井上麻里奈)・南千秋(茅原実里)
芽生えドライブ/marble
芸スクール漢組!!/仙台貨物
夕陽を見ているか?/AKB48
泣いちゃうくらい/ライトライブ
瞳/SPLAY
夏風便り/RAG FAIR
君に幸あれ/仲村瑠璃亜
君は君のままで/エイジア エンジニア
I LOVE YOU !/ナスカ
青空のファンタジア/村田あゆみ
Fellow/Rain Note
アヒルのワルツ/マユミーヌ
夏の終わりがまだここにある/THE LOCAL ART
線香花火/Terry&Francisco
道/GReeeeN
NAMUKINガール/CHERRY LYDER
To you/長澤奈央

2008年
ゼロ/たむらぱん
鶏タンゴ鍋/森野熊八
大声ダイヤモンド/AKB48
君の味方/遼花
カフェロマーノ/浅場佳苗
Boys be ambitious/Cloe
スタート/ghostnote
風がなにかを言おうとしてる/コウ(早見沙織)
砂塵の彼方へ…/Revo&梶浦由記
I miss you/波瑠
東京元年/0SOUL7
夏が終われば/TRIPLANE
ほのかてらす/大石昌良
キズナ/Hi-Fi CAMP
楽観的結果論/シオダマサユキ
愛する人/THYME

2009年
ハローワーク/UNDER THE COUNTER
なくもんか/いきものがかり
ナナイロネイロ/VIVA LOVE
雨色/オトナモード
夜の支配者/踊ろうマチルダ
スイヘイリーベ~魔法の呪文~/かっきー&アッシュポテト
大江戸 恋町 華の町/カブキロックス
Brilliant Stars/河村隆一
テニプリっていいな/許斐剛
壊れかけのRadio/CoralReef
さぁさ/ドラマチック
さくらびと/SunSet Swish
ラブソング/サンボマスター
キャラメル/JAY'S GARDEN
さよならベイベー/Chicago Poodle
そろそろいいんじゃない?/SIRIUS
はじまりの日 feat.Mummy-D/スガシカオ
sea-through communication/school food punishment
駱駝/高橋優
傘/竹仲絵里
きみにとどけ/タニザワトモフミ
ちゃりんこ/たむらぱん
Smile Again/9nine
かけら―総べての想いたちへ―/NICO Touches the Walls
Sweet Sweet/のあのわ
今夜はブギー・バック/TOKYO No.1 SOUL SET + HALCALI
待ち合わせ/ハンバートハンバート
Merry Christmas/BUMP OF CHICKEN
ヒーロー/FUNKY MONKEY BABYS
LET IT OUT/福原美穂
見つめていたい/flumpool
季節はずっと/ほたる日和
メロンティー/メロン記念日×GOING UNDER GROUND
I Believe/泰葉
ガムシャランナー/吉田山田
door/ルミカ
ワンダフルデイズ/ONE☆DRAFT
A.T.M.O.S.P.H.E.R.E/スフィア
ももいろパンチ/ももいろクローバー
強き者よ/SKE48
Sky chord ~大人になる君へ~/辻詩音
オープンドア!/笹生実久
みなさんもご一緒に/AKB48
遠距離ポスター/AKB48
本日、満開ワタシ色!/桂ヒナギク with 白皇学院生徒会三人娘
Future Stream/スフィア
四月の風に吹かれて/大光寺圭
さくら/namidacoat
ワンルーム・ディスコ/Perfume
Big father/スパイダースパイダー
ありがとう/MONTA,BIG BEAR,卍LINE
健太郎のお姉ちゃん/ゆず
時代/上松秀実
さよならマイデイズ/Sweet Vacation
大好き/SKE48

2010年
バンブー/たむらぱん
春風/D.W.ニコルズ
忘れたくなくて/マリア
よければ一緒に/KAN
痛いよ/清竜人
君へ~forever friend/Dew
サクラサク/ET-KING
ヤンバルクイナが飛んだ/サーターアンダギー
アオイウタ/RIFFNONEON
路面電車に乗れば/石井杏奈
風のごとく /井上ジョー
voice/bump.y
VOICE /Perfume
ムスタファ/チャラン・ポ・ランタンと愉快なカンカンバルカン
The Answer/三浦大知
CAT'S EYE/MAX
深海/スパンクル
right now baby/Misty
ABC48/ACMA
引っ越しました/AKB48
この空の下で/藤沢玲花
dear.../K
LAST TRAIN/広沢タダシ
僕は変わった/伊藤サチコ
夏鳥/中島愛
ねぇ/Perfume
ポラリス/まなみのりさ
1!2!3!4! ヨロシク!/SKE48
同じ時代に生まれた若者たち/腐男塾
ありがとうごじゃいます/DOZ
I・愛 KANSAI/JK21
ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー/あやまんJAPAN
ヘビーローテーション/AKB48
呼ぶ声/ライスボウル
ネリネ/阿部祐也
美脚戦隊スレンダー/美脚戦隊スレンダー
Don't worry my homie/X-DOPE ENT.
ロックンロールは鳴り止まないっ /神聖かまってちゃん
チャンスの順番/AKB48

2011年
桜の木になろう/AKB48
バレンタイン・キッス/渡り廊下走り隊7

週末Not yet/Not yet
ちくちくちく/ザ・ビートモーターズ
妹子なぅ feat.マウス小僧JIROKICHI/レキシ
髪/ソレカラ
少女飛行/ぱすぽ☆
Hazy/スフィア
空と君のあいだに/後藤真希
女子かしまし物語 (2011ドリムス。Ver.)/ドリームモーニング娘。
フライングゲット/AKB48
砂漠の流刑地/ふくろうず
わんわんお にゃんにゃんお/山音まー
Rabbit House/PLASTIC GIRL IN CLOSET
SMOOTH CRIMINAL/NONA REEVES
花束/back number
Dancin' To The Music/久保寺声優学校オールスターズ
何かひとつ feat.JAY'ED & 若旦那/JAMOSA
Happy Birthday/的野祥子
go gaga go/MUGWUMPS
ラストナンバー/The Mirraz
台風/赤木圭一朗
ドーナツ/ジョン・B&ザ・ドーナッツ!
ゆるふわWeekend/CQC's
Pellicule/不可思議/wonderboy
シャングリラ/Wienners
嘘のつき方/LOVE LOVE LOVE
横浜ミックスナッツ/乙三.
THE ROBELETS/THE BOHEMIANS

2012年
ぐるぐるカーテン/乃木坂46
「I Love You」のある世界/鷲崎健
ギンガムチェック/AKB48
あの子の彼氏/HAPPY BIRTHDAY
ツインテールはもうしない/まゆ坂46

ブログパーツ
15:59  |  1曲個別記事リリース年別一覧  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |