2010年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.10.31 (Sun)

アーティスト別マイベスト10第6弾【the brilliant green】

大好きなアーティスト達のディスコグラフィーから、マイベスト10をつくってみたいと思います。
ただし、アップロードされている曲限定です。

第6弾はthe brilliant greenです。

120045792723516208721.gif



1位 長いため息のように

6thシングル。
「絶望の中の希望」という感じですね。
気持ちが沈んでどうしようもないときは(楽天家なので滅多にないですが…)ブリグリを聴きます。
特にこの曲は、暗闇への怯える弱さをふまえつつ、それに立ち向かっていく強さを感じますね。
メロディーも素晴らしいですが、この2番のAメロ→Bメロの歌詞はすごいと思います。

数秒前の過去に怯えて訳も分からずに自分を責めた
なんて無益な苦しみなんでしょう
あなたがくれた本を開いてここから逃げ出そう
今や明日や現実よりも少しはましだから
いつの日も私の答えは定まらなくて
迷いに迷って遠回りしてたどり着く場所
そこで待っていて



2位 そのスピードで

5thシングル。
ブリグリといえば英国。
オアシスなどの「ブリット・ポップ」だけでなく、「指輪物語」や「ハリー・ポッター」などのファンタジーからの影響も強く感じますよね。
しかしこの曲もメロディー抜群にいいですね。
そしてやっぱり2番のAメロの歌詞がいい!

することもなくて夜も昼もあくびしたり泣いたりして
それはもう意気地なしで寒がりな悪魔が胸に棲んでる
もしこの魔法が解けるのなら
朝に階段を一段でも上って
雨粒を感じ風を感じ
鏡を叩き割るのに



3位 There will be love there -愛のある場所-

3rdシングル。
ブレイクポイントとなった大ヒット曲。
何度でも書くぞ!
ブリグリのメロディーは素晴らしい!

4位 冷たい花

4thシングル。
洋楽っぽいサウンドになんで日本語詞をここまで気持ちよくはめ込めるんでしょうか。
すごいです。
サビの多重コーラスも気持ちいい。
ギターソロも最高です。

5位 "I"

Al.「the brilliant green」収録。
「似たような曲が多い」って?
いいの!
こんなことできる人たち他にいないんだから、ブリグリはずっとこれをやってればいいの!

6位 GREEN WOOD DIARY

Sg「Bye Bye Mr. Mug」収録。

7位 Rock'n Roll

Al.「the brilliant green」収録。

8位 goodbye and good luck

2ndシングル。
以上3曲は英語詞ですが、切ない歌心はしっかり伝わってきます。

9位 Hello Another Way -それぞれの場所-

10thシングル。

10位 Stand by me

15thシングル。
5年に近いブランクを経ての復活シングル。
このときはうれしかったなー。
スポンサーサイト
06:53  |  the brilliant green  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.25 (Mon)

9月度の思い出(2007-2009)

過去3年間の9月度のチャートから。



初恋に捧ぐ歌/磯貝サイモン
(2007年9月度グランプリ、2007年度スーパーグランプリ)


存在音/URCHIN FARM
(2007年9月度第4位)


ピアノ/川江美奈子
(2007年9月度第6位)


I can fly/note
(2007年9月度第9位)


星空の坂道/霜月はるか
(2007年9月度第9位)


To you/長澤奈央
(2007年9月度第18位)


Firefly/Dakota Star feat. Nangi
(2007年9月度第19位)


モウイチド/熊木杏里
(2008年9月度グランプリ)


マジラブ/NO NAME BAND
(2008年9月度第7位)


everything is my guitar/andymori
(2008年9月度第8位)


プラネタリウム/門谷純
(2008年9月度第14位)


さよならベイベー/Chicago Poodle
(2009年9月度第4位)


ストーリー/さかいゆう
(2009年9月度第9位)


HOME TOWN/ザ!!トラベラーズ
(2009年9月度第20位)

関連記事
11:30  |  9月度の思い出  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.14 (Thu)

アーティスト別マイベスト10第5弾【tohko】

大好きなアーティスト達のディスコグラフィーから、マイベスト10をつくってみたいと思います。
ただし、アップロードされている曲限定です。

第5弾はtohkoです。

top-img.jpg



1位 tohhikoh

5th シングル。
この人の動画もたくさんアップされていますが、まさかこの曲のライブ映像が見られるとは!
柔らかい声に包まれるような心地よい名曲です。

2位 TRUE DAYS

Al.「cure」収録。

3位 Children of the New Century

Al.「cure」収録。
TM NETWORKのカバー。
気持ちいいー!
柔らかくて伸びのある声がはまっています。
小室哲哉、良くぞこの曲をこの人に歌わせた!

4位 WHO...

6th シングル。

5位 BAD LUCK ON LOVE~BLUES ON LIFE~

1st シングル。

6位 PUZZLE...by the irony of fate...

10th シングル。
ドラマ「深く潜れ~八犬伝2001~」主題歌。
なんとも不思議なカルトドラマでした。
「あぼぉ。」

7位 ふわふわふるる

3rd シングル。
焦らされて焦らされてついに「ふわふわふるる~」ってきたときの快感がすごい。

8位 LOOPな気持ち

2th シングル。

9位 It's all about us 

4th シングル。

10位 FOR A LONG TIME

9th シングル。
作詞・作曲は広瀬香美。
11:00  |  tohko  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.14 (Thu)

アーティスト別マイベスト10第4弾【河村隆一】

大好きなアーティスト達のディスコグラフィーから、マイベスト10をつくってみたいと思います。
ただし、アップロードされている曲限定です。

第4弾は河村隆一です。


1位 Ne

5th シングル。
LUNA SEA「終幕」後最初のシングル。
まだLUNA SEAの残像が残っていたのか、この曲があまりにポップでびっくりしたのを覚えています。
優しくてロマンティックな甘さと、フレッシュなさわやかさのバランスが抜群にいい曲だと思います。

2位 BEAT

3rd シングル。
夏、海、太陽、ハーレム。
リア充への憧れ。
失くしかけてる気持ちを思い出させてくれる曲です。

3位 恋に落ちて~fall in love~

Al.「evergreen~あなたの忘れ物~」収録。
いろいろなアーティストがカバーしている名曲に挑戦。
ゴージャスな歌い方がオーケストラにマッチしています。

4位 ジュリア

7th シングル。
公然の恋人だったモデル:松田樹里のことを歌った曲。
馬鹿でしょ?
別の女性と結婚した今でも屈指の代表曲として大事に歌い続けているところも彼らしい。

5位 Love is...


6位 恋をしようよ

9th シングル。

7位 誰の為でもなく君に...

13th シングル。
約3年ぶりにリリースされたシングルで、カバーアルバムなどを経てだいぶ歌い方が変わった印象。
この歌い方も味があって好きです。

8位 Once Again

14th シングル。

9位 Brilliant Stars

16th シングル。

10位 きよしこの夜

Al.「深愛~only one~」収録。
氷川きよしに提供したクリスマスソングのセルフカバー。
関連記事
07:37  |  河村隆一  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.12 (Tue)

アーティスト別マイベスト10第3弾【GARNET CROW】

大好きなアーティスト達のディスコグラフィーから、マイベスト10をつくってみたいと思います。
ただし、アップロードされている曲限定です。

第3弾はGARNET CROWです。

2643rc8.jpg

もったいぶらずにカウントアップ方式でご紹介します。


1位 忘れ咲き

17th シングル。
気持ちいいですねー。
全身から緊張やストレスがすっと抜けていきます。
余計なものが削ぎ落とされたシンプルな美しさです。

2位 夢みたあとで

10th シングル。
結構前のことですが、私も恋をしていました。
届きそうで届かない想い。
どうしてもどうしても欲しいのに手に入らないもの。
手に入らないからこそ、どんどん欲しくなってしまう。
引き裂かれるようなそんな気持ちを見事に表現していると思います。
癒されると同時に少し胸が痛くなってしまう曲。

3位 Nora

Sg.「Doing all right」収録。
かわいい!
そして、切ない!
AZUKI七の詞は私には難解でイメージが湧きにくいんですが、この曲は非常に分かりやすいですね。
でもこの「ふられた自分に酔っている」感じは、「夢みたあとで」をはじめとする他のLove Songにも共通しているかもしれません。

4位 晴れ時計

19th シングル。
最もポップなGARNET CROW。

5位 千以上の言葉を並べても...

4th シングル。
GARNET CROWは「未練たらたらで諦めきれない気持ち」を表現するのも、「吹っ切れてさっぱりした気持ち」を表現するのも、どちらも上手いですね。この曲は後者の代表。

6位 Mysterious Eyes

1st シングル。
「何かが始まる」そんな予感を聴くたびに抱かせてくれるデビュー曲。

7位 スカイ・ブルー

Al.「SPARKLE~筋書き通りのスカイブルー~」収録。

8位 この手を伸ばせば

24th シングル。

9位 「さよなら」とたった一言で...

いまさらですが、私、中村由利のことが好きです。
理想の女性です。
てか嫁です。
媚びない月の光のような美人ですよね。
この動画の歌っている姿は、神々しさすら感じます。

10位 もう一度 笑って

Al.「LOCKS」収録。
関連記事
22:17  |  GARNET CROW  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.11 (Mon)

アーティスト別マイベスト10第2弾【MY LITTLE LOVER】

大好きなアーティスト達のディスコグラフィーから、マイベスト10をつくってみたいと思います。
ただし、アップロードされている曲限定です。

第2弾はMY LITTLE LOVERです。

tokushu_top_photo.jpg

もったいぶらずにカウントアップ方式でご紹介します。


1位 Hello, Again~昔からある場所~

やっぱこの曲でしょ!
なんですかね、この切ない心地よさ。
イントロ、アウトロのギターのリフレイン、間奏のはかない管楽器の音色。
たんたんと歌うAKKOのヴォーカルも完璧にマッチしています。
Japanese Dreamでもグランプリを獲得。
セールス的にもミリオンを記録しました。
まさに90年代を代表する名曲です。

2位 Man & Woman

1st シングル。
きっと小林武史は、AKKOに出会った瞬間、一目惚れしたんだと思います。
そのときに生まれたフレッシュな感動をそのまま音に表現したのが、マイラバの音楽なのではないのでしょうか。
人にとって運命的な恋がそう何度もないように、このころのマイラバを超える音楽は、小林の天才をもってしても、2度と作れないのだと思います。

3位 Days

3rd Al.「NEW ADVENTURE」収録。
これも名曲。
綺麗な夕日を見たとき、涼しい風を感じたとき、ちょっとしたときにふと感じる「何でもできるんじゃね?」という静かな幸福感。
あの感じを見事に表現しています。

4位 ALICE

4th シングル。

5位 NOW AND THEN~失われた時を求めて~

5th シングル。

6位 ANIMAL LIFE

6th シングル。

7位 白いカイト

2nd シングル。

8位 り・ぼん

17th シングル。
AKKOのソロになって初めてのシングル、そして初めて小林以外から曲提供を受けたシングル。
全盛期を思わせる見事な出来栄えです。
これからは、これ以上小林の迷走に付き合わず、いろいろな人のプロデュース、曲提供を受けて、幅を広げっていってほしいなあ…。

9位 Free

1st Al.「evergreen」収録。

10位 めぐり逢う世界

1st Al.「evergreen」収録。
やっぱりこのアルバムは奇跡の名盤。
中古盤でも何でも、たくさんの人に手にしてほしいですね。
21:54  |  MY LITTLE LOVER  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.11 (Mon)

アーティスト別マイベスト10第1弾【L⇔R】

大好きなアーティスト達のディスコグラフィーから、マイベスト10をつくってみたいと思います。
ただし、アップロードされている曲限定です。

第1弾はもちろんL⇔R!

img_134598_3618603_0.gif


L⇔Rだけ特別、マイベスト20だ!

もったいぶらずにカウントアップ方式でご紹介します。


1位 STAND

ラストシングルであり、最後のオリジナルアルバム「Doubt」の最後に収録されている、L⇔Rの集大成。
Japanese Dreamでは97年度のスーパーグランプリに輝きました。
この吹っ切れた勢い、明るさ、爽やかさが、L⇔Rの真骨頂です。

2位 HELLO, IT'S ME

6th シングル。
私はこの曲でL⇔Rを知りました。
どんな気分のときでも、これを聴けば穏やかな気持ちになれます。

3位 DAY BY DAY

9th シングル。
動画の冒頭、森口博子がすごくいいことを言っていますね。
「いいメロディーに出会いたい。」
今でも私はそんな気持ちでいい曲探しを続けています。

4位 SEVENTEEN

Al.「LACK OF REASON」収録。
すごく自由な気持ちになれる曲。
L⇔Rの曲は「癒してくれる」でも「励ましてくれる」でもなく、「吹き飛ばしてくれる」感じがします。

5位 雲

Al.「Doubt」収録。
リーダー木下裕晴の快心作。

6位 RED&BLUE

Al.「Land of Riches」収録。
切ないなー。
切ないけど、L⇔Rの切なさにはどこか吹っ切れた前向きさがあるんですよね。
L⇔Rの魅力はメロディー、コーラス、演奏…要するに全てですが、中でもあえて一つ、最大の魅力を挙げるならば黒沢健一のどこまでも澄んだ声ですね。
コーラスのないこの曲でも、存分に味わえます。

7位 Northtown Christmas

Al.「LOST RARITIES」収録。
切ない切ないクリスマスソング。
ラストのスキャット…たまらん…。

8位 君に虹が降りた

Sg.「恋のタンブリング・ダウン」収録。
ポリスター時代のL⇔Rは特にコーラスが最高。
やはり、「いいバンドとはいいコーラスグループである」と思いますね。

9位 恋のタンブリング・ダウン

3rd シングル。
作曲は「弟」黒沢秀樹。
PVには初期メンバーの嶺川貴子、プロデューサーの岡井大二、英語詞作品のクレジットに出てくるブライアン・ペックが出演しています。

10位 KNOCKIN' ON YOUR DOOR

7th シングル。
なんとなんとミリオンセラーとなる大ヒットを記録。
L⇔Rのシングルは何がヒットしてもおかしくなかったけど、この曲が代表して売れてくれた、そんな感じがします。

11位 NICE TO MEET YOU


12位 GAME


13位 RIGHTS AND DUES


14位 MOTION PICTURE


15位 BYE


16位 REMEMBER


17位 アイネ・クライネ・ナハト・ミュージック


18位 AMERICAN DREAM


19位 LAZY GIRL


20位 LIME LIGHT


ブログパーツ
関連記事
03:31  |  黒沢健一  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.09 (Sat)

アニソンのライブ映像

文化祭レベル。
本当にその通り。
そう思ってしまえばそれまで。
それでおしまい。
この楽しさを知らずに一生を終えることになります。

人はなぜ歌うのか?なぜ踊るのか?
その答えが、ここにあると思います。

檄!帝国華撃団


北へ。


いい湯だな


ハッピー☆マテリアル


スクランブル


ハレ晴レユカイ


もってけ!セーラー服


経験値上昇中☆

関連記事
04:55  |  アニメソング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.06 (Wed)

70年代の名曲を発掘する!その?1971年

「J-Rock & Pops Best Collection」という本を参考に、70年代のの名曲を発掘していきます。

第2弾は、1971年を特集します。



風をあつめて/はっぴいえんど


教訓 I/加川良


自転車に乗って/高田渡


結婚しようよ/よしだたくろう


ありがとう/小坂忠


どうにかなるさ/かまやつひろし


白雪姫の毒リンゴ/泉谷しげる


こんなに遠くまで/南正人


地球はメリーゴーランド/ガロ


戦争を知らない子供たち/ジローズ


翼をください/赤い鳥


走れコータロー/ソルティー・シュガー


雨が空から降れば/小室等

関連記事
20:24  |  70年代の名曲を発掘する!  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.06 (Wed)

70年代の名曲を発掘する!その①1970年

部屋を大掃除したら、懐かしい本がたくさん出てきました。
音楽関連本も、JDムックのほかに何冊か発掘しました。

その中の一冊に、「J-Rock & Pops Best Collection」という本があります。
なんと1970年から2000年に至るまでの日本の、フォーク、ロック、ポップス、ニューミュージックの名アルバムが発売年毎に大量にレヴュー付で紹介されている素晴らしい本です。
(山口百恵や松田聖子のような歌謡曲が弾かれているのは残念ですが…)

私の大好きな90年代も納得の内容となっていますが、今回はこの本を参考に、あえて70年代のの名曲を発掘していこうと思います。

第1弾は、1970年を特集します。



赤い橋/浅川マキ


十二月の雨の日/はっぴいえんど


愛する人へ/岡林信康


誰のために/赤い鳥


今日までそして明日から/よしだたくろう


空よ/トワ・エ・モワ

関連記事
19:10  |  70年代の名曲を発掘する!  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |