2017年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2015.01.16 (Fri)

NEXT MY SELF/真野恵里菜

NEXT MY SELF/真野恵里菜


2012年にリリースした13thシングル。
このシングルリリース前にハロプロからの卒業が発表され、現時点ではこれがラストシングルとなっています。
作詞・作曲はMIKOTO。

クリスマスや年末年始の高揚感も去り、出会いと別れの春が近づいてくる頃。
関東南部だと、この頃にならないと雪って降らないんですよ。
この時期になると、聴きたくなる曲。
ずんずんと進んでいくようなビート、切ないメロディー、バランスがよくて明るいアレンジがマッチした心地のよいポップシングですね。
清涼感のあるキーボードが非常に効果的です。

「旅立ちの歌」と言うよりは、旅立ちの後、家族や仲間と離れて孤独や不安とと戦っている人に向けた応援歌。
Aメロで寄り添い、サビで背中を押すというのは応援歌の王道ですよね。

働く日々と 思い出 かき混ぜる


特に独り暮らしの人、新社会人にはぴったりの曲ではないでしょうか。

そして、すごく楽しくてさわやかなPVですよね。
スーツの青年にオーラがありすぎて彼ばかり見てしまうんですが…
ウェディング姿の彼女をみんなで送り出すシーンは、「一人じゃない」という気持ちにさせてくれます。


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
untitled_20141116230126441.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト
01:34  |  2012年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.11.16 (Fri)

「I Love You」のある世界/鷲崎健

「I Love You」のある世界/鷲崎健




鷲崎健は、1973年生まれ、神戸市出身のシンガーソングライター。
2003年ころから、声優が出演するラジオ番組(いわゆる「アニラジ」)で人気を獲得していき、2008年に35歳でCDデビュー。
最近ではネットで動画ごと配信されることも多いラジオですが、今の若いオタクにとってのラジオスターはこの人なんでしょうか。
この曲は2012年にリリースされたアルバム「「I Love You」のある世界」に収録されています。
PVに出演している美少女は声優の七瀬亜深ですね。

スカッと晴れ渡るような爽快なポップソングですね。
同じメロディーをひたすら繰り返すシンプルな構成ですが、長さを感じさせないくらいすごく引き込まれます。
清涼感のあるキーボードもすごく効いています。
ラジオで語りかけているような、押し付けがましさのないメッセージの伝え方がいいですね。
なんといっても言葉の使い方はさすがですね。

恋に落ちたときの空も飛べるかのような高揚感、多幸感いっぱいで、ジャングルジムやブランコではしゃいでる部分と、「時間泥棒と看守」「タイムマシン」「サンタクロース」といったわかるようなわからないような賢者っぽい例えを使っていえる部分がめまぐるしく入れ替わる、そんな、軽いパニック状態のような恋の喜びが見事に表現されていると思います。
恋するものは子供であり哲学者、という感じですね。

「「I Love You」のある世界」、ネットスラングで言う「リア充」に足を踏み入れた自分から見た、「「I Love You」のない世界」にいた頃の自分。
それを振り返って「「I Love You」のない世界」=「心の中を半分殺して一人で生きてきた」「何もなかった世界」「きっと二度と戻ることはないだろう」とバッサリ表現してしまっています。
これって今現在「「I Love You」のない世界」」に生きている人間にとっては頭部付近に剛速球を投げ込まれるような結構キケンな表現ですよね。
でも、この言葉に「ズキッ」としてしまったということは、「このままじゃ嫌だ!」と思っている証拠なのかもしれません。

優しいポップソングに包み込んだ、なんとなく踏み出せずにいる人たちへの、ちょっと挑発的なメッセージです。


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
ひまわりの観覧車/The LOVE
かわいた時を抜けだそう /オセロケッツ


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
18:27  |  2012年の名曲  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.11 (Sat)

あの子の彼氏/HAPPY BIRTHDAY

あの子の彼氏/HAPPY BIRTHDAY


切ない…

HAPPY BIRTHDAYは美容専門学校で出会った1988年生まれの2人によって2010年に結成されたガールズバンド。
この曲はミニアルバム「嘘でもかわいいと言って」に収録されています。

昨年リリースされた強烈な自虐ソング「しゃかいのごみのうた」も印象に残っていますが、今回はまた一段と壮絶な失恋ソング。
これはヤバイですね。
切なすぎます。
NTR(寝取られ)ソングの最高峰だと思います。

最初は泣き疲れたあとように弱々しく、中盤はやわらかく甘えるようでもあり、最後は感情を搾り出すような、激しく揺れ動く女心をそのまま表現したような歌声ですね。
切ないメロディーを丁寧に作りこまれたサウンドが包み込んでいる気持ちのよいポップスになっていることも、曲の世界にすんなり入る助けになっています。

表面的には、自分の恋人だった「彼氏」とその彼を寝取った「あの子」の将来を応援する内容になっていますが、これはもちろんつよがり。
誰に見せるわけでもない、自分に対して見せてしまうつよがり。
自分が描いた彼との夢のような未来。
自分が手にするはずだった幸せ。
彼を失っただけなら忘れられるかもしれない。
でも忘れようと思っても忘れられないのは、自分の代わりに幸せを手にした「あの子」がいるから。
彼が今まで自分にしてくれたこと、これからしてほしかったこと、今すぐにでもしてほしいこと。
それを「あの子」にしてあげていることをどうしても想像してしまう。
嫉妬
この気持ちを必死に押さえつけるために「2人の幸せを願う」ことで失恋を清算しようとしているのでしょうか…。
「きれいな失恋」の歌にせずに、こういうどろどろした部分をこういう形で表現したというのがすごいと思います。

あの子が泣いたらきつくぎゅってぎゅって抱きしめてあげるんだよ
あの子が不安で眠れない夜はしっかり手を握ってやさしく頭をなでて名前を呼んであげるんだよ


今すぐにでも私がしてあげたいけど、それはできないので、してくれる人がまた見つかることを祈ります。


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
あなたに向かって/松崎ナオ
スピーナ/speena


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
21:32  |  2012年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |