2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.11.06 (Thu)

スフィア/藤田陽子

スフィア/藤田陽子


藤田陽子は現在は演出家・野田秀樹の夫人となっている女優。
活動当初はそのかわいいくてイノセントな声を生かして歌手活動もしていました。
この曲は99年にリリースされたシングル。
プロデュースはpal@popこと高野健一。
当時19歳。

とにかく猫のようにまとわりついてくる声がやわらかくてかわいくて心地いい。
サビのメロディーが本当にキャッチーですよね。
呪文のようなスキャットはちょっとMY LITTLE LOVERの「ALICE」を彷彿とさせます。
宝石箱のように言葉をつめこんだAメロも耳に心地いいです。
世紀末の刹那的な雰囲気の中で、彼女のようなナチュラルでちょっと不思議な雰囲気の少女が当時は結構人気だったんですよね。
心や頭の"やわらかさ"を取り戻したいときに聴きたい名曲。


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
ダウンロード
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
00:31  |  1999年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.04.24 (Tue)

memories/西田彩栞

memories/西田彩栞


西田彩栞は1982年生まれ、東京都出身のシンガー。
子役として活動後、1998年に15歳でCDデビュー。
2枚のシングルを残して、歌手としての活動を終えました。
この曲は1999年にリリースされ、結果的に最後のリリースとなったシングル。
作詞・作曲・プロデュースは広瀬香美。

何気ないけれど美しい、極上のメロディーですね。
ワンパターンをひたすら繰り返すシンプルな構成ですが、ここまで完璧なフレーズを作られてしまったら、複雑にする必要がないですよね。
情感豊かでソウルフルだけど、やわらかくていい具合に力が抜けた気持ちのいい歌声です。
90年代に活躍したMiyukiというシンガーに似ているなーと、当時思いました。

これまでの人生で出会った人々に対する思いを歌った「会いたい」ソングですが、「思い出」の輝かしさと、「今」の寂しさや不安の対比がすごく切ないですね。
そして最後は前向きにさせてくれる明るさがあります。

西田彩栞の音楽活動は、ヒットを生むことなく短期間に終わりました。
でも、曲は永遠に残る。
聴き続け、愛し続ける人がいる限り。
今も、これからも、私にとっては宝物のような曲、そして、今からでもたくさんの人に聴いてほしいと思える曲です。


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
大きな風/亜波根綾乃
夢ロケッツ/遠藤久美子


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
22:41  |  1999年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.30 (Tue)

Close your eyes/ARCH

Close your eyes/ARCH


ARCHは1995年結成の3人組。
フィッシュマンズ、ミッシェル・ガン・エレファント、ザ・カスタネッツらを輩出した、明治学院大学音楽サークル”ソングライツ”出身です。
バンドは2004年に活動休止。
Vo,中村大は現在もさまざまな形で元気に活動中です。
この曲は1999年にリリースされたシングル。
プロデュースは上田ケンジ。

きらきらした夏の光線と水しぶきを結晶させたようなさわやかで切ないポップソング。
たくさん名曲を残したギター・ポップ・バンドでしたが、特に「夏」と「海」にまつわる曲の印象が強いです。
それも、つかの間の非日常を演出する「リゾートソング」ではなく、すごく自然な日常の風景として「夏」と「海」を描いている感じがします。
神奈川県逗子市出身の中村にとっては、海はそれくらい当たり前の原風景なのかもしれませんね。

「秋」「冬」へと移り変わる季節を意識させることで、熱病の中で見た夢のような夏のはかなさを見事に表現していますね。


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村
21:35  |  1999年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.07 (Sun)

Squall/松本英子

Squall/松本英子


松本英子は1979年生まれ、秋田県出身のシンガー。
1999年にデビュー。
現在も元気に活動中です。
この曲は1999年にリリースされ、スマッシュヒットを記録した2ndシングル。
作詞・作曲・プロデュースは福山雅治。

冷たいアイスティーのような清涼感。
夕立のようにざわざわするときめき。
星空のようなさわやかなきらめき。
過ぎ行く日本の夏のはかない美しさを結晶させたような、J-POPの歴史に燦然と輝く素晴らしいサマーソングですね。

本当に透明感のある美しい声ですよね
福山のメロディーがまた美しい。
キーボードを軸にしたシンプルでアレンジも見事にはまっています。

そしてすごく情景の浮かぶ歌詞。

ちょっと大きなあなたのシャツ
通した袖をつまんでみた


ってとこは福山らしい健全なフェティシズムを感じてちょっとクスッとしてしまいますが、2番はまた一段と切ない。
海に行って全てを忘れて思いっきり遊んではしゃいで、その帰り道…

夕焼け染まる駅のホーム
手を振るあなた遠くなっていく


えー!
なぜ?
なぜそこで帰ってしまう?
この二人、このあとどうなるの?

…なんてことまで思ってしまう、すごくドラマティックでストーリーを感じるリアルな歌詞ですね。

いろいろな夏のときめきをいつまでもリアルによみがえらせてくれる曲、そしてまた恋がしたいと思わせてくれる、永遠の名曲です。

eiko4.jpg


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村
20:41  |  1999年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.05 (Sun)

風にあずけて/advantage Lucy

風にあずけて/advantage Lucy


1995年結成、98年にデビューしたバンド。
この曲は1999年にリリースしたシングル。
当時は4人編成でしたが、現在はVo.アイコとG.石坂義晴の2人組みとして、元気に活動しています。

シンプルなバンドサウンドに、風のように透明なアイコのヴォーカルが本当に気持ちいですね。
特にこの曲はブルージーな部分が抜けて、吹っ切れた前向きな明るさがすごく感じられる曲です。

…私も部屋に閉じこもってばかりいないで、今日は外を出歩いてみよう!と思わせてくれました。

advantage+Lucy+advantage_lucy.jpg


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
08:52  |  1999年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT