FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2019.06.16 (Sun)

2000年6月リリースの名曲

件名の通りです。











スポンサーサイト



20:49  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.06.16 (Sun)

2000年5月リリースの名曲

件名の通りです。











12:57  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.06.13 (Thu)

2000年4月リリースの名曲

件名の通りです。











03:15  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.06.10 (Mon)

2000年1月リリースの名曲

件名の通りです。










23:17  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.07.11 (Thu)

The Bag/THE POSTMEN

The Bag/THE POSTMEN


THE POSTMENは、90年代後半に活動していたバンド。
大分県別府市出身で高校の同級生だった山田修と木下圭介2人で結成され、96年にデビュー。
神田大介・良二兄弟が加入し、4人組となりますが、98年のリリースを最後に短い活動期間を終えました。
一説によると、最後のチャンスとして、あるヴァラエティ番組の企画(結果的にBluem of Youthが参加)に誘われたが断ってしまった、という"うわさ"を目にしたことがあります。

この曲は彼らのデビューシングル。
PVはL⇔Rの「恋のタンブリング・ダウン」のPVでもパロられていたアメリカのヴァラエティ番組「エド・サリバン・ショー」のパロディで、ビートルズへの強い憧れを明確に表していますね。
このときはまだ2人編成なのですが、4人編成への強い志向も感じます。

一つ一つの楽器の持つ魅力を存分に感じられるオールドスタイルのシンプルなバンドサウンド。
切ないけどどこかカラッとしたメロディーにソウルフルな歌。
すごく安心感があって、ほっとさせてくれます。

大学在学中にメジャーデビューを勝ち取った彼らのデビュー作でありながら、なぜかこの曲は、「就職活動」や「新社会人」をイメージさせます。
朝起きて、身支度を整えて、カバンの持ち物を確認して。
そういう当たり前のことをしっかりやっていこうよ…そんなメッセージかと思いきや、突然…

準備OK?
鍵開けて
みんな消しちゃおう


まるでゲームのリセットボタン。
悩んでいるくらいなら、やってみよう。
それでもだめだったら、やめちゃおう。
気が重くなるような日々にも、肩の力を抜いて挑んでいける気持ちにさせてくれる曲です。


※この曲↑を気にいった!という方には、こちら↓もお勧めです。
WONDER/FOUR TRIPS
かわいた時を抜けだそう /オセロケッツ


「いい曲探し」の投票企画をやっています。
J-POPが好きな方はぜひご参加ください↓。
welovejpop_20101110211530.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

ブログパーツ
16:05  |  未分類  |  TB(1)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT