FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2012.01.29 (Sun)

THE ROBELETS/THE BOHEMIANS

THE ROBELETS/THE BOHEMIANS


THE BOHEMIANSは山形県出身の5人組。
この曲は彼らのメジャー・デビュー・アルバム「憧れられたい」に収録されているリード・トラック。

これはかっこいい!
「キャー!」と叫びたくなるくらい。
最近ロックンロールの原点に回帰するようなバンドがたくさん現れていますが、彼らも、ゾクゾクするような期待感をもたせてくれる、スターになりうるバンドだと思います。

見るからに英国かぶれの、上品と狂気が共存したような独特の雰囲気。
一人一人が、惚れ惚れするくらい美しくて個性的なファッションとたたずまいです。
特にヴォーカルの平田ぱんだの「力の抜けたナルシズム」には憧れてしまいますね。
ガラッとしているけど甘い声と、独特の発声のもかっこいいです。

この曲のかっこよさのポイントは、「潔さ」という感じがします。
今までに積み重ねてきたものすべてを捨て去り、新たな始まりに挑んでいく時の爽快な心境を見事に表現しています。
特にAメロが本当に素晴らしいですね。
切ないけど、吹っ切れて覚醒した前向きさを感じるメロディーです。

最後の一ページから始まる もう続きのないストーリー
ニセモノ咲き乱れる花の中 時計だけが嘘をつかない


「終わり」は案外突然訪れるもの。
まるで長い夢から覚めたように、魔法が解けたように、夏休みが終わるように。
それは時に切ないけれど、そんなときにはこの曲を聴いて、新しいストーリーが始まる期待に胸を膨らませようと思います。

20110726_bohemians_v.jpg


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
Clover~風立ちぬ場所を抜けて~/THE COOL CHIC CHILD
BYE/L⇔R


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
00:16  |  2011年の名曲  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.01.14 (Sat)

Dancin' To The Music/久保寺声優学校オールスターズ

Dancin' To The Music/久保寺声優学校オールスターズ


<Full Ver.>


<映画「神☆ヴォイス」trailer>


男性声優も「歌って踊る」時代が、いよいよやって来ました。

声優学校を舞台にした青春映画「神☆ヴォイス」の劇中歌。
「久保寺声優学校」とは舞台となる架空の声優学校だそうです。
メンバーは、江口拓也、青山耕平、飛磨、岡村歩、迫瑞樹、田中太郎、前田邦宏、松岡佑季、森輝弥、山口和也、ランズベリー・アーサーの若手声優11人。

要するにいわゆる「腐女子」向けの作品なのですが、この曲、ツボに入ってしまいました。

トリッキーなギタープレイを中心にしたファンキーでグルーヴィーなトラックに乗ったAメロの訳の解らないラップ。
これは声優が滑舌の練習で行う早口言葉なんですね。
個性的な声質と発声で畳み掛けるラップがすごく楽しいです。
そしてキャッチーすぎるサビの合唱。
すごくスカッとします。

映画のテーマに沿ったメッセージを込めた応援歌にすることもできたんでしょうが、あえてそれをせず、意味を省いてひたすら楽しくて気持ちよい曲を目指した結果生まれた、「快曲」だと思いますね。


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
23:24  |  2011年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.12.01 (Thu)

何かひとつ feat.JAY'ED & 若旦那/JAMOSA

何かひとつ feat.JAY'ED & 若旦那/JAMOSA


2000年からシンガーとして活動しているJAMOSAと、シンガーのJAY'ED、湘南乃風の若旦那がコラボレートし、2011年にリリースしたシングル。
作詞・作曲は若旦那。

この曲を聴くまでの3人のイメージは…

JAMOSA=ブルージーな「夜の女」のラブソング
JAY'ED=おおらかな「自然派」
若旦那=いわゆる「マッチョ」

という程度でした。

その3人がコラボレートすることで、ここまで明るくて、さわやかで、優しく、力強く、熱い応援歌が生まれるとは!
まさに奇跡の化学反応。
ここまでそれぞれの個性を超越した名曲が生まれたコラボレーションは見たことがありません。
各アーティストが、自分だけでは破れなかった自分の個性の「枠」を、この機に思い切って破ってしまった感じがします。
3人ともすごく自由に、楽しそうに歌っていますよね。

熱く生きることはかっこ悪いことじゃないし、下を向いて心を閉ざしているより、そのほうが絶対に楽しい。
熱い想いがこみ上げてきて、何かを始めたくなる、すごく「力」を感じる応援歌です。


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
16:39  |  2011年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.11.24 (Thu)

Happy Birthday/的野祥子

Happy Birthday/的野祥子


的野祥子は1991年生まれ、福岡市出身・在住のシンガーソングライター。
現在は大学に通いながら、地元福岡を中心に活動しています。
本物のパティシエでもあるそうです!
この曲は2011年にリリースしたMini Al.「Home.」に収録されています。

いよいよ90年代生まれのアーティストも続々と活躍していますね。
スポーツ選手などを見ていても、自分の成人したころと比べると、斜に構えたところがなく、「大人だなー」と思ってしまう人が多いんですが、彼女もそんな印象ですね。

歌声はボーイッシュでさっぱりしてるんだけど、すごく柔らい母性も感じます。
耳ざわりがすごくいいですね。
メロディーも独特なんだけど、違和感がなく、すっきり体に入ってきていつの間にか口ずさんでしまいます。

シンガーソングライターは、どうしても基礎になっている楽器から「ピアノ型」「ギター型」に分かれてしまうんですが、この人の歌はどちらでもなく、「鼻歌から生まれた歌」という感じがします。
この天賦の才能を、人を驚かせるような革新的な音楽ではなく、素朴で地に足の着いたポップミュージックに昇華しているところが、素晴らしいと思います。

歌詞は、大切な人への気持ちを素直に表したバースデイソング。
私も、先日31歳の誕生日を迎えました。
この年になると、「そもそも年を一つとることの何がめでたいんだ?」なーんて考えたりもするのですが、この曲のおかげで、今年は自分なりにその意味を見つけることができました。
一つ年をとったということは一年間、無事に過ごすことができた、ということですから。
それは周りの支え、自分のがんばり、そして当たり前ではない幸運の結果のはず。
そのかけがえのなさをかみしめるための「Happy Birthday」なのかな、と思っています。

Home.Home.
(2011/08/17)
的野祥子

商品詳細を見る



「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
23:46  |  2011年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.11.24 (Thu)

go gaga go/MUGWUMPS

go gaga go/MUGWUMPS


MUGWUMPSは、2004年結成のバンド。
この曲は2011年にリリースされたAl.「Hola, Quota!」に収録されています。

スリーピースらしいシンプルで骨太なサウンドですが、聴いていて楽しいさわやかなギターポップ。
明るくてきれいなメロディーと、英語詞とスキャットをちりばめたような言葉の響きが気持ちよくて癖になります。
楽しんで音楽をやっているのがすごく伝わってくる曲です。

「ポップ」という言葉の語源は、"popular"を短縮したものではなく、「ポンと弾ける」という意味からつけられた、という説を聞いたことがあります。
本当だとしたら、この曲はすごく本来的な意味でのポップということになりそうですね。

Hola,Quota!Hola,Quota!
(2011/09/07)
MUGWUMPS

商品詳細を見る



「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村
16:49  |  2011年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT