2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.11.28 (Wed)

【We love J-pop】2012年9月度集計結果

みんなでいい曲を発見する音楽投票企画「We love J-Pop!」
2012年9月度の集計結果から、ベスト10にランクインした曲をご紹介します。
200曲を超えるエントリー曲から、14人のリスナーが1ヶ月をかけて厳選した10曲。
とにもかくにも、ぜひ聴いてみてください。
掲示板、Twitter、チャット会で参加者の方からいただいたコメントを掲載します。
えむけーさんのマイベスト10がこちら、柊朱雀さんのマイベスト10がこちらで発表されています。


GP  BYE×BYE/99RadioService


獲得ポイント:46.1pts
得票数:8名+次点1名
収録作品:Sg「BYE×BYE」
PV出演:ビビアン・クオ

"ナインナインレディオサービス"。
2007年に結成された5人組。
メンバーのKo-ta(兄)とKo-hey(弟)は実の兄弟なんだとか。
2度目のエントリーで見事初ランクインにしてグランプリを獲得しました。

【参加者のコメント】
・やった!まさに王道ヒットミュージックJ-POPですよね。「甘酸っぱく切ない究極のラブソング!!」この謳い文句をまさに体現している!と思いました。「ちはやふる」のOP(「 YOUTHFUL」)と同じバンドなら、本当に普遍的でスタンダードな名曲を奏でるバンドなんだなと。キッカケさえあれば大ブレイクすると思う。これから注目してみます。(柊朱雀)
・これはお見事!王道ポップスの薫り。さわやかなメロディーが好印象でした。(ブラックマ)
・秋晴れな感じのメロディーとボーカルが沁みますね。(airmail)
・爽やかな正統派ポップナンバー。こういう真っ直ぐな曲を聴くと、それだけで安心してしまう。別れの曲でありながら、どこか前向きにも感じられる。(まんちゃ☆彡)
・今月は正統派が少なかったから、より際立った感じ。(リヴィエラブルー)
・さわやかですねー。アレンジがものすごく丁寧に作りこまれていますね。(リスト係)

2位  フルール/近藤晃央


獲得ポイント:33pts
得票数:5名
収録作品:Sg「フルール」

1986年生まれの26歳、愛知県刈谷市出身のシンガーソングライター。
メジャーデビューシングルからの初エントリーで見事上位ランクインです。

【参加者のコメント】
・2位キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!今月マイ1位は揺るぎませんでした。カラオケはいってくれませんかね。めっちゃ歌いやすいですこれ。(ADATZ)
・聴く者の感情にダイレクトに訴えかけてくる歌声。日本語の響きの美しさを上手く生かしていますね。今後楽しみなアーティストですね。(ブラックマ)
・女性ボーカルだったら、たまにありそうですが、男性ボーカルでこのパターンは斬新ですね。(airmail)
・繊細でありながら、力強い歌声。どこか懐かしい気持ちになれるナンバー。古き良き時代を継承してくれる若者が出てきたことは、長年の音楽リスナーとして嬉しく感じます。(まんちゃ☆彡)
・ 「…ってさ」の韻がすごく印象的で耳に残りますね。思い切って和服で歌ってもいいかも。(リスト係)
・和の要素を感じるメロディと雰囲気は良いと思いました。あとは作詞能力がもっと伸びてくれれば・・・(えむけー)

3位 里帰り/Cell The Rough Butch


獲得ポイント:31.1pts
得票数:4名+次点1名
収録作品:Mini Al「LINK」
作詞・作曲:登翔一
PV製作:北海道アニメーション
監督:ガリレオ
キャラクター原案:太田優姫

2006年北海道江別市にて結成された4人組。
初エントリーで見事上位ランクインです。

【参加者のコメント】
・故郷を思い出して、懐かしくなった。PVのアニメが、かなり本気ですね。「あの花。」を思い出してしまって、ちょっと涙゚(゚´Д`゚)゚ (まんちゃ☆彡)
・PVアニメクオリティ高いですね…。こういった物語が浮かぶ青春ソングはたまらないですね。(柊朱雀)
・今回、初めて知ったバンドですが、今月聴いた中では一番親しみやすい曲だと感じましたね。(ブラックマ)
・とにかく王道でわかりやすい。夏休みにやっているアニメ映画のような世界。これだけのアニメを4分20秒つくるのは大変なのでは?バンドの顔が見えるとまた印象が違うかもしれないですね。(リスト係)
・曲としてはいい曲なんだけど、もう少しリアルさがあればなお良かったかも。次回作にもっと期待できそう。(ノースフライト)
・アレンジがあまり里帰りって感じがしなかった。でも曲は本当、良いと思います。(リヴィエラブルー)

4位 Trash/小南泰葉


獲得ポイント:30.2pts
得票数:4名+次点2名
収録作品:Sg「Trash」

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2012年5月度嘘憑きとサルヴァドール17位


兵庫県出身のシンガーソングライター。
2作連続のランクインで前作から大きくジャンプアップ。
アニメ映画「アシュラ」主題歌。

【参加者のコメント】
・突き抜けるような声ですね。洗練されてる感じ。これはどうやっても耳に残りますね。(ブラックマ)
・突き刺さるようなタフネスなパワーを感じました。(柊朱雀)
・ボーカルとして洗練されている雰囲気がよかったです。(3年リスナー)
・やっぱりこれだけ歌にパワーがあるとそれだけで聴いてスカッとしますね。ヴィジュアルのよさはもっと生かすべき。ナース服着てガラス蹴り破るくらいはやってほしい。(リスト係)
・ベテランなら林檎とかヤイコ、最近で言えば、あべま、家入レオ的な感じかな。曲が派手ではないのに、ここまで聴かせるのは凄いかな。少しハスキーな声が耳に残りますね。(まんちゃ☆彡)
・曲の雰囲気は良いですね。サビメロがもっと強ければなお良かった。(えむけー)

5位 凛ダンス/kainatsu


獲得ポイント:30.2pts
得票数:4名
収録作品:Sg「凛ダンス」

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2009年11月度ワンダースノウ~素直になって~8位
2009年7月度同じ空見上げてる8位
2007年7月度青の向こうにその恋を投げてしまおう15位


約3年ぶり4度目のランクインで、自己最高位を更新。
今年4月にアーティスト名を「甲斐名都」から変更。

【参加者のコメント】
・大人っぽくなって貫禄がでている一方で、原点に回帰したような感じも。大人になるにつれて手にしてしまった余分なものを一度すべて捨てたような、純粋さを感じますね。(リスト係)
・何故、表記をローマ字にしたのだろう?非常に丁寧な作りの楽曲なので、聞き返せば返す程、味わいというか深みを感じるようになりました。相変わらず声が綺麗ですね!(まんちゃ☆彡)
・歌い方も曲の雰囲気も以前とはだいぶ変わりましたね。大人っぽくなった気がします。(えむけー)
・名前よく見てなかったから、甲斐名都って気づかなかったです。(リヴィエラブルー)

6位 バスタブで朝食を/marino with ティーポットオーケストラ


獲得ポイント:26pts
得票数:3名
収録作品:Mimi Al「バスタブで朝食を」
PV監督:Sugino(OTO Gadget)

中田ヤスタカとハヤシベトモノリの共同プロデュースでデビューしたmarinoが、2012年1月に結成したミュージカルジャズポップスバンド。
紅茶のプロデュースもしているそうです。
初エントリーで見事にランクインです。

【参加者のコメント】
・この曲は不思議癒し系オシャレポップス…でしょうか。オーディオでじっくり浸りたいタイプかも。(柊朱雀)
・声はアイドル系?かと思いきや、音はかなり大人向け。これは面白いですね。こういうアーティストはiTunesあたりで需要ありそうな気が。(ブラックマ)
・アレンジが可愛すぎる。おもちゃ箱をひっくり返したような、カラフルなポップナンバー。ROCOに近い雰囲気ですね。(まんちゃ☆彡)
・ジャズっぽい雰囲気ですね。エンタ­ーテイメントバンドというキャッチコピーを見てみると他の曲も聴いてみたくなりました(えむけー)
・もうちょっとエロさが欲しかった。(リスト係)

7位 アルケミスト/ACIDMAN


獲得ポイント:25.2pts
得票数:5名+次点2名
収録作品:Sg「アルケミスト」
作詞:大木伸夫
作曲:ACIDMAN
PV監督:柿本ケンサク

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2010年9月度ALMA15位
2010年7月度DEAR FREEDOM13位
2009年5月度Under the rain14位


貫禄。
通算6度目のランクイン。
ベスト10入りは2009年2月度「CARVE WITH THE SENSE」の6位以来2度目。
ブラジルの小説家:パウロ・コエーリョの小説「アルケミスト」をモチーフにしており、PVは小説の舞台でもある北アフリカ・モロッコで撮影されたそうです。

【参加者のコメント】
・無駄な音はひとつもないですね。歌詞のクオリティも高い。ここまでで出てきた若手とはまた違った魅力がありますよね。まさに職人芸。(ブラックマ)
・文学と音楽と映像の融合ですね。原案となった小説は知らないのですが、世界観はなんとなくサン=テグジュペリの「星の王子様」がイメージされます。演奏も歌も渋いんだけど、エモーショナル。前奏からサビまでの流れに鳥肌が立ちます。(リスト係)
・ACIDMANもブレないですよねー。大枠は初期から変わっていないような。(airmail)
・哀愁を帯びていて、切なくなってしまう。デビューの時からそう。どんなに激しい曲をやっていても、結局は切なくなってしまうんですよね。それが彼らの魅力!(まんちゃ☆彡)
・落ち着いたベテランの渋みがあると思います。(柊朱雀)

8位 アイオライト/joy


獲得ポイント:22pts
得票数:5名
収録作品:Sg「アイオライト」
作詞・作曲:天田優子
編曲:joy

男女混成5人組。
メジャーデビューシングルからの初エントリーで見事ランクインです。
アニメ「エウレカセブンAO」EDテーマ

【参加者のコメント】
・明るい雰囲気の曲なんだけど、どこか影を感じるんだよなぁ。メロの瑞々しさとサビの甘酸っぱさが、青春の色に染まっていて心地よい。(まんちゃ☆彡)
・アニメのEDで聴いて、目を付けてましたけどやはり良いですね。ボーカルも聴きやすい。(ブラックマ)
・歌詞が深いですね。少し寂しい感じな部分があるけど。(ノースフライト)
・チャットモンチーを開放的にしたような感じに聴こえました。次作には期待してみたいです 。(えむけー)
・チュールに似てると思いました。(todojun)

9位 リニアブルーを聴きながら/UNISON SQUARE GARDEN


獲得ポイント:21pts
得票数:4名
収録作品:Sg「リニアブルーを聴きながら」
作詞・作曲:田淵智也

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2012年7月度流星のスコール17位
2010年11月度スカースデイル12位
2009年1月度マスターボリューム18位


通算4度目のランクインにして、ついに初のベスト10入り。
アニメ映画「劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-」主題歌

【参加者のコメント】
・去年の「オリオンをなぞる」で激ハマりしたけど、本当にこのバンドは希望に満ちた未来を歌うのが素晴らしい。(柊朱雀)
・妙な中毒性のあるシンプルなロックナンバーですね。流れるような自然なサウンドが素敵です! (まんちゃ☆彡)
・冒険の始まりのようなワクワク感がありますね。(リスト係)
・全部聴いてみると、なかなかいいじゃんと改めて思いました 。(ノースフライト)
・勢いを感じる曲ですね。ボーカルの声質も慣れれば大丈夫かな 。(えむけー)

10位 リリィのいない部屋/root13.


獲得ポイント:19pts
得票数:4名
収録作品:Al「傷痕/少女/想像/6月」

2009年結成の3人組。
タワーレコード独自のアーティスト発掘オーディション「Knockin' on TOWER's Door」出身。
見事初ランクインです。

【参加者のコメント】
・腹の底から突き上げてくるサウンドは、バンプのそれに近いものがある。歌い方に癖はあるけど、バランスが良いので、ブレイクする可能性はありますね!(まんちゃ☆彡)
・声に引っ張られますね。メロディも良い感じ。(ブラックマ)
・コーラスの女性ボーカルをもう少し活かしてもよかったのかな、とか。(airmail)


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト
19:26  |  投票結果  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.10.24 (Wed)

【We love J-pop】2012年8月度集計結果

みんなでいい曲を発見する音楽投票企画「We love J-Pop!」
2012年8月度の集計結果から、ベスト10にランクインした曲をご紹介します。
200曲を超えるエントリー曲から、12人のリスナーが1ヶ月をかけて厳選した10曲。
とにもかくにも、ぜひ聴いてみてください。
掲示板、Twitter、チャット会で参加者の方からいただいたコメントを掲載します。


GP ツナガル/山崎あおい


獲得ポイント:32.1pts
得票数:4名+次点1名
収録作品:Al「ツナガル」
作詞・作曲:山崎あおい

北海道札幌市出身、19歳の大学生でもあるシンガーソングライター。
デビューアルバムからの初エントリーで見事グランプリを獲得しました
10代でのグランプリ獲得は2010年8月度の石井杏奈「路面電車に乗れば」以来、2度目となる快挙です。

【参加者のコメント】
・おお凄い!まさか1位とは。自分の考える正統派って感じ。スピッツなんかと近い感じ。シンプルでありがちすぎるし、上に行くには大変だと思うけど、こういうタイプは本当楽しみ。ヤマハのCMソング(「FAIR WIND」)で前から気になってて、このアルバムも買いました。歌い方にクセが無いのが、自分的にヒットでした。特徴が弱いともいえるけど。(リヴィエラブルー)
・こういうストレートな曲は、いつの時代にも需要がある。これからも丁寧な曲を作って欲しい。(まんちゃ☆彡)
・既存のアーティストだと、さぁさに近いかな。本当に正統派だと思いますが、もうちょっとだけ遊びや色気があるといいかな。(リスト係)
・先日(ライブに)行ってきた。どストライクではないが気になる。(かわさき)

2位 スウィート・ドライヴ/7!!


獲得ポイント:30.2pts
得票数:6名+次点2名
収録作品:Sg「スウィート・ドライヴ」
作詞:KEITA
作曲:MICHIRU & KEITA

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2011年3月度フォーリン・ラブ5位
2011年11月度バイバイ2位


強い!
2作連続の2位。
通算3度目のランクイン。
沖縄出身・在住の男女4ピースバンド。
読み方は「セブンウップス」。

【参加者のコメント】
・随分と爽やかな、正統派ストレート路線で来たなぁ。伸びやかで澄み切った青空が似合いそうなナンバーですね。アルバムが楽しみです!(まんちゃ☆彡)
・明るいんだけど軽くないというか深みがあるのがいいですね。(todojun)
・夏空が浮かびますね。今年は9月も暑かったですよね。(airmail)
・このバンドには以前から注目していたのでランクインは納得です。個人的には前作「ラヴァーズ」の方が好きでしたが。(えむけー)
・ポップでキャッチーな音楽を意識しているのはいいと思います。バンド名は今からでも変えるべきだと思う。(リスト係)

3位 バッドボーイズ セレナーデ/AIR SWELL


獲得ポイント:27pts
得票数:3名
収録作品:Al「RIMFIRE」

四国出身、都内を中心に活動する3ピースのロックバンド。
ファーストアルバムからの初エントリーで見事ランクイン。
3票ながら全て3位以内投票という熱い支持を受けての上位ランクインです。

【参加者のコメント】
・これぞ本物のロックに出会った。境遇の違いとかもはや関係無いと思うぐらいに、心をこじ開けられるような曲に出会った。楽曲やボーカルの歌唱に魂がこもっているということももちろん素晴らしいですが、この曲がここまでも心に響く理由は、メロディ・旋律が最高だから。この曲は2012年のロックシーンの中でも屈指の名曲なのではないかと思いました。(えむけー)
・2000年ころのいわゆる「青春パンク」とは違った切迫感を感じますね。今は「 「不良はかっこいい」という価値観はかっこ悪い」という風潮ですから 、それにたいする挑戦のような感じもします。英語詞⇔日本語詞の切り替えもスムースでかっこいい。(リスト係)
・泥臭いロックナンバーですね。スキのないアレンジとか、疾走感とか、男臭さがカッコいいなぁ。10-feetとか好きな人に勧めたい。(まんちゃ☆彡)
・一見古い英語詞風のロックナンバーだけど、込められている勢いは本物。(airmail)

4位 輝く月のように/Superfly


獲得ポイント:26pts
得票数:4名
収録作品:Sg「輝く月のように/The Bird Without Wings」
作詞:越智志帆、jam
作曲:多保孝一
編曲:蔦谷好位置

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2008年2月度愛をこめて花束を2位
2009年4月度My Best of My Life4位
2010年9月度wild flower4位


Superfly、健在。
約2年ぶり、通算4度目のランクイン。

【参加者のコメント】
・ 歌唱力はもちろんすごいですが、このメロディーの良さがSuperflyの強さだと思います。曲のどの部分を切り取ってもキャッチー。聴いた後スカッとしますね。本当にうまいシンガーは、曲が憑依している感じがします。(リスト係)
・元々、上手いのは誰もが知るところなので、分かりやすい曲さえリリース出来れば、多くの人に受け入れられると思うのです。今作はまさにそんな感じ!(まんちゃ☆彡)
・サビに行くまでの優しい感じが良いです。(リヴィエラブルー)
・そりゃもう今更語るまでもないほどの実力派ですからね。(えむけー)
・そろそろグランプリ取ってもいいんじゃないかと思うんですけどねー。(airmail)

4位 ヒカリへ/miwa


獲得ポイント:26pts
得票数:3名
収録作品:Sg「ヒカリへ」
作詞:miwa
作曲:miwa
編曲:Naoki-T

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2011年2月度春になったら3位
2011年9月度FRiDAY−MA−MAGiC16位
2012年1月度片想い4位


強い!
3作連続、通算5度目のランクインです。

【参加者のコメント】
・逆境系というか、芯の強さが全面に出る曲だと魅力が増す気がします。(げんしん)
・得てして機械的になりがちなサウンドに、温かみを持たせているようなアレンジ。懐が広い。透明感のあるボーカルが、彼女ならでは武器になると感じました。(まんちゃ☆彡)
・全体的に荒削りな感じがするけど、テレビで見てインパクトが強かった。(リヴィエラブルー)
・非常に意外な曲でした。青いワンピースのドレスがすごくかわいいですね。(リスト係)
・彼女にしては挑戦的な楽曲だったと思います。こういう攻めの姿勢は良いですね。(えむけー)

6位 花火/LISTEN UP


獲得ポイント:24.1pts
得票数:4名+次点1名
収録作品:Al「はなれたって、みえるくらいに」

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2011年4月度春の声2位


千葉を拠点に2006年から活動しているバンド。
先日バンドは活動休止を発表し、これが最後のリリースとなりました。
2度のエントリー機会で2位と6位は見事の一言。

【参加者のコメント】
・突き抜けるようなメロディーと歌声。正統派のポップですよね。90年代には主流でしたが、こういう音楽を求めている人は今もたくさん居るんじゃないかと思います。planeの「花火」を思い出しました。(リスト係)
・季節の一部を切り取ったような情景が、浮かんでくるバンドですね。活動休止の発表が、残念でなりません。花火をテーマにした歌詞が、より切なく感じます。(まんちゃ☆彡)
・short ver.を聴きながらずっと気になっていて、CDを買わずにはいられませんでした。LISTEN UP自体を知らなかったけど、このタイミングでも出会えて良かったな、と。(げんしん)

6位 空のようなヒト/grram


獲得ポイント:24.1pts
得票数:4名+次点1名
収録作品:Mini Al「まぼろしのカタチ」
作詞:久川実津紀
作曲・編曲:岡本仁志
プロデュース:長戸大幸

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2012年3月度心の指すほうへ3位


デビューミニアルバムから初エントリーした「心の指すほうへ」が3位ランクインした記憶も鮮烈ななか、早くも2度目エントリーで見事連続ランクインです。

【参加者のコメント】
・何気ない一日の美しさを」感じる曲です。正統派のポップスですが、やわらかくてソウルフルな歌声が、独特の魅力を加えていますね。歌も演奏も、丁寧に気持ちを込めている感じがします。(リスト係)
・シンプルだけど力強いナンバー。ビーイング系が時代を問わず愛されるのは、grramのようなバンドが所属し続けるからだろうな。(まんちゃ☆彡)
・前作と違う路線ですが、バラードもいいですね。(airmail)
・ポストGARNET CROWといった感じですね。(えむけー)

8位 Lightdentity/ねごと


獲得ポイント:18.3pts
得票数:3名+次点3名
収録作品:Sg「Lightdentity/Re:myend!」

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2011年3月度カロン7位
2011年6月度メルシールー9位
2012年4月度sharp ♯12位


強い!
初エントリーから5作連続のランクイン。

【参加者のコメント】
・このゆるさに癒されます。頑張ってる感じが好き。あとドラムの子が、メチャクチャ上手い。かなりビックリした(;゚Д゚)!。(まんちゃ☆彡)
・世界観が良い感じだと思った。(リヴィエラブルー)
・本格志向を感じさせてくれるガールズバンドですね。(えむけー)
・ねごとは毎回1次ピックアップでは結構上位に選んでるんですけど、なんか気づいたら次点になってるんですよね。 (airmail)
・どうしてもHeavenstampと較べてしまうと、ちょっと弱いかなとなってしまう。(リスト係)
・今年一番ライブに行ったバンド。(かわさき)

9位 Boohoo/androp


獲得ポイント:18.1pts
得票数:3名+次点1名
収録作品:Sg「Boohoo/AM0:40/Waltz」

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2011年2月度MirrorDance10位
2011年9月度Bell10位


強い!
3作連続3度目のランクイン。

【参加者のコメント】
・マニアックなアレンジも、ざらついた気怠いサウンドも、吐き捨てるようなボーカルも、全てが素晴しい!メッセージ性が印象に残るロックナンバー。(まんちゃ☆彡)
・andropもねごとも、詩はあまり頭に入らなくて、雰囲気を楽しむところがあるかな?(リヴィエラブルー)
・andropはいつも楽しい音楽を作りますね。 。(todojun)
・編曲とPVは良かったと思います 。(えむけー)

10位 Wake Up/ClariS


獲得ポイント:18pts
得票数:2名
収録作品:Sg「Wake Up」
作詞・作曲・編曲:丸山真由子

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2011年2月度コネクト19位


ニコニコ動画出身、デビュー時は中学生でしたが今は高校生になった2人組み。
クララとアリスでクラリス。
2度目のランクインです。

【参加者のコメント】
・過去の作品よりも、自然体になった気がする。シンプルだからこそ、歌が伝わってきやすくなったのかな?彼女たちは、カラオケが上手い中学生くらいにしか思っていなかったが、高校生になって、アーティストとして深みが出てきたのかな。今作を聴いていたら、懐かしい気持ちになって涙が出てきた(´;ω;`)(まんちゃ☆彡)


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
23:31  |  投票結果  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.09.19 (Wed)

【We love J-pop】2012年7月度集計結果

みんなでいい曲を発見する音楽投票企画「We love J-Pop!」
2012年7月度の集計結果から、ベスト10にランクインした曲をご紹介します。
200曲を超えるエントリー曲から、14人のリスナーが1ヶ月をかけて厳選した10曲。
とにもかくにも、ぜひ聴いてみてください。
掲示板、Twitter、チャット会で参加者の方からいただいたコメントを掲載します。


GP わたがし/back number


獲得ポイント:51pts
得票数:7名
収録作品:Sg「わたがし」
作詞・作曲:清水依与吏

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2011年10月度思い出せなくなるその日まで8位
2012年3月度6位
2012年5月度日曜日11位


やっぱりback numberは強かった!
インデイーズ時代に「stay with me」で初エントリー初ランクインして以降、7作連続のランクインにして、2011年6月度の「花束」以来約1年ぶり2度目となるグランプリ獲得です。

【参加者のコメント】
・詞に尽きます。薄っぺらなラブソングじゃなく男性の恋心をうまく歌い上げた感があります。(ノースフライト)
・初めてのデートの心境を歌った初々しい楽曲。作風がちょっと音速ラインっぽいかな。ただボーカルの圧倒的な存在感といい、楽曲の強さといい、彼らの真骨頂。(まんちゃ☆彡)
・今までメロディーが自分のツボに入らなかったけど、今回はツボに入った。(リヴィエラブルー)
・男心を歌ったラブソング、というスタイルを完全に確立していますね。器用貧乏よりこういう明確なスタイルがあったほうが絶対強いと思います。経験があってもなくても情景が浮かぶ、リアルな歌詞ですね。(リスト係)
・男子の支持率調査をしたら面白そう。(げんしん)
・この曲に関して言えば、歌詞にはあまりピンとこなかったけど、それでも引き込まれるんですよね。(airmail)
・哀愁を感じさせてくれるAメロ部分が良かったので、今までの彼らの曲の中では一番いいかもと思いました。(えむけー)

2位 第三惑星交響曲/石崎ひゅーい


獲得ポイント:34.1pts
得票数:4名+次点1名
収録作品:Mini Al「第三惑星交響曲」
作詞・作曲:石崎ひゅーい
編曲:Tomi Yo
PV監督:箭内道彦

1984年3月7日生まれ、茨城県出身のシンガーソングライター。
デビューミニアルバムからの初エントリーで見事2位ランクイン。
この曲は母との死別という実体験に基づいているのだとか。

【参加者のコメント】
・これはもう、「評価する」レベルじゃない。挽歌だと思いますが、前向きな勢いがあるのがいいですね。「第三惑星交響曲」というタイトルも大げさじゃないくらい力がある曲だと思います。たたずまいはちょっとダイヤモンド☆ユカイを思わせます。「応援したい」「期待したい」というより「ついていきたい」というタイプのアーティストですね。年下ですが。(リスト係)
・独特な世界観。1度目でメロディが耳に残り、2度目に詞の面白さに気づく。じわじわきますね。一見バラバラに見える言葉たちが、彼が歌うことで1つの物語に集約されていく。そんな印象ですね。(ブラックマ)
・歌詞が良くて個性もあるのにポップだというのが良いですね。(えむけー)
・Next Frontierになりそうな逸材ですね。趣向は違うけど、近年で言う、秦基博とか、高橋優とか。(airmail)

3位 髪を切る8の理由。/南波志帆


獲得ポイント:31.1pts
得票数:5名+次点1名
収録作品:Sg「髪を切る8の理由。」
作詞:尾形真理子
作曲:秦基博
編曲:矢野博康、秦基博
PV監督:島田大介

1993年生まれの19歳、福岡県出身のシンガー。
意外にも今回が初ランクイン。
作詞を担当した尾形真理子は小説「試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。」の著者でもあるコピーライター。

【参加者のコメント】
・今作はメロディが秀逸すぎて、印象に残りましたね。作曲は秦基博さんかぁ、納得!彼女のウィスパーボイスが生きる作品。生まれ変わりたい人に捧げたい楽曲。(まんちゃ☆彡)
・今回は普通に曲が良かった。この人、3曲連続投票してるけど、良くも悪くも1番まとまってたんじゃないですかね?(リヴィエラブルー)
・作曲が秦基博。トラックのクオリティ高し。タイトルは今一つw(ブラックマ)
・最近の本のタイトルのようなタイトルですね。このPV面白いですね。(ノースフライト)
・(タイトルは)2流のビジネス書みたい。最後の「7000日の思い出」も気になります。髪切りソングとしては荒木ケースケの方が共感できたなー。笑(airmail)
・(タイトルは)洋画の邦題にもありそう。シンガーの個性をスルーしてソングライターの個性がダイレクトに伝わってくる感じ。アイドル時代の薬師丸ひろ子や原田知世のような感じかな?「愛とすごした日々」が「7000日」=約19年ということは、ただの失恋ソングではなさそうですね。メロディとトラックは本当に素晴らしい。(リスト係)

4位 明日を今日と呼ぶ前に/ストレンジドラマ


獲得ポイント:24pts
得票数:4名
収録作品:Mini Al「セツナピリオド」

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2010年4月度ちとせ3位


2002年結成、千葉出身の4人組。
2010年4月度、ベストアルバム「五線譜のドラマ」から「ちとせ」が初エントリーとなり、見事3位ランクイン。
メンバー脱退を経て、しばらくオリジナルメンバーのVo.白濱賢吾とG.宇塚博之の2人にサポートメンバーを迎えて活動していましたが、今年に入ってB.鈴木"choku"直也(メガネビジョン)とDr.山田雅人(シュノーケル)が正式メンバーとして加入し、5年ぶりに4人体制に。
新生ストレンジドラマとしてリリースしたミニアルバム「セツナピリオド」 からのエントリーで見事ランクインです。

【参加者のコメント】
・いやーこれはうれしい!まんちゃさんとライブ見に行きました。明るくて切ないメロディー、クリアな歌声。これこそポップ。今ここまでわかりやすくて上質な歌ものポップをやっているバンドはないと思います。「明日を今日と呼ぶ前に」このタイトルからしていい。コーラスもいいですね。けっこうサビを繰り返すけど、もっともっと聴きたくなるくらい。(リスト係)
・何だか聴いてるだけで、勇気づけられる。ライブを見たことがありますが、最高でしたね(^O^) メッセージが響いてくるロックナンバー。(まんちゃ☆彡)
・言葉が立ってますよね。わかりやすさもある。(ブラックマ)
・正直、このベスト10の並びの中で聴いても、やっぱり一番王道って感じで安心しますね。(airmail)

【アーティストからのコメント】
<G.宇塚博之さん>
ありがとうございます。
ストレンジドラマ宇塚

どうも。はじめまして。
ストレンジドラマのギターの宇塚というものです。

リスト係さんからツイッターを通じて
この度、7月度のランキングでストレンジドラマの
「明日を今日と呼ぶ前に」が4位になったと聞きました。
とても嬉しいです!ありがとうございます!

年内にも様々なライブも決まっていますし、そろそろ次作のレコーディングも予定しています。

これからも皆さんに「素敵」だと思って頂ける音楽を作っていきますので、
今後とも、どうぞよろしくお願い致します!


5位 リアルワールド/nano.RIPE
<PV Short Ver.>

<Full Ver.>


獲得ポイント:21.3pts
得票数:4名+次点3名
収録作品:Sg「リアルワールド」
作詞:きみコ
作曲:佐々木淳

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2010年9月度パトリシア5位
2011年6月度細胞キオク6位
2011年8月度面影ワープ3位


約1年ぶり、通算4度目のランクイン。
アニメ「「人類は衰退しました」のオープニングテーマ。

【参加者のコメント】
・サビの勢いが良いですね。アニメにも合っていると思います。PVも凝ってて面白いですね。アニメで見たのとではまた印象が違ってきますし。(ブラックマ)
・ノリがいいのと、歌詞にチョコレートと出てくるところとか可愛いかな、と。(ノースフライト)
・歌詞の質が高くてそれでいてキュートさを感じるのは良いですね。(えむけー)
・ノリの良さで自然と身体が動いてしまう。YUKIが好きな人には、自信を持ってお勧め出来るバンドですね。(まんちゃ☆彡)
・だいぶ軽くなりましたね、遊びがあるというか。THE★SCANTY思い出しました。(リスト係)
・リアルワールドなんていうと身構えてしまいそうですが、軽いですね。(airmail)

6位 風が吹いている/いきものがかり


獲得ポイント:21.1pts
得票数:3名+次点1名
収録作品:Sg「風が吹いている」
作詞・作曲:水野良樹
編曲:亀田誠治

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2011年11月度歩いていこう11位
2012年1月度いつだって僕らはGP
2012年4月度ハルウタ7位


19作連続19作目のランクイン。
この記録はいったいどこまでつづくのでしょうか。
NHKロンドンオリンピック・パラリンピック放送テーマソング。

【参加者のコメント】
・最近のオリンピックソングの中でも断トツだと思う。今大会の位置付けから選手と観客両方の目線に至るまで、見事に表現されていると思います。(げんしん)
・ファン、タイアップ先、お茶の間、全ての要求にこたえつつこのクオリティ。本当に素晴らしい。本当の金メダルは彼らでしょう。常に時代に向き合いつつ、時流に流されない。すごいアーティスト。紅白歌合戦でも聴けるのと思うので楽しみですね。(リスト係)
・彼らの楽曲にはハズレがない。アベレージの高さが、何よりの魅力だと思います。(まんちゃ☆彡)
・彼らの良さはやはり「わかりやすさ」ではないかと。1度聴いて、耳に馴染むメロディーはすごい。そろそろ、ポストいきものがかりが出て来ても良い頃ですね。(ブラックマ)
・安定といえば安定ですが、なかなか彼らのポジションを取りに来るアーティストが出てこないですね。(airmail)
・オリンピックで聴きまくったけど、ちょっと弱い印象だった。(リヴィエラブルー)
・最近のいきものがかりの曲は過去の曲の焼き直しにしか聴こえない。今よりさらに上を目指そうという意志が感じられない 。(えむけー)

7位 銀河鉄道の夜/不可思議/wonderboy


獲得ポイント:20pts
得票数:3名
収録作品:Al「さよなら、」
作詞:不可思議/wonderboy
作曲・編曲・プロデュース:Yuji Otani

2009年ころから、東京のストリートを中心に活動していたラッパー。
詩人・谷川俊太郎とも、朗読の音源化許諾を得るなど、交流があったそうです。
2011年6月23日、不慮の事故により急逝。
遺作を再構築したアルバムからのエントリーで、見事に初ランクインしました。

【参加者のコメント】
・普通に話しているようなラップにすごく引き込まれます。「Pellicule」はリアルで生活感がある感じだったけど、これは童話のようにロマンティック。すごいな、と思いますね。 (リスト係)
・独特すぎてよくわからないけど、こういうアーティストがランクインするというのも面白いですね。ラップというよりは「語り」に近いような。(ブラックマ)

7位 ユメセカイ/戸松遥


獲得ポイント:20pts
得票数:3名
収録作品:Sg「ユメセカイ」
作詞:古屋真
作曲:南田健吾
編曲:古川貴浩

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2008年11月度産巣日の時13位


ソロ名義としては約3年半ぶり2度目のランクイン。
自ら出演しているアニメ「ソードアート・オンライン」のエンディングテーマ。

【参加者のコメント】
・伸びやかな歌声が印象的なミディアムバラードナンバー。素敵な曲だと思います!名曲過ぎて、CDを買ってきてしまいましたよ!それとPVのとまっちゃんのおさげが可愛すぎる(´∀`) 声優としてもシンガーとしても、素晴らしい。スフィアのメンバーの活動を見てると、アイドル声優の粋を超えてると思う。(まんちゃ☆彡)
・大人っぽくなりましたねー。声もルックスもスフィアの中ではダントツに好きですね。特に柔らかくて透明感のあるファルセット部分がたまらなく気持ちいいですね。スフィアは長く活動してほしいと思っていたが、ここらで綺麗に散って伝説化するのもいいのかな、と思うようになりました。それくらいそれぞれのソロワークがすばらしい。(リスト係)
・実際これだけ聴くと普通のソロアーティストですよね。(airmail)

9位 ここから始まるんだ!/吉川友


獲得ポイント:19pts
得票数:2名
収録作品:Sg「ここから始まるんだ!」
作詞・作曲・編曲:SmileR

1992年生まれの20歳、茨城県出身のアイドル。
ハロプロエッグ出身ながらデビュー前にハロプロを卒業し、2011年にデビュー。
ボカロPであるSmileRがサウンドプロデュースした4thシングルで見事に初ランクイン。

【参加者のコメント】
・今月は誰がなんと言おうが吉川友!これは聴いてて最高に弾けて楽しい!て思える曲でした。シングルを買っちゃうほどハマリました。(ノースフライト)
・ボカロのプロデューサーが、アイドルに楽曲提供をするというスタイルは、今後も増えそう。吉川さんは高音の伸びが半端ないので、ボーカリストとして期待! (まんちゃ☆彡)
・PVとセットで見るとより楽しさを感じる曲ですね。(えむけー)
・普通に歌ったほうが良い気がした^^;(リヴィエラブルー)

9位 toy world/apple light


獲得ポイント:19pts
得票数:2名
収録作品:Al「new morning」

2004年、名古屋の大学で結成された4人組。
名古屋/東京を中心に活動中。
2ndアルバムからのエントリーで見事初ランクインです。
なお、バンドは現在女性ベースボーカルを募集中だそうです。

【参加者のコメント】
・控えめな感じですが、流れに身を任せて聴くにはいいですね。(airmail)
・ザラザラした音がノスタルジック。素朴で懐かしい雰囲気のするロックナンバー。(まんちゃ☆彡)


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
20:04  |  投票結果  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.23 (Thu)

【We love J-pop】2012年6月度集計結果(Best10)

みんなでいい曲を発見する音楽投票企画「We love J-Pop!」
2012年5月度の集計結果から、ベスト10にランクインした曲をご紹介します。
200曲を超えるエントリー曲から、14人のリスナーが1ヶ月をかけて厳選した10曲。
とにもかくにも、ぜひ聴いてみてください。
掲示板、Twitter、チャット会で参加者の方からいただいたコメントを掲載します。


GP LOVE & LIVE LETTER/福耳


獲得ポイント:31.1pts
得票数:4名+次点1名
収録作品:Sg「LOVE & LIVE LETTER」
参加アーティスト:杏子、山崎まさよし、COIL、元ちとせ、スキマスイッチ、あらきゆうこ(mi-gu)、秦基博、長澤知之、さかいゆう
作詞・作曲・編曲:さかいゆう

オフィスオーガスタ所属のアーティストによるスペシャルユニット。
1999年に杏子、山崎まさよし、スガシカオの3人でスタートし、プロダクションの成長とともに発展してきましたが、今回約4年ぶりのシングルで、見事グランプリを獲得しました。
スキマスイッチと長澤知之は今月、自らの作品でもベスト10入りし、ダブルランクインという前人未到の快挙を達成しました。

【参加者のコメント】
・毎度のことながら、メンバーが豪華すぎですよね。プロの集団という雰囲気が素晴らしい。スガさんがいなくなったのは、本当に残念(。-_-。)(まんちゃ☆彡)
・最終的に、ヴォーカルの豪華さで福耳を1位にしました。歌を「歌」として聴ける曲。(ブラックマ)
・いやー豪華すぎですね。納得のグランプリ。このメンバーの中にあっても長澤さんのヴォーカルはクセと味があって素晴らしいですね(todojun)
・スナフキンがいっぱい。(リスト係)

2位 フランネル/南壽あさ子


獲得ポイント:29.1pts
得票数:5名+次点1名
収録作品:Sg「フランネル」

「なす あさこ」。
1989年生まれのシンガーソングライター。
初エントリーで見事2位ランクインです。

【参加者のコメント】
・住岡梨奈が「風」なら、南壽 あさ子は「水」の気持ちよさですね。この「水中」感は大木彩乃に近いかも。どうせならGPいってほしかったかな。(リスト係)
・正統派ですね。声の透明感が半端ない。(まんちゃ☆彡)
・これは、もう即1位でした。(ADATZ)
・声もいいですが、歌詞も結構好きです。(todojun)
・これは入れるべきだったかな・・。(airmail)
・雰囲気は良いけど、ちょっと地味な感じがした。(リヴィエラブルー)

3位 名もない毎日/RAM WIRE


獲得ポイント:29.1pts
得票数:4名+次点2名
収録作品:Mini Al「名もない毎日」
作詞:ユーズ・Monch
作曲:ユーズ・Monch・RYLL

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2010年10月度Beautiful World8位
2011年9月度歩み8位


強い!
2001年から千葉を拠点に活動している3人組。
これで初エントリーから3作連続のランクインです。

【参加者のコメント】
・RAM WIREは、生きる上で必要な生命力がある楽曲を提供してくれる。(まんちゃ☆彡)
・コメントいらないくらいいい曲でした。(ノースフライト)
・RAM WIREはBeatutiful Worldの衝撃が印象的でした。(ADATZ)
・「名もない毎日」というタイトルも秀逸ですね。歌詞もじわじわときますね。(todojun)
・男声ラップ+女声サビ、というパターンは最近キャッチーですね。その中でも抜群の安定感をもっている気がします。(airmail)
・ラップの部分も良かったなあ。(ノースフライト)
・Local Busを思い出しました。仕事がきつかった時期はこういう曲が染みたけど、今はあまり必要ないのかな。(リスト係)

4位 feel you/住岡梨奈


獲得ポイント:29.1pts
得票数:5名+次点1名
収録作品:Sg「feel you」
作詞:住岡梨奈
作曲:COZZi.
ギター:山内総一郎(フジファブリック)

北海道登別市出身出身、日本最大のキャンパスをもつ酪農学園大学を今年卒業した1990年生まれのシンガーソングライター。
デビューシングルで見事ランクインです。

【参加者のコメント】
・この人!佐藤聖子に声似てません?聴いた瞬間鳥肌が立ちました。とにかく声に自然に身を任せている感じ。風のように気持ちいい歌。90年代前半の雰囲気ですね。(リスト係)
・初めて聴いた時からびびっと来ましたが、改めて聴いても本当にいいですね。調和が取れていて心地よかったですね。実はオトナモードに近いか。(todojun)
・懐かしい雰囲気があるんですよね。今の売れ線と全く異なる部分が、逆に魅力的。(まんちゃ☆彡)
・自己流って感じがいいですね。声もルックスも。(airmail)
・メロディが強いので候補には入ってました。(えむけー)

5位 トロイメライ/パスピエ


獲得ポイント:27pts
得票数:4名+次点1名
収録作品:Al「ONOMIMONO」
作詞:大胡田なつき
作曲:成田ハネダ

2009年、東京藝大出身の成田ハネダを中心に結成された5人組。
2度目のエントリーで初ランクインです。


【参加者のコメント】
・メロディの一つ一つが、よく練られていて、聴き心地が最高。転調とかリズムとマニアックなんだけど、聴きやすいのが魅力。(まんちゃ☆彡)
・サビはYUKIの感じに似ていますね。(todojun)
・同感です。YUKIの雰囲気に似ている気がします。色んな角度から聴けそうな曲ですね。たぶん、投票者それぞれ評価した点は違うんだろうな、と思いました。(airmail)
・すごくやくしまるですね。(ADATZ)
・隠微な雰囲気がありますね。80年代のエロいアニメのような。相対性理論もそうですが、黎明期のオタク文化の影響が強そう。(リスト係)

6位 Hello☆my yesterday'$/アシガルユース


獲得ポイント:23.2pts
得票数:4名+次点2名
収録作品:Sg「Hello☆my yesterday'$」

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2011年6月度Like or Love Story14位


2006年結成の4人組。
「Like or LoveStory」に続き、見事連続ランクイン。

【参加者のコメント】
・夏らしさ全開。涼しげな風が吹き込んでくるような清涼感がたまらない。(まんちゃ☆彡)
・キャッチーなメロディが耳に残りますね。詞が気に入って上位に。今後、常連になりそうなバンド。 (ブラックマ)
・ここまで爽快で正統派のポップをつくれるバンドは今なかなかいないですよね。(リスト係)
・これまで取り上げていなかったけれど、ルックスからは想像できない(失礼)ポップサウンド。熱い夏にいいね。(かわさき)

7位 天の川/ザ・なつやすみバンド


獲得ポイント:23.1pts
得票数:3名+次点1名
収録作品:Al「TNB!」
PV制作:畔

2008年結成の4人組。
1stフルアルバムからの初エントリーで、見事ランクインです。

【参加者のコメント】
・空気公団っぽいというのが、第一印象。この手の癒し系ソングは、疲れてるときにこそ染みてきます。(まんちゃ☆彡)
・サウンドがいいですね。1位にしてもいいかな~とも思ってたりしてました。(ノースフライト)
・子供向けっぽいようで結構洗練された曲ですね。 (todojun)
・天の川といいつつ、ロマンチック系に走らないところが個性的ですね。(airmail)
・スティールパン良いですね。ライブ見に行きたくなります。(ブラックマ)

8位 ラストシーン/スキマスイッチ


獲得ポイント:19.1pts
得票数:3名+次点1名
収録作品:Sg「ラストシーン」

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2010年7月度アイスクリーム・シンドローム4位
2011年1月度さいごのひ5位
2011年9月度晴ときどき曇4位


3作連続、通算4度目のランクイン。
メジャーデビュー9年目を迎えたスキマスイッチ。
Nack5 Japanese Dreamでは「全力少年」のGPをはじめ、デビューから番組終了までエントリーした7作すべてがランクインした彼らですが、当企画でも変わらぬ強さを見せています。
大橋卓弥はソロでも3度ランクイン。
そして今月はなんと、福耳とのダブルランクインという快挙を達成しました。

【参加者のコメント】
・聴けば聴くほどに味が出る曲ですね。詞もメロディも丁寧に練られていますね。彼らが生き残っている理由はここにあるんだと思います。(ブラックマ)
・包容力のあるバラードは、彼らの代名詞と言ってもいいかもしれませんね。(まんちゃ☆彡)
・奇抜ではないけど、遊び心のあるボーカルがいいですね。(airmail)

9位 東雲/RONDONRATS


獲得ポイント:18pts
得票数:2名
収録作品:Mini Al「COSMIC CITY」

広島出身の4人組。
3度目のエントリーで見事初ランクインです。

【参加者のコメント】
・ドライすぎるくらいドライな失恋ソングですね。先月の「あの子の彼氏」と比べると対照的で面白い。これも女心なんでしょうか。(リスト係)
・インディーズだけどメジャーデビューしても活躍しそう。今後も注目していきたいバンドとなりました。(ノースフライト)
・こういう声質は相変わらず好みらしい。(かわさき)
・ビートが心地よいですね。(まんちゃ☆彡)

10位 あんまり素敵じゃない世界/長澤知之


獲得ポイント:17pts
得票数:2名
収録作品:Mini Al「SEVEN」

なんと、以外にもこれが初ランクイン。
福耳とのダブルランクイン。

【参加者のコメント】
・「ウジウジ」「クヨクヨ」していた長澤が、急に吹っ切れた感じがスカッとしました。くるりの「ワンダーフォーゲル」を聴いたときの感じに近いかな。等身大で力の抜けた感じはいつも通り。(リスト係)
・クセのある声とメロディが味になってますね。(todojun)
・グルーブが独特で、印象に残る曲ですね。(まんちゃ☆彡)
・この曲も結構良いですね。前回投票した「カスミソウ」より好きかも。(えむけー)

10位 光を集めて/伊禮恵


獲得ポイント:17pts
得票数:3名
収録作品:Mini Al「光を集めて」

「いれいめぐみ」。
1988年生まれ、大阪府出身のシンガーソングライター。
2度目のエントリーで見事初ランクイン。

【参加者のコメント】
・マイペースでしっとりとした弾き語りは、いつの時代にも必要な音楽だと思いました。(まんちゃ☆彡)
・じわじわと心に沁みてくる曲ですね。声の力強さが良く生かされてるメロディ。(ブラックマ)
・心が落ち着きますね。(todojun)
・大切に歌いこんでる感じがします。(リスト係)
・後半のファルセットがいいですね。歌詞にもうひとひねり欲しいかも。(airmail)
・これフルで聴いたらそこそこ良かったです。(えむけー)


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
19:52  |  投票結果  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.01 (Wed)

【We love J-pop】2012年5月度集計結果(Best10)

みんなでいい曲を発見する音楽投票企画「We love J-Pop!」
2012年5月度の集計結果から、ベスト10にランクインした曲をご紹介します。
200曲を超えるエントリー曲から、14人のリスナーが1ヶ月をかけて厳選した10曲。
とにもかくにも、ぜひ聴いてみてください。
掲示板、Twitter、チャット会で参加者の方からいただいたコメントを掲載します。


GP 徒然モノクローム/フジファブリック


獲得ポイント:35pts
得票数:5名
収録作品:Sg「徒然モノクローム/流線形」
作詞:加藤慎一
作曲:山内総一郎

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2007年10月度若者のすべてGP
2011年9月度STAR17位

これは劇的。
2007年10月度の「若者のすべて」以来、約4年半ぶり2度目のグランプリを獲得しました。
Nack5 japanese Dreamではデビューから番組終了までエントリーしたすべての作品が上位ランクインするという圧倒的な高評価を得ていた彼ら。
この間、ヴォーカルでメインソングライターの志村正彦の死去という悲しみに見舞われながらも、2011年4月からは3人体制での活動継続を発表。
今回、新体制初となるシングルでエントリーし、数々の名曲を制して見事にグランプリを獲得しました。
テレビアニメ「つり球」オープニングテーマ。

【参加者のコメント】
・3人編成になってから、一番しっくりくる楽曲。この方向で持っていけば、志村さんが在籍した頃とは、違った形で発展していきそうな気がします! マニアック色は薄くなったが、キーボードの音色は変わらない。泣けてきた(T_T) バンド名がフジファブリックである限り、いつまでも偉大な存在である志村さんと、比較されてしまうかもしれないけど、バンド名を変えなかったのは、志村さんの遺志を受け継ぎ、自分たちで表現手段を確立したい、そういった決意の表れだと思いたい。だからこれからの3人にも期待したいです! (まんちゃ☆)
・後ろの笑い飯さんが気になるPV。突き抜けるサウンドと言葉遊びがとても秀逸。安心して聴けますねえ。(ブラックマ)
・キーボードが特徴的ですよね。(リヴィエラブルー)
・ドラムの人も加入しちゃえばいいのに。(ADATZ)
・曲はいいんだけど、志村氏のヴォーカルが素晴らしかったことを実感してしまう。。(todojun)

2位 あの子の彼氏/HAPPY BIRTHDAY


獲得ポイント:33pts
得票数:4名
収録作品:Sg「あの子の彼氏」
作詞・作曲:坂口喜咲
プロデュース:島田昌典

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2011年10月度しゃかいのごみのうた17位

1988年生まれの23歳、東京都出身の2人組み。
2010年に結成されたガールズバンド。
昨年10月、「しゃかいのごみのうた」という強烈に自虐的な曲で初エントリーし見事にランクインしましたが、今回はまた一段と強烈な失恋ソングで一気に2位に躍進しました。

【参加者のコメント】
・これは見事。びっくりしました。NTRソングの最高峰。「ハナミズキ」のような強がった自己陶酔でもなく、奥華子のような縋りつく怨念でもなく、健気な女心がたまらなく愛しくなります。後半の畳み掛けすごいですよね。彼氏との未来を望んだ夢を捨てきれない、それをこういう形で表現したのが本当に見事。 メロディー、アレンジも素晴らしい。泣きながら歌っているPVも素晴らしいですね。「あの子」の幸せそうな姿がエグい。北陽の伊藤みたいなドラムも気になる。(リスト係)
・speenaを思わせる雰囲気がありますね。詞とメロディーと歌がセットになって一つの「物語」を作り上げているような。声だけでも十分印象に残るんですが、歌詞と合わせると、より歌に厚みが増しますね。(ブラックマ)
・全編に渡って、声が切ない。もっと良い男を探せとエールを送りたくなる。(まんちゃ☆)
・前半は淡々としてるけど後半になるほど歌詞がグッとくるものがあります 。泣きそうになるくらいで圧倒的に1位でした。(ノースフライト)
・悲しすぎて聴くのが辛いですね。(todojun)

3位 CAN YOU SPEAK JAPANESE?/清 竜人


獲得ポイント:32pts
得票数:5名
収録作品:Al「MUSIC」
作詞・作曲:清 竜人
編曲:高橋諭一
プロデュース:中村裕光、沖田英宣
キャスト:清竜人、堀江由衣、Alan Patton、任暁剛、Pedro Valle、Davy Bergier、Denys、高橋諭一

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2010年1月度痛いよ12位
2010年11月度プリーズリピートアフターミー4位
2011年3月度ボーイ・アンド・ガール・ラヴ・ソング12位

通算4度目のランクインで、見事自己最高位を更新。
全収録曲に台詞パートがあるミュージカル形式のコンセプトアルバムからのエントリー。
そのアルバムの冒頭を飾る、8分超の大作。
声優・堀江由衣を起用しています。

【参加者のコメント】
・初めて聴いた時は耳(と目)を疑いましたが、好き放題、とても楽しそうで、なんかスッキリしました。それにしてもこれをライブでやってのけてしまうのだから、凄いとしか言いようがないです。こういう型破りな曲がもっと増えれば、邦楽ももっと盛り上がるだろうと思います。(airmail)
・長さも気にならない楽しさ。何度も聴いてしまいました。堀江由衣の声がたまらなくいいですね。音楽の中での声優のベストな使い方だと思います。(リスト係)
・ほっちゃん3位おめでとう!(違 サビが強烈ですね。これを「歌」と見るかどうかですね。音の組み立て方がすごい。CHILDISH LOVE WORLDの時も感じたけど。(ブラックマ)
・音楽の枠に留まらない感じが面白いですね。堀江さんの綺麗なハイトーンボイスもいいですね。(todojun)
・あまりにもイメージが違いすぎて、ビックリしました。もはやミュージカルのワンシーンですよね。(まんちゃ☆)
・確かに次元を超えた作品だと思います。これはライブで観たら楽しいかも。(えむけー)

4位 世界はまだ君を知らない/阿部真央


獲得ポイント:30pts
得票数:6名
収録作品:Sg「世界はまだ君を知らない」
作詞・作曲:阿部真央
編曲:小森雄壱

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2010年5月度ロンリー4位
2010年11月度19歳の唄12位
2011年5月度モットー。11位

通算7度目のランクイン。
デビューからの連続ランクイン記録が前作で途切れ、凋落傾向か?とも思われましたが、見事上位返り咲き。
ベスト5以内でのランクインは2年ぶりの4度目です。
幅広く票を集め、得票数では今月最多タイ。

【参加者のコメント】
・イントロからのテンションの高さと爽快感に引き付けられます。リピートしてるうちに1位になりました。(げんしん)
・この清涼感が良い。清涼感の中にも力強さを感じますね。(ブラックマ)
・こういう可愛らしい路線でも味がありますね。(todojun)
・今回のあべまは、抱きしめたくなるくらい可愛い!この楽曲は、アニソンチックかもしれない。 (まんちゃ☆)
・力強さはあるしポピュラリティーもあると思うけど、なんか残らないんですよね。 (airmail)
・なんだかAKBみたいな歌詞ですね。毎回別人のように感じるんですが、結果は安定して強いですよね。やっぱり声の力かな。「伝えたいこと」が一番好きです。(リスト係)
・実は私も「伝えたいこと」が一番好きです。(えむけー)
・あべま~(かわさき)

5位 しゃる うぃ dance?/ズータンズ


獲得ポイント:28.1pts
得票数:6名
収録作品:Best Al「続くロンド -ズータンズ ベスト アルバム- 」

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2011年3月度カウボーイ4位

本年5月いっぱいで9年間の活動に幕を閉じ解散した4人組。
活動の集大成となるベストアルバムに収録された新曲が最後のエントリーとなり、前作の4位に続く連続上位ランクインで、見事に有終の美を飾りました。
幅広く票を集め、得票数では今月最多タイ。

【参加者のコメント】
・声も音も耳に残りますね。とても鮮やか。もっと他の曲も聴いてみたい。そう思える曲ですよね。(ブラックマ)
・色んなミュージシャンの要素が盛り込まれてる感じですね。このお洒落な感じはクラムボンに近いかな。サビの辺りはSMOOTH ACEっぽい。(todojun)
・こういうピアノが利いていて、ほろりとするような切ない曲が大好きなので、解散は本当に勿体ないです。 (まんちゃ☆)
・見た目に反して派手すぎない感じがいいですね。(airmail)
・やっぱりこの清涼感あるキーボードがいいですね。(リスト係)
・個人的にはのあのわをしっとりさせたような感じかなと思いました。雰囲気がいいですね。(えむけー)
・この曲で初めて知りましたが解散てもったいないような。(ノースフライト)

6位 Red block on the hill/EA


獲得ポイント:24.1pts
得票数:3名+次点1名
収録作品:Mini Al「METEO」
作詞・作曲:Maika Leboutet

2009年結成の男女2人組み。
バンド名の読み方は「エア」だそうです。
初エントリーで見事ランクインです。

【参加者のコメント】
・懐かしいようで新しいような、面白い曲ですよね。(todojun)
・仮想空間にいるような感覚になる。 (まんちゃ☆)
・トルネード竜巻が出てきたときの感じとちょっと似てる?(airmail)
・この歌と世界観には、もっとスコーンと突き抜けるようなメロディーがはまれば、おもしろいような。(リスト係)
・ 勝手なイメージだけれど、こういうのがランクインするのって、珍しいような~初聴の時は、サビまで聴かなかった・・(かわさき)

7位 今日の私はキゲンがいい/HALCALI


獲得ポイント:24pts
得票数:4名
収録作品:Al「ハルカリノオカワリ」
作詞:福里真一
作曲:櫻井映子

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2008年10月度Long Kiss Good Bye7位
2009年9月度今夜はブギー・バック14位

HALCALIは、忘れたころにやってくる。
2年8ヶ月ぶり、通算3度目のランクインで、自己最高位タイを記録しました。
上野樹里が出演しているアパレルブランド「E hyphen world gallery」のCMソング。
作詞はコピーライターの福里真一。
PVに出演しているのは「アッキーナ」こと南明奈。

【参加者のコメント】
・HALCALIももう長いですね。そろそろ10年が見えてきた。脱力感のある歌い方は、むしろ真似できませんよね。独特で面白い。(ブラックマ)
・メロディーがすごく気持ちよくて、のんびりしたい休日にいいな、と思いました。PVのアッキーナがすごくかわいいですね。個人的にはCMの上野樹里より曲のイメージにはまっていると思います。(リスト係)
・おー樹里っぺのCMの曲!正当な評価ができず、結局ギリギリで投票しませんでしたが。(todojun)
・この曲はCMでずっと気になってました。(リヴィエラブルー)
・この脱力感は、PUFFYや奥田民生に通じるものがある。(まんちゃ☆)
・そう言われると雰囲気がPUFFYっぽいかも。(airmail)
・昔はやる気があるのかないのかわからん歌い方でしたね・・・(ADATZ)

8位 夏の大三角形 NICO/Touches the Walls


獲得ポイント:22.1pts
得票数:5名+次点1名
収録作品:Sg「夏の大三角形」
作詞・作曲:光村龍哉

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2009年10月度かけら-総べての想いたちへ-GP

意外や意外、これが「かけら-総べての想いたちへ-」でグランプリを獲得して以来、2年7ヶ月ぶり2度目のランクインとなりました。
(これは、作品の出来よりも、PVの公開条件に左右された結果と思われますが…)
かつてサクラメリーメン、aiko、阿部真央も起用された「カルピスウォーター」CMソング。

【参加者のコメント】
・ドキドキするAメロに開放感あるサビ。海に行ったとき、海が見えた瞬間の高揚感を思い出しました。 「何も言えなくて…夏」「夏の日の1993」「ドキッ」に匹敵するリゾートソングだと思います。「かけら」では冬の空気感を見事に表現していたし、季節感を演出するのが抜群にうまいな、と思いますね。(リスト係)
・どこか夏を感じさせるサウンドですね。非常に脂の乗ったバンド。 (ブラックマ)
・一回だけライブ見たことあるけど、随分と聴きやすくなりましたね。一時はボーカルが、ミスチルの桜井さんに似てるって、よく言われてましたよね。(まんちゃ☆)
・NICOはもっと売れていってもいいと思うんですけどね。ボーカルの声質がミスチルっぽいのが逆にブレイクの足かせになってるのか?(えむけー)

8位 優しさの理由/Choucho


獲得ポイント:22.1pts
得票数:4名+次点1名
収録作品:Sg「優しさの理由」
作詞:こだまさおり
作曲・編曲:宮崎誠

過去のランクイン(最新3曲まで)
年月タイトル順位
2011年7月度カワルミライ19位
2011年8月度トゥインクル14位

ニコニコ動画出身のシンガー。
通算3度目のランクインでついにベスト10入りです。
テレビアニメ「氷菓」のオープニングテーマ。

【参加者のコメント】
・やはりポップ感が耳に残りますね。フル試聴出来なかったので、結局最後まで聴きたくてiTunesで買いました。「その先が気になる曲」って大事。(ブラックマ)
・いつもサウンドがキャッチーだから、聴きやすいですよね。(まんちゃ☆)
・相変わらず良い声。(かわさき)
・私、気になります!!(リスト係)

10位 プロペラソング/esu-efu


獲得ポイント:21.1pts
得票数:3名+次点1名
収録作品:Mini Al「SingFuture」

乙女塾モデルコースの1期生で、2002年から歌手活動をしている野本かりあと、ボカロPのキャプテンミライが結成したユニット。
初エントリーで見事ベスト10入りです。

【参加者のコメント】
・クセになるサウンドが心地良かったです。(ノースフライト)
・どことなく無機質で機械的な感じがいいですね。それでいてちょっと切なくなる。(まんちゃ☆)
・動画見るまでまさかキャプミラPだとは思いませんでした。最近ボカロから離れ気味で。 (ADATZ)
・お美しいですね。39歳とは思えない。(リスト係)


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
23:21  |  投票結果  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT