FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2010.12.05 (Sun)

明日の向こう/After me 

明日の向こう/After me


1995年から2002年まで活動していた4人組バンド。
この曲は1999年1月1日にリリースされたメジャーデビューシングル。

やさしいメロディーにハイトーンのヴォーカルがマッチしています。
スピッツや、最近で言えばほたる日和にも通じる、心の柔らかな部分にそっとタッチしてくる声ですよね。
そしてこの曲はストリングスが非常に良く効いていますね。
バンドサウンドにストリングスは合う!ということをあっさりと証明してしまっている曲だと思います。

それにしても、Nack5 Japanese Dream 1998年12月度のランキングはこの曲が2位、3位はTimeSlip−Rendezvousの「君を忘れない」、そしてグランプリはrough laughの「sometime somewhere」。
どんな月間なんですかね。
すごすぎでしょう。
artist01.jpg


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
08:28  |  1999年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.09 (Fri)

Rainy Day/The Corrs

木曜日は洋楽デーです。

Rainy Day/The Corrs(1999年)


The Corrs(ザ・コアーズ)は、アイルランド出身のフォーク・ロック・バンド。
コアー兄妹(姉妹3人とその兄)により1990年に結成され、1995年にデビューしました。
世界中で大人気のバンドですが、2006年に活動を休止しました。

The+Corrs+17746_20071130andreacorr0202.jpg

アイルランドといえばケルト音楽ですよね。
彼らの音楽もケルト音楽がベースにありますが、それをキャッチーなポップソングに昇華しているところが、The Corrsの特徴です。
この曲も胸が躍るポップソングに仕上がっています。
特にコーラスが気持ちいですね。

A bomb drops and no-one stirs on a lazy summers evening,
爆弾が落ちたけど、このけだるい夏の午後の暑さはどうにもならない
Seated, with a man she knows she shouldn't be with,
あの子は彼の横に座っていた 一緒にいてはいけないとわかっていたのに
But in his eyes, the light surprise, something she's been needin',
彼の瞳の中に求めていたものをみつけたみたい
A certain touch within her voice, can tell you what she's feelin',
あの子の声を聴けば、あの子が感じていることがわかるわ

I want you, need you, yeah, I want you, I'll need you,
好きよ大好き愛してる
and I'll be lyin' here waitin', hopin' lov'll come my way,
愛と出会えるまでここにいるわ
(save it for a rainy day), but if the sun's still shinin',
(雨のまで待ってるわ)日照りの日が続いても
I'll save it for another day,(save it for a rainy day),
その日を待っているわ(雨の日まで待ってるわ)

A door slams and suddenly, she's awoken from her dreams,
突然ドアが開いて彼女は目覚める
of late goodbye's and shadowed eyes, those crazy summer feelings
いまさらさようなら あの熱い夏の日の想いから



800px-Dundalk_-_Clanbrassil_street_convert_20100409003239.jpg


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
Japanese Dream―We Love J-POP!―


20100320-165706-92882000.gif

テーマ : 洋楽歌詞の和訳 ジャンル : 音楽

タグ : Rainy Day The Corrs 歌詞 PV 視聴 試聴 訳詞 洋楽

00:35  |  1999年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.12 (Fri)

Grateful Days/Dragon Ash featuring ACO & ZEEBRA

Grateful Days/Dragon Ash featuring ACO & ZEEBRA(1999年)


Dragon Ash最大のヒット曲。もちろん、ZEEBRAとしても自らの存在を世に広く知らしめた曲。

ASH.gifzeebra.jpg


やさしい空気に包まれながらも、決意に満ちた緊張感のあるラップが冴え渡ります。
「聴いていて気持ちのいい音楽でなければ、メッセージも伝わらない」ということをよく理解して作られている曲です。

このころの降谷建志は「音楽家」というより「革命家」という雰囲気ですね。
当時もなんとなく「冷めた空気」とうのはこの国を支配しだしていて、この曲をはじめとするDragon Ash周辺の「徒党を組んで音楽界に革命を起こす」という「熱さ」を冷やかす空気もかなりあった気がします。
しかし、実際にDragon Ashの活躍でヒップホップは日本の音楽シーンに一気に定着してしまいました。

その後、Dragon Ash自身は自らが大きな功績を残したヒップホップから離れていきました。
チェ・ゲバラみたいですね…。

そんな革命から早10年。そろそろこういう革命家が現れるころでしょうか…。

61016e7a.jpg

サンプリングされているのはこの曲。



「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
Nack5 Japanese Dream―We Love J-POP!―


20100110-221158-89529100.gif

タグ : Grateful Days Dragon Ash ACO ZEEBRA 歌詞 PV 視聴 試聴

07:43  |  1999年の名曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |